ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【アマチュア無線用語解説】ビーコンとは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【アマチュア無線用語解説】ビーコンとは?

2021-01-23 01:20

     JR8DAG/M.Kannoです。

     sm38154739 などの動画におけるアマチュア無線のビーコンについての説明です。

     アマチュア無線で使用できる周波数のうち、短波(3~30MHz)や50MHz帯においては、電離層を利用した伝搬を利用することで条件次第で日本国内だけでなく世界中と交信することができます。しかしながら、電離層の状態が常に変化しているため、同じ場所といつも同じように交信できると限りません。そこで、電波がどのように伝わっているかを把握しやすくするために常時電波を送信するしている無線局を、ビーコンと呼んでいます。
     アマチュア無線で使用できる周波数の中で、50MHz帯は5~8月を中心にスポラディックE層(Es層,下図)が発生し、日本各地との交信が可能となります。また、電離層の状態が活発なときは、世界各地のアマチュア局と交信できることもあり、電波の伝わりやすさが極端に変わるため、その状況(コンディションと呼びます)を少しでも的確に把握したいということもあって、50MHz帯については、日本各地にビーコンが設置されています。

     50MHzのビーコンの一覧について以下のページにまとめています。
    日本各地のビーコン一覧(50MHz)

     JR8DAG/M.Kanno

    にほんブログ村 ネットブログ ニコニコ動画へ
    にほんブログ村

    【電離層の模式図】


    【JR8DAGがEs伝搬を利用して50MHz帯AMモードで交信できた月ごとの局数】
     全交信数の95%以上を5~8月に行っています。


    ※ JR8DAGが受信できたビーコンを投稿しています。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。