沖縄ソングっぽくなる方法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

沖縄ソングっぽくなる方法

2019-12-01 11:18
    「こういう感じの曲を作りたい」というとき、その「こういう感じ」の曲を何曲か聞いてみると、何かしらの共通点が見えて(聞こえて?)くると思います。それを用いれば理論上は「こういう感じ」の曲を作ることができます。心理学でいうところの「モデリング」ですかね。実際はそうならないことも多いのですが^^;
    ここでは私がそれなりに調べた「これを使えばそれっぽい曲になる」というのを紹介していこうかと思います。初回は「沖縄ソングっぽくなる方法」です。

    「沖縄ソングっぽい曲」を出す第一の要素はやはり独特の音階ですね。
    一般的にはスケールの13457に相当する5音ハ長調ならレとラを除いたド・ミ・ファ・ソ・シのみを用いる…と言われています。しかし沖縄の民謡をいくつか調べてみると、曲の中での使用頻度は他の5音に比べると少ないものの、割と2の音(ハ長調ならレ)も使われています。ちなみに6の音(ハ長調ならラ)の音は使われていません。

    それから特にアップテンポの曲に使える要素として「音符の長さが均一ではない」というのがあります。例えば音の長さが2:1のシャッフルビートを使うというような感じです。これは3連符(タタタ、タタタ…)の2番目を1番めにくっつけた感じの「タンタ、タンタ…」のリズムです。付点8分音符+16分音符(音の長さが3:1)も考えられますが、個人的にはシャッフルビートのほうがより「っぽくなる」と思います。

    あとは三線(さんしん)、蛇皮線の音色(ない場合は三味線でも代用できます)を使うと沖縄民謡っぽくなりますね。とはいえこれは特に必須というわけではありません。


    まとめると、
    • 使う音は1(2)3457(ハ長調ならド(レ)ミファソシ)
    • アップテンポの場合はシャッフルビート
    上記の要素を使うと「沖縄ソングっぽい感じの曲」になると思います。

    ここで沖縄ソングっぽい感じの自作曲を紹介します。

    【がんじゅーラジオBGM】


    上に挙げたとおり、使ってる音は1(2)3457、シャッフルビートのリズム、メロディには三線代わりの三味線の音色を使っています。

    雰囲気は出ていますよね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。