フェイクニュースに関するAI対応について (AI研究)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

フェイクニュースに関するAI対応について (AI研究)

2018-10-14 01:35






    実験内容



       
    米マサチューセッツ工科大学(MIT)ならびにカタール、ブルガリアの研究所が共同して、情報の正確さを確かめる職員を手助けするAIを開発した。

    ・個々の主張をチェックできるAIを開発する
    ・異なるニュースウェブサイトがどれほど信頼できるものであるかを分析。






    AIをトレーニング




    Media Bias / Fact Checkというサイトに掲載されていた1066のサイトを、記事のソース、ウィキペディアのページ、ツイッターアカウント、URLなどを考慮しつつ分析させた。
        
    ・その結果、AIは65%の精度でサイトが伝えている事実の程度を予測し、70%の精度で意見の偏りを検出することができた。

    ・この実験でWikipediaの重要性が明らかになる。

    ニュースサイトの正確性を知るために必要な情報を見つけられるかもしれない。

     







     Wikipediaの信憑性は以外と高い

    Wikipediaページがある場合、その情報は普通のサイトより信頼できるかもしれない。

    ・例えば、8月に、Facebookとサイバーセキュリティー会社は、イランから出てくる「不正確な情報を発信する」ニュースサイトを発見したと発表した。


    イランに関連するウェブサイトの1つは、Liberty Front Pressと呼ばれました。

    このサイトは”独立系”のメディアであると自称していたが、内容は新イラン的だった。

    Wikipediaにはこのフェイクニュースに関するページがなかった。







    以上のことから
     MITのコンピュータサイエンスRamy Baly氏いわく
    「ウィキペディアは非常に重要であることが判明した」




     Wikipediaは信頼性があったらしいです。現代社会において信頼できる情報ソースとして少しは使えるかもしれません。


     まとめ、
     
     ・AIで誤情報を判定できる。
     ・Wikipediaは他のニュースサイトや情報サイトより信頼できる。
     


    ソース
    https://www.popsci.com/AI-fake-news#page-3

    http://karapaia.com/archives/52266019.html




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。