7月8日 零~紅い蝶~  33枠分でクリア
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

7月8日 零~紅い蝶~  33枠分でクリア

2020-07-10 01:08




    こんばんわああああああああああ^^



    かぶおです




    7月8日に零~紅い蝶~  33枠分でクリアしまうま~~^^^





    こちらのゲームは完全初見でプレイしました


    前作とはシナリオがつながってはいなく、
    設定のみがつながっている感じで、零シリーズを全くやっていない人でも
    ここから手を出しやすいシナリオでしたね


    おおまかな内容は、


    双子の姉妹である天倉繭と天倉澪は、夏休みの[6]ある日の午後[7]、昔住んでいた故郷に近い渓谷にやってきた。この辺りはもうすぐダムの底に沈んでしまうため、最後にもう一度見ておきたいと思ったからである。だが幼い頃よく遊んだこの地には、かつて姉の繭が山道から滑落し、右脚に障害を残す怪我をした苦い思い出もあった。妹の澪が回想しているとそばにいたはずの繭がいない。辺りを見回すと繭が何かに導かれるようにして林に分け入っていた。慌てて追いかけるといつの間にか日は暮れ夜になっており、林の奥からは人々の声と篝火、そして鳥居が見て取れた。繭に追いつくと、背後から蝶のようなものが一斉に舞い上がった。そして2人は地図から消えた村、皆神村に閉じ込められてしまうのだった。



    (ウィキ参照)



    そうですね前作の零がシナリオ、怖さ、その他もろもろ含め
    紅い蝶よりも優れていると個人的には思いました
    紅い蝶はあまり怖くもなく、シナリオも賛否わかれそうな
    内容だったなあという感じですね


    1週目をクリアして、BADENDをみてから、
    動画でHAPPYEND(?)もみたのですが
    う~~~んという感想が正直なところですね



    敵も前作のようなTHE幽霊(首がヤバイ方向に向いている奴や生首)というよりかは、

    人間の形を保ちすぎているやつらばかりであまり
    怖くはありませんでした。


    不整脈持ちとしてはあまり怖くなくありがたかったのですが、
    う~~~~んホラゲーとしては微妙だったかなあ


    前作が69点としたら今回は51点な感じです(あくまでも個人的感想です)


    33枠分と短くクリアもできるので
    シナリオもあまりひろくはないですね



    では33枠分零~紅い蝶~クリアとします。
    ホラゲーが超やりたい!って人にはあまりむかないかなあ~^


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。