• 白砂メンバーの競馬予想~8/25分

    2019-08-25 13:00
    【新潟11・新潟2歳S】
    【二原高速鉄道・須磨】
    良血、名門厩舎、折り合いと三拍子そろった◎モーベットを中心視。前走は最後方から上がり3F33.8でまとめて一気に交わした実力は本物。ここは通過点。○エレナヴァンティは唯一の2勝馬。ダリア賞組は2歳Sと結びつきが薄いが、1ハロンの距離延長も苦にしないだろう。父と母的にはマイルまでが手一杯な血統背景だけに、ここは試金石。切れ味はあるので新潟の長い直線を生かせるか。▲ビッククインバイオもまた良血。新馬戦では逃げてモーベットとそう差のない3着。ただコース形態的に逃げ脚質は疑問文。
    馬連ながし⑪-②③⑥⑬⑯5点
    馬単ボックス①⑦⑪6点
    3連複フォーメーション①⑪-①⑦⑬-②③⑥⑦⑬⑯24点
    【鈴熊艦営鉄道・篠池】
    左回りの直線が長いマイル2歳重賞。出走馬全頭勝ち上がっているが、馬の選択は血統と前走の勝ち方から。
    ここでの本命は同じ新潟で後続に大きく突き放して勝った◎ウーマンズハート。対抗は東京で速い上がりを使って新馬戦を勝った◯モーベット。
    3番手は未勝利戦とはいえ速い時計を持っている▲タイムマシン。
    他はクリアサウンド、ビッグクインバイオ、ペールエールと抑える。
    星印は距離延長だが、ダリア賞含め連勝中の☆エレナアヴァンティとした。

    ◎3枠⑥番:ウーマンズハート
    ◯6枠⑪番:モーベット
    ▲5枠⑨番:タイムマシン
    △1枠②番:クリアサウンド
    △4枠⑦番:ビッグクインバイオ
    △7枠⑬番:ペールエール
    ☆1枠①番:エレナアヴァンティ

    ・主な買い目
    馬連・3連複BOX:①⑥⑨⑪(6点/4点)
    3連複1頭軸流し:⑥-①②⑦⑨⑪⑬(15点)
    3連単フォーメーション:⑥⑪→①⑥⑨⑪→①②⑥⑦⑨⑪⑬(30点)

    【札幌11・キーンランドC】
    【二原高速鉄道・須磨】
    前走予定は不運な除外となった◎ダノンスマッシュから。一度放牧で仕切り直し、ここから秋へ向けて再始動。本番前の一叩き。昨年2着の雪辱を果たし、ここを勝って秋の主役へ。○リナーテは前走同コースでメンバーを完封。スプリント路線で新境地開拓。鞍上も心強い。▲カイザーメランジェは前走案外でも上りの脚は使えていた。パワーのいるこのコースなら。
    馬連フォーメーション⑬-①④⑥⑦⑩⑫6点
    馬単ボックス⑨⑬⑯6点
    3連複フォーメーション⑬⑯-⑥⑨⑯-①④⑥⑦⑨⑩⑫29点
    【鈴熊艦営鉄道・篠池】
    北海道サマースプリント戦第二ラウンドで役者が大きく揃った。
    ただ内4頭は函館スプリントを使う予定が薬物検査の関係で除外を食らってしまうアクシデントに見舞われ、その中に上位人気勢も混ざっていた。
    前函館スプリントを出走できた馬とできなかった馬がここで左右されるのかどうか・・・。
    ここでの本命は、函館SSで除外されたがUHB賞で差し切って勝った◎リナーテ。今年に入って[1.2.0.0]と絶好調。引退した兄サトノダイヤモンドに続いてここで初重賞制覇といきたいところ。
    対抗は1200m戦2戦目の◯タワーオブロンドン。前走は大量除外馬で少頭数のレースとなってしまった分この馬にとっては難しいレースになっただけに度外視していい。多頭数でなら。
    3番手は内目の枠に入った▲セイウンコウセイ。先行馬でパワーのいる馬場になれば上位争い。
    他はハッピーアワー、シュウジ、アスターペガサス、ダノンスマッシュ、ライトオンキューと抑える。
    星印は海外帰りだが最内枠を引き、スタートが決まればそのまま逃げていく昨年優勝馬の☆ナックビーナスとした。

