ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

釣り糞日記(令和元年10月)「振り返れば今年最大の奴だった」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

釣り糞日記(令和元年10月)「振り返れば今年最大の奴だった」

2019-12-21 23:18

    マスコミにとってはどうでもいいニュースなのかもしれないが…

    今年の台風で関東の釣り場は大きな被害を受けてしまった…

    今年も終わろうとしているいまになってもまったく復旧工事が始まっていない現場もたくさんあったりするくらいに…

    何よりも優先するべきは「安全」なのだが、台風によって大きな被害を受けた釣り場の中には堤防のかさ上げや、テトラポットの埋め込みで以前のように釣りが出来なくなってしまった場所も多い、、

    「釣り人密度」が少ないので好きな釣り場の1つだった長沢の被害は凄かった(動画は観音崎と長沢)、、



    釣りをするポイントは大きな被害を受けなかったが、遊歩道は思い切り陥没…

    海の様子を見に行ったりしたらとんでもないことになっていたよね…

    そんな中、今回訪れたのは

    「とてつもない被害を受けた福浦岸壁のお隣の八景島前岸壁」

    有名な釣り場だったので福浦岸壁と共に(福浦岸壁八景島方面とも言いますが)一度行ってみたかった八景島前岸壁に。

    が…到着してみて思ったのが

    「(壁高いなぁ…)」

    と言うこと。

    堤防が高いとやる気がなくなる性質なうえに…

    「まさかのミラクル」に備えて一応用意してある伸び縮み式タモでは海面までまったく届かない…

    釣りを始める前に心が折れかけたのだが…せっかくきたのだから…と釣り開始。



    仕掛けは…またまたまたまたダイソーコンビ(ジグサビキ)、、






    岸壁と八景島の中間地点から、ヘチまで色々とサビキ続けたがまったくアタリを感じることなく撃沈…

    釣り場の雰囲気も好きな感じではなかったので日暮れ前のラストチャンス(基本的に釣りは日の出から日没まで)にかけて「野島公園前」へ移動。

    サビキの重りをメタルジグからガルプワームに変更して釣り始めると…





    (↑こいつは有能です。釣り下手でも結構ヒットします。。)


    ガツン!!

    と凄い引きが、、

    「激闘!(ということに…)」の末に釣り上げたのは今年釣った魚たちの中で最大のウミタナゴ。。




    まあ他の釣り人たちからすると大したサイズではないかもしれないが、これでも結構な引きだったりする。。

    日没が近づくと釣り人たちが続々と結集。

    隣に来た釣り人はコマセでサビキ釣りを開始。

    すると…

    コマセサビキ釣り師がアジをスーパーラッシュ状態で釣り上げ始める!!

    「(回遊来たか!!!)」

    と心が躍りだして必死にサビキまくったのだが釣れるのは隣の釣り人ばかり…

    その隣の人もまったく釣れていない状態で…

    「(このままでは回遊が終わってしまう…)」

    と焦り始めたのだがここで

    「(あのワームがあるじゃないか!?)」

    と気が付く。

    サビキの針の先にいくつか千切ったパワーイソメを装着していたのだが、その仕掛けをすべて外して代わりに千切った「熟成アジワーム」を装着。





    するといままでまったく反応しなかったアジたちが熟成アジワームの匂いだか色だかよくわからないが…

    まあとにかく反応し始める。

    隣のコマセサビキ釣り師には遥かに及ばなかったが…

    なんとかアジのプチラッシュが起きて終了に。。



    仕掛けの切り替えは

    早く!小まめに!適切に!

    ですな。。

    (´・ω・`)







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。