ラルクを語りたい アルバム #3「heavenly」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ラルクを語りたい アルバム #3「heavenly」

2014-02-22 16:18
    メジャー2nd「heavenly」1995年9月1日発売



    ラルクに完全にハマってから一番最後に買ったアルバム。
    ロック色が濃い曲と、今まで通り幻想的な曲、耳馴染みの良いポップな曲と、Tierraから一気のバラエティーが広がったアルバムなんですけど、実は聴く頻度が一番低いアルバムです。
    個人的にラルクのダークな部分に惚れて(もちろんポップな曲も好きです)CDを買いあさったんですけど、このアルバムは暗い森から陽の光の中に飛び出したような雰囲気があって、なんとなく俺の好きなラルク像からちょっと外れてる感じ。(あくまで主観ですよ)

    タイトル横のマークは最大5点満点で、その曲の好きな度合い、コピーしての面白さ、普段のヘビロテ率等を加味した個人的な曲への評価です。

    M1.「Still I'm With You」✩✩
    まさに陽の光に飛び出す瞬間みたいな曲です。
    このアルバムからディレイは相変わらず活躍してますけど、クリーンは空間系のエフェクトが減ってハリのある音に変わってきました。
    リード音も同じくアンプ直に近い感じです。
    まだこの頃はSSH配列のギターをライブでは使ってたので、まだストラトじゃなくてもコピー出来るかなーとは思います。
    イントロから続くアルペジオは技術的には簡単なんですけど、リズムキープしながらキチンと弾くとなるとちょっと大変です。

    M2.「Vivid Colors(アルバムバージョン)」✩✩
    Blurry Eyesと同じくライブの定番曲になっててもおかしくない気がするけどそうでもないシングル曲。
    お手本のようなカッティング、アルペジオ、コードストロークが詰まってるの初心者の方がギターでコピーするにはオススメ。ただ、ギターソロはkenちゃんの手癖満載の独特なリズムなので間の取り方とか難しいです。

    M3.「and she said」✩✩✩
    これは各パート何も考えずに勢いで楽しく演奏出来るラルクの中では貴重な曲じゃないですかね。キーボードは必須ですけど。
    ギターソロも何かフィルター系のエフェクトがかかってますけど、俺はワウで弾いてます。
    ただ放送の時は座って弾いてるのでワウというかEXPペダルが踏めないので普通にソロ用の音でガシガシ弾いてます。

    M4.「ガラス玉」✩✩✩✩✩
    前述した通りこのアルバムをじっくり聴こうとした事がないんで、こんな素敵な曲があったのかとだいぶ後になって気付きました。
    ただテンポが遅ければバラードなのかと言われたら線引きが難しいけど、個人的にあんまりバラードは好きな方じゃなかったんですけど、ラルクのバラードに関しては違います。
    Tierraまでも幻想的な曲はあって、なんとなく情景が浮かぶ曲が多かったんですけど、ガラス玉に限らずこのアルバムは抽象的なイメージよりもっと具体的に風景とか情景が浮かぶ歌詞が多くなった気がします。
    コピーに関しては、とりあえず淡々と続くアルペジオが意外と大変。きっちりひとつひとつの音を出そうとすると左手の親指の付け根が痛くなってくるんですよw
    ソロも速弾きの教則本に載ってるようなメカニカルフレーズですけど、3連符6連符が織り交ぜられてて難易度は高いです。そこまできっちりコピー出来てません。むしろガッカリするレベルです。

    M5.「Secret Signs」✩✩✩✩
    イントロからのフィンガーピッキング、一応練習した事はあるんですけど弾けません。
    放送でリクエストされてもピックで弾く始末です。そして音作りもかなり難しい。歪んでるようで歪んでない絶妙な音と、絶妙なニュアンスはkenちゃんのセンスがあってこそだと思います。
    ソロも最後の部分なんて弾ける気が全くしません。コピー難易度はラルク全曲中かなりの高レベルです。

    M6.「C'est La Vie」✩✩✩
    こういう曲をサラッと出来ちゃうところがラルクの凄いとこですよね。
    よく「ラルクの曲で初心者にオススメの曲はなんですか?」って聞かれるんですけど、その時はよくtrickって答えるんですよw。だけどこの曲もオススメです。
    コードチェンジの練習にもなるし、trickと違ってギターソロもあるししかも簡単。
    音作りなんかも余計なエフェクト使わずに気持ちよくカッティング出来るクランチさえ作れれば通しでいけるし。
    少しだけアルペジオがややこしいってくらいですかね。でも頑張れば全然いけます。

    M7.「夏の憂鬱」
    残念ながら聴く頻度は極端に低いしコピーもじっくりした事ないです。
    やっぱり「夏の憂鬱~time to say good-bye~」の方が好きです。

    M8.「Cureless」✩✩✩
    個人的に「元祖アルペジオ地獄」な曲だと思ってます。
    ニコ生のリスナーさんで、この曲大好きって方がいてよくリクエストされたんですけど、当初は構成も知らないくらい聴いてなかったしなんだかめんどくさそうな曲だったんですけど、スコア見ながら一生懸命弾いてました。

    M9.「静かの海で」✩✩✩
    昔読んだ雑誌でkenちゃんが「ギターでイルカの鳴き声を表現した」的な事言ってたと思うんですけど、ここかな?って探しながら聴くのも楽しいかもしれません。
    これはディレタイムをBPM132に合わせて付点8分、フィードバックは3回くらいにして専用の音を作ってたような気がしますけど、放送では数回しか弾いたことありません。
    最後のソロはスコアをほぼ無視してアドリブで弾くんですけど、自分の引き出しが少ないんでgdgdで終わるのが恒例です。

    M10.「The Rain Leaves s Scar」
    ラルクでは珍しいハードロックノリのリフで攻める曲ですけど、HR/HMを通ってきたkenちゃんからすると珍しい事ではないんですよね。
    これも実はそれほどプライベートでも全くと言っていいほど聴かないし、コピーも数える程しかしてないです。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。