こんな時だからおすすめゲームを紹介しよう「ヘッドライナー:ノヴィニュース」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

こんな時だからおすすめゲームを紹介しよう「ヘッドライナー:ノヴィニュース」

2020-04-14 20:23
    COVID-19で外出自粛されてる方もそうでない方も、こういう時はゲームをやって時間を潰しましょう。

    さて、皆さんはどれだけメディアや通信社、新聞社を信用していますでしょうか?
    日本では「マスゴミ」なんていう蔑称で呼ばれて久しいですが、一方でメディアを遮断しては情報は入ってきません。
    今回のケースも店舗が営業を自粛しているにも関わらず平気で東京にやってきた人、あるいはどえらい事態なのに呑気な人もいたりなど、メディアに触れないという生き方はいざ緊急事態になった時全く対策のしようが無いともいえます。
    かといって信じすぎて買い占めだとか様々な情報で押しつぶされて鬱になるといったケースもあります。

    ですがこれらは全て「受け取り手」である私達の視点でしかありません。
    もし、「送り手」の立場に自分がなったら、あなたはどういう行動を取りますか?

    その体験ができるゲーム。それが
    HEADLINER:NOVINEWS



    公式サイト
    世界観と説明
    舞台となるのは「ノヴィスタン」というとある国。
    あなたはこの国の新聞社「ノヴィニュース」の編集長として迎えられます。



    ノヴィスタンは近隣諸国と「デュナビ連合」を締結しており100年以上続いています。
    元首はウォルフ首相であり、強い権限を持っています。
    この国では「遺伝子モッド」という技術が栄えています。
    出生前や直後に遺伝子改良を施し、欠陥のある遺伝子の修正や病気の免疫獲得。さらには肌の色まで変えられる技術で、隣国「レアリス」から輸入し、現在ではほぼ全ての人が遺伝子モッドを使って生まれています。一方、これらを使わない人は「純血主義者」と呼ばれています。
    ですが、最近では謎の頭痛が発生するなどやや不安視されています。
    ゲームプレイング
    編集長となったあなたがやることは簡単。

    記者が寄稿した記事に対し「承認して掲載する」か「却下する」の2択。
    各記事に目を通し、それを載せるべきか否かを判断していくのです。
    また、記事によっては2つの記事が1つに綴じられている場合があります。
    この場合はどちらか一方の記事のみ承認することができます。
    日によっては紙面の都合上「一定数以上承認しないといけない」「承認数を一定数以下に抑えないといけない」と言ったこともあるので掲載する記事の選定には注意が必要です。
    一度決定した選択は取り消せないので要注意。

    もちろんあなたが載せた記事によって、世論は大きく傾いていきます…
    政治・外交



    わが国の首相は「遺伝子モッドを操作した」とレアリスに対し強硬的な措置を取ろうとしています。
    一方、レアリスの外資によるスーパーマーケットが開店するなど、国際化の波も無視できません。
    自国を優先し隣国に対し強硬的な手段を取る必要がある論調にするか
    国際化を進め、強硬手段を取ろうとする首相に批判的な主張をするか
    どちらがこの国にとって「良き未来」なのでしょうか?
    医療・福祉



    日本でも診療報酬の改定や介護保険料など、医療や福祉は国民に密接に結びついています。
    もちろんそれはノヴィスタンでも同じです。
    ノヴィスタンは日本のように国民皆保険ではなく、高額な医療費、高額な薬代が治療の足かせとなっています。一方病院のキャパシティ的にも限度があり、これ以上自由な診療をすると医療崩壊の危機に陥るでしょう。ですが新薬の開発も行われているようです。また、貧困者を救済する「救民の家」にもよからぬ噂が立っています。
    国民皆保険を進め、薬代を下げ、万人が福祉を受けられる社会を目指すか
    多少の犠牲に目をつぶり、医療崩壊を防ぐよう努力するか
    まさに今、各国の政治家に突き付けられている選択と同じ決断があなたに迫ります。
    警察・治安



