THE YELLOW MONKEYツアー福島市
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THE YELLOW MONKEYツアー福島市

2016-08-27 23:53
    俺の中学・高校の音楽のど真ん中だったバンド。イエモンが今年再結成し、なんと地元の福島市で2DAYSということで、絶対に行きたかった。雨模様の中、バイク・車で乗り継いで、駐車場も離れていて少し大変だった。会場に着いてからシャトルバスがあったことを知り後悔。会場のあづま総合体育館のサブアリーナではチャリティーオークションをやっていたんだけど熱心なファンが多くてもう展示物はなかったw2畳半レコードでやっていたから揚げ食べたかったんだけど行列で開演も近かったので諦めた。

    イエモンはもちろん初めて。吉井さんが2013年にツアーファイナルを同じ会場でやっていて、観に行った経験があるので感慨深いものがあった。吉井さんは昨年のツアー以来。イエモンはシングルはもちろん名曲だらけなんだけど、アルバムがコンセプトがあってあまりシングルとの連動にこだわらない当時としては珍しいバンド。今回の福島公演はとにかくアルバムの曲がめちゃめちゃ良かった。序盤の「ROCK STAR」、「TVのシンガー」、「ゴージャス」、「Tactics」の流れが最高だった。再結成するバンドってどうしても歳取って以前の若さ・パワーがなくなっちゃってる感があるんだけど、イエモンの場合は各人がそれぞれ活動をしていて、円熟味のある演奏で安定感もあって心地良い。特に吉井さんはソロでイエモンの曲をよくやってくれているので、凄い久々な感じはしなかったけど音程もピッチも声量も安定していてシンガロングするのも気持ちいい。途中しっとりと「球根」をやったけど、あくまでアルバムのマニアックな曲中心というファンには嬉しいセトリ。「花吹雪」、「見てないようで見てる」、「カナリヤ」、「空の蒼と本当の気持ち」など披露。「SUCK OF LIFE」でメンバー紹介とソロ、かっこ良かった。新曲の「ALRIGHT」が歌詞も含めて凄いいい曲であの場にいれたことに感謝。最後は「バラ色の日々」、「悲しきASIAN BOY」で締め。

    アンコールは逆にシングル攻勢。「楽園」、「BURN」、「BRILLIANT WORLD」、「WELCOM TO MY DOGHOUSE」。締めはもちろん2013年のファイナル同様「JAM」!!大合唱で凄かった。あの時代を生きた人間として、口ずさまずにはいられなかった。

    今年再結成して、大々的なツアーで全国を周り、吉井さんからももう解散はしない宣言が出て、ソロの方はどうなってしまうのかという懸念はあるんだけど、イエモンの曲が蘇ってまた聴けるというのはとても嬉しいことだ。来年アラバキ出てくれないかなあ。やっぱりJ-POPって流行りがあるから昔の曲はもうできないなんてことも多々あると思うけど、ロックというジャンルは歳を重ねて円熟味が出るというか、何年聴いてても飽きない部分があるから演奏する側も観る側も長く楽しめて好きだなあ。中学生の時から大好きで聴いていたバンドの再結成を観ることができて、本当に良かった。ありがとう。













    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。