• 完璧な者などいない。誰でも悩み、傷つき、苦しみ、そして誰かに頼りたい、助けてもらいたいと思っているのだから

    2015-12-22 21:33

    byハクオロ(うたわれるもの)

    「若者のテレビ離れ」食い止めるカギはSNSとの密な関係か

     今回のテーマはこれ。若者のテレビ離れについて。ちなみに記事の内容は見る必要ありません。「SNSを活用したほうが良いよ」以上のことは書かれていないので。
     現在老若男女問わず以前よりもテレビ離れが叫ばれて久しい。実際に視聴率が落ちていたりテレビに関するアンケートでもテレビを観ない割合が増えているようです。中にはテレビ自体家にないなんていう人も増えているとか。さて、そんな凋落しかけているテレビですがその理由とはなんでしょうか。単純におもしろくない!という話もありますが、私がテレビを以前に比べて観ない理由は「コンテンツの焼き増し」の多さに辟易したからです。

     特にテレビ離れが深刻と言われる所以はバラエティでしょうか。テレビをつければ街ナカに出て素人さんに意見を聞く番組、有名人が町を散歩する番組、芸能人がたくさん集まってギャーギャーと騒ぐ番組ばかりではないですか?一昔前はクイズ形式の番組ばかりでした。今はどこも以前ほどの予算を使えず制作に苦労しているとは聞きますが、予算を大量につぎ込むやり方しか知らない制作側が、まるでイナゴの群れのように一つ当たったコンテンツに押しかけ食い荒らすことしかできなくなっているようで、おもしろいコンテンツだとしてもすぐに飽きてしまいます。

     さらにこれは視聴者側の責任でもありますが、自主規制の嵐で過激なことができなくなっているのも一因かと感じます。過激というのは別にショッキングな映像であるということだけではなく、誰も考えつかないような衝撃のある映像であるとかそういった事も含めてです。

     やらせなんかもそのうちの一つでしょうか。ヤラセとエンシュツは紙一重ですが、我々も気をつけなくてはいけないのは、「テレビは全て真実である必要がある」という間違った考えに至らないようにすることです。勿論ニュースや報道、ドキュメンタリーなどコンテンツによってはその範疇ではありませんが、ここで話題にしているようなバラエティでは特に感じます。

     ヤラセ、エンシュツとわかったうえで楽しむコンテンツがあるということを理解していない人が一定数はいるようです。例えば昔の番組の「ガチンコ」なんかはみんなエンシュツだとわかった上で楽しんでいましたよね?今はネットやSNSが発達したおかげ(せい)でクレームもいいやすく、声が大きく聞こえがちです。

     結局テレビ側、視聴者側互いの様々な事情でテレビ離れが進んでいるわけです。それではどうすればテレビ離れを少しでも減らせるのでしょうか。単純におもしろい番組を増やす!ということでは効果は薄い気がします。勿論それが大前提の話ですが。またSNSの利用というのも私は効果は薄いのではないかなとおもいます。Twitterなどにおける実況行為ですが、テレビの前に、その時間に実況が出来る状況にないと難しいです。それに各種動画サイトで番組は見れるため、擬似実況をすることも難しくありません。結局ネットがこれだけ発達した世の中でテレビを観ることのメリットが以前に比べてなく、しかも魅力的な内容は録画であったり、youtubeであったりで切り離してみることができるためテレビへの関心がドンドンなくなっていくという悪循環なのです。いくら魅力的な番組を作り、今までにない刺激のあるコンテンツを配信しようが、すべてをネットに奪われるだけなのです。

     あれ?結局テレビ離れは止められないんじゃないか?という結論に至ってしまいました・・・。これからは今までのフォーマットを捨て、ともかくテレビはリアルタイムでみなければ損をするという新しいフォーマットを作っていかなくてはいけません。

     また視聴率という指標は今の世の中では合わない考えなのではないでしょうか。多くの人がリアルタイム視聴ではなく録画やyoutubeなどでテレビ番組を見ています。無駄に感じることの多いCMを飛ばしたり、おもしろいコーナーのみをピックアップして視聴したりなど視聴方法は以前と比べて多岐に渡り、一つの尺度で人気を計ることはもはや不可能と言っても過言ではありません。

     この現状を皆さんはどう考えますか?
  • 広告
  • 「賢明にそしてゆっくりと…速く走る奴は転ぶ。」安酒をみんなでガブガブ飲んだからって大人にはなれないんだぞ

