プリパラ4年分の思い
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

プリパラ4年分の思い

2018-03-28 21:36
    皆さんお久しぶりです。ジャンマーと申します。
    ブロマガを全く更新することなく約1年程経ってしまいました・・・日頃、書くことないからね・・・
    今、こうして久々に更新しようと思ったのには理由があります。それは・・・
    私の好きなアニメ  プリパラ が最終回を迎えてしまったからです。
    知らない方に説明するとプリパラというアニメは小学生~高校生くらいの女の子(一部例外アリ)がプリパラと呼ばれる場所でアイドルとしてライブをし、神アイドルの称号を目指すべく奮闘するというアニメです。まぁ子ども向けアニメなんですけどね!初見さん

    キャラが可愛いのはモチロンなのですがライブシーンのCGや曲がとても良いですし子どもよりも大人がハマってしまうアニメの1つだと私は思います。このプリパラの前にはプリティーリズムシリーズと呼ばれるアニメがありました。最近話題のキンプリはそのアニメのスピンオフ作品なんですよw私はプリティーリズムシリーズからのエリート視聴者でして、プリパラを見ていた今でも時々見返したりします。ライブシーンだけですが・・・
    プリパラが始まった頃「まぁプリリズと一緒で1年で変わるんだろうなぁー」って思いながら第1話を見ていたのを記憶しています。それでいつの間にか4年を続くシリーズ(主人公が変わらず)になるとは到底思ってもいませんでした。
    さて、前ぶりが長くなってしまいましたが、本題である私のプリパラに対する愛?というか思い?このシーンや話が好きだった等をお話できればと思います。

    まず、キャラですが、ぶっちゃけキャラが多すぎるので一部のキャラにスポットを当てたいと思います。
    このアニメに欠かせない主人公 「真中らぁら」


    1期の1話でプリパラで使う落し物のバッグをプリパラに届けその際に出会った南みれぃに流されるまま一緒にライブをしたことでアイドルとしてデビューした。


    その時にライブしたmake it!は今見ても私の中ではもはや伝説と言っても過言ではない・・・それくらい好き! プリパラといえばコレ!みたいなとこもあるしなぁ~
    その後 らぁら みれぃ そふぃ と「ソラミスマイル」を結成し3期の最後では神アイドルになる。流石主人公。思い立ったら行動する性格で口癖は「かしこま!」アイドルの中では一番正統派ですかねー 小学生ってところが私の中ではかなりのポイントなんですよねぇ・・・まぁ、趣味だから許してww

    次にドロシーウェスト

    正直、プリパラの中で1番好きなんですよwww
    所々人を煽ったりするシーンがあることから「ドロカス」とかいうあだ名が付いてしまったwwwこういうキャラがいるおかげでギャグシーンがとても面白いwwおまけに可愛いしなぁ~
    口癖は「テンションMAX」弟のレオナ シオンと共にドレシングパフェを結成し最後までソラミスマイルと神アイドルの座を争った仲でもある。
    最初はレオナ以外にはツンツンとした態度しかしなかったドロシーが時が経つに連れてシオン
    やソラミスマイル 他のアイドル そして女神の赤ちゃんの姿であるジュルルに対して次第に心を開いていくので、キャラの中では一番心が成長したのではないでしょうか?人気投票では最後に1位を取りました。やったぜ。アイドルタイムプリパラ49話ではまさかの新曲とメイキングドラマを披露、過去にプリティーリズムレインボライブの最終話でメインキャラじゃない新曲があったのを思い出しましたねwww
    一言で言うなら「ドロシーis GOD」と言うところでしょうかw
    実際ドレシングパフェは本編で神アイドルと同等であろうGODIDOLになっているので間違っちゃいねぇーなww

