• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その8
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その8

2018-06-03 15:36
    392dc54ce0a39523a52d6e7d12d2a2ff5b0cfdbb

    [本号の目次]

    1. 小笠原村は東京都
    2. 第八興勇丸・磯部康郎船頭
    3. 旗流し縦延縄仕掛け
    4. ロガーのお作法

    小笠原村は東京都

     小笠原諸島は、東京メトロポリタンの南南東遥か1000㎞ほど離れた太平洋に南北に点々と連なる30余りの小島からなり、伊豆・マリアナ島弧の一部をなしている。諸島は、さらに三つの列島に分けられて北から、聟島列島、父島列島、母島列島と呼ばれる。一般人の住む島は、父島列島の父島と母島列島の母島の二島で、住民は各々2000人、500人ほど。いまだに空便はなく、東京竹芝桟橋と父島二見港を結ぶ「おがさわら丸」というフェリーでほぼ一昼夜の航海でやっと到着できる、距離的にも時間的にも国内で最も遠い処である。母島にはさらに二時間ほど船に乗らないとたどり着けない。亜熱帯・海洋性の気候で、周年を通じて気候は穏やかで、年平均気温は23度、最高・最低気温は32度と15度程であるが、台風の通路にあたり時に大時化に見舞われる。調査を開始した2002年には、衛星放送を除きテレビ番組は見られず、ネットはおろか携帯電話もドコモ以外は使えない超不便な環境であった。ただし、郵便局でATMが使えたのには驚いた。2011年にユネスコ世界自然遺産に登録されてから、観光客が年々増加して島も賑やかになってきたが、今でも海の果てであることには変わりがない。

    452ea8ecceaa0aa3ec650cbc3f57eadcb58e96d3
    小笠原諸島・父島
    099d4b2d66f7eb1ed4c24cc240a19e475c0fe175
    小笠原父島・二見港、時たま大型客船が湾内に停泊する。この船は「ふじ丸」。
    431956f96c5ef40b37bde2e49f30646ecfddb1bb
    父島を出航する「おがさわら丸」
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。