THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆ENCORE(伊織回第二部)ライブ感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆ENCORE(伊織回第二部)ライブ感想

2020-02-27 22:07
    おはこんばんにちは。
    さんだかです。

    感想を書く前に、
    中止となった明日からのMRイベントについて少し。

    自分は29日のあずささん回のチケットを自力で獲得し、
    またあの素晴らしいステージを見られると思って、
    ワクワクした気持ちで一杯でした。

    そこで突きつけられた新型コロナウィルスによる、
    週末公演の開催中止連絡。
    多くのPの皆様が落胆したことでしょう。
    自分もそうでした。
    察するに美希Pの方のショックは
    計り知れないものと思っています。

    しかしこんな時だからこそ、
    ライブそのものを楽しむ心を忘れずに、
    一瞬一瞬を楽しむことが大事だと再確認させられます。
    何が理由でライブ開催が中止になるか分からない。
    だから参加できるライブを全身で味わう。
    これが大事だと思っています。

    そしてMRイベントへの感謝の気持ちを述べます。
    裸眼で3Dを見られる施設で、
    アイマスイベをやってくれたことへの感謝。
    ASの面々が活躍する姿を見せてくれたことへの感謝。
    感謝の気持ちをもって、
    このイベントを締めるべきだと思っています。


    少しと言いつつ、
    長くなってしまいましたが、
    伊織回の感想を書き綴りたいと思います。

    あの日は晴れの日で絶好のライブ日和でした。
    屋内イベですけど。

    自力ではゲットできなかったプレミアムチケット。
    普段からお世話になっているコミュニティのメンバーから
    チケットが回ってきて、
    本当に心から感謝をしています。
    見られないと諦めていたイベントだった故に、
    もう見られる事実そのものが嬉しくてたまりませんでした。

    いつものように名刺交換をしながら、
    メンバーと合流してチケットを受け取り、
    入場して席に付きました。
    遂に見られる。
    伊織の活躍するステージが見られる。
    楽しみという言葉では足りないほどの高揚感がありました。

    そしてイベントが始まると、
    何と小鳥さんの諸注意アナウンスで機材トラブル発生。
    それも3回も。
    機材トラブルに遭遇するのは久しぶりでしたが、
    一回のイベントで3回もトラブル発生は考えたことが
    ありませんでした。

    諸注意の後は過去のシーズンでも見たアイドル達のステージが
    始まりました。
    何度見ても裸眼でアイドル達が躍っている姿は、
    アニバーサリーライブとはまた違った興奮があります。

    そしてダンサーさんが登場し、
    遂に伊織のソロステージが始まると、
    会場の熱気がより高まったのを感じました。
    伊織の人気の高さはやはり凄いと思うと同時に、
    ダンサーさんと一緒に踊る伊織の姿は素晴らしかったです。

    そしてMCコーナー。
    冒頭の機材トラブルをネタにするところから始まり、
    伊織らしいツンデレさ溢れる、
    Pの皆様とのやり取りが繰り広げられました。
    そしてお馴染み、
    指名されたPのお二方とのやり取りもありました。
    お二人ともかなり感極まって感じが声が震えているのが
    伝わってきました。
    担当アイドルからああいう形で指名されたら、
    誰だって感極まることでしょう。

    この辺りは今まで通りでしたが、
    伊織というアイドルの味を再確認できたのは、
    自分にとっての収穫でした。
    1stビジョンの頃から何度も体験してきたやり取りを、
    こういう直接的なやり取りで感じ、
    良さを肌で感じるのはMRならではの体感です。

    生で変態って言われるってこんなに良いものとは。

    楽曲に関しては、
    アニバーサリーライブで歌われる機会がない曲を予想していました。
    そして「ロイヤルストレートフラッシュ」に、
    「プライヴェイト・ロードショウ(playback, Weekday)」。
    予想はしていたものの、
    いざやってくるとやはりいい曲だとこれまた再確認させられます。
    特に驚いたのはロードショウの方は椅子を使った振り付けで、
    これにまた一本取られました。

    イベントが終わり、
    その後はいつものメンバーと打ち上げ。
    やはりMRは良いものだ、
    と口々にMRは良かったと連呼。
    自分も同じでした。
    だからこそMRが今回で終わることを、
    惜しむ声がメンバーの口から次々と
    出てきました。

    今後も何か似たイベントをやってくれることを信じて、
    その日は解散。
    自分はイベント中の色んなことを回顧しながら、
    家路につきました。


    イベント感想は以上となります。
    もう二度と見られないイベントと思っただけに、
    その内容を必死に頭の中に刻み付けました。
    伊織というアイドルを生で見ると、
    それまで感じていなかった面を感じ取れて、
    より一層伊織を好きになることができました。

    最後に、
    アイマスMRというイベントを開催してくれた事に、
    改めて感謝したいと思います。
    ASメンバーのイベントが少なくなった中、
    こういう形で最先端技術を用いたイベントが、
    本家アイドルたちで実現されたという事実。
    まだまだ本家はやれるということを、
    変わり種のイベントで開催してくれたことに、
    振り返ってまた感謝したいと思います。

    今回はライブ感想はここまでにしておきます。
    次のライブはしばらく先になりますが、
    アイマスに関するライブ感想はこれからも
    投稿していきますので、
    是非とも読んでみてください。

    それでは失礼します。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。