• 実鬼 リプレイ [白死蝶恋着S12 白雨事件ファイル:来日]

    2019-06-07 09:27
    2019年05月25日のオンラインセッションのリプレイです。サプリは自作のもの(実鬼)を使用しています。キャラクターの詳しい設定、ルール、術技などを見たい場合を上のリンクをご使用ください。
    参加者
    • PC1 冬川紅花(フユカワ コウカ)『kiri_GaD_Wさん』
    • PC2 黄楊曜灯(ツゲ ヒカリ)『ややさん』
    • PC3 骸(ムクロ)『kintaさん』
    • PC4 清浦真帆(キヨウラ マホ)『きっずさん』
    • PC5 星名慧(ホシナ ケイ)『境界式さん』
    • PC6 ウール(ウール)『はゆさん』

    雑記
    仕事が減らない……むしろ増える……何故……?改元は関係なかったのか……
    今回は番外があるので先にそちらを掲載します。
    序章陣場
    白雨市:裏路地紅葉

    灯風「あぁ……腰が痛い。働きすぎた」
    ラウラ「なんだかんだもう年なんですよ。無理したらダメですよ」
    紅花「灯風先輩が倒れたらかなりヤバいですよね、色々と」
    灯風「まあそうだな。かといってお前ら連れてっても自殺と同等だし」
    骸「どこ 行くの?」
    灯風「ああ何。ちょっと佐渡にな」
    ウール 「無理せずに身体は休ませないとだめだよ!」ソファーで寛いでる
    灯風「わかった。じゃあお手伝いしてくれ。はい食器」
    ウール「労基署に駆け込んでやるー!」泡まみれ
    骸「ウール 上手 上手」
    清浦「はろー」
    星名 「こんばんはー。今日のお勧めお願いしまーす」
    曜灯「こんばんは。…今日は鷹見さんはいらっしゃらないんですか?」
    灯風「ソーププレイはご遠慮ください」
    紅花「ソーププレイ…?ああ、泡遊びは駄目だねえ」
    清浦 「……またウールちゃん遊んでる」
    ウール「ウールちゃんは一生懸命お仕事頑張ってるのに……およよ……」
    清浦「そうだったね、ウールちゃんはお仕事頑張ってるもんね、うんうん」
    ラウラ「あれでもマシになったんですよ。鷹見さんは別件で調査中ですよ」
    曜灯「そうですか…。」
    骸「ウール お手伝い えらい」
    ウール「そう!ウールちゃんは偉い子だからね!」
    灯風「じゃあとりあえず今回の仕事だ。こんだけなら車に乗れるだろ。乗れ乗れ」
    星名「随分急ですね。お腹すいたな…」
    紅花「はーい、それじゃあウールちゃん、泡は落としてから、ね?」
    >骸はウールをタオルでこねくりまわしている
    清浦「車かー……」
    灯風「お前は助手席な」
    清浦「はーい」
    岩崎山:麓

    灯風「ふぅ。やっぱ遠いなさすが大都会」
    清浦「ここまで連れてきてなにをするんです?」
    灯風「後処理だ。この間英雄様が神様とガチ殴り合いをやった。その余波で木端悪鬼が断続的に発生してる」
    星名「当然のように神様と渡り合えるのか…凄い人たちなんですね」
    紅花「はー……いるとは聞いた事がありますけど……いるんですねえ、神様と殴り会えるレベルの人」
    骸「雑務?」
    ウール「神殺し……かっこいい!」
    ラウラ「まあ殺せはしないんですけどね。神様が戦うと周辺の羅刹が逃げるように移動するんです。格が違うので近づくだけで消滅してしまいますから」
    灯風「かといって弱いわけじゃないのが問題だ。人間の負を取り込むとあっという間に化物になる。見える子ちゃんみたいな感じだ」
    星名「そうなる前に、もしくはそうなったものに出来るだけ対応していくってことなんですね」
    骸「なるほど それ 消す 仕事?」
    灯風「そうだ。俺はちょっと出張でしんどいし、ラウラはエネルギー切れだ。申し訳無いが代わりに頼むわ」
    ▶といって魔法陣を書くよ
    曜灯「お任せください。」
    紅花「早期駆除ってことかあ……うーん」
    ▶駐車場に黄色の悪鬼が出現するよ
    ラウラ「近場のやつ全部まとめたのでしんどいとは思いますが、よろしくおねがいします」
    清浦「ひとまとめにして黄色ですか…………ははあ……」
    星名「下手に長引かせるよりはいいとは思いますけど…上手くやらないと…」
    ウール「一人で10体ぐらい倒せれば余裕だね!」
    紅花「新しい術、試す余裕があればいいけどねえ」
    清浦「ええ、前回の経験でより成長した私を見せますよ」
    曜灯「では、頑張りましょう!」
    ▶全員キノ設置

