ワーキングメモリ 1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ワーキングメモリ 1

2019-07-08 21:04



    脳に特殊な刺激を加えることでワーキングメモリ(脳のメモ帳のような機能)が活性する


    研究内容


    ・脳へ穏やな電流を1時間弱の流した結果、若年成人(20~29歳)に見られるパフォーマンスレベル(高齢者(60~76歳))の衰弱した作業記憶を回復させた。


    頭皮が送達した電気バーストは、高レベルの思考と記憶のために重要な脳の領域全体で脳波が再同期した。

    脳の異なる領域の電気活動の非同期がワーキングメモリの徐々な低下を引き起こす可能性があるという考がある


    アルツハイマー病などの認知症に関連する悪化。さらに、この発見は、このような非侵襲的な脳刺激がいつか、遠い将来、そのような記憶の問題に対する治療法として使用されるかもしれない。




    実験の背景
    この研究の著者、ボストン大学の研究者ロバート・リンハートとジョン・グエンは、「個々のネットワークダイナミクスに電気刺激を与えることによって、地域内および地域間の推定シグネチャに影響を与える可能性がある」と結論付けた。機能的な接続性を持ち、高齢者のワーキングメモリ機能を急速に高める」



    他の専門家は、この研究はまだ苦しむ人のための臨床または 「現実の世界」の利点に変換するかどうかは不明であるとのことです。





    引用元

    https://arstechnica.com/science/2019/04/brain-jolts-revive-memory-in-elderly-turning-clock-back-four-decades/



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。