自然な手を指す事が出来るかは技術じゃなくて精神力
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自然な手を指す事が出来るかは技術じゃなくて精神力

2018-12-19 15:23


    上の局面図は先日行われた対局で、中盤の局面です。
    2018年12月18日藤井聡太七段VS門倉啓太五段【第77期順位戦】
    で、現局面は、
    後手番の藤井聡太七段が32手目に☖3二銀と指した局面です。
    この局面で、対戦相手の門倉啓太五段は44分の長考の末、
    ☗4七銀上と指しました。

    ここはプロでの実践例が2局あり、いずれも先手の振り飛車側が勝っています。
    ソフトの評価値もここで☗2五歩と指せば、先手に+400程振れていました。
    長考していた門倉五段も元々は振り飛車党の棋士ですし、当然実戦例のことも
    知っていた事と思います。

    読んでいる内に何か気になる変化があって、
    それで戦端を開かなかった(☗2五歩)のでしょう。 

    でも、その後の実戦の流れを見ていると、やはりここで行くべきだったと
    個人的には思います。

    門倉さんの代わりにもし渡辺棋王(振り飛車はやらないけど)や羽生竜王、
    久保王将であれば、多少は考えるかもしれませんが、まず間違いなく☗2五歩を
    指したものと思われます。
    ちなみに、☗2五歩に☖同歩は☗2五同桂と自然に取り返されて、角取りが
    残り、逃げれば素直に☗4五歩で後手潰れでしょう。
    なので、同歩とは取れないのですが玉頭に敵の歩が進んでいくのも非常に
    味が悪い。ま、色々と理屈は言えますが、とにかく、
    自然に行きたかったな、というのが気楽な観戦者の意見ですw

    でも、こういう風な、どっちかなという時に
    突っ込むか、突っ込まないかは、
    技術というよりは、まるで将棋の神様に
    『あなたは勇気がありますか』
    と問われているような気がしますね。

    羽生さんの名言にもあるじゃないですか。
    『運命は勇者に微笑む』って。

    さて。  今後楽しみな対局は、
    2019年1月1日に放映される新人王記念対局となる
    豊島2冠 vs 藤井七段 の対局ですね。
    ※対局自体は既に行われていて録画放送となりますが。

    先手が新人王側となる藤井七段となるはずですから、
    ここは後手となる豊島先生がどんな戦型選択を後手として採択するのか、
    それにまずは注目しています。

    対する藤井先生も、先手の得を最大限生かしにいくでしょうし、
    豊島先生は居飛車で来られるのはほぼ確実ですから、
    対策は立てやすいのではないかと思われます。

    その分、非常に狭く深い研究手順が実戦で現れるのではないかと、
    期待しております。

    と、その前に、まずは明日の竜王戦7番勝負最終局ですよね。
    非常にシビアな序盤が見られることでしょう。

    いやぁ、楽しみですね。
    それではまた次回。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。