    かつては「プライバシーの侵害」と言われていた街中の監視カメラも、様々な犯罪捜査に使われ犯人の検挙に役立つなど身近になってきました。今の日本の治安バランスは素晴らしいですが、ノヴィスタンではそうはいきません。
    警察官や治安用ドローンを増員し犯罪抑止に務めるか
    人々の自由を守るために警察の権限拡大に反対するか
    安全か、自由か、その先に待つ未来は何か?
    ベターバッズ



    いつの時代も国民のストレス解消法という物も政治のタネになります。酒・たばこはもちろん、合法な国では大麻もOKですし、日本もかつてはヒロポン(覚醒剤)が合法でした。
    この国では新たに合成酒「ベターバッズ」が発売されました。もちろんこの商品のイメージを上げるも下げるもあなた次第。
    依存性が無く妊婦でも飲めるスーパーフード的存在と喧伝するか
    依存性に加え心身に良からぬ影響を与えるとんでもない物と貶すか
    ですが、我がノヴィニュースの大口スポンサーであることもお忘れなく…
    登場人物



    仕事を終えると自宅まで街中を歩きますが、その中では様々な人に出会います。
    会話では複数の選択肢があり、普通のアドベンチャーゲーム同様会話の選択肢次第で運命も大きく変わります。
    ボス



    ノヴィニュースのボス(社長)。新たに編集長となったあなたを快く迎えてくれます。
    あなたの活躍次第で気前よく給料を払ってくれますが、不甲斐ない働きの場合は叱責を覚悟した方が良いでしょう。
    ですが、ボスにもボスなりの想いがあるようで…
    エディ



    隣国レアリスからやってきた、所謂「外国人特派員記者」。
    彼女が幸せになれるか、残酷な運命を辿るかはもちろんあなたの言葉と記事選びにかかってきます。
    ジャスティン



    あなたの兄であり、今はコメディアンになろうと修行中です。
    精神的にやや不安定な鬱状態ですが、コメディアンになろうと奮闘する兄の夢を応援するか、「目を覚ませ」と現実を突きつけるか。
    選択次第ではもちろん夢を掴めますが、最悪の事態になる可能性だって…
    ルディ



    昔ながらの雑貨屋「ルディマート」の店主。物静かな娘さんと店を切り盛りしていますが、隣にレアリスからの外資系スーパー「デュナ・パイ」がオープンしようとしています。
    「商店街か」「ショッピングモールか」は日本でも同じような選択を迫られたケースは多々。
    あなたのアドバイスと記事で両者の運命は大きく変わっていきます…

    決して「ゲーム」ではない真実
    あなたが編集長として遊ぶことができるのは14日間。
    言ってしまえばわずか「14日間」であなた自身も、周りの人間も、そしてノヴィスタンも大きく変わってしまいます。
    あなたが公開した記事で煽動される国民達。その様子を「明日は我が身」と自戒するか、それとも「衆愚の操作の容易い事」とほくそ笑むか。



    ゲームでは2週目以降に登場するキャラクターもおり、周回前提ですが1ゲーム1時間程度と周回もしやすいです。
    決断を通して全ての結末を見るのもいいでしょう。あなたが理想とする未来は見つかるのでしょうか?

    世にも奇妙な物語「ザ・ニュースキャスター」のエピローグでタモリさんはこう言いました。

    間に人間の手が入る限り、真実というものは必ず何らかの形に歪められてしまう物なのです。
    まさに『人がニュースを作る』と言っても過言ではない。

    本ゲームは高校でもメディアリテラシーの教材として使用されたこともあります。
    真実を見抜くことは難しい事です。ですが「メディアを信じるな」とも「メディアを信じろ」とも言いません。
    このゲームを通して「メディアとどう向き合うべきか」を考えてみるのもいいかもしれません。




    HEADLINER:NOVINEWS
    ニンテンドーSwitchPS4XBOX ONE&Windows
    ダウンロード版 1600円
    パッケージ版 3980円(Switch・PS4のみ)オリジナルサウンドトラックがダウンロードできるカードつき
    パッケージ Amazon限定版:オリジナルPC&スマホ用壁紙配信つき

    Steam
    1420円
    2ニュースエディターセット(このゲームの元となった「HEADLINER」とセット)
    1546円
    サウンドトラックセット
    2187円(サウンドトラック単品 1010円)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。