• ACIDMAN presents SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”後半戦

    2017-11-24 20:20
    怒涛の後半戦はBRAHMANから。2015年の女川ジャム以来5回目。最近は何かとOAUやLOW-ATUSで観ることが多かったんだけど、約2年振りに。前半はメドレーのようにキレ間なく曲を畳みかけていく。「SEE OFF」を聴いて俄然胸が熱くなる。ステージ上で何か格闘技をしているようなパフォーマンス。後半予想通り客席前方に躍り出てダイバーをぶっ倒していく。これぞBRAHMAN・TOSHI-LOWだよなあ。「鼎の問」は福島の人たちの映像を使いながら、脱原発思想としては同志の大木さんのことについても言及。NO NUKESでも共演していたもんね。大木さんの帽子のことに触れつつ、ラストに予想通り細美さん登場!「PLACEBO」かなあと思ったら、新曲「今夜」!!この曲はMONOEYESの「Two Little Fishes」へのアンサーソングという話だったんだけど、今日夢の共演が観れて嬉しかった。

    RADWIMPS。初見。ラッドは最初に売れ出した2006年のおかずのごはんから追いかけているんだけど、なかなか観れる機会がなくて、いつか観たいと思っていたんだけど、「君の名は」効果でめちゃくちゃ人気出ちゃってこれはもう観れないだろうなあと思っていたため、今回まさかの出演に心躍った。若い世代はマンウィズとラッド目当ての人が多かっただろう。「夢灯籠」からスタート。噂のツインドラムにギターもベースもバッキバキで演奏力が半端ない。誰もが待ち望んだ「前前前世」、最高だったなあ。「05410-(ん)」から、今日なんとデビュー日で12年目なんだとか。「こういう節目の日に同じレーベルの先輩であるACIDMANに呼んで貰えて嬉しい」と洋二郎。ピアノ曲「棒人間」はしっとりしつつバンド感があり、ギターもピアノも歌もこなす洋二郎の天才っぷりが如何なく発揮されていた。「DADA」のハチャメチャ観もラッドっぽい。「おしゃかしゃま」の間奏で洋二郎がタクトを振るい右サイド(ドラムとギター)と左サイド(ドラムとベース)が交互に音を出し合ってジャムっていて、このバンド底が知れないぜと。ラストは「いいんですか?」で「こんなにACIDMAN好きでいいんですか~?」と高らかに歌い、終了!できれば「君と羊と青」を聴いてみたかったんだけど、またいつかそんな機会が訪れることを祈って。

    Dragon Ash。KJは昨年のふくしまおおぞらフェスタで東北ライブハウス大作戦バンドとして観てはいたんだけど、バンドとしては初。俺が追いかけているバンドの中で初めてラッドとドラゴンが観れる!というのも今回のフェスに行くきっかけになったわけなんだが、念願叶って嬉しい。このバンドは大編成で、DJ、ダンサー2人という特殊な編成も魅力的だ。今年アルバムを出している関係からか新譜からの曲が前半は多く、「Stardast」、「Mix It Up」、「Ode to Joy」の3連打。特に「Ode to Joy」の曲中に自然な流れからなんとACIDMANの「ある証明」を歌う場面に、KJやってくれるわあと!ドラゴンも20周年、同じメンバーで20年ずっとライブバンドやり続けることの大変さを身に染みて分かっている人の発言だけに(ベースのIKUZONEの急逝・現在はRIZEのKEN KENが担当)、重みが違う。KEN KENのバッキバキのベースから絶対に聴きたかった「The Live」。ここ最近の曲の中では一番フェス映えする曲でシンガロングが最高に気持ちいい。「Jump」を挟んで、締めはやっぱり会場の誰もが望んでいた「Fantasista」!ドラゴンの代名詞と言える絶対的アンセム、この歌を聴いて盛り上がらない奴はいないっていうくらい、アガる曲だなあ。

    ストレイテナー。先日のMEGAROCKS以来4回目。いきなり「ROCKSTEADY」からスタート。ホリエ氏の美メロが光る「シーグラス」を挟み、自分たちも20周年ということで、フェスはできないからトリビュートをやろうということで、今日出演したバンドの参加率が高いため、なんか自分たちのフェスみたいwというホリエ氏嬉しそう。MONOEYESではあるが細美さん(ROCKSTEADY)、そしてACIDMAN(SIX DAY WONDER)、THE BACK HORN(シンクロ)と恩返しに演奏していく(アジカンは曲がインディーの曲のためやることが難しかったんだと思われる)。洋二郎といいホリエ氏といい、ボーカルがピアノを弾けるとアクセントになりとてもいい。シンペイが「今日なんで俺たちがトリ前かって考えたんだけど、メンツが濃過ぎるから、俺たちがACIDMANの前にフィルターになってるんだ!」という話にみんな納得。まあ、親交度からという点もあるとは思うが。「DAY TO DAY」から、ラストは「冬の太陽」だった。

