ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 【業務連絡】はてなブログに移転しました【堂々堂】

    2021-07-04 21:04

    はじめまして純セメスです。
    https://ch.nicovideo.jp/jyunreaistdoudoudou
    10月くらいにサ終になるので移転しました。

    https://jyunreaistdoudoudou.hatenablog.com/
    これからははてなブログでクソ記事を量産します。

    宜しくお願い致します。

    f:id:jyunreaist:20210704205111p:plain

    2021/06/34


  • 広告
  • 【鍛えろ!】あだぽしゃを考察する【煽り耐性!】

    2021-06-22 08:00
    「映像は良かった」って言ったら実績が解除された純セメスです。確執→https://ch.nicovideo.jp/jyunreaistdoudoudou/blomaga/ar1980120

    間に城戸兄貴のツイートが挟まってた気もするけど、ブロられて消えたしどうでもいい

    「映像は良かった」って言っても「映像もテンプレで良い程度に終わった」って意味なんですけど~~~とか言ったら界隈出禁かな~(もう出禁だろ)なんて思ってますけど、本題に移りますね~~~~~
    【注意】
    ※この記事は途中まで考察記事ですが、ご存知の通り執筆者が屑なので総評でいよわを煽り倒してます

    ご了承の上、嫌になったら見ないで下さい。私は謝るような人間ではありません。
    私の解釈は他者の解釈を否定したり、押し付けたりするものではありません。
    ※私は視聴者それぞれの解釈を尊重します。












    ★シャルル考察★
    さよならはあなたから言った それなのに頬を濡らしてしまうの
    そうやって昨日の事も消してしまうなら もういいよ 笑って
    この「昨日の事」っていうのはマリー・アントワネットを処刑した日であるという説と、
    デュ・バリー夫人を処刑した日であるという説と両方あって、どっちを取るかで結構変わってくるんですけど……





    ん?







    ★あだぽしゃ考察★

    【登場人物紹介】

    シャルル=アンリ・サンソン


    いやこれは煽ってるつもりじゃないんだ、あだぽしゃを語る上でシャルルは重要っていうか
    あだぽしゃはシャルルの再構築作品
    とブチ上げても良いレベルなんだよ。

    そりゃ両方とも元ネタがこのオッサンだからね。
    歌詞見たら繋がりますんで行ってみましょう。


    【歌詞考察】

    だらんと垂れ下がっちゃった ①栄光の手(Hand of Glory)をご覧
    ②私の有り様
    その③体が無様に温まるまで歩きましょう

    栄光の手(Hand of Glory)
    →タイトルの元(死蝋=Adipocere)にもなってる重要概念だが詳細は後述

    ②私の有り様
    王党派であり死刑廃止論者だったシャルルが、フランス革命により王党派の死刑を執行しなければならなくなった有り様(その中には敬愛していたルイ16世も含まれる)

    ③体が無様に温まるまで
    →●死体が燃え尽きるまで←キリスト教圏は土葬なので不適だが解釈可能な√がある(㉑)
     ●栄光の手が燃えるまで←詳細は後述(①')
     ●自分の身体が温まるまで←多くの死刑を執行して心身冷え切っている

    ④水ぶくれの跡が酷く 痒くて堪えるような
    爛れた夢の続きを見て 泣いていました
    ⑤大事にしてた秘密のおまじない ふと唱えたら
    わけも無く 体が震えて⑥正気になった

    水ぶくれ~泣いていました→シャルルにとってのフランス革命の凄惨さを表現

    大事にしてた秘密のおまじない
    フランス革命当時、ルイ16世のためにミサを捧げることは死刑になるほどの重罪でありながら、神父を匿って秘密ミサを上げていたことから


    正気になった→後述

    ⑦私たちもう一生分かり合えないと 分かっていたでしょう
    お互い幸せになりましょうね ⑧文字すら読めぬ猿よ
    ⑨遺言は短めに たいそうお気楽に 済ませるのが良いわ

    ⑦私たちもう一生分かり合えないと 分かっていたでしょう お互い幸せになりましょうね
    死刑囚(殺される側)と死刑執行人(殺す側)は分かり合えないという断絶を表現
     
