• 脳スキャンはPTSD患者における自殺者の心理状態を明らかにするかも (米研究)

    2019-07-13 18:44


    研究者らは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患っている人々の脳内の病原体を発見したかもしれない


    この研究では、PTSDを患っていない人と比較して、PTSDを患っている人は脳細胞の表面にある特定の受容体のレベルが高いことがわかりました。
    そして、PTSDを持つ人々の間で、彼らの脳スキャンの日
    自殺について報告した人々は、スキャンの日に自殺念慮を報告しなかった人々と比較して、高いレベルの異常があった。


    PTSD症状を治療するための薬はない

    ・鬱治療の薬はある



    ・PTSD患者は、自殺未遂、自殺による死亡の危険性が高くなりますしかし、PTSDにおける自殺リスクの根底にある生物学的メカニズムの理解は限られています。

    PTSDを持っていない人と比較して、PTSDを持つ人は、脳細胞の表面に代謝型グルタミン酸作動性受容体、またはmGluR5と呼ばれる高レベルの脳受容体を持っていることを発見しましたこの受容体、グルタミン酸塩、神経伝達物質は化学的メッセンジャーのためのもので、学習や記憶から睡眠や認知機能に至るまで、数多くの脳プロセスで役割を果たすと考えられています。しかし、この受容体が自殺的思考と関連しているかどうかは、不明。

    新しい研究では、研究者らは、PTSDを患っている29人、うつ病を患っている29人、および精神障害と診断されていない29人(対照)の脳をスキャンした。

    研究者らは、PTSD患者は、健康な対照と比較して、5つの脳領域において、それらの脳細胞の表面上でより高レベルのmGluR5を有することを発見した(研究者はこれをmGluR5「利用可能性」と呼ぶ)。

    さらに、PTSD患者の間ではmGluR5のと自殺念慮の間に関連性がありましたが、鬱病のある人々のにはありませんでした。

    調査結果は、「mGluR5は特にPTSDにおける自殺念慮の軽減のための有望な治療標的になり得ることを示唆している」と示唆している。

    今回の調査には関与していない、ニューヨークのストーニーブルック大学の精神医学および生物医学工学の准教授であるChristine DeLorenzoは、この発見は「非常に興味深い」と述べた。

    「その結果は、mGluR5が(自殺の)危険性のバイオマーカーだけでなく治療介入にもなり得ることを示唆している」とDeLorenzoはLive Scienceに語った。「自殺の荒廃と、特定の集団で自殺する人々の数の増加を考えると、これは取り組むべき重大な問題です。

    さらに、この研究は「PTSD内での自殺を明らかにするための重要なステップであり、苦しんでいる人々に治療を求めるよう促すのに役立つと期待される」と述べた。

    mGluR5の薬はすでにありますが、Esterlisは、今のところ、これらの薬は人々のPTSD症状を治療するためにテストされるべきではないと述べました

    研究者らはまた、(衝動性や以前の自殺未遂など)PTSD症状を有する患者がそのような治療から恩恵を受ける可能性があるかどうかを調べる計画を立てている。



    まとめ

    鬱治療薬はある

    ・PTSDの薬は治療段階のため、普段のストレスケアは自分で対処するしかないかも(今のところ




    引用元

    https://psychcentral.com/blog/surprising-myths-facts-about-antisocial-personality/


  • 広告
  • サイコパスの脳(米研究) その3

    2019-07-12 18:29

    å社ä¼çäººæ ¼é害ã«ã¤ãã¦ã®é©ãã¹ãç¥è©±ã¨äºå®

    反社会的人格障害は、なぜか治療不可能な障害と考えられている。



    利用可能な資金が少ないため、多くの研究者がこの疾患を研究していません。

    理由
     常に危険が付きまとうため、反社会的勢力を勉強することは無駄だと考えられている




    アイオワ大学で精神医学の教授で、アイオワシティのルシル・A・カーバー医科大学のドナルド・W・ブラック医師は、20年以上にわたって反社会的人格障害またはASPを研究しています。




    反社会的人格の形成の危険なケースのまとめ

    1、嘘と軽犯罪の繰り返しから暴力まで、さらには殺人まで、長期時間を経て発生する

    2、主な症状は、10代前半と20代前半に発症する(キャリアをスタートさせ、家庭生活を確立するために重要であるため)