    いよいよオオトリ、ACIDMAN。先日のMEGAROCKS以来9回目。いつものSEでハンドクラップが響き渡り、3人登場!いきなり「新世界」で最高潮に熱い展開!!先日のハコでの演奏も良かったがアリーナクラスでもこの曲は最高にイイ。続いて「FREE STAR」で高い階層で観ていたお客誰もが思っていたあのミラーボールはいつ使うんだ?という疑問の答えはここだった!新曲「ミレニアム」もACIDMANらしさ全開の曲で気に入っている。ACIDMANにとって大事な曲「赤橙」。この曲から好きになったファンは多いことだろう。「最後の星」、「世界が終わる夜」と続き、「お前は何回この世を終わりにしてきたんだ?とかよく言われるけど、こういう曲しか作れないから」という大木さん。ACIDMANのMCは本当に一貫して死は必ず訪れる。だから今この瞬間を大切にしてほしいというメッセージを繰り返しており、ファンにしちゃあ耳にタコができるくらい聞いてきてはいることだが、今日のような特別なイベントで聞くとその重みが違ってくる。そして、ACIDMANが解散の危機に陥った時それを救ってくれた人ということで、なんとスカパラの谷中・加藤さんが登場して「ある証明」を!アラバキのオオトリの時にも観れたコラボなんだけど、SAIでまた観れるとは!!本当に大切な先輩なのだろうなあ。ここで新幹線の時間が心配で(というか退場時の混雑が怖くて)帰ったんだけど、セトリ的には「飛光」、「ALMA」、「Your Song」で締めだったみたい。

    幸い混雑なく移動でき、大宮駅までの電車もすぐに乗れたため、終電の一本前の新幹線に乗ることができたため、くたくただったこともあり早く家に帰った。今回の会場さいたまスーパーアリーナはアクセスが非常に良く、南東北勢は日帰り参戦が十分可能なため(ワンマンで開演時間が遅い場合は分からないが)、また自分の行ける範囲が広がって嬉しかった。長時間の室内型フェスは東日本大作戦番外編で絶対アリーナで立ちっぱなしよりスタンドの椅子席の方がいいことが分かっていたため、今回は席運もあり本当に快適に過ごせた。欲を言えば、全てのバンドがメインディッシュなので休む暇がなかった点。エイタスのグッズは先日のツアーでほとんど手に入れていたため、それほど並んででも欲しいわけではなかったため、問題なかったんだが、SAI限定グッズは売り切れていて、今後事後通販なども検討してもらいたいものだ。また、公式アプリというものがあったんだけど、この中のライブ定番曲紹介とセトリ速報が非常に有り難かった。特にセトリは、自分のような記録を残している人間にとっては大事な資料にもなるので、ロッキンとかでもセトリ載せたりしてるけど、今後のフェスは必須になってくる要素なのかもしれない。

    バンドの20周年という節目に、自分の大好きなバンドばかりが出る夢のような一日。正直今までのフェスの中でも一番思い出として残るかもしれない。人間生きているだけで毎年何かしら楽しいことも辛いことも起こる。大人になれば就職・昇進・転職・転居・結婚・出産・育児・家族が増える・家族が亡くなるなど、何かしら経験していくものだ。バンドというのは人間の集合体なわけで、ある程度共通の音楽的嗜好がないと続かないと思うし、バンド内の人間関係も重要だろう。他バンドとの関係性なども年を重ねるごとに重要になってくるだろうし、今回のようなバンド主体のフェスは、賛同してくれる仲間がいるから成り立つわけだ。自分はとてもその境地には達せられないが、20年同じ人たちと音楽を続けていくことの偉大さを、彼らの生き様を観ていて考えさせられた。自分の通ってきた世代のバンドは今も音楽シーンの中心にいて、いまなお光輝いている。音楽って新しいアーティストを見つける楽しみもあるけど、一人の人間が、どんな経緯で今まで音楽を作り続けてきて、今後もどうなっていくのかを見守っていくのも面白いものだ。自分は後者でありたい。一緒に歳を重ねていきたい。そして5年、10年後、どうなっているか…どうか希望がある未来が待っていることを祈って。SAI本当にSAI高のフェスでした。ありがとう!!
  • 広告
  • ACIDMAN presents SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”前半戦

