ダイマを受けましたので自分なりにダイマ継投してみます。(鷹富士茄子編)-16
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ダイマを受けましたので自分なりにダイマ継投してみます。(鷹富士茄子編)-16

2020-01-23 21:28
    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    アイマスアイドルの
    ダイマ継投記事シリーズの第16弾です。
    こんかいは「れがしぃ様(@Legacy_Match)」の熱い想いの
    ツイートを受けて自発的に作成した記事となります。

    今回は「鷹富士茄子」にスポットを当てます。




    名前で直ぐに分かる、
    一富士二鷹三茄子が元ネタと分かる覚えやすい名前。
    初期から活躍する彼女は第7回総選挙で4位入りし、
    森下来奈さんが担当声優となって声が付きました。
    直後のSS3Aライブに登場し、
    存在感を誇示しました。

    そして現在展開中のイベント「幸せの法則」にて
    ユニット「ミス・フォーチュン」のメンバーとして
    活躍中。
    相方の白菊ほたるちゃんとのペアは、
    中々のバランス感覚が求められるユニットだと
    ピンと感じました。
    正に飛ぶ鳥を落とす勢いとは、
    現在の彼女のことでしょう。

    そして話を鷹富士茄子の
    アピールポイント整理に戻しましょう。

    ①生まれついてのラッキーガール

    デレステコミュを振り返ってみると、
    茄子とプロデューサーの出会いは偶然でした。
    大凶のおみくじを引いて直後に階段から足を滑らせ、
    手を差し伸べてもらったのが彼女でした。
    そしてその後は幸運続き、
    彼女を探し続けてその場でスカウトし、
    アイドルデビューのきっかけが生まれました。

    そして事務所の皆と知り合ってからは、
    縁結びの神様かのように縁談が決まるエピソードなど、
    幸運絡みのエピソードがずらり。
    これは本物のラッキーガールだと、
    誰もが思ったはずです。

    ②茶目っ気と度胸まである

    ラッキーガールな面だけじゃありません。
    趣味に隠し芸とあるように、
    彼女は引き出しを数多く持っているようです。

    その証拠に変顔や腹踊りなど、
    どこからそれを学んだのだと思うようなかくし芸を
    持ち合わせているようです。
    カードの名称を見て見ても、
    かくし芸に関するネーミング、
    あるいはイベントの中身で
    かくし芸が含まれています。
    こんなことまで出来るとは、
    恐るべきアイドルです。

    ③運に頼らない努力を惜しまない

    これは今回ダイマ資料を頂いたれがしぃ様の
    ダイマ資料です。




    そう、
    鷹富士茄子は運頼りのアイドルではありません。
    あるコミュの中では、
    運に頼らないアイドルレッスンそのものに対して
    新鮮さを感じるシーンもあります。
    運に頼らない。

    これまでラッキーで物事が上手く進んだ部分が
    少なくなかったであろう彼女にとって、
    運が頼れないこと自体が新鮮。
    そんな彼女のアイドルとしての活躍が、
    更なる幸運を引き寄せるのは確実でしょう。
    シンデレラガールズ総選挙で声が付き、
    現在のイベントも進行中で勢いのある茄子。
    このまま勢いを生かして、
    一気にトップを勝ち取るのも夢でもないでしょう。

    まとめ:
    天性のラッキーガールは自身だけでなく、
    周囲の人間にも幸運を振りまくラッキーアイドル。
    しかし運に頼らずに努力する部分もあり、
    単なるラッキー頼りでない面もあるのが、
    ギャップとなってミソとなります。
    周囲を幸せにするアイドル。
    それはファン、同僚アイドル、
    そしてPにまで幸運を振りまく彼女に
    魅力を感じない人はいないでしょう。

    自分が持てる知識、
    ダイマしてくださった
    Pの皆様から受け取りました知識をベースに
    彼女のダイマ継投をしてみました。
    これで彼女の魅力が伝われば、
    より一層輝くことでしょう。

    次回は「遊佐こずえ」を
    ピックアップ予定です。
    次回の記事を楽しみにしてください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。