    3、
    自分や他の人の生活に影響を与える、時々悪い行為をする軽度の罹患者

    4、
    遺伝、幼児期の虐待、頭部外傷、母親の妊娠中における喫煙


    ※ただ、反社会的人格障害を持つ人々は徐々に時間の経過とともに改善する傾向がある

    反社会的人格を十分にフォローしていると、反社会的人格障害が改善していくものであるらしいです



    反社会的人格障害についての神話

    反社会的人格については多くの神​​話があります。

    1 神話: 神話反社会的人格障害は治療不可能です。

    事実 1件のランダム化比較試が実施されている。

    ・反社会的人格を治療するための認知行動療法CBTの有効性をテストした。

    ・実験は失敗し、治療
    はうまくいかなかった


    しかし、
    理療法の有効性を調べてまだ何百または何千もの研究を行っていると述べた。反社会的人格障害は治療可能ではないと結論付けるのは間違っている。




    2 神話: 反社会的人格障害を研究することは結果を誤魔化すため不可能ではないか

      事実:大抵は単に不正行為の言い訳であり、裁判所は犯罪者を刑事責任から免除するためにそれを使用する。しかし、反社会的人格者だからといって法廷で言い逃れた事実はほとんどない。

    反社会的人格者は、自分の周りで何が起こっているのかを十分に知っています。彼らは善と悪の違いを知っている、
    彼らの行動は慎重に行われ、自己中心的な目標に焦点が当てられている


    3 神話: あなたは反社会的人格障害を防ぐことはできません。

      事実行動障害のある男子の約40%および女子の25%が、成人として発症するリスクが高いが、発症する子供たちを早めに特定し、子供たちの不正行為を認識して矯正、悪い友達から切すなどで食い止めることが可能である、




    まとめ

    ・幼少期の人格形成は重要

    ・反社会的人格は治療可能だが、長期間放置すると対処が困難になる

    ・反社会的人格をもった友人、知人とは関わらないことが発症を抑える







    引用元
    https://psychcentral.com/blog/surprising-myths-facts-about-antisocial-personality-disorder/



  • サイコパスの脳(米研究) その2

    2019-07-11 20:14





    サイコパス的脳

    精神病暴力犯罪者の脳は、普通の暴力犯罪者の脳には見られない刑罰に関連した領域に異常を持っています。

    異常者をMRIスキャンした結果サイコパス的脳を持つ人は他の人々と同じように刑務所には入らないと思っている

    他の暴力的な犯罪者がしばしば行うように、サイコパスがリハビリテーションプログラムの恩恵を受けないのはこのためであると科学者らは報告している。



    脳のMRIスキャン


    キングスカレッジロンドンのナイジェルブラックウッド博士曰く、


    精神病犯罪者は通常の犯罪者と多くの点で異なっている」と述べた。「サイコパスは脅威に対する反応が非常に低く、攻撃的な行動が予測されているのに対し、通常の犯罪者は脅威に対して過敏に反応し、即効性があり攻撃的です。」


    この違いを理解するために、Blackwoodらは、精神病を伴う暴力的犯罪者12人、反社会的人格障害を伴うが精神病ではない暴力的犯罪者20人、および犯罪者でない健康人18人の脳のMRIスキャンを行った。犯罪者は、イギリスでの殺人、強姦、殺人未遂、または悲惨な身体的危害で有罪判決を受けています。

    彼らの脳がスキャンされている間、参加者は報酬と罰に直面したときに彼らの行動を変える能力を評価するためにマッチングゲームをプレイするように依頼されました。

    サイコパシーである犯罪者のグループでは、科学者たちは共感、道徳的推論、そして罪悪感や恥ずかしさなどの社会的感情の処理に関わる脳領域の灰白質の量が少ないことを観察しました。彼らはまた、報酬や罰からの学習に関与している地域で、前頭前野につながる白質線維の異常を発見しました。


    精神病を持つ犯罪者は、起こり得る良い結果を考慮するだけで、起こりうる悪い結果を考慮に入れていない可能性がある

    その結果、彼らの行動はしばしば彼らが期待していたような報酬よりもむしろ罰につながります。

    精神病ではない犯罪者と精神病患者の同じリハビリテーションへのアプローチは失敗すると結論づけた。


    暴力的行動に関連する脳の構造と機能の異常は微妙で複雑




    ・報酬に焦点を当てることや、負の強化を控えめに使うことが治療に繋がるかもしれない。






    まとめ

    サイコパスは治療が難しい

    ・過剰な報酬、負の感情をできるだけ抑えれば少しは対処できるかも

    ・瞑想はやはり重要(共感性や脳の発達に役立つから)




    引用元
    https://www.livescience.com/49613-psychopaths-brains-punishment.html