ラルクを語りたい アルバム #11「BUTTERFLY」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ラルクを語りたい アルバム #11「BUTTERFLY」

2014-02-27 18:40
    通算12枚目の現段階での最新アルバム「BUTTERFLY」2012年2月8日発売



    もう発売してから2年以上経つんですね。時の流れ早すぎて遠くまで流されましたね....。
    全11曲中7曲がシングルで、詳細が発表されるまでは「もしかして二枚組?」と淡い期待を抱いてたんですけど....。
    とは言え、シングルはそれほど聴かない俺でもこの時期に出たシングルはどれも好きだし何度聴いても飽きない曲が多い。アルバムとしても改めて通して聴いても凄くまとまりが良くて、ファン心理としては「より多くの新曲を」と望んでしまうところですけど、これはこれで良いなって思いました。
    初回限定盤にはP'UNK~EN~CIELの1stアルバムやらDVDやら抽選券やら、特典がオリジナルアルバムとしては過去に無いボリューム。

    P'UNK~EN~CIEL「P'UNK IS NOT DEAD」
    こっちのアルバムは一度サラッと通して聴いただけなので今回は何も書きません。
    ※タイトル横の✩マークは最大5点満点で、その曲の好きな度合い、コピーしての面白さ、普段のヘビロテ率等を加味した個人的な曲への評価です。

    M1.「CHASE」✩✩✩✩
    同期を作る際に費やしたした時間が二番目に長かった曲。そりゃあもう大変でした。
    バックが派手派手なのでギターはとてつもなくシンプル。

    M2.「XXX」✩✩✩✩✩
    同期を作るために費やした時間、労力共にNo.1!
    これはシーケンスフレーズとストリングスの音だけでもメチャクチャカッコイイ。DAWやる人は是非とも自分で打ち込んで聴いてみてください。
    ギター的には後半のソロ(?)でピッキングハーモニクスをいかに綺麗に出せるかにかかってますけど、あとはCHASE同様簡単です。

    M3.「Bye Bye」✩✩✩✩✩
    15thラニバで新曲として演奏してましたけど、後にDVDにもおまけ的に収録されてるし、しばらく音源としてはもちろん他にもこの曲について全然音沙汰も無かったからなんとなく「実は解散が決まってて、そのラストシングルになるのかな...」って内心ドキドキしてました。

    M4.「GOOD LUCK MY WAY -BUTTERFLY Ver.-」✩✩✩✩✩
    それぞれのソロ活動から、事実上ラルクとして活動してなかった後の復活シングルという立ち位置からすると「READY STEADY GO」と同じなんだけど、こっちはもっと憂いを帯びてるというかドラマチックな感じがします。
    最初に聴いた印象は「あーいい曲だなー」くらいだったけど、実はスルメ曲で何度か聴いてるうちに凄い好きな曲になりました。
    だけどソロは苦手です。

    M5.「BLESS」✩✩
    コピーしたのは、気まぐれで放送で弾いた一回のみ。普段もそれほど聴かないけど、今あらためて聴いてみたらいい曲。
    このブログはじめて良かったのは、嫌いじゃないけど再生回数が極端に少ない曲をじっくり聴く良い機会になった事です。
    しばらく放送も好きな曲とか得意な曲に偏りがちだったけど、こういう曲こそちょっとチャレンジしてみようと思います。

    M6.「shade of season」✩✩✩✩✩
    このアルバムって簡単な曲と難しい曲の差が凄くハッキリしてるなーって思うんですけど、この曲は簡単な方に入ります。
    はじめて聴いたのはニコ生でやってたアルバム完成視聴会だったんですけど、その時に空気感がDIE IN CRIESの「VISAGE」ってアルバムに似てるなーって。

    M7.「DRINK IT DOWN」✩✩✩✩✩
    これの同期も作ったんですけど、結構こだわりました。
    使ってるDAWソフトがどっちかって言うと入門者も使えるようなヤツだし、音源もそれこそそのソフトに入ってるヤツだけでどこまで完成度高めるかって言うのがテーマだったんで。
    ギターで弾く時はメタルっぽくならないようにちょっと中域上げてドンシャリ回避してます。

    M8.「wild flower」✩✩✩✩✩
    前半の「陰」とサビの「陽」のコントラストが絶妙な名曲です。
    アルバムリリース当時はこの曲がギター的に一番の鬼門だと言われてたんですけど、今も正直コピー意欲が湧かない程弾いてません。
    他の曲がギターよりも上モノで世界観を構築してるのが多い中、この曲みたいにギターのオーバーダブで成り立ってる曲はじっくり腰を据えて弾かないとダメなので、練習嫌いな俺にはキツイです。

    M9.「SHINE」✩✩✩
    「DIVE TO BLUE」「snow drop」も弾くのは苦手なんですけど、これもその2曲に通じるモノがあってそれほどちゃんとコピーしてません。
    スコア出てからサッと一応全曲目を通すんですけど、それで「めんどくさそう」って判断しちゃうともうダメ。
    アルバム収録のシングルの中じゃ一番聴く回数も少ないけど、今聴いてみたらコピーしたくなりました。

    M10.「NEXUS 4」✩✩✩✩✩
    ソロ以外は気持ち良いんですよ、特にBメロのピッキングハーモニクスのソロ以外は。
    ここまで読んでくれてる方なら「基本的にこの人ギター弾けないな」ってのが分かっていただけたと思います。
    それでもなくても放送でバレますけど。

    M11.「未来世界」✩✩✩
    子守唄みたいで優しい曲。そう言えばESPでテッちゃんモデルのウッドベース作ってましたけど、今度の国立辺りでお目見えするんでしょうかね?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。