ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

SC2 Direct Strike Commander: Kerrigan編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

SC2 Direct Strike Commander: Kerrigan編

2019-10-05 14:27

    Commanderの攻略記事(というほどでもない)を書くことを思い立ちました


    最近Starcraft2のArcadeマップであるDirect StrikeのCommanderモードをやってます。
    教科書はこれ:Go-To Strategies in Commander Mode

    KerriganはどんなCommanderか

    Kerriganはヒーローユニットが非常に強力かつ性能の割に安価で、序盤から有利に試合を進めることができます。ただし、ヒーローユニットがTychus程忙しくないにしろある程度のマイクロを要求します。
    Tier2から出せて高火力のHydralisk、攻守共に高性能なTorrasque(Ultralisk)、実質DPSがゲーム最強クラスのMutaliskなど、他のユニットも強力なものがそろっており、対応できる局面が多いので単純に強いです。
    単純に強くて言うことがない
    弱点としては、空対空ユニットがMutaliskだけなので、RaynorのVikingのような空対空の範囲攻撃持ち、少数精鋭タイプの空軍ユニットの相手が少々辛いです。タイマンできている間はあまり問題になりませんが、劣勢になって相手の構成が混ざってきた時に返すのが難しい場合があるので、序盤の強さを活かして終始相手にチャンスを与えないことが重要です。


    Kerriganのユニット性能

    Kerrigan

    Cost 400
    HP 600(+200 with Tier1 upgrade)
    Armor 2
    Weapon 40(4体に10ダメージ跳弾 with Tier2 upgrade) / 1.07 (攻撃速度最大1.5倍 with Tier2 upgrade)
    Range 3
    "Leaping Strike" 飛びつき単体150ダメージ(任意地点が指定できるので後ろにも下がれる)
    "Leaping Evasion" 上との違いがよくわからない
    "Psionic Shift" ダッシュし範囲25ダメージ
    "Immobilization Wave"(Tier3) 周囲の敵を2秒スタン、10(100 vs Air)ダメージ

    HP600、DPS40弱、150*2のバーストダメージ(しかも数秒で次が出せる)と初手から出せるユニットとしてはかなりイカレた性能。序盤の最強ユニット。
    最初の数WaveはInfested BunkerやCrooked Samなど一部を除いてほぼすべての構成に優位が取れる。どころか、自分でLeaping Evasionを後ろ向きに撃って敵Bunkerに突っ込まないようにしていれば次のWaveまで粉砕しかねない。
    このユニットを使いこなすことこそKerriganというCommanderの強みなので、序盤はアビリティのオートキャストをすべてオフにして手動操作することを強く推奨。というかPsionic Shiftはダメージがしょぼいので使わなくていい。
    Vorazunが即Oracleしてきた時にオートでStasis Wardに毎回突っ込んでそのまま負け、とかあるので、気を付けよう。

    Raptorling

    Cost 25
    HP 25
    Armor 0
    Weapon 7 / 0.5
    Range Melee

    特に使いどころはないので忘れて良い

    Queen

    Cost 175
    HP 175
    Armor 1
    Weapon(vs Ground) 4(+1)*2 6(+1)*2 vs Armored / 0.71
    Range(vs Ground) 5
    Weapon(vs Air) 9d / 0.71
    Range(vs Air) 8
    "Transfusion" 味方を125回復

    オーソドックスなQueen。回復アビリティを持ち、そこそこの耐久力と対空火力を持つ。
    AbathurのSwarm Queenに比べると回復力は落ちるが、KerriganやTorrasqueの延命には十分。
    とはいえそれは戦況に余裕が出てからやることで、Hydraliskなどが出せる状況ならそっちでガンガン攻めた方が良い。

    Hydralisk

    Cost 85
    HP 80(+20 with Tier3 upgrade)
    Armor 0
    Weapon 12(+2) / 0.59
    Range 5(+1 with Tier2 upgrade)
    "Frenzy" 10秒間攻撃速度+50%

    メイン火力。Frenzyアビリティで一時的に攻撃速度が1.5倍になるため、結構ダメージは出る。柔らかいのは普通のHydraliskと一緒。ただTier3にHPが上がるアップグレードがあり、範囲攻撃に地味な耐性が付く。
    Kerriganをすぐ殺しきれない相手には有効。

    Lurker

    Cost 310
    HP 200
    Armor 1
    Weapon 20(+2) 30(+3) vs Armored / 1.43
    Range 9

    普通のLurker。強力なvs Armored火力がある。
    やはり範囲攻撃なのでAbathurのVile Roachなどのように密集する敵に対して出すべき。

    Mutalisk

    Cost 125
    HP 120
    Armor 0
    Weapon 9 / 1.09
    Range 5

    KaraxとZagaraをゲームが始まった瞬間に詰みに追い込む悪魔のユニット。
    やや高価なアップグレードが必要だが、跳弾が最大6体で、ダメージ減衰がない。
    つまり密集した敵に対してDPSは額面の7倍。9*7=63って1体でKerrigan本人並み
    Pheonixのような空中ユニットに対して効果抜群。Mirageも問題なく溶かす。おかしい。
    ただ所詮Mutaliskなので範囲攻撃であっけなく溶けるし、単体ダメージも低い。空対空がこれしかいないのはKerriganの数少ない泣き所だが、刺さる敵には本当に刺さるので頭に入れておこう。
    参考までに、Mutaliskの群れを瞬殺するのにAlarakのAscendantが5,6体必要。

    Overseer

    Cost 115
    HP 200
    Armor 1
    Weapon 35(+3) 50(+5) vs Armored / 2.14
    Range 13

    Detector。敵の空対空攻撃に晒されるのが辛いところ。
    Mutaliskで対抗できるならMutaliskで。
    対抗できない場合Queenとかを出してるはずなのでそれでもまあまあ生き残るが、あまり期待しない方が良いかもしれない。

    Torrasque

    Cost 350
    HP 500
    Armor 2
    Weapon 35(+3) / 0.61
    Range Melee
    "Burrow Charge" 突進し地上の敵にAoE 通常攻撃1発のダメージ+スタン

    Chargeも強力だがLife LeechとRebirthアビリティもあるのでかなりダメージを吸う。
    攻撃力も普通に高いため空軍が問題にならないマッチアップなら非常に有用なユニット。
    マッチアップにもよるが1,2体出してKerriganとダメージを分散させるだけでも強い。

    Brood Lord

    Cost 325
    HP 225
    Armor 1
    Weapon 20 / 1.79
    Range 9.5

    普通のBrood Lord。子機が敵のターゲットを取るため、敵軍を一瞬スタンさせるような効果がある。
    Tychusなど対空が乏しい相手に対して有効。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。