マティアス IA エクルンド ギタークリニックレポート(2014.12.6@渋谷 Ruido K2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マティアス IA エクルンド ギタークリニックレポート(2014.12.6@渋谷 Ruido K2)

2014-12-08 14:11
  • 4

Mattias IA Eklundh Guitar Clinic @ Shibuya Tokyo Japan


2014年12月6日,渋谷 Ruido K2 にて開催された
マティアス IA エクルンドのギタークリニックに参加してきましたので
雑駁ですがレポートいたします。


会場


入場整理券

まずはキャパリソン菅野氏のご挨拶。
8弦アップルホーンについて解説がありました。



8弦27フレットフロイドローズ。
低音弦のハリを保つため超ロング27インチのネックスケールに,
もはやおなじみとも言える True Temperament フレットを搭載。
広い音域をカバーするためボディ材はウォルナットトップにマホガニーバック。

当初マティアスは,8弦のチューニングについて
「ベース1~4弦,ギター1~4弦(いずれもレギュラー)」
で発注したそうなのですが(8弦からEADGDGBEということでしょうか),
最終的に「ベース3~4弦,ギター1~6弦」になっていたとのことです
(8弦からEAEADGBE)。

ステージ上にあるのは「お店の」アップルホーンです。

マティアス(「自分の」アップルホーンを携えて)登場。


「8弦はネックが太くって見た目バランスが悪いものがあるけど
これは凄くかっこいい。さすがキャパリソンギター!」とのこと。
(なおこの後も義理堅く折に触れて「キャパリソンギター!」を連呼します。)

トークを交えつつギタープレイを披露(逆でしょうか?w)。
多くを占めたのはリズムの話でした。
なお,足元にあるのはボリュームペダルとアナログディレイのみ。


通訳さんが話している間ポーズをとってみたり


これまで用いてきたディルド(バイブ),ホースクリップ,リモコン,おもちゃの携帯電話(「ダナフォン」),箸に引き続き,「櫛」。

楽曲は(確か)次のとおり(自信がないので追って訂正・追完します。)

・ In the Goo of the Evening (Freak Gutiar - The Smorgasbord)
・The Swade and The Wolf (Freak Gutiar - The Smorgasbord)
・Carnatic Metal (Freak Guitar - Growing Your Own Moustache IV)
・Did You Actually Pay for That (Freak Gutiar - The Smorgasbord)
Johnny the Metronome (Freak Guitar - Growing Your Own Moustache IV)
・Musth (Freak Gutiar - The Smorgasbord)

・Father (Freak Gutiar - The Road Less Traveled)

(最後にやたら熱く「弾いた弾いた6弦弾いた!!」と叫んでいるので補足しますが,「お店の6弦を弾く」お約束を果たしたのです。)


マティアスからのメッセージは "Grow Your Own Mustache"
「自分の髭(オリジナリティ)を育てよう!」とのことです。

そのあと物販・サイン会でした。
ぜひ今度はバンドで来日していただきたいものです。

またやってください,キャパリソンギター!ミュージックランドKEY!
(自分のHorusを持っていき損ねたのでツーショット写真を撮れなかったのが痛恨の極み)








広告
×
ナイスレポート!
60ヶ月前
×
>>1
ありがとうございます!
60ヶ月前
×
8弦ギター、どんなチューニングなのかなって思ってたんですよ。
freakyですねぇw
59ヶ月前
×
>>3
コメントありがとうございます!
Caparisonウェブサイトでのチューニングの記載も当初と変わったような気がします。
曲によってまた変えるかもですよねw
59ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。