白砂メンバーの競馬予想ブロマガ~3/9・10編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

白砂メンバーの競馬予想ブロマガ~3/9・10編

2019-03-08 20:46
    【土曜中山・中山牝馬S】

    【二原高速鉄道・須磨】
    前走アーモンドアイの一強ムードを崩すかと思われた◎ミッキーチャームがここでは主役。最終追切は単走で軽く行われたがいたって順調そのもの。絶対的なスピードが違う。相手は同枠の○ワンブレスアウェイ。これが引退レースとなるが鞍上は前走重賞制覇へと導いた津村が継続。馬なりで追い切られたが強めに追った格下馬と併入する形で好調をキープ。▲ノームコアは併せ馬で3馬身先着。実力的には前述2頭を上回っているが、内枠で割引。
    馬連⑬⑭-①②④⑥⑨⑪⑭13点。
    【鈴熊艦営鉄道・篠池】
    波乱傾向のある中距離牝馬限定戦、かつ馬場が回復せず重いまま行われる可能性を考慮しなければいけない。
    先週の弥生賞の傾向を考慮し、デンコウアンジュに◎を打った。理由としては父がメイショウサムソン(サドラーズウェルズ系)と重馬場や稍重馬場でG1を勝っている。
    この馬自身も稍重のヴィクトリアマイルで2着入線経験があり、斤量が54kgでかつ人気にならないのであれば攻めていきたい。
    対抗は人気サイドになるが母方にフレンチデピュティ(重馬場で実績馬を出している)の血を持つノームコア。実績面でも上位ではあるものの、ルメールからの乗り替わりはあまりプラスとは言えない為2番手。
    3番手評価は本命馬と同じ父を持つフロンテアクイーン。上位評価3頭はいずれも重馬場に強いと見られる血統馬で固めた。
    その他はアドマイヤリード、カワキタエンカ、ウラヌスチャーム、ミッキーチャーム、ワンブレスアウェイと抑え。星印はランドネと抑える。
    荒れる要素が強い為、軸を絞って全流しにしても良さそうではある。

    ◎6枠⑩番:デンコウアンジュ
    ◯2枠②番:ノームコア
    ▲5枠⑦番:フロンテアクイーン
    △1枠①番:アドマイヤリード
    △3枠③番:カワキタエンカ
    △6枠⑨番:ウラヌスチャーム
    △8枠⑬番:ミッキーチャーム
    △8枠⑭番:ワンブレスアウェイ
    ☆4枠⑥番:ランドネ

    ・主な買い目
    馬連・3連複BOX:①②⑥⑦⑩⑬(15点・20点)
    3連複1頭軸流し:⑩-①②③⑥⑦⑨⑬⑭(28点)
    3連複フォーメーション:②⑩-②⑦⑩⑬-①②③⑥⑦⑨⑩⑬⑭(28点)

    【日曜阪神・フィリーズレビュー】

    【二原高速鉄道・須磨】
    前走が負けて強しの内容だった◎アウィルアウェイ。坂路4F51秒フラットと好仕上がり。まだまだ頭が高いがこの距離なら。前走から距離短縮で臨む○ホウオウカトリーヌは上昇途中。新馬戦以外は①②②①②と続く。ここでは前走を評価。むしろ桜花賞向きか。▲ジュランビルは前走の万両賞で牡馬を一蹴。前々走はダノンファンタジーに0.3秒差3着の惜敗。追切も古馬相手に先着で好感が持てる。逆転も視野に入れて。
    馬連⑤-⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑮⑯9点。
    【鈴熊艦営鉄道・篠池】
    ここでの本命は上位能力馬のアウィルアウェイ、前走ファンタジスト相手にハナ差で敗れているが、上がり最速の32秒台を叩き出している。
    2番手評価は馬場状態が悪化することを考慮しレッドアネモス。
    3番手評価はメンバー持ちタイム最速のジュランビル。
    その他はホウオウカトリーヌ、メイショウケイメイ、ココフィーユ、ラブミーファインと抑え。
    星印は速い上がりを使えて且つ非根幹距離で激走するマンハッタンカフェ産駒のキュールエサクラ

    ◎3枠⑤番:アウィルアウェイ
    ◯8枠⑰番:レッドアネモス
    ▲7枠⑮番:ジュランビル
    △5枠⑨番:メイショウケイメイ
    △6枠⑪番:ホウオウカトリーヌ
    △8枠⑯番:ココフィーユ
    △8枠⑱番:ラブミーファイン
    ☆6枠⑫番:キュールエサクラ
    ・主な買い目
    馬連・3連複BOX:⑤⑪⑫⑮⑰(10点)
    3連複1頭軸流し:⑤-⑨⑪⑫⑮⑯⑰(15点)
    3連複フォーメーション:⑤-⑫⑮⑰-⑧⑨⑪⑫⑮⑯⑰⑱(18点)

    【日曜中京・金鯱賞】

    【二原高速鉄道・須磨】
    メンバーはみなGⅠクラス。ただここは連勝中の◎エアウィンザーで勝負。前走チャレンジCは強い内容で快勝。大負けしたのは3歳時の共同通信杯だけ。あとはすべて堅実な走り。身の入った今なら。○リスグラシューは相変わらず詰めの甘いところはあるが海外でも実力を証明。追い出しをどこまで我慢できるかがカギとなるだろう。シュタルケの手綱さばきに期待。▲ダノンプレミアムはここが復帰戦。まずはここで現在の力量を図りたいところ。
    馬連⑧⑪-①⑤⑥⑦⑩⑪⑫⑬15点。
    【鈴熊艦営鉄道・篠池】
    こちらも雨予報で馬場が重くなる可能性が高い。大阪杯に向けての前哨戦ということもありメンバーも揃っている。
    その中での本命はリスグラシュー。重馬場で走れることと昨年はG1勝ち含め重賞で2勝している実績馬。海外帰りであるものの調子良好で重い印を打つ。
    対抗は勢いのあるエアウィンザー。重馬場はどうなのかという疑問はあるが、母のエアメサイアはG1含め重い馬場で好走実績を持っていることを考えると重くなっても問題はなさそう。
    3番手は安定して好走している皐月賞馬アルアイン。この馬も勝ちきれない点は引っかかるものの、どの条件でもこなして好走している。
    その他はスズカデヴィアス、タニノフランケル、ペルシアンナイト、モズカッチャン、メートルダールと抑える。
    星印は中日新聞杯での勝利馬ギベオンとした。
    ダノンプレミアムは印としては打ってはないものの、3連系の馬券を購入するのであれば3列目に入れたほうが良さそう。
    ◎7枠⑪番:リスグラシュー
    ◯6枠⑧番:エアウィンザー
    ▲7枠⑩番:アルアイン
    △4枠④番:スズカデヴィアス
    △4枠⑤番:タニノフランケル
    △5枠⑥番:ペルシアンナイト
    △8枠⑫番:モズカッチャン
    △8枠⑬番:メートルダール
    ☆5枠⑦番:ギベオン
    ・主な買い目
    馬連・3連複BOX:④⑤⑦⑧⑩⑪(15点・20点)
    3連複1頭軸流し:⑪-④⑤⑥⑦⑧⑩⑪(21点)
    3連複フォーメーション:⑧⑪-⑧⑩⑪-①④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪(19点)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。