ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ダイマを受けましたので自分なりにダイマ継投してみます。(白雪千夜編)-27
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ダイマを受けましたので自分なりにダイマ継投してみます。(白雪千夜編)-27

2020-02-04 21:05
    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    アイマスアイドルの
    ダイマ継投記事シリーズの第27弾です。
    予定では「伊集院惠」のダイマでしたが、
    変更して今回は「白雪千夜」にスポットを当てます。




    彼女とちとせの黒白コンビが登場した時、
    非常にネット上が大騒ぎしたのを今でも
    鮮明に覚えています。
    好待遇過ぎる、とか。
    既存の声無しアイドルを蔑ろにしている、とか。
    そんな運営陣へのバッシングに巻き込まれた感も
    ある彼女。

    そして今日は彼女の誕生日。
    ならばここは予定を変更して彼女の魅力を整理し、
    改めて彼女を知る日としましょう。

    ①シンデレラガールズ史上最大レベルの重い過去を持ったアイドル

    暗い過去を持ったアイドル。
    それそのものは他のコンテンツでも見かけます。
    ですが彼女のレベルはかなりディープでした。
    12歳の時にちとせの家に拾われて使用人として
    働いてきた。
    それからずっとちとせの面倒を見ている。





    何ですかこれ?
    こういう路線の重たさを持たせてくるとは、
    予想外でした。
    Pを「お前」とか呼び捨てで呼ぶ以前に、
    そんな重たい過去を持たせたのか、
    という驚きの方が強かったのを覚えています。

    ②ちとせを心から敬愛している

    ちとせの戯れからアイドルになった千夜。
    さすが優秀な使用人といったところか、
    ダンスレッスンなどもそつなくこなしていく。

    そして何よりちとせ重視の人生。
    拾われた先の家で使用人として生きてきた人生。
    使用人として身の回りの世話をしてきた人生。
    ちとせ抜きの人生を考えられなかった人生。





    そしてそれ故に自分で自分の夢を見ることを
    いつしか諦めていた人生。
    ちとせに仕えていれば。
    それが彼女の原動力。
    アイドルになったのだって、
    ちとせの戯れに付き合ってのことと言い切った当初。
    ここまで言い切りますかね。普通。

    ③千夜はこれから千夜として生きていく

    始めはちとせと千夜の二人のスタート。
    それがいつしか、
    他のアイドル達とユニットを組んでの活動が
    始まった。
    まだお嬢様の戯れに付き合っている部分も
    心のどこかにあるだろうが、
    千夜としてアイドルの可能性を引き出し、
    夢を見させるのもPとしての腕の見せ所では
    ないかと思いました。

    ちとせも望んでいました。
    可能性を引き出してほしい、と。
    千夜を誰よりも分かっているからこそ、
    千夜は千夜として生きて欲しい。
    アイドル活動を通して、
    千夜はこれから千夜としての人生を取り戻す。
    そんな壮大な物語が見え隠れします。





    自分が持てる知識、
    ダイマしてくださった
    Pの皆様から受け取りました知識をベースに
    彼女のダイマ継投をしてみました。
    これで彼女の魅力が伝われば、
    より一層輝くことでしょう。

    次回は予定通り「伊集院惠」を
    ピックアップ予定です。
    次回の記事を楽しみにしてください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。