    この場合、お互い(あの世で)幸せになりましょうねと解釈可能。
    →歌詞の2番に出てくる「あなた」を「世間全体」とした場合、
     「フランス革命で敵の死刑を求める世間」と「死刑廃止を望む死刑執行人」の対立が
     表現されている。


    ⑧文字すら読めぬ猿よ
    →「主人公=シャルル」説を提唱する上での最大の障壁
    (信心深く、自らを厳しく律する人物であり、賤業でありながら貴族レベルの暮らしをする死刑執行人だからこそ、どの身分にも偏見を抱かないシャルル像に反する発言であるため)
    →フランス革命の狂宴に乗じる世間に対するシャルルの怒りと、いよわのTikTokに対する怒りを重ねた?
    ⑨遺言は短めに たいそうお気楽に 済ませるのが良いわ
    義妹エリザベトに向けて綴ったマリー・アントワネットの遺書は、義妹に届けられることなく革命家のロベスピエールに渡ってしまう(エリザベトも処刑される)
    →当時の遺言の無意味さ(表現が伝わらないことの無力さ)を表現?

    だらんと垂れ下がっちゃった 栄光の手(Hand of Glory)をご覧
    ⑩あなたの有り様
    ⑪目(め)を見(み)て話(はな)しましょう
    お野菜(やさい)を食(た)べましょう
    お勉強(べんきょう)しましょう

    ⑩あなたの有り様→フランス革命における世間の有り様

    ⑪目(め)を見(み)て~しましょう
    →考察難所その2とも言えるが、マリー・アントワネットの「パンが無ければ、お菓子を食べればいい」から来ているかもしれない。実際にはマリーの発言ではないことが明らかになっているが、元となる発言も別に悪意があったものではなく、民に教えるため善意で言ったという仮説。
    →悪意というものは読み手や第三者の(非)意図的な歪曲に依存する概念であり、そういったものが断絶を生んでいることを示唆している?


    ⑫それはまるで日の光に翼もがれたイカロスのように
    ⑬変わることも終わることもなく続く眠りの箱のように
    身に余る 寒さと ⑭問いが 襲いかかった

    ⑫それはまるで日の光に翼もがれたイカロスのように
    変わることも終わることもなく続く眠りの箱~身に余る寒さと
    →どちらもヒトの傲慢さを説いている

    ⑭問いが 襲いかかった
    →なぜ敬愛する人々の死刑を執行しなければならないのか、私は人々を平等に尊重してきたが、人間は愚かであると認めなければならないのか。

    ⑮交差点に渦巻いている 悪意のような陽炎に
    ⑯靴を履くのも怖くなって 泣いていました
    鉄で出来た処刑台の床から ふと伝わる
    温度だけで体が腐り落ちて ⑥'気が狂った

    ⑮交差点に渦巻いている 悪意のような陽炎
    →処刑の見物に来る世間の比喩?

    ⑯靴を履くのも怖くなって 泣いていました

    →後述

    ⑥'正気に戻った←→気が狂った
    →正気(人を殺さず、人を悼む側になること)
    →気が狂う(命じられたまま人を殺す側になること)

    ⑰私たちもうずっと互いのこと 好きじゃなくていいでしょう
    ⑱私は幸せになれるのよ ここじゃない所でも
    ⑦'私たちもう一生分かり合えないと 分かっていたでしょう
    お互い幸せになりましょうね 忘れてよこの顔も

    ⑰私たちもうずっと互いのこと 好きじゃなくていいでしょう
    →平等論者であることと、博愛主義者であることは同一でない

    ⑱私は幸せになれるのよ ここじゃない所でも
    →死刑が廃止されて職を失っても私は生きていける

    忘れてよこの顔も
    →青年時代に恋人だったデュ・バリー夫人を処刑することになったが、夫人は大声で泣いてシャルルに命乞いをした。耐えかねたシャルルは処刑を息子に委託した。

    ①'ぐわんと燃え上がっちゃった 栄光の手(Hand of Glory)をご覧
    私の有り様
    肥大化した自我と⑯'安物ブーツは脱ぎ捨てましょう

    ①'ぐわんと燃え上がっちゃった 栄光の手(Hand of Glory)をご覧
    泥棒が盗みに入る家の門前で栄光の手を点火し、燃えれば盗みは成功する言い伝え
    革命に成功して王党派が私の手によって処刑される

