映画評価シリーズ「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画評価シリーズ「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」

2014-08-11 00:41
  • 1
最近知ったことだけど、来年ジュラシック・パークシリーズの4作目が
公開されるとか。
個人的にジュラシック・パークシリーズは幼少時に観て恐竜の迫力に
魅了された作品だ。T-REXはもちろん、その他の恐竜も実際に生きているような
そんな気がした。CGを効果的に使った素晴らく楽しめる作品だと思う。

そんなシリーズだが、第一作と第三作を視聴した。
一作目が名作なのは言うまでもない。一番最初に観たシリーズで、
恐竜の魅力を沢山堪能した。
三作目は、正直コメディー作品だと思った。
一作目のようなシリアスな恐怖感を表現しようとしたが、
全部空回りした感じがする。スラップスティックな雰囲気はシリーズでも
盛り込まれているが、第三作目はことごとく失敗している。

で、今回の「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」は第二作目にあたる。
今まで見ていなかったのが逆に不思議だったが、久しぶりにレンタル屋に
足を運んでレンタルした。

前作からの直接の続編で、4年後を舞台にしている。
恐竜の魅力をCGで表現しているのは変わらないが、前作よりは全体的に
トーンダウンしていると思う。前作のグラント博士を欠いているせいか、
スピンオフ作品のような感じも受けた。マルカム博士も重要人物だが、
やはりメインのグラント博士が出ている方が良かったと思う。

あとは、序盤の崖からトレーラーごと落ちそうになるピンチシーンが
くどいと思った。ピンチは盛り上げに必要だが、バランスが必要だと思う。

キャラクターは魅力的なキャラと薄めのキャラが半々だった。
そういえばこいつ何していたっけ?というようなキャラは大体殺されたのは
お約束で、見え見えだった。

後半のT-REXがサンディエゴの街並みを闊歩するシーンは
昔の怪獣映画「現地怪獣現わる」を髣髴とさせる。
爬虫類の巨大生物が歩き回るシーンは、時代を超えて魅力ある
シーンだということを再認識させた。

別件になるが自分はこの作品を見ているとカプコンの
「ディノクライシスシリーズ」を思い起こした。
第一作目、第三作目は武装が少ないせいかサバイバル感が出ているが、
第二作目は準備をしっかりしているので恐竜を制圧しようとしている雰囲気を
出している。「ディノクライシリシーズ」の2作目も、しっかりと装備をした
部隊が救出任務にあたるのだが、何となく似ている感じがした。

総評:ポップコーン映画として満足に楽しめるものだった。
名作ではないが、エンタメ映画としては合格点だと思う。
週末にレンタル屋で借りる一本として、オススメする。7.9/10点
広告
×
まさかのご当地怪獣登場に吹いたわ!!あれか、妙高はバラゴンとか池田湖モスラとかNYジラとかか
『ガッ活!』の「昨今のティラノサウルスの体たらくについて」において羽毛が生えてカッコ悪いティラノに高千穂ちほ他クラスの面々が幻滅していたが、幼い頃に映画館で見たティラノの雄姿・・・て、君(中学生)もブロ主も一体幾つよ!とツッコミ入れてごあいさつに代えさせて頂こう
66ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。