• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その3

2018-04-11 13:58
    6645336007aad51e0579e36b948faf72fb7d1317

    [本号の目次]
    1. 生きているダイオウイカの発見
    2. 日本海の中腕型雄標本
    3. 日本海の短腕型雄標本
    4. 日本海の短腕型・中腕型・長腕型

    生きているダイオウイカの発見


     2002年年明けに、ショッキングなニュースが日本海の若狭湾にある京都府海洋センターの和田洋蔵さんから送られてきた。1月15日に京都府網野町五色海岸で釣り人が岩礁の隙間で動き回っている巨大なイカを発見したという。近隣の住人が協力して捕獲し、近くの港まで牽引してきたとのこと。その時撮影された写真が送られてきた。黄金色に光らせた眼を見開いた巨大イカが、長い腕で岩礁にしがみついている姿が記録されていた。間違いなく、ダイオウイカである。この写真は、生きているダイオウイカを撮影した最初の写真として、新聞をはじめ多くのメディアで紹介された。ただちに、和田さんに冷凍保存してくれるようにお願いして、2月初めに車をチャーターして標本を受け取りに現地に赴いた。この個体は外套長約1.7mで最長腕が外套長の1.2倍ほどで日本海産中腕型の成熟雌と査定された。発見当初は生きて動いていたとのことだが、その後二日にわたり港で海中に係留されていたため、損傷が著しく触腕も失われていた。

    b05024953088a3fece4533bc84b3502d8d46771f
    2002年1月5日、京都府網野町五色浜で発見された生きて岩にへばり付くダイオウイカ

    ef458596180125bea82ec29df40fb12ac00e7a01
    港に係留されていたダイオウイカ

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。