ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

シンオウダービーポケモン考察~ホウエン・シンオウ編~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

シンオウダービーポケモン考察~ホウエン・シンオウ編~

2016-07-01 17:43



    〜編集中〜
    (編集予定:ポケモンの画像の追加)

    シンオウダービーポケモン考察~カントー・ジョウト編~の続きです。
    ↓URL
    http://ch.nicovideo.jp/jios/blomaga/ar1040295

    大会のルールなどの概要や記事についてはそちらをご確認ください。

    構築考察はこちら↓
    http://ch.nicovideo.jp/jios/blomaga/ar1060445


    ホウエン

    ラグラージ



    ワイドガードによるサポートが考えられる。メガシンカができないため、雨エースにはなれない。

    マッスグマ
    はらだいこしんそくは強い。

    ルンパッパ



    今大会トップメタになると思われるポケモン。弱点が飛行・毒・虫とファイアローがいない状況では弱点をつきづらいので、対策必須。

    サーナイト



    メガシンカがないのでハイパーボイスがないので、警戒すべきはテレパシーか。

    キノガッサ



    モロバレルがいないので、キノコのほうしを使える有用なポケモンパラセクトも使えるが

    ハリテヤマ
    ねこだまし、フェイント、ワイドガードとダブルで役にやつ技を数多く覚える。

    ヤミラミ



    いたずらごころによる展開に注意。またフェアリースキンがないので弱点が突かれづらい。

    ライボルト



    メガシンカがないのでいかくがないが、雨パでのかみなりや、バークアウト、ひらいしんなど活躍の場面はありそう。

    フライゴン



    フリャ〜〜

    ユレイドル
    呼び水によって雨パの攻撃を牽制できる。

    ミロカロス



    かちきによって能力ダウンすることでC段階アップという特性は、いかくやこごえるかぜ、バークアウトが飛び交うダブルではかなりの強特性になる。

    サマヨール



    トリル要員。基本的にシングルと同じ。

    オニゴーリ



    ムラっけによって場をかき回してくる。まもるはダブルとのシナジーがあるので要注意。

    ボーマンダ



    メガシンカがないのでスカイスキンハイパーボイスはないが、カイリューバンギラスが使用禁止になる中、貴重な600族として採用されるかも。

    メタグロス



    ボーマンダに続いて600族。できることはシングルとあまり変わらないと思うが、器用なポケモンなので要注意。また、クリアボディで相手からの能力ダウンを無効化できるのも強い。

    レジロック
    タイプ一致いわなだれが脅威だが、素早さの兼ね合いもあり少し厳しいか。

    レジアイス
    ふぶきによる制圧は考えられる。特殊耐久はかなりある。

    ラティアス



    サポートとしてもアタッカーとしても活躍できるスペックがある。また、耐久もあるので注意。

    ラティオス



    ラティアスと同じくスペックが高いが、火力寄り。

    シンオウ

    ゴウカザル



    ねこだましに加えて、技範囲が広いので注意。また、物理、特殊、両刀が読めない点も強み。

    エンペルト
    みず・はがねという唯一のタイプとまけんき(能力のランクが下がった時、Aを2段階上昇させる)を活かすとことができればかなり強いポケモン。

    ムクホーク



    いかく・すてみという良特性を持っており、高火力ブレイブバード、すてみタックルだけでなく、いのちがけもあるので要注意。

    ビーダル
    一部で話題になってるポケモン。多分、ダブルで活躍の機会はない。

    レントラー
    いかく・こんじょうの特性を活かしつつ、でんきに珍しい物理アタッカーという点で他と差別化することができる。

    ラムパルド
    メガシンカがない環境でのトップクラスの火力を持つトリルエース。かたやぶりじしんはタイプ不一致とはいえふゆう、がんじょうを貫通するので脅威となりうる。

    トリデプス
    がんじょうで相手の攻撃を1度なら受けることができる。またダブルで活躍しやすいぼうおんだが、ほろびのうたを防ぐことができるが、もう一つの大きな役割対象であるハイパーボイスを使うポケモンがほぼいないので活躍の機会は少ないか。

    パチリス
    詳しくは知らないが、セジュンで調べて欲しい。

    チェリム
    晴れ下で発動するフラワーギフト(全ての味方のAとDが1.5倍となる)が強い。

    トリトドン



    高いHと優秀な耐性を活かして、場に残ってねっとうやじわれで負担をかけてくる。

    エテボース
    ねこだましをタイプ一致で打てる。また特性テクニシャンでねこだましの火力を上げることもできる。またスキルリンクもあるが、みだれひっかきとおうふくビンタ以外に適用される技がないので実用性については疑問が残る。