    2017-11-24 09:57
    今年20周年を迎えるバンドが多い中、ACIDMANは地元さいたまスーパーアリーナで主催フェスを開いた。普段は土日の近県にしか出向かない自分は、出演バンドのあまりの豪華さになんとか行けないものか検討を重ね、奇跡的にチケットも取れたため、貯金して休みも取って頑張って行くことにした。

    福島市から10年振りの新幹線で大宮へ。京浜線に乗り換え3分程でさいたま新都心駅へ。ここから徒歩ほとんど5分もかからないところにさいたまスーパーアリーナがあり、移動面は仙台遠征時とほとんど変わらない程度と、アクセスが非常に良い。会場ではグッズ販売の列がえげつない長さで、一旦並んでみたんだが、金欠+欲しいのはエイタスのラババンのみだった+全バンド見逃したくないということで、途中で諦めて食事を先に取ることに。今回けやき広場にACIDMANのドラムのイチゴのラーメンが出店していたため、食べたかったんだが、こちらも長蛇の列だったため、比較的空いていたDRAGON ASHのドラムの桜井食堂で汁なし担々麺を頂く。関東のフェスでよく出店してるみたいなんだけど、今日食べれて良かった。会場入りも比較的スムーズだったんだが、座席がスタンド4階ゲート入口・トイレから非常に近い端席だったため、非常に快適だった。座席が中央くらいだといちいち席を立つ際他のお客の迷惑になるため憂鬱なんだが、端なんで自分の気の向いた時に席を外せるのが本当に良かった、チケット運に感謝。

    10‐FEET。東日本大作戦番外編以来5回目。テンフィはフェス出演時はトップバッターかトリを務めることが多い。今回のメンツを考えると必然的にトップバッターと決まったのだろう。「RIVER」からスタート。この歌は全国各地で川を歌い替えるのが恒例なため、今回は川越川・利根川となり盛り上がる。初期曲「VIBES BY VIBES」から「1sec」へ。安定感のある演奏が続く。「ACIDMANとはこの出演バンドの中で一番仲がいい10-FEETです!!」とTAKUMAw「ヒトリセカイ」は近年のテンフィの曲の中で飛びぬけて名曲で、好きな歌だ。ここで同じ3ピースバンドということでACIDMANに扮装wして(特にサトマが最高に似てたw)なんと「赤橙」をカバー。カバー曲は結構やってる印象あるんだけど、ライブではなかなか観れないから良かった。締めは「goes on」だった。

    MAN WITH A MISSION。こちらも東日本大作戦番外編以来3回目。今回のバンドの中でキャリア的には若い部類に入る彼らだが、世代的には同世代のようだ。客層的にも20年バンド世代がお目当ての自分のような人からマンウィズ・ラッド目当ての若い人たちと分かれたと思う。いきなり代名詞「FLY AGAIN」で盛り上がり、こちらも定番曲「Get Off of My Way」の流れ。「DANCE EBERYBODY」から鉄板曲「Emotions」。マンウィズのライブのガウラーの一体感が半端ない。ニルバーナのカバーから「Raise your flag」へ、締めは新曲でアニメ「いぬやしき」の主題歌「My Hero」だった。たまたまなんだろうけど、ヒーローはACIDMANだったということなんだろう。2014年のアラバキで当時飛ぶ鳥を落とす勢いのマンウィズの裏だった中「狼じゃなく俺らを選んでくれてありがとう」という大木さんのMCにお客から「当然だろ!」という反応があったのを思い出した。

    THE BACK HORN。MEGAROCKS以来4回目。福島県人としてどうしても贔屓してしまう。先日ダルライザーの映画公開初日でマツにSAIで逢いましょうと約束していたので嬉しい!「光の結晶」からスタート。バクホンも今度20周年と同世代。「声」と熱い曲連打!将司の迫力ある歌唱に圧倒される。新曲「グローリア」を挟み、先日のMEGAROCKSでのコラボが記憶に新しい「空、星、海の夜」。友情の証を感じる。ライブでは必ず演奏される「コバルトブルー」は、アンセムというか、必ず盛り上がる曲だ。締めは「刃」だった。

