• 【れげざつ!】#008  やったぜ。 (アイロンビーズの紹介)

    2017-05-19 21:30

    どうやら記事のタイトルに釣られた兄貴たちのおかげで先日の記事が一時期ニコニコのトップページに載っていたようです!たまげたなあ。


    晴天の霹靂とはまさにこのことだと驚いています。ありがとナス!


    さて、こないだのコメントで
    カワダ社の「ナノビーズ」について書かれていたので、ちょっと調べてみました。今回使用したミニフューズビーズとの比較もしてみますね。


    この記事を見た方の感想で多く聞いたのが
    「アイロンビーズとか懐かしい。子どもの頃によくやったなあ」
    「よくこんな細かい作品つくれたなあ」
    といったものでした。

    「過去の作品もすごいね」というありがたいコメントもいただきました!
    (ツイッターでよく拝見するガチ勢の方たちに比べると稚拙で恥ずかしい限りなんですが・・・・)

    そうです!


    作品の特徴としてとにかく細かい表現が出来るんです!
    そもそもは「子どもが遊ぶ」アイロンビーズですから、特別な技術も必要ないですし。


    ここでアイロンビーズ作品の秘密を大公開!!


    その秘密その1は「とにかくビーズが小さいこと!!」
    ミニフューズビーズナノビーズもその大きさは2.5~2.6ミリととにかく小さい!!

    ペグボードを4連結させたところ。4連結で100×100ピース並べることが出来ます。


    実は・・・

    モニターとかで見るドット絵をそのままアイロンビーズで作ろうとするとけっこうでかくなっちゃうんです。
    日本で一般的なアイロンビーズの種類としては、直径5mmサイズのパーラービーズが一般的。
    近年は直径が約半分のサイズのミニフューズビーズや、ナノビーズが新たに登場!
    従来の半分のサイズのこいつらでそれをつくると、縦も横も2分の1なわけですから、実際の大きさは4分の1ですよね!

    おっ、ファミコンのコントローラの実寸大じゃん!
    いえいえ、違います!ファミコンミニのコントローラと同じサイズです!
    細かい作品をつくるのに適しているわけですね!


    秘密その2は「ネットでドット絵が簡単に拾えること!!」(笑)

    他人が作ったドット絵を勝手に使うなんてその人の著作権の侵害じゃないか!!

    と怒られそうですが、アイロンビーズ製作者の方を応援して図案を配布しているサイトなんかもあったりします。
    僕はこの作品をつくるにあたってスマホ用の
    ドット絵作成ソフトを使いました。

    (そもそも一次的な著作権はゲームメーカーにあるわけですが・・・販売が目的じゃないし・・・まあ多少はね?)

    作品のモチーフ・デザインが著作物の場合は、販売を目的とせず、あくまでファンアートとにとどめるようにしましょう!

    カワダ社の
    ナノビーズは任天堂とコラボして「マリオ」「リンク」「ポケモン」を簡単につくれるパックを売っています。初心者でも気軽にビーズ遊びが始められます。
    (でも、ピンセットは別売りなので要注意!)


    ただ、ぶっちゃけてしまえば、前述の通りネットで調べれば図案は星のように出てきます!

    初心者でもかんたんにつくれますよ!

    僕の作品でも「ゼルダの伝説(FC)」のリンクがありますけど、ちょっとした工夫でこんな風に色違いもつくれちゃいますよ!
    既製品ももちろんいいですけど、図案を見ながらオリジナル作品をつくった方が楽しいです!

    秘密その3は「色が多彩なこと!!」
    ぼくの作品はまだ単調な作品しかないですが・・・
    ガチ勢の方は綺麗なグラデーションで美しい陰影を表現してます。
    それを可能にするのがアイロンビーズが誇るカラーバリエーション

    たとえばミニフューズビーズ「ブルー」がつく色は「14色」です!(蛍光色など特別なものをのぞいて)グリーンは「9色」

    ファミコンやスーパーファミコンのドットを表現するには十分すぎる数ですね!
    (むしろ、多すぎてそんなに使いこなせないよなあ・・・)

    ミニフューズビーズ
    は蛍光色など特別なのをのぞいて90色!!
    (蛍光色のものや半透明なもの、紫外線で色が変化する面白いピースもあります。
    それらも含めるとなんと全部で115色!)

    一方、ナノビーズは「とうめい」も合わせて全34色。今後バリエーション増えるのかな?

    グラデーション?らしきものをつくってみました。
    画質があらいのもありますけど、見たカンジだとまだまだ修行が必要みたいです。

    秘密その4は「値段が安い!!」

    ミニフューズビーズ90色も買えるわけないだろいい加減にしろ!

