リスアニ!2020 日曜公演 ライブ感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

リスアニ!2020 日曜公演 ライブ感想

2020-02-13 21:02
    おはこんばんにちは。
    バウアーです。

    大きなライブでは毎回リスアニに参加しているここ数年。
    ライブ始めとして、
    フェス形式のライブのリスアニさんで多くの方々の
    パフォーマンスを見るのは新鮮な気分になります。

    今回も当然ながら目的は、
    アイドルマスター代表として出演される皆様。
    ここ数年はミリオンやシンデレラ、
    SideMが多かった中で、
    本家から代表して5人が登場。
    そしてそこに、
    キングことたかはし智秋さんがいるのです!

    本家メンバーもリスアニライブに出演された経験のある方は
    いるにはいましたが無いメンバーもちらほら。
    キングもその一人でした。
    リスアニで年の早い時期にキングを見られる。
    何と僥倖なことでしょう。

    肝心の出番に関しては、
    まさかのセトリに驚かされたというのが
    素直な感想です。
    「BRAVE STAR」に「KisS」とは。
    中村先生はこれしかないと仰っていましたが、
    こちらにしてみたら意外性あり過ぎです。
    まさか「BRAVE STAR」を初星宴舞以来で
    聴けるというのは驚きました。

    そしてトークパートは安心のわちゃわちゃ加減。
    各メンバーが役割を分かった上で、
    トークを盛り上げるいつもの光景を見ると、
    とても安心しました。


    そしてここからはリスアニ日曜公演としての
    各出演者への簡単な感想になります。

    ・スフィアさん

    リスアニでしか生パフォーマンスをお目に掛けませんが、
    安定度の高さはさすがと言わざるを得ません。
    干支に合わせた衣装で、
    トップバッターとしての盛り上げ役を果たしたのはさすがです。

    ・小倉唯さん

    生パフォーマンスを見るのは今回が初めて。
    これはファンが出来るのも納得のルックスと、
    思った以上にダンサブルな曲をこなすお方でした。

    ・halcaさん

    昨年もお見掛けしましたが、
    変わらない純朴さがそこにはありました。
    ご本人の人間性がそのまま曲に乗った感覚を覚えました。

    ・ReoNaさん

    あれは作っているキャラクターなのか、
    それとも素なのかが分からず、
    戸惑いを覚えました。
    楽曲には鋭さを覚え、
    また生で見たいと思いました。

    ・諸星すみれさん

    アイカツで星宮いちごちゃんを担当されていたのは
    知っていました。
    この方も声優アーティストデビューされていたのですね。
    声優さんのアーティスト化の流れは止まりませんね。
    ですが真っ白な衣装が栄えていて綺麗な方でした。

    ・ClariSさん

    楽曲は知っていましたが、
    生パフォーマンスで仮面を付けながら歌うのは
    知りませんでした。
    ファンクラブイベントでは仮面を脱いでいるとのことですが、
    仮面の下の顔はどんなお姿なのかを掻き立ててくれました。

    ・May'nさん

    今回のアーティストの中で、
    ノンストップで駆け抜けたスピード感抜群の方でした。
    楽曲もそうでしたが、
    ご本人のアドレナリンがこっちにまで移ってくるような、
    そんな感覚になるほどエネルギッシュなステージでした。

    ・LISAさん

    トリはこの方だろうと思っていました。
    ここ最近のメディア露出の多さもそうですが、
    声優アーティストが多くなってきた現代で、
    正統派のアニソンアーティストの巨頭。
    それを生で感じることができました。
    楽曲も知ってはいましたが、
    生でここまで巻き込む力がある方とは
    思っていませんでした。


    簡単ですが、
    総括はこんな感じです。
    どなたがトリを務めてもおかしくないメンバー。
    豪華すぎるメンバーを10回目のリスアニで揃え、
    皆さんのパフォーマンスを見る。
    フェス形式で色々と味わえる。
    そんなことが出来るリスアニライブは、
    今後も続けて欲しいと、
    毎年のようにまた思うのでした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。