将棋解説の大切さ(その1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

将棋解説の大切さ(その1)

2018-06-11 01:01
    将棋を指さずに楽しむ観る将棋ファン、略して「観る将」の方が
    急増していると言われている。

    実際に「観る将」の部類に入る人達は、筆者の身の周りの知人にも何人もいる。
    「観る将」の方で、将棋初心者の方は、おそらく将棋以外の内容も楽しみにしているようだ。
    例えば、おやつ・食事の話題や特定の好きな棋士がいて、その人を観るのを楽しむとか、
    プロ棋士達の休みの日の過ごし方のエピソード等々、将棋の対局本来の部分とは
    あまり関係ない部分で楽しんでみている方も多いと思う。

    そういう見方も、もちろん各々自由なので視聴者は自分の好きな見方で楽しめば
    いいと思う。

    本題に戻ります。
    今回の記事で私が書きたいことは「観る将」についてのことじゃないんです。
    本題に入るのが遅くなってしまいましたがw

    私が今回書きたいと思ったテーマは、
    ニコニコやアベマの将棋番組での解説について、です。

    私個人の独断での意見ですが、正直に言えば、解説者と聞き手それぞれに、
    直して欲しいところがいくつかある。

    一部の聞き手と解説者を除けば、大体出来ていない解説の方と聞き手の方が多いと
    思ったので、一将棋ファンとして改善を望んでブログに書いてみます。

    まず、聞き手の方に要望があるのですが、
    解説者の棋士の方に遠慮し過ぎていて、
    その結果視聴者が気になると思われる指し手についての
    質問をしなさ過ぎる。

    前から思っていたが、その風潮が一向に止まる気配が無いので、
    少々筆者も気になってきました。

    私がこの聞き手の女流棋士の方は、ホントに聞いて欲しいことを聞いてくれると
    思ったのは、正直に言えば、過去一人だけだ。
    それは千葉涼子先生だけ。。
    しかも千葉先生は急所の難しい局面で解説のプロも気づかない1手を指摘する事も
    多く、非常に優秀な聞き手だったと思う。

    ただ、難点もあった。ちょっと失礼じゃないかなと思われるアマチュアに対しての
    発言が気になることもあった。ただ、完璧な聞き手なんてそもそもいないですから、
    個人的にはいつも千葉先生の聞き手は楽しみにしてNHK杯を見ていました。

    最近の聞き手の女流棋士は人当たりは上手い、ルックスもきれいな人が確かに多い。
    でも、肝心の指し手に対して、この局面でこう指すとどうなるんですか?という
    質問があまりに少ない。
    その部分というのは、聞き手の役割としても最も重要な要素の気がするんですが。。

    ニコニコさん、千葉涼子さん、時々聞き手に呼んであげてくださいな。
    自分みたいな感覚の人結構いると思うんですけどね。。

    さて。先ほどは聞き手の女流棋士に対しての筆者の要望を書きましたが、
    次は解説の男性棋士の先生方に対して。

    最初に私が過去解説を見ていて、この先生は面白い、上手だと思った先生を
    挙げていきたいと思います。

     先崎学 九段 
    ・・・指し手の予想が的確に当たることが多く、また何故そう指すのかの理由も
    しっかり踏まえて解説してくれる。しかもリアルタイムで対局者の心理まで
    解説してくれたりと、解説の精度の高さと面白さで、個人的にトップの解説者。

    (故)米長邦雄 永世棋聖
    ユーモアを入れつつも、急所の局面での考え方や、勝負術等も含めて解説をしてくれて、
    視聴者を飽きさせる事の無い、エンターテイメント溢れる素晴らしい解説でした。

    藤井猛 九段
    自身の将棋観を時折吐露していただく事もあり、常に解説が丁寧でおかしいと
    思った指し手に対しては対局者に遠慮することなく突っ込んでくれる、
    視聴者目線第一を感じさせる、秀逸な解説者。

    木村一基 九段
    一人ボケ突っ込みも入れて和ませつつも、的確な解説を毎回してくれる。
    難しい手順の解説時も、常にわかりやすい例え話をしてくれていて、
    ベテランの芸。

    鈴木大介 九段
    自身の考えを率直に語りながら解説をしてくれる、普通に聞いていて
    面白い。形の良し悪しも常にわかりやすく解説されていて、その正直な
    しゃべりと勝負師的な見方の解説は常に面白い。

    中川大輔 八段
    とにかく丁寧。気になる変化は1手も洩らさず解説してくれるといった感じで、
    視聴者への優しさと面倒見の良さが画面越しからでも伝わってくる。。

    西尾明 六段
    世界コンピュータ将棋選手権の解説でおなじみの、プロ棋士兼ギタリスト。
    自分がわからないことやミスった解説時も正直に認めて謝られるという神様のような
    優しい先生。
    でも、非常に早見えでコンピュータ将棋についても相当興味が深いことが伝わってくる。
    ソフト開発者へのリスペクトも感じられ、非の打ち所が無い先生。

    とまぁ、解説で好きな先生を列挙してみましたが、
    本当は今回の記事で解説の先生はここだけは守って欲しい!ということを
    書きたかったのですが、タイムオーバー明日の仕事に支障があるといけないので、
    また次回に書きます。

    それではまた次回!












    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。