サイコパスの脳(米研究) その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

サイコパスの脳(米研究) その1

2019-07-11 19:40





    彼らの脳は即時の報酬を過大評価するように配線されている

    彼らの
    表面的な魅力はあるが共感の欠如を伴うサイコパスは、

    ・サイコパスの脳配線はまた、不道徳な行動の結果について考えることを避けている(逮捕された自分、刑が確定した瞬間など)

    サイコパスは一般人口の約1パーセントを占め、刑務所人口の25パーセントを占めると考えられています。

    ・一般的に、衝動性または自制心の欠如、浅い経験、表面的な魅力および自分の価値の壮大な感覚と同様に、良心または後悔の欠如を持つものとして障害を持つ人々を定義します。


    2011年の調査

    4分の3以上の投獄されたサイコパスが暴力的な犯罪のために刑務所に入っていますすべてのサイコパスが暴力的というわけではありませんが、嘘をついたり、詐欺をしたり、盗んだりすることによって、社会的に悪であることを証明することができます。

    ハーバード大学の神経科学者であり心理学者でもあるジョシュア・バックホルツ氏は声明の中で、「サイコパスは驚異的な量の犯罪を犯し、そしてこの犯罪は犠牲者にとっても壊滅的なものとなり、天文学的に社会全体に大きな損害を与えている」と述べた。



    ウィスコンシン州にある中セキュリティー刑務所でトラクタートレーラーの可動式MRIスキャナーの実験。


    彼らは49人の受刑者の頭脳をスキャンした。彼らは2つの選択肢の中から選択するよう求めた


    研究者らは、受刑者に彼らの精神病レベルを評価するためのテストを受けさせるようにした。

    精神病のスコアが高い囚人は、精神病のスコアが低い囚人よりも、より直接的な選択をする
    ・腹側線条体と呼ばれる脳領域でより大きな活動を示したことを見出した。

    さらに、サイコパスは、腹側線条体と腹側内側前頭前野の間の連携が、通常よりもはるかに弱いことが科学者たちによって発見されました

    これらの調査結果は、彼らの頭脳が即座の報酬を過大評価し、潜在的に不道徳な行動の将来のコストを無視するような方法で配線されているので、サイコパスはしばしば反社会的に行動することを示唆している

    実際、これらの点の両方において異常な脳が多ければ多いほど、囚人はより多くの罪を有罪とされた。


    社会的な問題点

    精神障害者に見られる意思決定のパターンは、薬物乱用者、強迫的な過食者、または強迫的なギャンブラーなど、他の種類の自己破壊的行動をしている人々のそれとそれほど変わらない



    まとめ

    ・誰でもサイコパスになる可能性があるかもしれない

    ・前頭葉の機能低下は犯罪を犯す原因になっている


    引用元
    https://www.livescience.com/59702-psychopaths-brains-wiring-behaviors.html



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。