    さて、キャラばかり書いているとめちゃくちゃ長くなってしまうのに気が付いたので、そろそろ好きなライブシーンやお話について
    まず、上記にも書いた make it!は除きますねw
    それで考えると私は ファルルの「0(ゼロ)-week-old」ドレッシングパフェの「No D&D code」ソラミドレシングの「Realize!」セレパラ歌劇団の「ホワット・ア・ワンダプリ・ワールド!!」ガァルルの「0(ラブ)-week-old」トライアングルの「かりすま~とGIRL☆Yeah!」
    ノンシュガーの「シュガーレス×フレンド」トリコロールの「Mon chouchou」ジュリィ、ジャニスの「Girl's Fantasy」華園しゅうかの「Miss.プリオネア」華園みあの「Dear My Future~未来の自分へ~」ライブシーンではないですが、組曲フォーエバーフレンズの途中で流れたプリパラのアイドルによるショートメドレーが好きだったりしますねwwあっもちろん全部のライブ好きですよ♪その中でも特にって感じですねwww
    この中で一つピックアップするのであれば私はガァルルの「0-week-old」ですね!
    このガァルルというキャラはアイドルの上手く歌えない踊れない等のネガティブな感情が集まって出来てしまった存在なんですが・・・

    そのガァルルがライブをするのですが、当然?のごとく歌も上手くない 踊りも下手みたいですし途中で転んでしまいます。(中の声優の真田アサミさんは逆にめちゃ上手いです)しかしそのガァルルは転んでも観客に笑顔で頑張り最後まで諦めずにライブをしました。その姿に私は感動してしまいそれ以降ガァルルがとても好きになりました。大人の私でさえ踊れって言われても無理でしょうしねwwその後ガァルルは あろま みかんと「ガァルマゲドン」結成
    子ども人気は一番らしいですねぇwwガァルルも話が進むにつれて段々歌も踊りも上手くなります!やっぱり諦めずに努力すれば出来ないことも人並みになるということでしょうね!


    そして実質最終回であるアイドルタイム50話にて、パックに捕らえられいたらぁらは皆の協力により無事パックから救い出されました。そのらぁら達がパックを救うという流れでしたね!最後の最後でライブした「Memorial」は感動無しでは観られない素敵なライブでした。トモダチって凄いんだって・・・思いましたね!51話ではパパラ宿を去らなければいけないらぁらに対し引き止めるゆい達 出会いがあれば別れもある・・・一番涙が出たのがあろまとミチルの別れのシーンですね あろま達はパラ宿から許しが出てパラ宿に帰るためミチルとの契約を切るがそれを引きとめようともう一度契約お願いするミチル、それに対するあろま達の言葉「汝はもはや小悪魔ではない我、眷族である」「契約なんてしなくても心の糸がずっと繋がっているなの~」そしてそれを聞いたミチルは上級生らしくあろま達を心配する
    その心配を思ってミチルの肩に「ずっと一緒」と言いガァルマゲドンのシール?を貼る
    このシーンでめちゃ泣いた・・・
    そしてらぁらとゆいは二人とも別れたくないその気持ちは同じ。
    泣きながら「さよなら だけど さよならじゃないよ」とらぁら言い
    さよならの代わりにトモチケを交換する
    離れていもトモダチ プリパラでアイドルをしていればまた会えるということだろう・・・
    言い話ですな!!いいぜ!いいぜ!いいぜ!
    そしてお別れ会をすることにwwww流石にカオスだよwwwwだけどマイドリは良かったですけどねwwww
    プリパラというアニメを通してトモダチという存在がいかに大切か本当のトモダチなら離れても相手を思う気持ちは一緒なのだとそう感じました。
    そんな大切なことを学べる、思い出せてくれる ギャグやカオス回で笑えもする泣ける話で感動もできるこの プリパラというアニメに出会えたこと、この作品を作ってくださった皆さん本当にありがとうございました。心から感謝致します。まだお話したいことめちゃくちゃありますが、それを書いてると今日中にうp出来なくなってしまいますのでこの辺で(笑)又、時々、生放送を行ってますので、遊びに来てもらってその辺もお話できれば良いかなって思いますねw
    次週からはキラッとプリチャンも放送開始ですし5月からは映画も公開されますのでまたプリパラの皆に会える日を待っています。(私の地域では放送も映画公開もされないですが・・・)
    それではまた別の記事で会いましょう。ノシ


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。