• 能登線が廃線から15年経過しました。

    2020-04-08 18:50
    今年も取材に行くべく計画を立てていたわけですが、昨今の事情を鑑みまして、取材は9月以降といたします。
    15年目の動画を待ちわびている人がもしかしたらいるかもしれませんが、取材終わり次第投稿いたしますので今しばらくお待ち下さい。

    すべての苦情お問い合わせはころなパイセンまでお願いいたします。
  • 広告
  • 単発企画編集開始

    2016-12-09 16:25
    たいっっっっっっへんご無沙汰しております
    久々に新規の動画作成にとりかかります。
    単発企画ですがとある動画のリスペクト作品となります。
    年内に初回投稿して数回に分けて投稿いたしますのでどうぞよしなに。
  • NIKON D5 ISO感度比較およびにわかインプレッション

    2016-04-03 00:21
    3/31にD5が手に入りまして4/2になってようやく撮影できました。
    日中の撮影についてはtwitterの画像を参照までに。
    で、今回こちらのほうで紹介するのは

    拡張ISO5段分の威力の確認

    であります。
    常用102400でそこから5段分ですからなんと3276800という途方も無い数字。
    そこで、夜の湯涌温泉にてISO100から同じ露出になるように1段ずつ比較できるよう撮影してまいりました。

    撮影条件
    レンズはAF-S NIKKOR 24-70mm F/2.8G
    F値は8で固定(ただし玉泉湖の写真はF/5固定)
    長秒時ノイズ除去OFF
    可逆圧縮14bitRAW(現像時はレンズプロファイルの適用のみ行う)

    以上を踏まえたうえで御覧ください。

    比較用画像:湯涌温泉入り口

    ISO100

    路面の質感もきっちり解像しており暗部の階調もなめらかでムラも少ない。

    ISO800

    家屋の壁などにノイズやムラなどが見え始めているが、ほとんどわからないレベル。

    ISO3200



    明るいところのノイズも若干出始める。発色はISO100と大差ない。階調潰れもまだ少ない。

    ISO12800

    左側の葉っぱにも目立つノイズが出始め全体的にザラっとしてくる。細部の潰れも目立つようになってくる。発色はまだ問題ない。

    ISO51200

    ここまでくると流石に発色の落ちが目に見えてわかるようになってくる。路面もノイズで潰れてしまっている。ディテールはぎりぎり保持している印象。

    ISO102400

    常用最大感度。全体的に青みがかった絵になった。だが、路面の消火栓の文字が読み取れるなどこれだけの高感度の割にはノイズは少なめな印象。

    ここからが本番。
    ISO409600

    拡張ISOなので写りについてはお察しではあるが、夜間でSS1/200でこれだけの写りをしてくれるだけでも驚き。細部はノイズでつぶれてディテールも盛大に崩壊しているが、サムネイルでは見られるレベル。

    ISO1638400

    7桁ISO感度入り口
    暗部はノイズによって完全に消され、右側手前の樹木はほとんど視認できない。

    ISO3276800

    拡張最大感度。かろうじて判別できた右側手前の幹すらも見えない状態。奥の家屋もほとんど見ることができない。
    ちなみにこの感度で1/1000という高速シャッターでこの写りだということを付け加えておく。


    印象としては102400でも発色の低下はさほどなく、ノイズもそこそこに抑えられているように感じました。
    最新型のフラグシップモデルであるだけあって、白飛び、暗部潰れ、色ムラなども少ないのですが、RAWで出力しているせいなのか、発色が全体的におとなしめな印象を受けます。
    気になる人は現像時に彩度を上げてやる必要がありそうです。
    また、暗部でのAF性能ですが、ほとんど光の届いてない真っ暗なところだと合焦してくれませんでした。D700と比較してかなりの向上は見られていますがもう少しといった印象。ただし中央でのAF性能を試していないので近いうちに試してみます。

    ライブビューの使い勝手ですが、液晶の解像度が高く、4隅までしっかりAFポイントがあるため、MFで隅っこにヤマを作りたい時に画面を見ながら合わせたいところを拡大して調整することができ非常に便利です。また、タッチパネルでAFポイントも指定できるので、LVでフォーカスを合わせてからMFに切り替えてファインダーを覗きつつシャッターチャンスを待つ、といった使い方ができそうです。

    そして、これはNIKONユーザーなら誰しもわかると思いますが、撮影画像の再生時C社のものと違って左右のボタンを1回1回押して画像を送らなければならなかったのが今回のタッチパネルで一気に送ることができるようになっています。
    見たい画像までなかなか辿りつけずにストレスを感じていたのですが、これで一気に解消されそうです。


    まだ使い始めたばかりでこれからいろいろと撮影していく中でいろいろ見えてくるものもあるかと思いますが、にわかファーストインプレッションとして参考までにしていただければと思います。


    おまけ画像
    湯涌温泉の別カット比較画像

    郵便局のポスト

    ISO100



    ISO3200



    ISO51200



    ISO102400



    ISO1638400



    ISO3276800


    玉泉湖

    ISO200 4分露光



    ISO800 1分露光



    ISO12800



    ISO102400



    ISO3276800 1/60 f/5



    同 1/2 f/5