    ⑯'安物ブーツは脱ぎ捨てましょう(靴を履くのも怖くなって 泣いていました)
    →マリー・アントワネットの最期の言葉はシャルルの足を誤って踏んでしまった時の言葉
    「お赦しくださいね、ムッシュウ。わざとではありませんのよ(Pardonnez-moi, monsieur. Je ne l'ai pas fait exprès.)
    処刑したマリーの生きていた跡が靴に遺ってるような感覚に苛まれる

    私たちもうきっと ⑳逆向きの電車には乗れないでしょう
    ㉑轢き潰してきた その全てに 一言 懺悔と愛を
    私たちもう一生分かり合えなくても 歩いていくんでしょう
    お互い幸せになりましょうね ㉒すれ違いませんように
    お互い幸せになりましょうね ㉓鐘の音が鳴る

    逆向きの電車には乗れないでしょう
    →「モノクロになる前に」のように、いよわの「電車」は「この世とあの世を繋ぐ渡し舟」を暗喩しているケースがある。

    「モノクロになる前に」歌詞
    「竹下通り=三途の川」で解釈してみてください

    逆向きの電車に乗れない→皆同じ向きの電車に乗る→皆人殺しで地獄行き?

    ㉑轢き潰してきた その全てに 一言 懺悔と愛を

    考察も佳境なので黒ずくめの正体を突き止める。

    顔が隠されているが、いよわのことなのでこいつは特定の人物ではなく概念系。
    歌詞の「懺悔と愛を」から考えると、シャルルが「懺悔と愛」を向ける対象はまず死刑執行してしまった「敬愛する王党派の人たち」。そしてシャルルは平等主義者で罰を受ける者に対して慈愛の心を持っていた。

    つまり「黒ずくめ→シャルルが殺した死刑囚全員」と考えられる。

    しかし、当時の処刑方法はギロチンが主だったので歌詞の「轢き潰してきた」に対応しない
    (「刎ねる」などの表現が相応しい)。
    「轢き潰してきた」ものは何か。それは当然、

    「死刑を執行する運命にあるシャルルの心」

    黒ずくめの衣装が主人公と酷似してるのはこのため。
    また、服装や主人公が最後服を脱ぐ描写から「雪山での極限状態」「矛盾脱衣」を想起する者もいた(正直ナイス考察)が、服装が冬服である理由はフランス革命の恐怖政治による王党派の処刑が1793年の秋冬に集中していたことからギリ説明がつく。

    また「キリスト教圏は土葬で火葬は無い」ことにも言及したが、「黒ずくめ→シャルルの心」でもあると仮定した場合、「何もかも消してしまいたい」という自傷を示唆する表現であると考察できる。



    やたらと顔に近いトーチの火もこれで説明可能

    色々言ったが、要は一言でまとめると
    「黒ずくめ→シャルルが殺した死刑囚全員+シャルルの心概念」
    ってこと。

    ㉒すれ違いませんように
    世間の考えはコロコロ変わる(この後汚職事件発覚とか何やかんやあって革命家たちが次々に処刑されていく。世界史苦手なんや勘弁してくれ。)が、いつだって世間は敵を殺す死刑執行人の
    味方だろう。