    岩崎山:自然の負

    ▶普通の山の中に見えます。不定形で形が怪しいものが自分たちを取り囲んでますね
    ▶ゆらゆらと陽炎のように見にくいですね。また、狼のように見えたり、狸のように見えたり、鳥のように見えたりかなり不定形で見るのも疲れます
    曜灯「わあ…、本当にいっぱいいますね。」
    清浦「ひとまとめですね…」
    骸「油断 しない」
    ▶戦闘前行動 紅花 プロテクター マジックプロテクト
    ▶戦闘前行動 曜灯 七色 残像 曜灯 ウール
    ▶戦闘前行動 星名 ブィストロター フラットスピード ヒット 橙 紅花 星名 骸 曜灯
    紅花「光れ、守れ、祓え……デュアルプロテクト!」
    星名「全開で行く!」
     戦闘開始!
    ▶割り込み 曜灯 グランシャリオ
    ▶割り込み 清浦 [応援ください] (応援するよ!!) 魔法
     全部成功 13ダメージ 14ダメージ 13ダメージ
    ▶割り込み 曜灯 ドラマチックファイア
     ファンブル
    ▶割り込み 曜灯 人間振り直し
    ▶割り込み 星名 お燐
     成功 21ダメージ 22ダメージ 26ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 21ダメージ 16ダメージ 14ダメージ 18ダメージ 21ダメージ
    ▶割り込み 星名 風が吹けば桶屋が儲かる 5ダメージ
    曜灯 「先頭、いただきます!」
    星名「なら援護する!」
    ▶割り込み 星名 華扇
    ▶星名 幻惑の月 鈴瑚 うどんげ 幻想の境[スロウ]幽谷詠唱 ナズーリン 高級牛乳 購入 ラスロウ 幻惑の月[メディスン] 化物3 化物1 化物1 化物3 化物1 化物4
    ▶割り込み 星名 スピードアップ 骸
    星名「まずは動きやすくさせてもらう!」
    星名「こいつも持っていけ!」
    星名「ついでだ、白驟雨!」
    ▶割り込み 化物4 昼夜逆転の反転ストレート(行動順を逆から数えるようにする)
    紅花「はっはー、ボクの新術、とくとご覧あれ!」
    ▶紅花 ミスティリオン[ホーリーライト]害為す悪女(ヘヴィストライク)
     105ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 21ダメージ
    ▶割り込み 星名 クラウンピース[大妖精[リリーホワイト・チルノ・チルノ]]42ダメージ 61ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 17ダメージ 17ダメージ
    ▶自動 化物1 大爆発(自分を起点に5m範囲に混成攻撃:陽の14d9ダメージ) 98ダメージ
    ▶割り込み 骸 振りすぎ警察
    ▶割り込み 曜灯 身代わり
    ▶割り込み 紅花 林檎の板で軽減
    ▶割り込み 清浦 蚊雷
    ▶割り込み 星名 蚊雷 林檎の板 分厚い薄い本で軽減
    ▶割り込み ウール 林檎の板 コミケカタログで軽減
    ▶割り込み 骸 窓の板 例大祭カタログで軽減
    紅花「ぐぬわー!?」
    星名「くっ、やってくれる…」
    ▶自動 化物4 スキルリピート
    ▶化物1 大爆発 77ダメージ
    ▶割り込み 清浦 妨害戦術
    ▶割り込み 骸 振りすぎ警察
    ▶割り込み 紅花 スライド式携帯電話で軽減
    ▶割り込み 星名 蚊雷 林檎の板 例大祭カタログで軽減
    ▶割り込み 清浦 蚊雷 林檎の板 薄い本 中京間畳で軽減
    ▶割り込み 曜灯 蚊雷
    ▶割り込み ウール 林檎の板 薄い本 コミケカタログで軽減
    ▶割り込み 骸 厚い薄い本で軽減
    ▶割り込み 清浦 スマホ爆発[C4]21ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 14ダメージ 20ダメージ 16ダメージ
    ▶割り込み 星名 風が吹けば桶屋が儲かる 16ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 18ダメージ 12ダメージ 19ダメージ
    紅花「あいたたた……とんだしっぺ返しが来たもんだ……調子に乗るもんじゃあないなあ……」
    ▶紅花 癒しの風 裂帛 柳浪 レタブリスマン サンクチュアリ
     39回復
    紅花「光れ、輝け、癒やしの聖域と成せ!サンクチュアリ!」
    ▶割り込み 星名 クラウンピース[大妖精[リリーホワイト・チルノ・チルノ] 33ダメージ 72ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 20ダメージ 19ダメージ 16ダメージ 17ダメージ
    星名「ここまでやったなら徹底的にだ…!カラミティディザスター!」
    曜灯「わたしも、続きます!」
    ▶化物3 無間の鐘 メギドレーザー(貫通魔法攻撃。生命精神に8d8) 83ダメージ
    ▶割り込み 星名 神子
    ▶割り込み 清浦 妨害戦術
    ▶割り込み 曜灯 林檎の板[マミゾウ]厚い薄い本で軽減
    ▶割り込み 清浦 蚊雷 薄い本 中京間畳[マミゾウ]で軽減
    ▶割り込み 紅花 林檎の板 もこたんの羽
    ▶割り込み ウール 庇う 骸
    ▶割り込み ウール 窓の板 薄い本 もこたんの羽[マミゾウ] ドレミーのひつじ
    ▶割り込み 星名 林檎の板 もこたんの羽[マミゾウ]
    ウール「骸おねーさんあぶなーい!」ウールちゃんは骸の前に立ち塞がり攻撃を受けると、身体が青い光に包まれてしめやかに爆発四散!
    骸「ウール 助かる でも 大丈夫?」