    ASIAN KUNG-FU GENERATION。2016年アラバキ以来4回目。ゴッチは赤いロンTで出てきて、会場から笑いが起こり、MCでもステージ裏でホリエ氏に「いつ着替えるの?」と聞かれ、「いや、これが衣装だからw」という一幕w「サイレン」からスタート。流れから「Re:Re」。そしてアジカンの絶対的アンセム「リライト」に会場全体が湧く!アジカン観たら絶対に聴きたい曲だし、最高に盛り上がるので、ゴッチにはいつまでもリライトしていてほしい。先日公開の映画「夜は短し歩けよ乙女。」の主題歌だった「荒野を歩け」を挟んで、「ソラニン」。この曲はどうしても2010年アラバキでの演奏を思い出してしまう。締めは「今を生きて」だった。この曲は最近の曲の中でもかなりお気に入りだったので、締めでやってくれて嬉しかった。来週のFEEDERとのスプリットツアー仙台土曜に参戦予定なので、こちらも楽しみだ。

    the HIATUS。本日のメイン。先日のツアー以来9回目。現在ツアー中ということもあり、演奏力・表現力が飛び抜けていた。試演で「Clone」。今回は当然基本的に古めの曲のセトリになり、「The Flare」から「Storm Racers」、「Monkeys」の3連打!!ダイバー続出!エイタスは初期曲がフェスの定番曲が多く、やはり盛り上がる。MCで細美さんは「ACIDMANとは性格が合わない。合わない友達もいるじゃん?」という一声に会場失笑w相変わらず正直過ぎる人だなあ。でも「そんな俺たちを呼んでくれて、いいバンドたくさん呼んでくれてありがとう」と。仲間の歌「Silver Birch」から「ACIDMANに捧げようと思ってきたんだけど、ここにいるバンドマン全員に捧げます」とピアノ曲「Little Odyssey」。ツアーでもプッシュされていただけあり、この会場に2人だけの演奏というのもまた最高にアクセントになって良かった。歌詞的にもACIDMANの宇宙観と合っていたと思う。印象的なドラムの入りからアンセム「Insomnia」、「Lone Train Running」、ラストはやっぱり「紺碧の夜に」だった。今年は3回もエイタス観れてマジ良かったなあ。ライブハウスもいいけど、こういうアリーナクラスの大きい舞台も似合う最高のバンドです。

    ここまでで5バンド、全バンド捨て曲なし。これがあと5バンド続くなんて、本当に夢のような…普通フェスだとどうしても移動や食事の関係でお目当てが観れないなんてこともあるが、今日は同じ会場で1バンドずつということもあり、見逃すこともなく、本当に目が離せなかった。体力的にもおっさんはアリーナスタンディングは無理で、座れるスタンドにしたんだけど、まあ正解だよね。非常に中身の濃い、長い一日だったので、前半戦はこの辺で。

  • Superfly 10th Anniversary Premium LIVE Bloom ライブ・ビューイング

    2017-11-15 22:16
    今回は映画館でのライブビューイングということで、簡単に。昨年のアリーナツアーからなんと1年8カ月ぶりのライブということで、本来なら昨年のロッキンのグラスステージに出てイケイケの状態だったのに、喉の不調で残念ながら出演することを見合わせ、その後もライブ活動をお休みしていたので、ファンにとっては本当に待ち遠しかったことだろう。今回は10周年という節目を、オーケストラ編成で特別なアレンジでの演奏となった。

    今回グッズでパンフレットがなぜかライブ終了後から販売というアナウンスがされており、なんでかなあと思ってたら、出てきた志帆ちゃん髪の毛ベリーショートになってる!!このイメチェンの関係で、パンフはライブ後になったんだろうと思われる。だいぶ前から髪は短くしていたようだが、露出がなかったため、今日サプライスとなった。今回は3部構成で、フルオケ・小編成・フルオケ+お客もスタンディングという流れ。初のメドレーもあり、どんな曲が来るのかクイズみたいだった。ロック調の曲もフルオケでまた違った印象を受けた。最初とアンコールの締めに再度「愛をこめて花束を」を演奏し、健在ぷりを示していた。

    女性アーティストの10年と、男性の10年ではその重みが違う。特に女性はどうしてもサイクルが早く、本当に花のようなものだと感じることもある。Salyuの10周年も同じ映画館でライブビューイングで観たんだけど、やはり声で勝負しているアーティストは息が長く感じる。Superflyは志帆ちゃんの前向きな姿勢、明るい雰囲気が好きというファンが多いと思う。どうしても前回のアリーナが絶頂という勘は否めないけど、また違った活動の仕方があると思うし、今後もずっと追いかけて行きたいアーティストだ。

    久しぶりのライブビューイング(しかも前回のSalyuはガラガラだったため)、どんなもんかなあと思っていたが、手拍子や拍手も会場に併せて起こり、まあ今回は会場がクラシックのホールということもあって立ち上がって熱狂的にという方もいなくて、座ってのんびり観られた。ライブビューイングはファン層によっては不快な経験にもなりかねないので、今後も厳選して行くことにしたい。