    なんて思っちゃいますよね。でも、実際の値段は各色1000粒入りで税込157円!

    90色集めてもたったの税込13,702円だね☆
    ・・・・まあ90色も115色も全部使う人はそうそういないと思いますが・・・・


    入門編として、ペグボードとピンセットに合わせて5色ぐらい買っても、2,000円以内で収まります!(送料込みでね!)


    ちなみにナノビーズ1000粒で税込248円。ちょっとだけ割高かも。ボードやピンセットもちょっとだけ割高です。

    これがミニフューズビーズ。黒はどんなにたくさんあってもすぐ無くなる。
    黒とか白が無くなると作品作りに致命的である。白と黒は7500粒入りが1,134円で買える。


    <まとめ>
    カワダ社のナノビーズの利点は、そこらへんのおもちゃ屋さんとかで比較的簡単に買えることでしょうか?

    コスパとカラーバリエーションや芸術性を考えるならミニフューズビーズ!!

    ミニフューズビーズはピクセルピコさんで簡単に買えちゃうので、みんなアイロンビーズやろう! 


    ミニフューズビーズを買える「ピクセルピコ」さん →
     http://pixelpico.net/


    こんなふうに楽しい作品がたくさん作れるよ!



    P.S. 先日のコメントでエレベーターアクションの感想書いてくれたニキマジ好き。みんなもエレベーターアクションで遊んで!
  • 広告
  • 【れげざつ!】#007  親の顔よりみたファミコンの”あのゲーム”のタイトル画面!(アイロンビーズ)

    2017-05-15 20:3014
    さあ!今日もアイロンビーズで何か作っていきましょう!

    「せっかく作るなら世界に一つの物をつくりたい!」というのが私のコンセプト。



    (まだまだ初心者なので簡単でベタベタなのしか作れていませんが・・・)


    前回は不謹慎でふざけた内容のものをつくったので、今回はちょっとまじめな内容で!

    さて、PCが壊れていらいファミコン配信の放送が出来無くなっちゃいましたけど・・・

    昔っから放送していたゲームを題材に、大掛かりな作品をつくっていきましょう。



    これが完成した作品です!タイトルにモザイクをかけてみましたが何だかわかりますか
    (ってか、記事のタグで思いっきりネタバレしてますね・・・・)

    さて、まずは図面にそって並べていきます!
    今回はペグボードを連結させて2×2で4枚使います!




    がっつりアイロンをかけることを考えて、左右反転で並べ始めます。

    実際のファミコンの画像に比べるとずいぶんと雑なドットですね。。。。

    ファミコンのキャラクターや文字フォントが繊細に作られている事に対して頭が下がる思いです。




    どうでしょう。ようやくファミコンゲームの文字フォントっぽい雰囲気が出てきたのでは?




    2列目の文字も出来ましたね!
    正直、黒1色をひたすら並べるのは根気のいる作業です。
    黒の中に文字やイラストが浮かび上がってくるのは何とも言えない達成感です。



    できたーーー!!!
    使ったピースは9216粒!すげえ大変だったぞー!!

    とはいえ、これはまだ完成ではありません!
    このままずっと置いておきたいのですが、アイロンをかけないといけません
    ではないと机を占拠して他の作業が出来なくなってしまうので・・・・



    さあ、慎重にアイロンかけるぞーーー


    ああ、緊張で手に汗をかいてきたぞ・・・・


    ・・・・・あっ!






    どうしてくれるんだ・・・・・・

    まさかこのタイミングでアイロンを机に落っことすなんて・・・

    時間をかえしてくれ!!!(自業自得)



    しかも、部分的にアイロンをかけてしまっているので、作品が歪んでいる状態。


    嘆いても仕方が無いので、出来る限りで復元していきましょう!
    (ツイッター、ブロマガ用に取っていた写真が復元に役立ちました・・・)




    さて!ここまで戻したぞー!!


    この時点では違和感に気付かなかったんだよなあ
    (皆さん、上の画像と比べて違い分かりますか・・・?)


    とりあえず、アイロン!アイロン!




    あああ・・・・・・ところどころビーズが横向いちゃってるーーーーーー

    端もぼろぼろになっちゃってる!
    まるで使い古しの手拭いみたいにだぁーーーーっ!





    まま、ええか!





    てなわけで!エレベーター(FC版)のタイトル画面が出来ました!!

    あとで気付いたんですけど・・・・
    上部真ん中のハイスコアの数字がちょっとずれちゃってる。





    まま、ええか!






    てなわけで、アイロンビーズのコレクションにすげえのが1個加わりました!!