    >骸は爆発のダメージが響いてフラフラとしている
    星名「ぐっ、うぅ……ハダル…」
    紅花「げ……ふっ……う、ぐう……」
    ▶化物2 ベホマラー(最大生命の半分全体を回復する)
    ▶割り込み 清浦 印象派凛世
    ▶割り込み 清浦 ガチャ爆死 精神
    ▶ウール のび~るハンド(ドロースス) ポーション エーテル 使用 ウール
     15ダメージ
    ▶割り込み 清浦 土下座謝罪(消費88) 
    ウール「えーっと……ここ押せば良いんだよね。て、てやぁ!」
    うさくんの腕がマジックハンドみたいに伸びて勢いよく右フック
    紅花「う、うう……」

    ▶骸 待機
    ▶割り込み 星名 華扇
    ▶曜灯 ビット モビルビット展開 炎陣 高級牛乳 使用
     16+8+14ダメージ
    ▶割り込み 星名 クラウンピース[大妖精[エタニティラルバ・チルノ・チルノ]] 57ダメージ 74ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 16+10+34ダメージ 13+9+17ダメージ 20+6+13ダメージ 16+6+31ダメージ
    星名「…懺悔の用意は出来ているか!カラミティ・ディザスターッ!」
    >骸は最後の一体を脳天から叩きつき地面にめり込ませる
    ▶両方爆発四散したよ
    ▶空間が徐々に歪んでいくよ
    骸「…終わった」
    清浦「ひゅー! やるー……」
    曜灯 「今度こそ、死んでしまうかと思いました…。」
    紅花「うう……もうダメだ……おしまいだぁ……」
    星名「…やったことが悉く悪手だった…こんなことしてるようじゃ…」
    骸「ケイの せい 違う」
    星名「そう、ですね…その通りだ…」
    ウール「はー……疲れた。」
    紅花「ひっぐ、ぐすっ、どうせダメなんだ……ボクが頑張ったところで……」
    曜灯「いいえ、星名さんのおかげで助けられたことが今回も、その他にもいっぱいありますよ。気を落とすことなんてありません。」
    清浦「本当に助かりました。曜灯ちゃんと慧さんのコンビネーションはすごいです……」
    星名「…後ろばかり見ててもいいことなんてないか。ありがとう、俺もみんなに助けられてる」
    骸「なんとか 無事 帰ろう」
    >帰還

