ラルクを語りたい アルバム #6「ark」「ray」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ラルクを語りたい アルバム #6「ark」「ray」

2014-02-23 17:23
    ラルク初2枚同時発売「ark」「ray」1999年7月1日発売




    シングル同時リリースと怒涛のプロモーションを経て発売された2枚同時リリース作。
    HEARTに比べてユッキーの色もだいぶ入ってきて今まで無かったアプローチの曲も多くなったと同時に、ギターが「ストラト+マーシャル」の王道の組み合わせとファズサウンドに変化、フレーズもペンタ多用のこれまた王道のスタイルが多く見られるようになってきます。
    アレンジがかなり凝ってるのにも関わらず、どれも破綻せず聴きやすいのはメロディーがポップだからでしょうね。
    この頃から「ベース>ドラム」とベースのMIXレベルが上がってドラムは軽くなったなんて人もいたと思うんですけど、DIE IN CRIESをずっと聴いてたから逆に自然に感じました。
    音楽業界も全体的に勢いがある中で、見事なまでにラルクも波に乗ってましたね。
    ※タイトル横の✩マークは最大5点満点で、その曲の好きな度合い、コピーしての面白さ、普段のヘビロテ率等を加味した個人的な曲への評価です。

    「ark」
    M1.「forbidden lover」✩✩✩✩✩
    シングル曲の中では1,2を争う程好きです。
    歌詞の世界観も曲自体ももちろん、淡々と進むドラムとうねりまくるベースも気持ちよすぎるギターソロもhydeの歌も全部好きです大好きです。
    余談ですけど元々ストラト使いなのにギター本体のボリュームもトーンもほとんどいじらないですけど、GT-10でバッキング用に作っておいたプリセット音だと歪み過ぎてコード感が損なわれてたので、この曲をコピーする上でよくボリュームをいじるようになりました。
    ギターソロはとにかく弾いても聴いても気持ち良くて、放送では顔隠して弾いてますけど顔はかなりイってます。

    M2.「HEAVEN'S DRIVE」✩✩✩✩✩
    PVって一回観たらあとはほとんど観ないんですけどこれはカッコよくて当時結構何度も繰り返し観てました。
    いまだにこれはカッティングの音が上手く作れなくて放送でもあんまり弾いてないです。
    前半と後半で二重人格的なソロも難しいですね。
    演奏動画はギターよりベースを弾いてる人の動画をよく漁ってました。

    M3.「Driver's High」✩✩✩✩
    ラルクキッカケでギターをはじめた人は「HONEY」かこの曲をまず弾きたいと思うんだろうけど、手をつけたのはわりと他の曲をコピーしてからだいぶ経ってからです。
    ニコ生をはじめてからかなりリクエストされるのでそこからようやくコピーしたのを覚えてます。

    M4.「Cradle」✩✩✩✩
    タイトル通りゆりかごに揺られてるような心地よさがあるんですけど、こういう曲にスクラッチを入れる辺りユッキーっぽいですよね。
    ギターソロはGT-10内蔵のレズリースピーカーシュミを使って音も作ってあるんですけど、放送ではほとんど弾かないです。

    M5.「DIVE TO BLUE」✩✩
    コピー云々よりも、歌詞に隠れてる裏テーマみたいなものに凄く興味を持ちました。
    突き抜けた明るい曲なのに実は・・・っていう意外性があるのもラルクならではですよね。
    久しぶりのディレイフレーズが出てきますけど、何故かキチンとコピーする意欲が湧かない曲なのでリクエストがあった場合は「shutting from the sky」「As if in a dream」用の音で無理やり弾いてます。

    M6.「Larva」✩✩✩
    ユッキーの存在感と味をこのアルバムに具体的な形で取り入れたいと、他のメンバーがarkとrayにそれぞれインストを入れようとアイディアを出したのかなと勝手に解釈してます。

    M7.「Butterfly's Sleep」✩✩✩✩✩
    荘厳でオペラの舞台で演奏されてもおかしくないイメージの曲ですけど、これもユッキーテイストがだいぶ入ってます。
    逆回転のブレイクビーツとストリングスの組み合わせでかなりバッキングが凝ってるんで、ギターはわりとシンプルです。
    たまに放送ではベースで弾くんですけど、GT-10にベースを突っ込んでディストーションか何かをかけてソロフレーズ弾いてます。

    M8.「Perfect Blue」✩✩✩
    歌詞の内容から賛否が分かれる曲ですよね。当時は俺も聴いた時にちょっとビックリしました。
    それをあえてハワイアン調の曲に乗せるひねくれたセンスの方が、俺は歌詞の内容どうこうよりもラルクらしくていいんじゃないかと思います。

    M9.「真実と幻想と」✩✩✩✩✩
    kenちゃん自身もこの曲は難しいって言ってるくらい難しいです。
    アルペジオ地獄は「虹」よりも「いばらの涙」よりもこの曲なんじゃない?ってくらいキツイです。
    ただおいしいフレーズが結構詰まってるので、コピーは頑張ってしたいんですけど・・・。

    M10.「What is love」✩✩✩✩
    こっちは打って変わってコピーもしやすいし、あんまりこの言い方は好きじゃないけど隠れた名曲だと思います。
    たまにハッと思い出してこの曲弾いたり聴いたりするんですけど、Piecesへの布石というか序章的な位置づけでいいですよね。