    今度額縁買ってきて飾ろうかしらね!

    次はもっと規模の大きな作品作ってやろう!なんて思ってます!



    みなさんに教えていただきたいのですが、アイロンビーズをコルクボードに飾っている方多いですよね?あれってどうやって貼ってるんですかね。

    作品もコルクボードも傷つけずに貼る方法ってありますか?それとも剥がさない前提で強力両面テープで貼っちゃってるんでしょうか。

    コメント欄でアドバイスいただけたら幸いです。

    あと、私が使っているストラップは手芸屋さんで買ってきています。
    (同じ色の在庫を全部買い占めていくので迷惑な客だと思われているでしょうけど・・・)


  • 【れげざつ!】#006  K理事長に代わって勝手にM学園建ててみた!!(アイロンビーズ)

    2017-04-22 00:27
    しばらく放送してなくてごめんなさい。

    どうやらPCが寿命を迎えようとしているようです。

    インターネットのブラウザを開くだけでマウスカーソルがぐるぐるしてしまう状況です・・・

    お金があれば新しいPC買えるのになあ。。。毎月、収支のバランスが赤字なんですよね・・・

    だれかお金くれないかなあ(切実)。

    あ、そういえば。お金と言えば先月までニュースを騒がせてた話題がありましたね。

    なんか土地を不当に安い価格で手に入れたとか、首相夫人にお金もらったとか。

    政治のことは難しいのでよくわかりませんねえ。うん、ホントわからない。

    ニュースで例の建物を見続けてると、なんか愛着みたいなものが沸いてしまって・・・



    勢いでつくってみました!!




    まずはアイロンビーズを購入!
    サイズの比較として鍵とはさみを置いてみたけど、ほんとにちっちゃいねー。

    画像検索で【M学園】とか【Mの国記念小学校】を検索。

    写真をみながら図面におこしてみる。
    (学校で美術・技術の成績5段階の2以上とったことないけど・・・がんばってみる)


    ボードに並べてみる。こんな感じ。黒いのが窓で、鳥居みたいなのが玄関。
    赤と黒はいっぱい使うから、のりしろはオレンジにしてみた。



    実際にアイロンでつなぎ合わせてみる。
    なんかプロレスのチャンピオンベルトみたいな見た目になったなあ・・・・。
    (全日本の三冠ベルトの一本にこんなのあったよね?)



    つなぎ合わせたのをボンドで固定して立体にする。
    ちょっと目を離すと倒壊するものだから、結構大変だった。




    んでもって、窓とか屋根とか、二階部分とか貼り合わせたのがこれ。
    雰囲気を出したかったから、ちょっと遠出してトミカも買ってきた。



    別アングル。こっちの方がミスが誤魔化せて個人的には好き。

    ってか、黒いビーズが底を尽きて、通販で再度購入。
    届き次第、建設再開
    (建設計画がガバガバなのは本家のリスペクトです!、って書いたら怒られるかな…)

    構想から一カ月以上経ちました。
    テレビではもう例の件が風化し始めたころにようやく形になりました。
    (プライベートで資格の勉強したり、転職の面接を受けたりと忙しかったんです。ホント。)



    じゃーーーーん☆

    ある程度形になりました!

    手先が(皆さんの想像を絶するほど)不器用な私としては満足な完成度です!!

    (計算ミスでまたもや黒のビーズが底を尽きたとことは無関係です・・・はい。)


    そもそも、なんでこんな時間のかかる物を作ってしまったのか。

    生まれてからずっと「手先が不器用」だということをコンプレックスに思っていました。

    プラモもろくに作れない。子ども向けのおもちゃも組み立てられない。

    私生活でそれをバカにされてカッとなる場面があったので、「じゃあやってやろう!」

    と、なかば思いつきでこんなのを考え付いてみました。

    プラモやパズル玩具など既製品は既製品で素晴らしいものである。という姿勢を貫いた上で、

    ただ、ぼくが作りたいのは世界で一つしかないものだ。

    そこで、某通販サイトで売っているアイロンビーズを思い出したのです。
    (今回、題材にしたモチーフがモチーフなだけに、お店に迷惑かからないよう伏せますが・・・)

    素人であり、人の100倍不器用な人間にすごいものなんか作れるものか。

    じゃあアイディアをひねって「誰もつくったことのないものを!」と考え付きました。

    ・・・・内容は本当にふざけていますが、作っているときはのめりこみました。

    時間がかかる作品にとりかかれて楽しかったです。

    あと、リアルM学園は一生懸命建設した工事業者の人がかわいそうだと思った(小並感)



    ちなみに、普段はまともな作品もつくってますよ。念のため。