キチガイレコード暴奏のメドレー 担当パート解説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

キチガイレコード暴奏のメドレー 担当パート解説

2015-05-20 23:30

    キチガイレコード暴奏のメドレー~お許しくだ祭2015~

    の、12パートと13パートを担当しました。
    一ヶ月半ほど経ちましたので、自パートについての話をしようかなと思いました。
    分かる人には分かってくれるネタを多少盛り込んだのですが、生放送で言うほどでの内容でもないのでここでちょちょいと書いてしまおうというわけです。


    凛として咲く花の如く

     映像はゲーム中のPVというか、ムービーを微妙なクオリティで再現しています。
    下の動画の1:45~を見てもらえば分かりやすいと思います。

     歌詞はゲームサイズの一番と二番のものを改変しています。
    この曲が好きな人や歌詞を調べて見てもらえば気がつくと思いますが、一番と二番の歌詞の順番を逆にしています。二番の歌詞の一部→一番の歌詞、となっているんですね。

    どうしてそうしたかというと、「ボルガは行方知れずのまま」でそのままボルガの音合わせで次のSecond Heavenパートに繋げたかったからです。あと、二番の最後の「咲いて咲いた風に揺られて~」のところの歌詞の改変が思いつかなかったというのもあります。

     音MADのところはピッチ変更などはせず本編素材を使ってけっこうごり押ししてるんですけども、最初はピッチシフターなんか使ってきれいに歌わせようかなと思っていたんです。けれどもあまりネタを入れてないパートにさらにきれいな音声なんか入れたら余計面白くなくなるんじゃないかと思って、あえてタイムストレッチのみを使用しました。その点はあまり指摘されてなくてほっとしています。


    Second Heaven
     凛としてパートでは再現をしまくったのでこっちでは自分を出しまくろうという感じで作りました。映像も音声もいつもの感じですね。

     映像はゲーム内で流れるものをある程度再現しています。文字とか、色の移り変わりとか、ですね。

    ムービーに出てくるおじさんはパパで再現しようとしました。下のGBは実際に動画内で使用したものです。顔は暗くして隠すから雑で良いや、ということで結構そのあたりは雑です。


    後は敬意を込めてchargemania先駆者の下の二つのMADの映像を自パートの6:32~6:37あたりに差し込んでいます。
     

    後、Seventh Hoshikunというのは、Ryu☆アルバムにSeventh Heavenというアルバムがあって、その中にSecond Heavenの2015年版が収録されていて、タイムリーで丁度良いやということでそこからもじりました。


     音声は上の二つをリスペクトして、ある程度同じ素材を使っています。
    下のインスト版を聴いてもらうと分かりますが、サビ前の星君のエエーイ!でファ♯→ラ→シの音が無いこと分かってもらえると思います。


    これはkonamiから発売されたcyber beatnation 2 -Hi Speed conclusion-というCDの中のSecond Heaven (Risk Junk Remix)のサビ前の再現になっています。
    Second Heaven (Risk Junk Remix)のYoutube視聴ページリンク

    後、サビの後ろでちっちゃく魔王様の「三倍、三倍…」という音声を流していますが、これはRyu☆アルバムの「starmine」のDJ Yoshitakaのリミックス、Second Heaven –Samba,Samba,SomeBody MIX-を再現したものです。
    下のページのリンクからDisc2の1トラック目で聴けます。
    starmine i-revo視聴ページ


    まとめ

     こうやって色々再現してきましたが、自パートを作っている時はやけに出張が多くて、製作にも合作会議にもあまり積極的に参加ができず、100%の力を入れて製作できたものではありません。そこは悔いがありますが、一応自分の得意分野である音ゲーパートを担当できて、とても楽しかったです。
    また機会があれば、参加したいですね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。