VRZONEでボトムズバトリング野郎を体験してきた話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

VRZONEでボトムズバトリング野郎を体験してきた話

2016-07-24 23:43
    先日、お台場のVRZONEでボトムズに乗れると聞き早速乗ってきました。 他のVR体験とは違い対戦形式。知り合いと行くといいかも。殺せ!!
    (いない場合はほかに一人で来てる方かスタッフと戦える。スタッフは滅茶苦茶強いらしい)


    ↑1回700円。プレイする前にチャージを忘れずに

    コックピットに乗り込む前にハンガーの様子を見せてもらえます。降着状態の自分が乗るスコープドッグが見えたり武器が発送される所が見えたり、壊れて修理してるATがあったりと全方向で何かが起きてるのでまわりを見るのが楽しい。
    ハンガーの様子を見るといよいよコックピットに搭乗。狭い!



    ↑コックピット。これが限界までぎゅうぎゅうに詰められます

    VRユニットを取り付けると降着状態のドッグに座っている所から始まり、少しするとドッグが立ち上がり(ここで凄い揺れる!大興奮して声を出してた)頭部が閉まりターレットレンズ越しで回りが見えるようになる。その後エレベーターで上へ、対戦開始!!と言った流れです。現実で握ってる手元のレバーやフットペダルに視点を合わせるとゲームでも再現されてたり(レバーの間にモニターも有り、確かギルガメス語で書かれていた)、後ろを振り向くとドッグの無機質な装甲が見えたりととにかく見る事が楽しい!



    ↑丁度このキリコが自分になって周りを見渡せるイメージ

    対戦ですが二セットの一試合60秒(うろ覚え)でした。 操作は左右のレバー(トリガー付き)と足元左右にフットペダルありという方式になります。イメージはジャンプのできないバーチャロン。
    操作系統としては
    レバーを左右に倒す→倒した方向に平行移動。遅い
    レバーを上下に倒す→前進orバック。遅い 右レバーを前、左レバーを後ろ→左に旋回(逆に倒すと右旋回)
    右フットペダル→ローラーダッシュ、速い(左右にレバーを倒すと多少曲がる)
    左フットペダル→ターンピック(急ブレーキ、旋回と同時に行うと原作さながらのターン可能)
    右トリガー→マシンガン、120発あり。それなりの火力
    左トリガー→ミサイル、9発。超火力

    VRの目線でターレットレンズを動かし視界の確保兼照準を合わせます。マシンガンは弾速が早いので撃てばほぼ視点の先に当り、ミサイルは遅いので偏差射撃する必要有ります。ミサイルを近くで撃つと自分にも被害あり。 弾が無くなると武器を捨ててアームパンチが使えるようになります(一撃必殺!ただし相手も高速移動してるのでほぼ当たらない)
    また、フィールドに武器が落ちているのでそれを拾って補給も可。基本歩くのは遅いのでローラーダッシュで動きつつ必要に応じて方向転換や歩行をして敵を倒すゲームかなと。
    スコープドッグはいくつかの部位に分かれているらしく、敵の右手を撃てば右武器が使えなくなり、足を撃てばローラーダッシュが出来なくなり、頭部を撃てば即死…。原作再現?なのか滅茶苦茶脆いのですく壊れます。牽制で雑に撃ったマシンガンが運悪く頭部に当り一瞬で終了なんてこともプレイしててありました。両腕が壊されると武器が使えなくなるので逃げ回ってドローに持ち込むと良し。 操作に慣れるとローラーダッシュで相手とすれ違う→ターンピックで相手の後ろを取り即ローラーダッシュからの射撃…のように原作的な動きができてとても興奮しました。

    武装や機体に関してはしばらくは追加等ないとの事、いずれあの機体やあの武器も使えたりするのかなあ…? 後、ゲームバランス的な問題だとは思うけど壁に当たっても無傷なのはちょっと気になった。ぶつかって死んだらそれはそれで文句言ってたと思うけどw

    文章で書いてもあまり伝わらない事が多いと思うので少しでも気になる方は是非一度やってもらえればと。とにかく見て動かすのがとても楽しい。ゲームが好きな人ならぜひ一度は体験してほしいです。尚、VRZONEは予約必須なのでいきなり行っても出来ないので注意!

    予約はここから
    https://project-ican.com/



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。