    ㉓鐘の音が鳴る
    →これを冠婚葬祭の「婚」と捉えると「愚かな夫との望まぬ政略結婚の話」になるのが面白いところだが、今回の考察では「葬」の鐘である。










    【総評】
    まあ正直、今の正義感溢れるいよわだからこそ書ける内容で、時事的に「丁度このタイミング」って時にこの完成度のもの持ってくるのはもう完璧としか言いようがないんだけど、
    シャルルの苦悩と比べたらお前の二次創作コメントどうこう気に入らない話とか正直屁レベルな訳で、、、、、いやー「文字すら読めぬ猿よ」はシャルルからは出ねえわ。完全にお前だわ。俺の解釈が合ってたらあの「文字すら読めぬ猿よ」は完全にお前。
    TikTok民を規約読めない猿扱いしてるお前だよお前。
    最高だわ本当に。俺がどんだけお前の欺瞞めいた呟きが気に入らないだのなんだの喚き散らしてもさ、最後お前が曲投稿したら全部分かるもん。お前の曲は嘘つかないから。正直だから。
    俺はそういう本物の創作が大好きで、同時にクソ以下のお気持ち表明コンテンツだと思ってるんだ。お前が世界一だよ。俺の中の狭~~~~~い偏見に満ちた世界の中でな?
    世界は広いんだ。お前の感情どんだけ入れようが海は赤く染まらない。IMAWANOKIWAの歌詞で「♪胸を見たいだ~け~だ」って歌ってる奴に「それ♪胸揉みたいだ~け~だ、ですよ」って言ってあげるバイトが時給1048円なんだよ。スーパーから帰ってきて一息ついてるいよわに近づいて「雪見だいふく1個ちょうだい♥」って言ったら突然「♪それがきっと君の心の形なんだ~」ってヘブンズバグが流れ始めて「♪私は伊藤ハム~伊藤ハム~」って言って俺の顔面に焼豚を2個叩きつけるTikTokの動画が1億4800万再生なんだ。

    そんな俺とお前は一生分かり合えないし、お前が「お互い幸せに」と思っても俺は
    ●いよわは俺より長く生きてさえくれればいい
    ●『「いよわ」と「ナンセンスジョーク」、どっちが大事なの?』って訊かれたら「ナンセンスジョーク」って答える
    からさ。もし俺を今でもヒトだと認識してるなら「こんなのは呪いだ」って認識を改めた方がいい。「人道に対する罪」で今すぐ処刑した方がいいよこんな呪い。
    一生分かり合えなくても、歩いていこう?
    ピクファンの更新切ったにもかかわらず振り込まれ続ける呪いの月200円と一緒に。


    大好きよ、いよわ






















    は!?もうこんな時間!?小鳥の囀り卍なんだが
    たぶん6月中にブログ引っ越しするんでよろしくな。

    皆途中で切ったと思うし適当な挨拶してええやろ。

    See you 胎生!


    聴いてあげてええええええん



    (そういえばバルーンシャルルの再構築とか言ってたけど、恋愛に昇華した曲と歴史要素にステ振ったあだぽしゃは別物やな……べつにええか)












    哂い合ってさよなら

  • 【ボカコレ】ヘブンズバグを考察する【いよわ21位】

    2021-04-27 11:30

    蚕が飼育者(ヒト)に恋するけど茹でられて絹にされる曲ですね純セメスです。

    はいそれでは考察終わりにしたいと思いますさよn

    え?ダメ?

    ということで今回はちょっと違う角度から歌詞とPVを考察します。

    「蚕が飼育者(ヒト)に恋するけど茹でられて絹にされる曲?なにそれっ!?」

    っていう人は置いてけぼりにします。悪しからず。

    【注意】
    ※執筆者は
    「俺は飽きたぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお毛色は違うけど曲の製法が同じだから展開がワンパで考察も作業ゲーだぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」
    って思ってます。
    ご了承の上、嫌になったら見ないで下さい。私は謝るような人間ではありません。
    私の解釈は他者の解釈を否定したり、押し付けたりするものではありません。
    ※私は視聴者それぞれの解釈を尊重します。






    ★ヘブンズバグ考察★

    【考察対象】

    ●木

    本作の超重要キャラ。
    この木なんの木気になる木
    気にならないファンに支えられてますから

    ●砂時計っぽいやつ

    重要っちゃ重要かなって感じ

    【歌詞・主要演出考察】
    Ⓣ If you have wonder else to go, round this place.
    (他に行くところがなければ、ここを回ればいい。)


    (0:22,色相・輝度反転)

    Ⓣ懐かしい風が触った 楽観的な季節は
    ①吸った酸素を身にまとったような庭→口から吐いた糸で作った繭の暗喩
    ②目に刺さる朝日を嗅いだ→繭に覆われた蚕は周りが視えないので嗅覚で朝日を感じる 
    Ⓣ愛を知らぬ少女の
    記憶は糸 固く結べばほどけはしないの

    「動物が好きなのね」Ⓣ「人が嫌いなんだ」
    大人になりたい訳じゃない 自由が欲しいだけ
    ③みだりに触ったら 少しだけ血が流れる→少量の血の正体は蚕の死体
    ④それがきっと君の 心の形だった→蚕は好きでも殺して絹を採るヒト

