ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ゴルフをやる上での目的。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゴルフをやる上での目的。

2019-05-02 09:16

     仕事の始まりが遅い時間の時は、大抵朝にはウォーキングをします。
    そんな中で、昨日の練習を思い出し、父親のアドバイスを復唱して思い出しながらウォーキングをする。時々素振りしては、またウォーキングをする。

     その時ふと思いついた。

     「そもそもゴルファーの目的ってなんだろ?」

     一人ゴルフで迷惑をかけない。スコアを100切り。2ショットでグリーンに乗せる。
     ドライバーで270飛ばす。その他いろいろ。

     それらは「結果的に」であって、いわば目標になるのでは?と私は思った。

     では、目的はなんだ?

     あくまでもこれは私個人の考えになってしまうが、「ゴルファーの最大の目的」は
     「正しいスイングをする事」にあるのではと思う。(正しいは個人によって異なる)

     力任せに打てば、飛ぶかもしれない。でも変な方向に飛んだり、最悪体を壊しかねない。
     巷で有名な人の真似をしてもいいかもしれない。しかし、体格が違うために苦労するかもしれない。(自分も体が硬いので真似する事すら出来ない)
     当然、ボールを拾って投げる事もできない。
     
     ゴルファーにとって、「クラブでボールを打つ」という行動は、いわば宿命であるため、集中して考える必要がある。だから正しいスイングを身に付けなければならない。
     正しいスイングを身に付ければ、おのずと自分の掲げた目標に近づける。

     ※youtubeで、女子プロのスイングでさえ、「体格の割には飛ばない」「ボールを見てない」などなど言われるのだから、ゴルファーにとってスイングは永久課題なのかもしれない。
     

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。