【ぷよぷよ通】ドリームブレイカーmomoken(24連勝企画試合解説)【全国一位】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ぷよぷよ通】ドリームブレイカーmomoken(24連勝企画試合解説)【全国一位】

2013-02-05 22:11
  • 4
2月2日から2月3日にかけて、ニコニコ生放送で放送された
『24じかん、まるごとセガゲーム「ぷよじかんテレビ」』
の中のコーナーの一つとして、「ぷよぷよ!! 24連勝するまで帰れません」
という企画が行われました。


それは、ぷよぷよ通の元全国一位の選手も含む、超有名プレイヤー4人による
ぷよぷよ!!ドリームチームがWii版「ぷよぷよ!!」のぷよぷよ通ルールでの
Wi-Fi対戦(2本先取)で、24時間以内に24連勝を目指すというもの。

序盤に23連勝までいくも、24戦目で惜しくも敗れてしまうということがあり、
「この調子だとそのうち達成するだろう」と思えるような、かなり良いペースでした。

しかしそこからは中々調子が出ずに、連勝しては負けてを繰り返していました。
そして日が明けて2月3日になり、再び迎えた23連勝
その時のプレイヤーはACぷよぷよ通全国一位、現全国三位Kamestry(かめ)氏でした。
「あと1勝で今度こそ達成・・・」
既に18時間近くが経過しており、
時間的にも体力的にも、ここで決めてしまいたい状況でした。

そこで当たった24人目の対戦相手。
それはなんと「ドリームチームを邪魔するオフ」という企画で、
個人的にニコニコ生放送をしていた
現ACぷよぷよ通全国一位momoken・・・!

この神がかり的マッチングで元全国一位VS現全国一位という、
企画の成功を賭けた”ドリームマッチ”が実現したのであった。





■ここからはその試合内容を図を使って簡単に解説していきます。(momoken氏視点)
 何となくでも、ぷよぷよ対戦の奥深さを知ってもらえると幸いです。
 (ぷよぷよの用語にはぷよぷよ用語辞典へのリンクが張ってあります。)

<1試合目>
・まずは、くま積みからの後折りGTRを組んでいく。(図1)
・その後1,2列目で黄発火2ダブ兼第二折り返しを作っておく。(図2)
・1列目に黄、3列目に青ゾロを置くことで、
 さっき作った2ダブは2ダブの4連鎖まで大きくなる。(図3)
 副砲として打つには大きすぎるので、合体を狙っていく。(1列目赤発火の3連鎖はある)
・第一折り返し部で組み換えをし、本線を組み上げていく。(図4)
   
   図1        図2        図3        図4

・図4の少し後のかめ氏のフィールド。(図5)
 第一折り返し部付近の2,3列目の黄が暴発してしまっている。(図6は図5を発火したもの)
・そしてそれを見切り、(そうでなくてもほぼ十分な大きさではある)
 momoken氏が本線を発火。13連鎖82880点。(図7)
 かめ氏は本線を打つも暴発し、momoken氏の勝利
  
 図5(かめ氏)    図6(かめ氏)      図7
(図の下にある図5(かめ氏)を押すと連鎖シミュレータへ飛びます)




<2試合目>
・5連鎖全消しを取れるツモだったが、(図8)
 それを取ると馬鹿全になりかねないので、普通に本線を伸ばしていく。
・その後のかめ氏のフィールド。(図9)
 4,5列目のL字になっている黄からの2ダブ3連(緑黄のハチイチで2トリ)がある。
・それを見てmomoken氏が右上で2連鎖を打つ。(図10)
 いわゆる催促の催促である。
  
   図8      図9(かめ氏)      図10

・それに対して、かめ氏は緑黄のハチイチで大きな2トリを作り対応。(図11)
・それを過剰対応と見て、momoken氏が本線をシンクロ発火(クロス)。(図12)
 かめ氏はそこから伸ばしに行くものの間に合わず、momoken氏の勝利
 
 図11(かめ氏)     図12



2-0というスコアでmomoken氏が勝利し、
ドリームチームの24連勝はまたもやとなって消えてしまいました・・・

この展開に対しmomoken氏は、
「今までで一番嬉しい2先の勝利」
だったと語っていました。


画像はシミュレータ(ぷよ図エディター)で作成。




・24連勝企画の動画


・momoken氏、かめ氏のコミュニティと
 両氏が理事を務める日本ぷよ連盟のコミュニティ



ぷよぷよ!!ぷよぷよ!!
広告
×
なんか、将棋みたいだ。ww
75ヶ月前
×
>>2
このように、将棋や格闘ゲームさながらの駆け引きや、定石があるのがぷよぷよの魅力ですね。
これを機に多くの人にぷよぷよに興味を持ってもらって、実際に遊んでみて欲しいと思います。
75ヶ月前
×
いい歳した大人達がぷよぷよで盛り上がってたのを
別のいい歳した大人達がその空気をぶち壊す為に必至になって
最終的に気持ち悪い視聴者達がざまぁwwって騒いでるだけであんま面白くないですね。
てか、ぷよぷよの新作がまだ出てたことが1番驚きました。
75ヶ月前
×
>>4
そうですね。
今でもSEGAからぷよぷよの新作ソフトを出してもらったり、
今回のような企画を開催してもらえているのは、
ぷよぷよを愛する多くの人達の「熱意」と「努力」のおかげだと思っています。
今後もこの盛り上がりの連鎖を繋げていく為の小さな一助になれるよう、
微力ながらも貢献していきたいです!
75ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。