    ⑤わたしは糸を吐く 糸を吐く→蚕だもんね
    つながりの色は手に取れないもので
    ⑥ドラマチックな筋書きの類はそこに無いの→絹にされるだけだもんね
    Ⓛ嘘を吐く 嘘を吐く
    「友達でいてね」なんて願いも 粉々になっていた将来も
    ひたすらに根をはって Ⓣ雪どけを待つ繭玉は
    魂の行方も知らないままの あたたかい恋だった

    懐かしい風が触った 楽観的な季節が
    ちょっとセンチな君のまつ毛をなでた
    ②'目にしみる朝日を聴いた Ⓣ恋を知った少女の
    Ⓛ言葉は嘘 Ⓣ一度壊れたら戻せないの

    Ⓣ「お絵かきが好きなのね」「文字が読めないだけだ」
    全てを知りたい訳じゃない 無知が怖いだけ
    ③'みだりに触ったら 少しだけ血が流れる
    ④'それがきっと君の 心の形なんだ

    ⑤'わたしが先を行く ただ紡ぐ
    つながりの色が手からこぼれ落ちて
    ⑥'ドラマチックな筋書きなぞって 布になった
    Ⓛ嘘を吐く 嘘を吐く
    Ⓣ必ず見つけてなんて願いも ⑦涙で重くなったナップサックもナップサックは主に綿で作られるので絹がナップサックになったのではなく、茹でられた繭をナップサックになぞらえてる可能性が高い。涙は繭の中の蚕が流したもの
    Ⓣ旅出つ夢を見た 雪溶けを待つ繭玉は
    広げた手のひらに たしかに風を浴びたんだ

    Ⓣまたどこかで会えたらいいね
    思い出せなくても許してね
    お願いは言葉で 言わなかった


    ①~⑦→「少女=蚕」「君=ヒト」とした場合の考察

    Ⓛ→「嘘を吐く 嘘を吐く」「言葉は嘘」で構成。
    なぜ少女が嘘つきのように歌われているのかについて、
    【Ⓛの物語】で知る必要がある。

    Ⓣ→「懐かしい風」「愛を知らぬ少女の記憶は糸 固く結べばほどけはしないの「人が嫌いなんだ」「粉々になっていた将来」「雪どけを待つ繭玉魂の行方も知らないままの あたたかい恋だった」「恋を知った少女」「一度壊れたら戻せない」『「お絵かきが好きなのね」「文字が読めないだけだ」』「必ず見つけてなんて願いも」「旅出つ夢を見た 雪溶けを待つ繭玉は 広げた手のひらに たしかに風を浴びた」「またどこかで会えたらいいね 思い出せなくても許してね お願いは言葉で 言わなかった」で構成。
    以上の歌詞は蚕とヒトの「あること」について言及している。
    これは【Ⓣの物語】を通じて知る必要がある。





















    【Ⓛの物語~Legend(伝説)】

    昔、ある家の父親が戦争に駆り出され、家には娘と雄馬だけが残された。娘は父親恋しさの余り、雄馬に冗談半分で「もし、御父様を連れて帰ってきてくれたら、あなたのお嫁さんになるわ」と言ったところ、雄馬はすぐさま父親を連れて家に戻ってきた。ところが、娘を目にした時の雄馬の様子がおかしいので父親が娘に事情を問いただすと、娘が一部始終を打ち明けた。これを知った父親は激怒して弩で雄馬を射殺して皮を剥いで晒しものにした。その後、娘が雄馬の皮の側で戯れていると、馬の皮が不意に飛び上がって娘に巻き付いて家から飛び出していった。数日後、娘が発見された時には娘は馬の皮と一つになって大木の枝の間で蚕に変身して糸を吐いていた。そのため、大木は「喪」と同音(ソウ)である「桑」と名付けられたと言う。(蚕馬 - Wikipedia『捜神記』の項より引用, 2020年8月3日 11:51最終更新)
    ●蚕の少女が嘘を吐くとされているのは、
    「娘が嘘をついたことで娘と馬が一つになり蚕になった」という逸話から。





