脳科学について10の事実 (米研究)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

脳科学について10の事実 (米研究)

2019-07-11 19:17



    è³ã®åé¡

    脳の歴史

    ・歴史を通して、人間の脳はあらゆる角度から論理的に解釈するのに非常に優れていました。


    ・有名な解剖学者ガレンは、運動と言論の機能が脳であると確信していました。しかし、彼でさ脳の中が水分で満たされたいたという事実を見つけだすことはかなりの時間を費やしました。

    古代エジプト人からアリストテレスまで、誰もが私たちの耳の間の役割を軽視してきました。

    人éã®è³ã¯å¤§ããã§ã...

    人間の脳は大きいです...

    平均的な成人の脳の重さは3ポンド弱1.3〜1.4キログラムです。脳神経外科医の中には、生きている脳の質感を練り歯磨きの質感と表現しているものもありますが、
    神経外科医のKatrina Firlikによれば、地元の健康食品店でより良いアナロジーを見つけることができるとのことです。

    「脳は歯磨き粉のようには広がらない。歯磨き粉のように指に付着するわけではない」とFirlik書いている。

    頭蓋骨の中身の約80パーセントが脳で、神経組織を緩衝する透明な液体である同量の血液と脳脊髄液が残りを構成しています。あなたがその脳、血液、体液のすべてを混ぜ合わせるのであれば、それは約1.7リットルになるでしょう。

    ...ããããå½¼ãã¯å°ãããªã£ã¦ãã¾ã

    しかし、それらは小さくなっています

    5000年前の人間はさらに大きい脳を持っていました。

    ヨーロッパ、中国、南アフリカ、オーストラリア- - 「我々はかなりどこでも我々は測定することができます考古学的データから知っていることを脳が縮小している中で約82の平均値から、およそ9立方インチ150立方センチメートルを31350センチメートル3それはおよそ10パーセントです」と、ウィスコンシン大学マディソンの古人類学者ジョンホーク​​スは2009年にライブサイエンスに語りました。

    研究者は、なぜ脳が縮小しているのかわからないが、より効率的に生きるために進化していると理論づけている。私たちの食事はより簡単に噛むことができる食物を溢れているので私たちの頭蓋骨はより小さくなっていると思います。そしてとても大きくて強いあごはもはや必要ではありません。

    その理由がどうであれ、脳の大きさは知性と直接相関しないので、古代の人が今日の人間よりも知能指数が高いという証拠はありません。



    ç§ãã¡ã®è³ã¯ã¨ãã«ã®ã¼ãéãã¦çãã¾ã


    私たちの脳はエネルギーを通して燃えます

    現代の脳はエネルギー源です。器官は体重の約2パーセントを占めていますが、それは私たちの血中の酸素の約20パーセントと私たちの血流中を循環するグルコース糖の25パーセントを使用しています。これらのエネルギー要件は、そもそも大きな脳進化を後押ししたものについて人類学者の間で論争を引き起こしました。

    国立科学アカデミーの議事録に発表された2007年の研究は、現代のチンパンジーがサバンナでカロリーの高い塊茎を掘る方法を知っていることを発見しました。おそらく私たちの祖先たちも同じことをして、野菜で彼らの頭脳力を高めました。

    脳は成長する

    科学的知恵はかつて成人期に達すると、あなたの脳は進化しなくなると考えられていた。可塑性と呼ばれるこの能力は、乳児期と小児期に限定されると考えられていました。

    そらは間違いで、脳卒中患者に関する2007年の研究によると、彼女の脳が他の神経から同様の情報を引き出すことによって視覚情報を運ぶ機能が発達していたことを発見しました

    これは成体マウスが新しいニューロンを形成できることを示すいくつかの研究に有力な情報をもたらした。その後の研究では、人間のニューロンが新たなつながりを成人期に現す証拠が増えています。
    それに関連し、瞑想に関する研究は、激しい精神的トレーニングが脳の構造と機能の両方を活性化させることを示した。


    çµå±ã®ã¨ããã女æ§ã¯éæããæ¥ã¦ãã¾ãã

    結局のところ、女性は金星から来ていません

    文化は私達に女性と男性の脳が異なることを教えてくれます。

    男性と女性のホルモンは脳の発達に異なる影響を与えることは事実であり、画像研究は女性と男性が痛みを感じる方法、社会的決定を下す方法、ストレスに対処する方法に脳の違いを見出しました。

    これらの違いが遺伝的であるか、経験によって形作られている程度、すなわち古い自然の慣習かは不明です。

    しかし、ほとんどの場合、男性と女性の脳そして頭脳能力は似ています。
    性差に関する研究の2005年のアメリカ人心理学者分析は、他の研究で報告された、行動に対する性の影響がゼロに近い範囲にあることを発見しました。そして最近の研究は、性別の多様な能力についての神話を暴いています。2010年1月のPsychological Bulletinに発表された研究では、69カ国から約50万人の男女が調査され、
    数学能力に全体的な差は見られませんでした


    まとめ

    ・男女の脳機能に関しては特に違いはない

    ・瞑想により、脳は成長する

    ・10代の脳は共感性がない為に未発達であるが、今後の社会的な活動により成長していく



    引用元
    https://www.livescience.com/12916-10-facts-human-brain.html


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。