    2015-12-18 14:25

    バーテンダーより
    19歳女子大生が部室で飲酒し死亡、学内飲酒全面禁止に 京都府立大


     学内飲酒全面禁止に抑止効果はないと思うが、こうせざるを得ないのはしょうがないことでしょうか。食堂など一部で飲酒が認められていたようですが、詳細がわからないので推測ですが、今回の現場は部室だということで元々禁止されていたエリアですよね。
     結局、大学側が全面禁止にしたところでこれからも学内飲酒をする生徒はいつづけるでしょうし、まして学外での飲酒事故を止めることはできません。大学生いや、例え中高生だとしても生徒、学生、ひとりひとりの行動をすべて規制し、取り締まることなど到底できません。そして安全教育を徹底するとは言え、実際にそこに耳を傾けるような学生はこのような違法行為には及ばないはずです。
     実際こういった事故を防ぐためにはどうすることが適切なのか。やはり小さな頃からの教育が重要でしょう。勿論、ここでいう教育というのは学校で行う教育というものだけではありません。家庭内、そして地域で行う教育が重要です。しかし、こういった教育は有効な手段であると同時に無力でもあります。
     どうあがこうがこういった事故を無くすことは出来ません。ルールや法律を厳しくし、重罰化することで多少の抑止力にはなるでしょうが、0にすることは不可能です。殺人などを始めとした犯罪がこの世の中からなくならないのと同様です。ならばこうなることを予測して「やめましょう」で終えるのではなく実例を元にした対処法を教えるべきです。やめろと言われてなくなることはありえません。
     
     自分もそうでしたが、20歳ぐらいの酒を飲み始めた頃は「酒=酔っ払って楽しくなるための道具」という認識でしかありませんでした。まあこういってはなんですが、ドラッグと似たようなものです。酒=合法ドラッグと同じ認識だったと今振り返れば思います。
     しかし私もこの歳になり、まだまだ何もわかっていないとは思いますが、少しずつお酒そのものの美味しさに気づくようになり、飲み方が変わってきました。単純にアルコールを求めているのか、お酒を求めているのか。
     こういったお酒の味わい深さを教えていくことも抑止の一因になるのではないでしょうか。安い悪酒を大量に飲むことはそれだけ危険になってしまいます。今回の件でも、これまた詳細はわかっていないので推測ですが、紙コップにウイスキーを2杯飲むというのはストレートまたはロックで飲んだと仮定したら普通のお店で頼めばおそらく5,6杯の量(それとももっと?)が入るのではないでしょうか。
     酒が強い、酒を大量に飲めることがかっこいいわけではありません。お酒をおいしく飲める人がかっこ良いのです。また飲みやすいお酒が良いお酒というわけでもありません。私もまだまだ勉強中の身ではありますが、以前のように酔っ払うことを目的に飲むことはなくなりました。もちろん只の私のひとりごとですので、賛否はあるでしょうが皆さんはどうお考えでしょうか。少しでもお酒が絡んだ事故がなくなりますように。

    「酒は飲んでも、飲まれるな。」
  • てめぇは人の生き方否定できる程エライんかい?世の中全員てめぇと同じ考えだと思ったら大マチガイだ。

    2015-12-14 22:5349
    by花菱烈火(烈火の炎)

    おっぱい
    募金感激の一方で批判も

    毎年開催されているおっぱい募金が一部女性団体から批判を受けているようです。

    「おっぱい募金とは」
    24時間テレビでの募金では芸能人が握手をしますが、おっぱい募金ではAV女優の方のおっぱいを揉むことができます

    募金に悪い募金も良い募金もないと思いますけどね。結果お金が集まるということが重要なのであってその経過というか方法は問う必要はないと思いますが。

    どういう募金が良い募金で、どういう募金が悪い募金なんて線引、人それぞれでしょうし、お金に良い悪いなんてないと思いますがね。

    とは言ってももちろんそれが犯罪を犯して集められたお金は論外です。

    困っている人たちを助けたいという純粋な気持ちを持って見返りを求めず行われる募金(慈善活動)のみを肯定すべきなんていうのはアホらしくないですか?

    以前にもアイスバケツチャレンジなんていうものが流行っていたことがありましたが、あの時批判していた人たちのどれぐらいがそれが話題になる前からあの病気のことを知っていたのでしょうか。

    実際に調べたわけではないので本当のところはわかりませんが、おそらくあの騒動をきっかけに実際に興味を持って難病について調べ始めた人たちも多かったのではないでしょうか?

    結果を軽んじ方法を重んじたところで実際の効果は非常に薄いものなのではないですか?

    今回の募金の件にしてもアイスバケツチャレンジの件にしても他人がどうこういう話ではないでしょう。

    最後に宇宙兄弟に出てくる名セリフを書いて終わりとさせていただきます。

    「人の悪口というのは、仲間内で言う人は”凡人”、口に出さない人は”賢人”、不特定多数に向けて発信する人は”暇人”ですから」