ルーラー最終について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ルーラー最終について

2016-05-15 01:38

    ちょい研究所さんにならい行動テーブルの表記は上から第0、1、2、3とする。
    左からテーブル名、行動消費、HOLD率、テーブル内容の順。

    最大行動回数は6回となっている。

    各テーブルから行動を選択し、行動消費の合計が7に達した場合にそこで行動選択は終わるが、最後の行動消費で8以上になる場合もあり、(1+1+1+1+1+3などが可能ということ)
    選択された順番と実際に行動する順番は入れ替わることもあるようなので、6回動いた場合を除いて実際の行動からここで行動が終わったと判断することは不可能。
    (ただ、終わっている可能性が高い、という状況は多々ある)

    行動テーブルから実際にどのように行動が選ばれるのかは興奮度が影響しているようだが詳細は不明。
    また、行動テーブルの各行動の選択率が均一かどうかも不明。
    体感ではあるが、同じターンでは同テーブルの行動が多く選択される傾向が多いように思える。
    (5回5回4回などで選択されるのではなく、6回、6回、3回のように動くことが多いように思えるということ)

    各キャラに一応の傾向や対策を付け加えてあるが、あくまで傾向であり、裏目を引く場合ももちろんある。

    ジュディ

    0 1 15% 滅殺剣5 異界の風2 虚空陣1
    1 1 15% 滅殺剣5 異界の風2 虚空陣1
    2 3 10% 滅殺剣4 異界の風1 虚空陣2 オーバーキル1
    3 3  0% オーバーキル

    第0、第1テーブルに異界の風2が含まれ、また第2テーブルにオーバーキルが含まれるためオーバーキルの頻度も高く、全体攻撃が強力なルーラー。
    斧1のシナリオなのもあり、第3まででLPが削られたからと言って3人出しをすると異界の風とオーバーキルで一気に持っていかれるという展開を非常に引きやすい。
    (全体攻撃が多くとも滅殺の的が散るので斧役のLPダメージ期待値自体は下がるのは下がるのだろうが)
    一方で2人出しにも虚空陣でゴージュ混乱という最大の裏目が存在するため安定策をとりづらいルーラーと言える。

    ヴェント

    0 1 25% 滅殺剣5 異界の風1 下僕たち2
    1 1 25% 滅殺剣5 異界の風2 下僕たち1
    2 3 15% 滅殺剣4 下僕たち3 オーバーキル1
    3 3  0% 下僕たち1 オーバーキル7

    極めて全体攻撃の選択率が高いルーラー。
    前座引き継ぎ技の下僕たちの性能が異界の風より高く選択率も高い上、ジュディと同じく第2テーブルにオーバーキルが含まれるためオーバーキルの頻度も高い。
    3人以上出すと一気にLPを持っていかれやすいので、決めにいくターン以外の3人以上出しはなるべく避けよう。

    第2形態開きでの魔印選択率が全ルーラー中最も高い。
    また第3形態開きでの下僕たち選択率が極めて高い。(第0テーブルで3、おまけに風が1)

    ローラ

    0 1 45% 滅殺剣7 異界の風1
    1 1 35% 滅殺剣7 異界の風1
    2 3 20% 滅殺剣4 異界の風4
    3 5  0% オーバーキル

    全体攻撃の頻度が少ない上、全体攻撃の場合にも行動消費が非常に大きい場合が多い。
    同じ斧1シナリオのジュディと比べ、斧役のLPが少ない場合にも滅殺剣で直接狙われなければLPが減らされにくいため3人出しでカバーしやすい。

    ルビィほどではないがHOLD率がかなり高い。ナブラがうまく連携に絡まると火力高さもあり早期打開に繋がる。

    キャッシュ

    0 1 15% 滅殺剣6 異界の風2
    1 1 15% 滅殺剣6 異界の風1 プラズマシャワー1
    2 3 25% 滅殺剣6 異界の風1 プラズマシャワー1
    3 4 10% オーバーキル

    全体攻撃の頻度が若干高めだが、何より問題となってくるのは第1、2テーブルにひとつずつ含まれる全体麻痺のプラズマシャワー。
    最終に限らず複数人麻痺は即敗北に繋がるためプラズマシャワーがありえるターンに多人数出しは厳禁。

    レオンルートの場合、ゴージュを含め何人かのキャラはアーマーブレス、斬撃鎧、力ダウンを併用することで滅殺剣の最大HP↓を狙える。
    麻痺した場合の継戦能力に関わるので安定をとる場合は狙っていこう。

    マイス

    0 1 15% 滅殺剣6 異界の風1 トリプルゼロ1
    1 2 15% 滅殺剣5 異界の風1 トリプルゼロ2
    2 2 10% 滅殺剣2 異界の風2 トリプルゼロ4
    3 3  5% オーバーキル

    注目すべきは第1テーブルの行動消費2。これのおかげで6回動くターンが少なく、3回か4回で止まってくれることが多い。
    単体攻撃が多いのもあり、LP自体は厳しいシナリオだが最終移行で状態が多少悪くても石化しない限りは思ったより戦える展開になりやすい。
    いずれにせよ最終形態に入るまででいかに消耗していないかが鍵を握る。

    アーミック

    0 1 10% 滅殺剣7 異界の風1
    1 1 25% 滅殺剣6 異界の風2
    2 2 10% 滅殺剣5 異界の風3
    3 3  0% オーバーキル

    第0テーブルに滅殺剣が多いので単体攻撃が多くなりがち。
    第2テーブルの行動消費が2なので他ルーラーに比べて行動回数が多くなりやすく、第3までの状態異常重視型と打って変わって武闘派な最終形態。
    LPが多くないシナリオなのもあり、ディフ、被ダメ乱数が悪いと手数で押し切られるケースも多々ある。

    ルビィ

    0 1 50% 滅殺剣6 異界の風2
    1 1 50% 滅殺剣6 異界の風2
    2 1 30% 滅殺剣6 異界の風2
    3 5  5% 滅殺剣1 オーバーキル7

    第0、1テーブルに異界の風が2含まれるので全体攻撃が選択されやすい。
    3人出しの場合一気に削られやすいので決めに行く時以外はなるべく2人以下が望ましい。

    全ルーラー中トップのHOLD率、第2テーブルの行動消費1が目を引く。
    特殊な行動はやってこないが、第3テーブルが選択されない限り確定で6回動く行動回数がウリ。
    HOLD率が高いのは驚異だが、反面こちらの行動にも連携率が乗りやすいとも言える。
    力ダウン状態での滅殺499↓を目指すのではなく、アーマーブレスを併用し連携した場合での滅殺499↓を狙うとLP攻撃判定回数を更に減らすことができ、ナブラと絡んだ場合はLP攻撃判定回数そのままで連携率の恩恵を受けることができる。(斬撃込み防御21程度)
    イスカンダールは滅殺剣の最大HP↓を狙うことができるので、達成できるとぐっと楽になる。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。