脳スキャンはPTSD患者における自殺者の心理状態を明らかにするかも (米研究)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

脳スキャンはPTSD患者における自殺者の心理状態を明らかにするかも (米研究)

2019-07-13 18:44


    研究者らは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患っている人々の脳内の病原体を発見したかもしれない


    この研究では、PTSDを患っていない人と比較して、PTSDを患っている人は脳細胞の表面にある特定の受容体のレベルが高いことがわかりました。
    そして、PTSDを持つ人々の間で、彼らの脳スキャンの日
    自殺について報告した人々は、スキャンの日に自殺念慮を報告しなかった人々と比較して、高いレベルの異常があった。


    PTSD症状を治療するための薬はない

    ・鬱治療の薬はある



    ・PTSD患者は、自殺未遂、自殺による死亡の危険性が高くなりますしかし、PTSDにおける自殺リスクの根底にある生物学的メカニズムの理解は限られています。

    PTSDを持っていない人と比較して、PTSDを持つ人は、脳細胞の表面に代謝型グルタミン酸作動性受容体、またはmGluR5と呼ばれる高レベルの脳受容体を持っていることを発見しましたこの受容体、グルタミン酸塩、神経伝達物質は化学的メッセンジャーのためのもので、学習や記憶から睡眠や認知機能に至るまで、数多くの脳プロセスで役割を果たすと考えられています。しかし、この受容体が自殺的思考と関連しているかどうかは、不明。

    新しい研究では、研究者らは、PTSDを患っている29人、うつ病を患っている29人、および精神障害と診断されていない29人(対照)の脳をスキャンした。

    研究者らは、PTSD患者は、健康な対照と比較して、5つの脳領域において、それらの脳細胞の表面上でより高レベルのmGluR5を有することを発見した(研究者はこれをmGluR5「利用可能性」と呼ぶ)。

    さらに、PTSD患者の間ではmGluR5のと自殺念慮の間に関連性がありましたが、鬱病のある人々のにはありませんでした。

    調査結果は、「mGluR5は特にPTSDにおける自殺念慮の軽減のための有望な治療標的になり得ることを示唆している」と示唆している。

    今回の調査には関与していない、ニューヨークのストーニーブルック大学の精神医学および生物医学工学の准教授であるChristine DeLorenzoは、この発見は「非常に興味深い」と述べた。

    「その結果は、mGluR5が(自殺の)危険性のバイオマーカーだけでなく治療介入にもなり得ることを示唆している」とDeLorenzoはLive Scienceに語った。「自殺の荒廃と、特定の集団で自殺する人々の数の増加を考えると、これは取り組むべき重大な問題です。

    さらに、この研究は「PTSD内での自殺を明らかにするための重要なステップであり、苦しんでいる人々に治療を求めるよう促すのに役立つと期待される」と述べた。

    mGluR5の薬はすでにありますが、Esterlisは、今のところ、これらの薬は人々のPTSD症状を治療するためにテストされるべきではないと述べました

    研究者らはまた、(衝動性や以前の自殺未遂など)PTSD症状を有する患者がそのような治療から恩恵を受ける可能性があるかどうかを調べる計画を立てている。



    まとめ

    鬱治療薬はある

    ・PTSDの薬は治療段階のため、普段のストレスケアは自分で対処するしかないかも(今のところ




    引用元

    https://psychcentral.com/blog/surprising-myths-facts-about-antisocial-personality/


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。