• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 窪寺博士のダイオウイカ研究記-その20

    2019-01-07 16:35
    50pt
    58bda9adae4c301cc536b342202528aa2c69918e

    [本号の目次]
    1.2006年12月の調査の成果
    2.新HD撮影システムが捉えた映像
    3.漁業縦延縄にかかった漁獲物
    4.記者会見

    2006年12月の調査の成果

     12月の調査では初日にダイオウイカを釣り上げてしまったため、その後の調査を続けるかどうするか大いに悩んだ。生きて動き回るダイオウイカの映像は、直ちに東京に戻りニュース・メディアに流すだけの価値がある。だが、せっかく10日間の出張を組んで竹芝桟橋から一昼夜、“おがさわら丸”に揺られてたどり着いた小笠原父島である。磯部さんと話をしたいことは山ほどあるし、新人の乗子である岩本くんとも仲良くなりたい。計画通り、“おがさわら丸”の運航を一つ飛ばして調査を続行することにした。釣り上げたダイオウイカは、磯部さんの手配で小笠原父島漁業協同組合の冷凍庫に保管してくれることになった。
     12月としては海況が安定して、12月4日から10日の1週間で6回、小笠原父島東北沖で調査をすることができた。今回は新小型HDビデオカメラ撮影システムが4台手元にある。そのうちの2台を水深600mに、残り2台を800mと1000mに吊るし水深別の出現状況を調べることにした。記録媒体は60分のHDテープで、タイマーにより3分撮影、2分スタンバイとして約100分の稼働時間を確保した。LEDライトはフィルター無しの白色と、赤いパラフィンで覆った赤色を用いた。撮影システムのほか、漁業用縦延縄を3~4本、水深600~700mに入れて中深層の大型魚類やイカ類を釣獲することを試みた。これで前述のダイオウイカが釣りあがってきたのである。

    e6afe70d0233c1614238c2ac371deea56a9bb05f
    小型深海HDカメラシステムを縦延縄に吊るして流す
    96ea9ea82293efc226e6319b4e9e503e2be3382f
    旗流し縦延縄の旗竿の支度をする乗子の岩本くん
     
  • 窪寺博士のダイオウイカ研究記-その19

    2018-12-20 16:42
    50pt
    58bda9adae4c301cc536b342202528aa2c69918e

    1.ダイオウイカ釣獲騒動記
    2.ダイオウイカが釣れちまった
    3.引揚げたダイオウイカ
    4.このダイオウイカから分かったこと

    ダイオウイカ釣獲騒動記

     調査初日の12月4日、昼少し前、何時ものように磯部さんの第八興勇丸に乗り込み沖に出ていた。

    「おーい、磯部さん。なんか変なものが付いているよ。サメかな?」

     空は明るいものの昨日の強風で大きなうねりが残る荒れた海。我々は、小笠原弟島北東約15マイルの沖合で調査用の縦縄を引き上げていた。長い幹縄を巻き終わると、一番下の枝針に何か白っぽい大きな獲物がかかってきた。海面の反射でよく見えない。磯部さんがラインを手繰ると徐々に近寄ってきた。記録用に撮影しているビデオカメラのファインダー越しに、長い腕がうねうね動いているのが見えた。

    2327fb1125386239c3b5c8ff5fe0cb361645446c
    海面に姿をあらわしたダイオウイカ

     「あ、ダイオウイカ?」、磯部さんも「ダイオウイカだ!」と、ほぼ同時に叫んだ。

     ダイオウイカはその全身を海面に現し、うねりに揺られながら船縁に引き寄せられてきた。巨大なイカである。水深650m付近から引き上げられたというのに、まだ生きて動いている。太い漏斗から勢いよく海水を噴射して逃げようともがく。頭部は大きく、深海の闇を
    見続けた大きな眼が恨めしそうに見上げる。長く太い腕が海中で大蛇のようにのたうっている。体の背側は明るい赤紫、腹側は真っ白のツートンカラーで、生きているダイオウイカの姿は輝くばかりに美しい。

    f3fed880d0d56210a7765685fbe36982bc44df36
    船べりまで引き寄せられたダイオウイカ。アカイカを抱いている。外套膜の腹側が白い

    ダイオウイカが釣れちまった

     「ひえー、こんなところでダイオウイカが釣れちまったよ・・」

     ちょっと焦りながら、暴れまわるダイオウイカをビデオカメラに収録しつづけた。生きて
     
  • 窪寺博士のダイオウイカ研究記-その18

    2018-12-17 15:01
    50pt
    58bda9adae4c301cc536b342202528aa2c69918e

    [本号の目次]
    1.科学研究助成金基盤研究(B)に採択される
    2.小型HDビデオカメラ撮影システムの開発
    3.2006年10月、小笠原深海ビデオカメラ調査
    4.2006年12月、二度目の調査

    科学研究助成金基盤研究(B)に採択される

     2005年にNHKの依頼で後藤アクアティックスの五島さんが心血を注いで開発した深海HDビデオカメラ撮影システムは、素晴らしい映像を撮ることが出来るものの、総重量200㎏を超えて特殊なウインチ等を装備する調査船が不可欠となった。そのため浦環教授の研究航海であるJAMSTECの調査船「なつしま」を利用させてもらったが、これでは調査時期や海域など制約があり、独自の機動性が大きく削がれることになった。
     2005年に科学研究助成金の基盤研究(B)に「中深層性大型頭足類の分類ならびに生態、潜在生物量に関する基礎的研究」のタイトルで申請していた3年計画のプロジェクトが採択され、申請額全額とはいかないが2006年から研究助成金を受け取ることが決まった。この研究費を基に、2005年にソニーから市販された「いっきに手のひらサイズ」の小型HDビデオカメラ(HDR-HC3)を組み込んだ深海撮影システムを製作することを考えた。撮影システムを小型化すれば、磯部さんの第八興勇丸で自分なりの調査が出来る。

    ac8970e09e2b19d19af8e3ec256777920967aa61
    ソニーから市販されたHD小型ビデオカメラ(カタログより抜粋)