    フワライド



    シングルと同様にちいさくなるを積んでバトンタッチをすることも考えられるが、その他にもこごえるかぜやおいかぜによるS操作やゴーストダイブもできるので注意。

    ミミロップ



    メガシンカがないためきもったまを利用した攻撃は使えないが、それでもじゅうなんで麻痺を回避したりぶきようでかえんだまなどの効果を発動させずにすりかえを使うことで相手に押し付けることもできる。

    ドータクン



    GSルールのパーティによく組み込まれているポケモン。基本的にトリル展開を行う。特性ふゆうとたいねつの2つが優秀で、ジャイロボールなどで攻撃を行う。詳しくはGSルールの構築などを調べて欲しい。

    ペラップ
    おしゃべりによって相手を混乱させてわるだくみを積む型が有名だが、雨下でのぼうふうもあり得る。

    ミカルゲ
    ヤミラミと比べていたずらごころがなく、遅いので扱いは難しいが、フェアリースキンがないため弱点が突かれづらいので活躍の機会はあるか。

    ガブリアス



    主人公。げきりんの攻撃対象がランダム1体なのでほとんど採用されない。それゆえ、ダブルでは特殊型もいるので注意。

    ルカリオ



    しんそく、バレットパンチ、しんくうはなど多彩な先制技を持つので注意が必要だが、あまり耐久はないので脅威とまではならないだろう。

    カバルドン



    バンギラスが使用禁止になった今、唯一の砂撒き。ダブルでの活躍についてはあまり聞かないが、あくびもちが減るくらいか。

    ドクロッグ
    特性かんそうはだを持つためみず技が効かないことに加えてファストガードなどもできるポケモン。また、バレットパンチやふいうちなどの先制技もある。

    ユキノオー



    あられといえばこのポケモン。あられ下のふぶきは必中なので注意。

    マニューラ



    今回使用可能な600族全てにタイプ一致技で弱点をつけるポケモン。ただし、火力面で不安が残る。

    ジバコイル



    がんじょうで1撃を確実に耐えたり、じりょくではがねタイプの交代を阻害することができる。ただし、アナライズは他の3匹よりも後から行動しなければ発動しないため扱いが難しい。

    ベルベルト
    タイプ一致だいばくはつの威力は脅威。また特性も優秀である。

    ドサイドン



    シングルでよく使われるハードロックももちろん強いが、ひらいしんによって隣のポケモンをサポートすることもできる。

    トゲキッス



    貴重な飛行枠。トゲチックと比べて耐久力がないため、このゆびとまれを使う際の性能は落ちるが、その分Cが格段に上がり、タイプ一致でエアスラッシュが使えるので選択肢が増える。

    グレイシア
    ノオーグレイシアという構築があるらしい。ゆきがくれによって回避を上げるもよし、アイスボディによって回復するもよし。

    グライオン



    シングルでよく使われているポイヒ型もあり得るが、すながくれやかいりきバサミもあり得るので注意。

    マンムー



    優秀なタイプと特性があるが、弱点もメジャーなのでダブルでの活躍は難しいか。

    ポリゴンZ
    タイプ一致てきおうりょくさわぐで眠りを防ぐことができる。ただし、攻撃対象がランダムである点に注意。

    エルレイド



    ワイドガード、ファストガード、フェイントなどダブルで有用な技を覚える。また、ねこだましがよく使われるのでふくつのこころでSを上げることができる。

    ヨノワール
    サマヨールと比べて耐久で劣る分Aが強いので、そこを活かしたいところ。
    ユキメノコ

    ロトム(各種、画像はヒート)



    ふゆうでんきタイプなのでその時点で強い。そして、フォルム対応の技でフロストのみが複数攻撃できる。

    ヒードラン
    使用禁止になりました

    レジギガス
    レジワロスとか言われているが、ワイドガードやこごえるかぜなど意外とダブル向けの技を使える。物理アタッカーというよりはサポートをしつつの特殊での採用が考えられる。

    クレセリア



    数値受けを代表するポケモン。トリル展開がメジャーだが、こごえるかぜやでんじはによるS操作や普通の攻撃も十分できるので要注意。



    〜構築編+サンプルパーティ〜に続く


    最終更新2016/07/05
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。