    木の正体は枯桑





    【Ⓣの物語~Tense & Tradition(時制および歴史)】


    分子時計 - Wikipedia

    If you have wonder else to go, round this place.
    (他に行くところがなければ、ここを回ればいい。)
    →5000年以上前、ヒトは蚕を飼い(拾い)、家畜化し始める。
    →「ここを回る」とは、ヒトが指定した場所に蚕が繭を作るため、糸を吐きながらぐるぐる回ること。

    懐かしい風→蚕がまだ野生だった頃に感じた風
    が触った 楽観的な季節は
    吸った酸素を身にまとったような庭
    目に刺さる朝日を嗅いだ 
    愛を知らぬ少女の記憶は糸 固く結べばほどけはしないの
    →ヒトに家畜化される前の蚕の繭は寒さや外敵から身を護るためにあったのではないか(野生だった頃の蚕の生態は明らかになっていない)

    「動物が好きなのね」
    「人が嫌いなんだ」→戦争が絶えなかった紀元前の時代
    大人になりたい訳じゃない 自由が欲しいだけ→自由が欲しかったからこそヒトと共存しようとした?
    みだりに触ったら 少しだけ血が流れる
    それがきっと君の 心の形だった

    わたしは糸を吐く 糸を吐く
    つながりの色は手に取れないもので
    ドラマチックな筋書きの類はそこに無いの
    嘘を吐く 嘘を吐く
    「友達でいてね」なんて願いも 
    粉々になっていた将来→ヒト無しでは生きられず、野生に回帰できなくなった未来
    ひたすらに根をはって 雪どけを待つ繭玉(野生だった頃の蚕の生態は明らかになっていない)
    魂の行方も知らないままの あたたかい恋だった→ヒトとの共存が何を意味するか当時の蚕には分からなかったのだろうか

    懐かしい風が触った 楽観的な季節が
    ちょっとセンチな君のまつ毛をなでた
    目にしみる朝日を聴いた 恋を知った少女→ヒトと共存することによる目先の繁栄を知った蚕
    言葉は嘘 一度壊れたら戻せないの→完全に家畜化されれば蚕は野生に戻れない不可逆的要素があるが、蚕の家畜化は進む

    「お絵かきが好きなのね」「文字が読めないだけだ」→大昔の識字率または、文字が絵に近かった頃を表している





    全てを知りたい訳じゃない 無知が怖いだけ
    みだりに触ったら 少しだけ血が流れる
    それがきっと君の 心の形なんだ

    わたしが先を行く ただ紡ぐ
    つながりの色が手からこぼれ落ちて
    ドラマチックな筋書きなぞって 布になった
    嘘を吐く 嘘を吐く
    (野生だった頃の私を)必ず見つけてなんて願いも 涙で重くなったナップサックも
    旅出つ夢を見た 雪溶けを待つ繭玉→もう野生には戻れないことを悟る
    広げた手のひらに たしかに風を浴びたんだ→でも蚕が野生だった時が確かにあったんだ
    【追記Ⅰ(2021/4/28)】

    曲の1番にあった枯桑が2番~ラスサビにかけて消滅している→完全な家畜化、野生としての蚕の死
    (追記おわり)

    またどこかで会えたらいいね→野生の蚕とヒトの出会いがまたあったらいいね
    思い出せなくても許してね→野生だった頃の生態を思い出せなくても許してね
    お願いは言葉で 言わなかった(から野生の蚕は滅んだし、もう二度と戻ることも会うこともない)




    【総評】

    また需要があったら雑語りする(しない)んですけど、2日しかないボカコレでTOP30に入るための戦略として考えられることは

    Ⓐ強力なサムネ・タイトル釣り(多くの人にポチってもらうため)

    Ⓑ1回聴いただけで内容が頭に入ってくる曲と歌詞
    (視聴者はできるだけたくさん曲を聴きたいので、聴き込み考察系はやや不利?)


