無料の書籍製作予定案「現代赤ナシ麻雀の対応策打点の作り方と一人だけ麻雀のギミック」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

無料の書籍製作予定案「現代赤ナシ麻雀の対応策打点の作り方と一人だけ麻雀のギミック」

2020-07-07 16:30
    さて6月中旬に作品をとりあえず作ったものの今でも消化不良を起こしている。
    ①に雀荘の健康麻雀の四半荘のセットに一万点の負けのいつもどおりのものをおこしたものの、そっちの強い人から二ハンソウ目にまくったが、三ハンソウ目から代走の人が入って強くてかなり削られた。
    ②にやはり強者はいるもので市のサークルで赤ナシ喰いタンなし後付けなしを久しぶりにするも、周りが高速テンパイ麻雀をすることにより点棒がぼろぼろの麻雀を打ったことにより、

    「麻雀わかんねー」(軽めの口調)となったためである。
    さて今作「現代赤ナシ麻雀の対応策打点の作り方と一人だけ麻雀のギミック」と称したのは、
    目標とすべき先輩たちから「なに一人だけで麻雀打ってんの?みんなでやらいん!」と宮城北部の人らしく言ってくれたことがあるためだ。

    そのためなぜ一人だけの麻雀=一人だけ麻雀と名ずて一人麻雀に陥る例を挙げてこれを本の最後にあげて、

    まず始めにわかっている範囲から
    ①おさらい(現代麻雀打法と昔の手なりの比較)
    ②現代麻雀の打点 例勝つための現代麻雀技術論より引用 データ元みーにん先生
    ➂組み立て方例と想定すべき弱点
    ④構想
    ⑤ツール例
    ⑥一人だけ麻雀
    ⑦まとめ。麻雀のいろいろ

    が書く内容としたいがどうかなと?コピーされたらまた考えるしまあいいのだがデータは引用の許可という方式のため簡単にはコピーできないと思うので、まぁまぁまぁまぁ。

    とりあえずネタマさんに連絡でもするか。

    2020.7.7 待尾@ まちおさん maoalpha
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。