    M11.「Pieces [ark mix]」✩✩✩✩✩
    改めて聴き返すとこのアルバムだけでシングル5曲も入ってるんですね。そう感じさせないのは他の曲とのマッチングが絶妙だからかなー。
    んで、この曲ですけど以前ブログでも紹介したラブドラさんが凄くいい感じで弾くんですよ。
    ラブドラさんはこの時期の音の再現率が結構高くて、俺はどっちかっていうともうちょっとモダンな音作りなので弾いててしっくりこないんですよ。
    あと私事ですけど、今の奥さんもラルクが好きではじめて自宅に呼んだ時に、この曲が好きだって言うから練習して目の前で弾いたんですよ、そしたら感動して泣いてくれて。
    だから夫婦にとって思い出深い曲です。



    「ray」

    M1.「死の灰」✩✩✩✩✩

    最初聴いた時はhyde作曲かなって思ってて、よくよく見たらテッちゃんで、こういう曲も作るんだなーってちょっと意外でした。
    コピーする時は人格変えるって言ったら大げさですけど、ちょっとやさぐれた人になって小難しい事は抜きにしてルーズに弾いてます。

    M2.「It's the end」✩✩✩✩✩
    マイナー調の曲でタイプは違うんですけど、何処かドラハイと似た空気を感じるんですけどどうでしょう?歌詞の舞台がドラハイのPVからちょっとだけ離れた場所にあるような。
    これもTHEストラトな音なんですけど、キレがあってなおかつ太い音ってなかなか出せないので苦労します。

    M3.「HONEY」✩✩✩
    ラルクで一番売れたシングルですよね?(多分)これは演奏動画でコピーしてる人がソロのとこをどんな風に弾いてるかそれぞれ個性があって面白いです。
    俺はワウに軽くリングモジュレーターもかけて要所要所は原曲通り、あとはその場のノリで適当にそれっぽく弾いてます。しつこいようですけど放送では座って弾いてるので前述の技は使えません。
    Fenderのkenちゃんがプロデュースしたジャガーで弾いてみたいなー。

    M4.「sell my soul」✩✩✩✩✩
    けだるい雰囲気がたまらい名曲。何回聴いたか分からないくらいなのに飽きないし、放送でも演奏率は比較的高めです。
    ただ、フィンガーピッキングが出来ないんでピック+指で変則的な弾き方してます。全くコピー出来てないけど。
    初心者の人でもサビの裏メロだけでも是非ギターでコピーして欲しいです。ここは音源だとナチュラルトーンなんですけど、俺はあえてこのフレーズを目立たせるためにソロ用の音でちょっとだけボリューム絞って弾いてます。

    M5.「snow drop (ray mix)」✩✩✩

    パッと聴きポップだしコピーしやすそうなんですけど俺は凄く苦手です。
    結構音が頻繁に変わるしフレーズも忙しいし打ち込みをしっかり作らないとライブでバックが寂しくなっちゃうし・・・。
    フレーズだけ見るとそれぞれそんなに難しくはないんですけどとにかく苦手です。

    M6.「L'heure」✩✩
    これを聴くとDIE IN CRIESの時のユッキーを思い出します。

    M7.「花葬」✩✩✩✩✩
    ソロはkenちゃんの手癖が存分に味わえます。間の取り方がやっぱり独特なので、スコア通りに弾こうとは最初からあんまり思わないです。
    去年のセッションで弾かせてもらったんですけど、バンドで合わせるのが難しい曲なんですけどかなり気持ちよく演奏させていただきました。

    M8.「浸食 ~lose control~」✩✩✩✩✩
    この後に控える「いばらの涙」と合わせてアルペジオがキツい曲。これもコピーは無理だと思ってて、手をつけ始めたのは放送はじめてしばらく経ってから。
    ソロも完全にフリーな感じなんでキメだけ音源に合わせてあとはだいたい適当です。

    M9.「trick」✩✩✩✩✩
    昨日今日はじめた初心者の人でとにかくラルクで一番簡単な曲を教えてって言われたら迷わずこの曲をあげるんですけど、大まかに3つの構成だけ覚えれば弾けます。
    逆に言えばこれだけシンプルでカッコイイ曲が作れるユッキー凄いって事ですけど。

    M10.「いばらの涙」✩✩✩✩✩
    スコア買って練習してみたはいいけど無理って思っててしばらく聴き専の曲だったんですけど、やっぱり放送でリクエストが多くて数年振りにちょこっと弾いてみたら弾けたんですよ。
    ただ、何故かオルタネイトじゃなくてエコノミーピッキングで覚えちゃったから、その癖は今でも完全に治ってなくて、オルタはホントに苦手です。
    ソロは歪ませたほうが弾きやすいけど、途中でカッティングも入るからあんまり歪ませたくないし、ちょうど良い音がいまだに作れてないです。

    M.11「the silver shining」✩✩✩✩
    ライブでもほとんどやらないし正直ちゃんと聴いたことは無かったんですけど、リスナーさんでこの曲が好きって人結構いるんですよ。
    コピーして楽しむ曲ではないけど「ark」と「ray」という長編映画のEDテーマみたいな感じで凄くホッとします。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。