    ◎8枠⑯番:リナーテ
    ◯4枠⑦番:タワーオブロンドン
    ▲2枠④番:セイウンコウセイ
    △3枠⑥番:ハッピーアワー
    △4枠⑧番:シュウジ
    △5枠⑩番:アスターペガサス
    △7枠⑬番:ダノンスマッシュ
    △7枠⑭番:ライトオンキュー
    ☆1枠①番:ナックビーナス
    ・主な買い目
    馬連・3連複BOX:①④⑦⑬⑯(10点)
    3連複1頭軸流し:⑯-①④⑥⑦⑧⑩⑬(21点)
    3連複フォーメーション:⑦⑯-④⑦⑯-①②④⑥⑦⑧⑩⑬⑭⑯(22点)


  • 広告
  • 白砂メンバーの競馬予想~急遽!小倉記念編

    2019-08-03 00:42
    【日曜小倉・小倉記念】

    【二原高速鉄道・須磨】
    ボーナスも入った上に入場料無料でかつ葵わかなが来る、というあまりにも不純な動機で急遽現地参戦を決め込んだわけだがさてメインレースもメンバーが豪華。ここは連勝中の○メールドグラースを主軸にはするが本命は◎アイスバブル。前走はレース中止で急遽の仕上げで重賞2着。距離延長でレースを使ってきた中で今回は距離を縮めて挑む。実は昨夏の小倉の1800でも勝利実績あり。道中で番手を上げていく競馬だった。今回は久々に日本人騎手に鞍上が戻っての一戦。福永の手綱さばきに期待だ。
    そういった意味ではメールドグラースもレーンで連勝してきてからの元の鞍上に戻っての一戦。一息入りはしたがハンデも57.5とそこまで見込まれてはいない。普通に走れば圧勝もある。
    ▲レトロロックは7歳馬ながら調教でも好時計、馬体は若々しく7歳とは思えない。小倉コースとは相性がよく、前走の小倉大賞典も8着ではあるが0.5秒差とそこまで差がない。出遅れず自分の競馬ができれば。
    3連複フォーメーション②⑧-⑤⑦⑧-③④⑤⑥⑦⑨⑪29点
    【鈴熊艦営鉄道・篠池】
    昨年は1番人気のトリオンフが勝利、2・3着も上位人気勢と固めの決着だった。しかしそれまではハンデ戦らしく大荒れした決着もあった。
    小倉の2週目で時計も出やすいこと、前残りの決着になりやすいことを踏まえて予想していく。
    ここでの本命は順当だが重賞2連勝、条件戦も含めると4連勝中の◎メールドグラース。重賞2戦は短期免許のレーンが乗っていた事もあるかもしれないが、力がついてきたのは確か。
    特に前走鳴尾記念ではG3とはいえ別定戦で勝てていることは大きい。乗り替わりだが条件戦まで乗っていた川田騎手でマイナスにはならない。
    ただこの馬が飛ぶシチュエーションは馬場が悪くなる(稍重・重馬場で3戦あったが3戦とも飛んでいる)か前残りで届かないかの展開。
    対抗は宝塚記念で3着経験のある◯ノーブルマーズ。ここで付け加えるがこの小倉記念ではナスルーラ系(トニービン等)の血統馬が好走している。
    父のジャングルポケットもトニービンの血が入っていることと、先行脚質馬でヨーイドンの競馬にならなければ馬券内、勝ちもありうる。
    3番手は目黒記念2着のディープインパクト産駒の▲アイスバブル。前走は追い込んでの2着だったが先行もできるタイプ。内目の枠で無理に後ろからの競馬をせずに先行できれば。
    他はアイスストーム、カデナ、シャイニービーム、クリノヤマトノオー、アドマイヤアルバと抑える。
    星印は小倉で好成績を残している逃げ先行の☆タニノフランケルとした。
    ◎6枠⑧番:メールドグラース
    ◯5枠⑥番:ノーブルマーズ
    ▲2枠②番:アイスバブル
    △4枠⑤番:アイスストーム
    △6枠⑨番:カデナ
    △7枠⑩番:シャイニービーム
    △7枠⑪番:クリノヤマトノオー
    △8枠⑫番:アドマイヤアルバ
    ☆3枠③番:タニノフランケル
    ・主な買い目
    馬連・3連複BOX:②③⑤⑥⑧(10点)
    3連複1頭軸流し:⑧-②③⑤⑥⑨⑪⑫(21点)
    3連複フォーメーション:⑥⑧-②③⑥⑧-②③⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫(34点)

