「賢明にそしてゆっくりと…速く走る奴は転ぶ。」安酒をみんなでガブガブ飲んだからって大人にはなれないんだぞ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「賢明にそしてゆっくりと…速く走る奴は転ぶ。」安酒をみんなでガブガブ飲んだからって大人にはなれないんだぞ

2015-12-18 14:25

    バーテンダーより
    19歳女子大生が部室で飲酒し死亡、学内飲酒全面禁止に 京都府立大


     学内飲酒全面禁止に抑止効果はないと思うが、こうせざるを得ないのはしょうがないことでしょうか。食堂など一部で飲酒が認められていたようですが、詳細がわからないので推測ですが、今回の現場は部室だということで元々禁止されていたエリアですよね。
     結局、大学側が全面禁止にしたところでこれからも学内飲酒をする生徒はいつづけるでしょうし、まして学外での飲酒事故を止めることはできません。大学生いや、例え中高生だとしても生徒、学生、ひとりひとりの行動をすべて規制し、取り締まることなど到底できません。そして安全教育を徹底するとは言え、実際にそこに耳を傾けるような学生はこのような違法行為には及ばないはずです。
     実際こういった事故を防ぐためにはどうすることが適切なのか。やはり小さな頃からの教育が重要でしょう。勿論、ここでいう教育というのは学校で行う教育というものだけではありません。家庭内、そして地域で行う教育が重要です。しかし、こういった教育は有効な手段であると同時に無力でもあります。
     どうあがこうがこういった事故を無くすことは出来ません。ルールや法律を厳しくし、重罰化することで多少の抑止力にはなるでしょうが、0にすることは不可能です。殺人などを始めとした犯罪がこの世の中からなくならないのと同様です。ならばこうなることを予測して「やめましょう」で終えるのではなく実例を元にした対処法を教えるべきです。やめろと言われてなくなることはありえません。
     
     自分もそうでしたが、20歳ぐらいの酒を飲み始めた頃は「酒=酔っ払って楽しくなるための道具」という認識でしかありませんでした。まあこういってはなんですが、ドラッグと似たようなものです。酒=合法ドラッグと同じ認識だったと今振り返れば思います。
     しかし私もこの歳になり、まだまだ何もわかっていないとは思いますが、少しずつお酒そのものの美味しさに気づくようになり、飲み方が変わってきました。単純にアルコールを求めているのか、お酒を求めているのか。
     こういったお酒の味わい深さを教えていくことも抑止の一因になるのではないでしょうか。安い悪酒を大量に飲むことはそれだけ危険になってしまいます。今回の件でも、これまた詳細はわかっていないので推測ですが、紙コップにウイスキーを2杯飲むというのはストレートまたはロックで飲んだと仮定したら普通のお店で頼めばおそらく5,6杯の量(それとももっと?)が入るのではないでしょうか。
     酒が強い、酒を大量に飲めることがかっこいいわけではありません。お酒をおいしく飲める人がかっこ良いのです。また飲みやすいお酒が良いお酒というわけでもありません。私もまだまだ勉強中の身ではありますが、以前のように酔っ払うことを目的に飲むことはなくなりました。もちろん只の私のひとりごとですので、賛否はあるでしょうが皆さんはどうお考えでしょうか。少しでもお酒が絡んだ事故がなくなりますように。

    「酒は飲んでも、飲まれるな。」
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。