• 【ラーメン食べ歩き】一汁三にぼし 裏不如帰@幡ヶ谷

    2014-01-05 21:34
    あけましておめでとうございます。


    お久ぶりです。


    今回は年末あたりにちょうど日程が合ったので裏不如帰に行ってきました。


    このお店、普段は不如帰という名前でやっていますが、木曜日のお昼のみ裏不如帰と名前を変えて営業しています。


    不如帰ではハマグリを主体としたラーメンを出していますが、この裏の時だけ煮干し主体のラーメンになります。


    今回注文したラーメンは「極にぼ」です。




    このラーメンのスゴイところは大量の煮干しのみからスープを取っているにもかかわらず、煮干しの臭みやえぐみが一切ないところです。


    長時間絶妙な火加減で出汁をとり、逐一味をみながら温度調節をしているらしいです。←テレビ情報


    煮干しラーメンが苦手という方でも難なく食べれてしまいます。


    甘く煮た柚子が乗っており、スッキリとしたスープに爽やかさがプラスされています。


    週に1日、3時間しか営業していない上に25杯限定という超レアなラーメンです。


    この日は1時くらいに行きましたが、そこまで並ばずすぐ入れて食べる事が出来ました。


    場所は新宿から京王線で二駅なので、新宿に用がある際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


    この日の前後は1週間で6杯もラーメンを食べて体重増量しましたww


    またトレーニング再開して絞りたいと思いま~す。


  • 広告
  • 作ってみた ~豚バラブロック→角煮~

    2013-12-13 17:59
    先日、スーパーで豚バラブロックが安く思わず買い。


    買ったはいいものの、メニューに困る。(一人暮らしには使いづらい)


    そこで折角のブロックなので角煮を作ろうかと。


    ~材料~
    ・豚バラブロック…500g
    ・はちみつ…100g
    ・麺つゆ…適量
    ・醤油…これも適量
    ・塩胡椒…やっぱり適量
    ・白ワイン…適量でなく、てきとー
    ・水…てきとー


    ・・・角煮を作るのは初めてですww
    というより日本食?は普段作らず、イタリアン中心なので分量はザックリです。イタリアンはザックリ!ww

    角煮の味付けってなんだ?くらいの知識で挑みました。



    工程は、
    1、バラ肉にフォークを刺し、穴を開ける。塩胡椒を擦り込み、はちみつ50g位を塗って揉み込む。それを2時間置く。

    はちみつは肉を柔くするそうですよ。

    2、オリーブオイルで表面を焼く。

    サラダ油なんてうちにはありませんwww

    3、白ワインを加え、アルコールが飛んだら水を加える。

    水はドバーっと入れちゃって

    4、残りのはちみつ、麺つゆ、醤油を入れ味を調える。

    ちょっと薄いくらいに。醤油多めのがおいしいと思った。

    5、1時間煮込む。

    このとき水分が飛んだら水を加える。1時間のあいだ何度も。

    6、1時間たったら水分を飛ばし、煮詰めながら照りをつける。

    7、出来上がり。


    作業はちゃんとしますww
    スライスして山椒を添えたものがこれです。


    思ってたより絶品でしたwww

    山椒が豚バラの脂っぽさをさっぱりとしてくれていくらでも食べれそう←


    こいつを3日間おかずにして食いつなぎま~すww
  • 【ラーメン食べ歩き】ハリケンラーメン@つくば

    2013-12-13 17:35
    お久しぶりです!


    今回は私の中で日本一と言えるくらいお気に入りのラーメン屋、「ハリケンラーメン」です!


    何度も足を運んでいるので2杯同時に掲載します。


    まずは濃厚魚介豚骨の「つけそば エビ風味」


    ここ最近ブームであった濃厚魚介豚骨のつけ麺です。


    ハリケンは他店と違い、スープを取るときにアーモンドを入れているらしく、香ばしくかつ、甘みが強いのが特徴です。


    トッピングは穂先メンマ、チャーシュー、燻製豚のローストと、注文すれば無料で付けてくれる「カレーペースト」。


    このカレーペーストを入れると、「カレーつけそば」といった感じで二度楽しめます。


    スープ割は注文すれば角切りチャーシューとネギを加えてもらえます。


    ハリケンのスープ割は珍しいものが多く、本気か冗談か定かではありませんが「オオサンショウウオ」や「イルカ」、「クジラ」、「ジンベイザメ」を使っているそうです。


    一体どんなスープがとれるのでしょうかwww


    辛くしたいということでデスソース的なものをいただきましたが3滴入れても辛くならず、ドバドバ入れてやっと辛くなりました。


    連れに一口くれと言われ、あげたら悶絶していました。


    辛い物に慣れて来たみたいです、が、腹や胃腸系は強くなりませんね…w


    次はハリケンラーメンの看板メニュー「鶏そば 塩」です。



    ハリケンに行ったらまずはこれ!のメニューです。


    普通のラーメンと違い、イタリアンやフレンチの要素が組み込まれています。


    まずは他では見たことないガーリックトースト。これを徐々に浸しながら食べるとラーメンにガーリックの香りが移り、変化が楽しめます。


    左のほうにあるつくねには大葉?が入っており、さわやかな香りとスッキリとした味が濃厚な鶏白湯をリセットしてくれて終始鶏そばの味を楽しめます。


    ほかにはつけそばと同様、穂先メンマとチャーシュー、燻製豚のロースト。それと味玉をいただきました。


    中央にはシャキシャキとした食感を楽しめるようにと、刻まれた玉ねぎとチンゲン菜が乗っています。


    ここでまた他店ではまずない一工夫、鶏そばにはドライトマトを使ったオイルがかけられています。


    これがあるのとないのではハリケンの鶏そばは大きく違います。


    ドライトマトの酸味とうま味がプラスされラーメンと洋食がうまい具合に融合されています。


    こんな記事を書いてたらまた食べたくなってきたので今から行ってきます!!www