デレソニ公録昼&夜の部 参加感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

デレソニ公録昼&夜の部 参加感想

2015-06-28 23:39
    昨年のSSA物販参加のために宿泊施設を利用して以来の大宮。
    快晴の天気が今日の公録の行方を象徴していると何となく思った昼下がりだった。

    今日の公録は普段お世話になっている神田組のベアーさんが持つ夜の部チケットと
    自分が当てた昼の部チケットを交換することで両方見ることが出来た。
    まずはベアーさんに感謝の意を表します。

    物販は昼過ぎから直接行ったが、空きすぎて逆に違和感出まくりだった。
    さすがに早朝は整理券を配布して列整理をしていたそうだが、
    とりあえず自分の目当てのTシャツとリストバンドが買えたのでよかった。

    今回は通常のチケット方式ではなく、QRコードを使っての入場。
    使い勝手の違いに戸惑ったが、難なく入場できた。そうでない人も多数いたらしいが。

    そして注目の公録内容は、通じているのは武内さんの弄り倒し、ということだった。

    シンデレラアニメが開始してから346プロデューサーとして絶大な人気を博している武内P。
    未成年であの声を出せるというギャップが人気の秘訣なのだと、肌で感じられた。
    そして彼を弄り倒すシンデレラメンバーの面々。
    正直いい加減にしろと言いたくなるくらい弄ってました。

    出演者については、昼の部の今井麻夏さん、長島光那さん、和氣あず未さんの
    お三方を初めて初めてみた。アニメで先に声は拝聴したが、ご本人はこれが初めて。
    公録に慣れていない感じが観ていてすぐに分かり、フレッシュさを感じた。
    そんな三人は公録内でのゲームで勝利し、
    次のデレラジAで収録分が放送されるという展開に。
    まさかの展開に、次のラジオが楽しみになった。

    あと、Goin'!!!のリリイベでも感じたが、黒沢さんが大人っぽくなったとまた感じた。
    昨年のSSA、舞浜では幼さを感じた。それが一転、大人っぽくなって新たな印象を与えた。
    ただ、武内Pを過剰なまでに弄っていたのはどうかと思うが。

    個人的に公録後の生ドラマ展開は興味深かった。
    特に昼の部の上記お三方はまだCDデビューしていないので個人曲が無い。
    その三人をどうやって絡ませるか、という問題を良いところに落としたと感じた。
    ただ、夜の部のライブは黒沢さんのステージが観たかったという正直なところはあるが。

    それでも、昨年参加して以来の公録参加はとても楽しめた。
    新情報の発表が目白押しだったし、初めて見た三人の印象も良い。
    公録そのものは武内Pの魅力を再確認できたのは自分にとって大きな収穫。
    今後の武内Pの活躍が楽しみになった。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。