    Ⓒ飽きられ対策
    (既存ファンの飽きられと、新規視聴者の途中視聴切りの両方をケアしなければならない)


    の3点。

    ⒶとⒸは「新しい動画絵師を召喚する」の一石で二鳥落とせるし、実際そういう作品が勝った訳で。



    タイトル釣りⒶからの分かりやすいパクリメロディ自己言及大勢批判Ⓑ(褒めてますよ?)でルーキー界をブチ抜いた英雄も居たし。


    他のランクイン作品見ても、やっぱり短期決戦に適応するためのⒶⒷⒸが何かしらハマったりしてる印象(←雑語り要素)があったし、良曲なのにランクインしてない作品はやっぱりⒶⒷⒸのどれかで大幅な減点が発生してる場合が多かった。
    (Ⓒってもう「いつも通りの動画上げた時点で負け」って意味だからな)

    って考えると、今回のいよわ曲って俺からすれば「いつも通りの2期いよわなんですわ。

    いつも通り概念系(マクロ)出会いと別れ系(ミクロ)を融合、
    「一見どっちとも解釈できる曲」にしていて、理詰めでwikiれば解釈を一つに絞れる。
    いよわが送りたいであろうメッセージ性も無いと言えば無い(ただ歴史・現象を説いてるだけ)
    あると言えばある
    (放蕩レコーズ収録曲「密月」は「売上で旅行に行こう」という企画であり、曲のテーマも「旅」に統一。タイトルに「密」とあることから、コロナ禍でも旅行を音楽という形で味わう趣があると考えられる。いよわは放蕩レコーズのキャスで「旅」という概念の分解について言及していたが、本曲は「蚕が種の繁栄・継承という旅の中でヒトと出会い、野生と不可逆的な別れをする」内容であり、また蚕の繭はコロナ禍で引きこもっていた我々を想起させる。とりわけ「大人になりたい訳じゃない 自由が欲しいだけ」の歌詞はそれらの要素全てを孕んでいると言っても過言ではない。自己家畜化された我々人間がコロナ禍の中どう生きるか、蚕の物語を通じて各々が考えてほしいと言ってるかもしれないし、多分言ってない。)

    正直ね、ここまでいよわ一曲で記事書けるようになったら飽きの境地なんすわ。

    でも蓋を開けたら21位とまあまあのリザルト。

    俺がⒸで減点してるだけで

    Ⓐ強力なサムネ・タイトル釣り(多くの人にポチってもらうため)
    →「分子時計をイメージした砂時計×天球のような繭の中に少女という斬新デザイン」
    →「ヘブンズバグ」というヤバそうなタイトル(しかも蚕でタイトル回収)


    Ⓑ1回聴いただけで内容が頭に入ってくる曲と歌詞
    (視聴者はできるだけたくさん曲を聴きたいので、聴き込み考察系はやや不利?)
    →いよわ曲は聴き込み考察系であり、この曲もそれに漏れないが、「少女=蚕」という比較的正解しやすくスッキリする考察要素を入れることで短期決戦に適応


    Ⓒ飽きられ対策
    (既存ファンの飽きられと、新規視聴者の途中視聴切りの両方をケアしなければならない)

    →普段から毛色の違う曲作りを意識。新規視聴者にも受け入れられるよう1期いよわ(さよならジャックポット以前)のような尖り切った構築は避け、より川谷絵音に近いポップス枠の中で個性を出す。

    という感じでそこそこ及第点なんすよね。
    (無論、このⒶⒷⒸは結果論でボカロPの皆がこれらを意識してボカコレに曲出したわけじゃねえし、いよわも「密月」収録曲をそのまま流しただけだかんな?)

    俺以外のいよわファンが飽き始めない限り、新規ファン増加が伸び悩まない限り、何よりもいよわが満足してる限り、2期いよわは続くと思います。
    俺はそれに一切不満なしとは言えないけど、「あー飽きたわー」と言いながらも、クッソ長文記事をこうやって作り続けると思います。
    (ブロマガ消滅に備えた記事移転は夏ごろ予定してます)

    何か指摘や感想ありましたら歓迎します。

    それでは。




    サムネは方舟の選別(黄金の船)→ゴールドシップ→ウマ娘→馬頭娘(蚕馬のこと)→蚕の擬人化こそが始祖のウマ娘であり新いよわガールは実質ウマ娘だよね(は?)

    【追記Ⅱ(2021/4/28)】


    運命の赤い糸 - Wikipedia
    イントロ繰り返し部分にのみ登場。→「野生としての」蚕とヒトは赤い糸で結ばれていた?
    (追記おわり)