  • ニコ鉄メンバーの競馬予想~ナツコク開幕!編~

    2019-07-28 08:21
    【日曜新潟11R・アイビスSD】
    【二原高速鉄道・須磨】
    ここは逆らわず◎ライオンボスから。連勝していた鞍上から乗り替わりというのが引っかかってしまうが直千に対する能力は高い。斤量3キロプラスでも軸としてとらえておきたい。
    一方で相手は前々走ライオンボスから離されてしまった○レジーナフォルテ。冬春シーズンはダイメイフジやモズスーパーフレアなど重賞戦線で活躍しているメンバーから差のない競馬。本来はコーナーありの競馬がやりやすそうだがバーデンバーデンCではハイペースを番手追走して差のない競馬。開幕週でも。
    アルマエルナトは安定感が出てきた。着順は悪くともそこまで差をつけられているわけではない。前走もライオンボスより後半は0.2秒早かった。
    馬単③⑩⑪⑱BOX12点、馬連⑩⑪-⑨⑮⑰6点、3連複⑩⑪-③⑩⑱-③⑨⑮⑰⑱19点。
    【鈴熊艦営鉄道・篠池】
    唯一の直線の重賞。基本は外枠から内枠に向かって買っていくことが基本。しかし開幕週でもあり内枠の脚も使えることも考慮するべき。
    ここは当初の鞍上から乗り替わりになってしまったが、新潟直線巧者の◎ライオンボス。2走連続で直線を使って2勝、勢いのある1頭。
    対抗はこの馬も直線で好成績を残している◯カッパツハッチ。
    3番手は昨年同重賞連帯の▲ラブカンプー。ただ3走連続最下位といずれも先行して4コーナーから直線でやる気を無くしたように失速。失速の原因が夏馬なのか燃え尽き症候群なのか。
    他はダイメイプリンセス、ビップライブリー、ミキノドラマー、レジーナフォルテ、ラインスピリット、アルマエルナトと抑える。
    星印は直線での実績はあるが重賞だと一歩足りない。ただ逆転の可能性ありと見て☆レッドラウダとした。
    ◎6枠⑪番:ライオンボス
    ◯2枠③番:カッパツハッチ
    ▲1枠①番:ラブカンプー
    △1枠②番:ダイメイプリンセス
    △2枠④番:ビップライブリー
    △5枠⑨番:ミキノドラマー
    △5枠⑩番:レジーナフォルテ
    △6枠⑫番:ラインスピリット
    △8枠⑱番:アルマエルナト
    ☆4枠⑧番:レッドラウダ

    ・主な買い目
    馬連・3連複BOX:①②③⑧⑨⑪(15点/20点)
    3連複1頭軸流し:⑪-①②③⑧⑨⑩⑱(21点)
    3連複フォーメーション:③⑪-①③⑧⑪-①②③④⑧⑨⑩⑫⑱(34点)

    【日曜札幌11R・クイーンS】
    ここはコース形態と勢いを買って◎サトノガーネットから。2勝→3勝と連勝で臨む。ワンターンよりもコーナー4つの競馬が合いそうな雰囲気。脚をしっかりためられれば。
    相手は○ダノングレース。大崩れすることなく走れている。前走はまくりまくられの末少し話されてしまったが力上位。引き続き牝馬相手なら。
    ▲ミッキーチャームは間違いなく納涼の絶対値は最上位。気の難しさが出なければ。
    馬連①④-②③⑥⑪8点、馬単B①④⑫⑬12点、3連複①④-④⑫⑬-②③⑥⑪⑫23点。
    【鈴熊艦営鉄道・篠池】
    ここは◎フロンテアクイーン。前走G1惨敗だったが、メイショウサムソン産駒。洋芝に舞台が変わることにより見直ししていい。
    対抗は勢いがあるが、前走と比べ相手が強くなる◯ダノングレース。
    3番手は最軽量斤量に加え、オークスからの距離短縮で見直していい▲メイショウショウブ。
    他はスカーレットカラー、シャンティローザ、ウラヌスチャーム、ミッキーチャームと抑える。
    星印は最内枠で鞍上の信頼性の高い上がり馬、☆サトノガーネットとした。
    ◎3枠③番:フロンテアクイーン
    ◯3枠④番:ダノングレース
    ▲4枠⑤番:メイショウショウブ
    △4枠⑥番:スカーレットカラー
    △5枠⑦番:シャンティローザ
    △7枠⑫番:ウラヌスチャーム
    △8枠⑬番:ミッキーチャーム
    ☆1枠①番:サトノガーネット
    ・主な買い目
    馬連・3連複BOX:①③④⑤⑫(10点)
    3連複1頭軸流し:③-①④⑤⑥⑦⑫⑬(21点)
    3連複フォーメーション:③④-①③④⑤-①③④⑤⑥⑦⑫⑬(24点)