    白雨市:裏路地紅葉

    灯風「英雄様から連絡だってよ。暴れてたのは村落神だってよ。はーん。ってなるとあれか」
    ラウラ「そうです。意図を感じる暴れ方で、今後も頻発するって感じらしいので、取り敢えずの対策を本部からは……オランダから来ると。」
    灯風「そうか……。面倒だな。戦力足りるか?」
    ラウラ「現状微妙ですね。むしろ全滅の方が近いです」
    骸「ただいま 戻った」
    曜灯「ただ今戻りました。」
    紅花「も゙ゔや゙だぁ゙……お゙ゔぢがえ゙る゙ぅ゙ぅ゙ぅ゙ぅ゙……」(涙と鼻水と涎で顔面が笑えるくらいやべーことになっている
    星名「ふ、冬川さん。もう戻ってきましたから…」
    灯風「戻ったか。どうだった?それなりのやつらだっただろ」
    星名「全員生き残れたのは、相当運が良かったと思います。俺が間違えなければ、もう少しは…」
    清浦「厄介でしたね」
    ウール「強かったですね……皆ボロボロですし」
    紅花「も゙ゔ無理でず……強ずぎて回復が追いつがないでず~……」
    清浦「無理強いはしないですよ……」
    灯風「勝負は時の運だ。死ななかっただけ儲け物だぞ。後、本当にやばいなら戻ってこいって言っただろ」
    骸「もっと 強く」
    星名「…そう、でしたね…すみません。思ってた以上に自分に来てたみたいです」
    灯風「まあいい。これでこの有様ならもう一度はダメだな。香川から応援を呼んでるからそっちに任せる。俺らは焼き肉行くぞ焼き肉」
    ラウラ「ワンカルビより高いところでお願いしますね」
    灯風「ぐっ……」
    紅花「はっはー!お肉の焼き加減なら任せろぉ―!」(急に元気になる
    骸「コーカ 焼肉 元気 出る」
    >骸は腕を曲げて元気の出るポーズをとってみせる
    星名「そういえば、お腹空きましたね。ごちそうになります」
    清浦「いいですねえ……お願いしたいです…」
    灯風「人の金で食べる焼き肉は精神にいいからな…………。な……」
    紅花「そのうち牛一頭捌くところから仕込みしたいんだけどねえ……」
    骸「牧場 作る とこから?」
    ウール「紅花さんもいつも通りになったみたいですし、良かったですね。」
    星名「土地の確保か…でもそのための資金も必要になるし…」
    ラウラ「そんな資金はうちの支部にはないですよ。北海道にはあるらしいですけど」
    紅花「お祖父さんにたの……うーん……でもなあ……あの人人間のクズだしなあ……」
    灯風「お前も定期」
    ウール「じゃあ行きましょうか。お肉が無くなっちゃう前に!」
    実験研究体:アントナン
    白雨市:裏路地紅葉

    灯風「だーかーら。コロッケにマヨネーズかけるなっつってんだろ。ロボなんだから素材の味で食べろや」
    ラウラ「やーですよぅ。そっちこそ醤油とかいう大豆で大豆食べるみたいなことしないでくださいよ。せめてソースかけてください」
    灯風「日本人だから大豆好きはしゃーないものなの。な?」
    紅花「ああうん、まあ、何をかけても個人の自由だけど一応そのままでも美味しいように作ってはいるから少しも食べずに調味料かけられるのはちょっと……うん……」
    ウール「ご飯にはやっぱりいちごジャムだよね!」
    灯風「バケモノクオリティやめろや。ラウラといいウールといい」
    ラウラ「マヨネーズは普通ですよ!!!!」
    紅花「ちょっとボクの舌に自信がなくなるような調味料のかけ方はやめて欲しい……かな……」
    清浦「はろー! すーずしー」
    星名「賄いなら俺も貰っていいですか?」
    曜灯「わたしは、コロッケにはよく、ケチャップをかけています。こんばんは。」
    清浦「コロッケはソースではないんですか……?」
    紅花「今日の賄いは野菜コンソメスープと親子丼だよ」
    星名「じゃあそれでお願いします。えっと唐辛子はあるからタバスコっと」
    灯風「いやまあ醤油の俺が正しいということで議論は集結したので。そろそろ来ると思うんだけど」
    ラウラ「無能が揃っておる……」
    紅花「お願いだから良識の範囲内で食べて……」
    ウール「変な食べ方する人ばっかりで、自分の常識疑っちゃうよね。」
    紅花「そのままでも美味しいように作ってるから最初の一口くらいは味わって欲しいかなぁ…」
    笠岡「おう。邪魔するぞ。灯風、資料はここでいいな?」
    灯風「やっと来たな。閉店札かけてても無視して入ってくるやつしかいないから助かったわ」
    笠岡「さて、明後日の話だがオランダから御老公がうちに視察することになっている」
    灯風「どいつだ?まあどれでも面倒だが」
    笠岡「吸血鬼のロリジジイだよ。なんでこんな場所に来るかはさっぱりわからんが、絶対に気分を損ねさせるな」
    紅花「吸血鬼かあ……また料理に困る方が……」
    星名「オランダに吸血鬼…外国から来るってこともあるんですね」ダバァ
    紅花「まともに食べてくれない人が多い……ボクの料理を……そんなにボクの料理が気に入らないのか……」(泣きそうになっている

    灯風「ルーマニアとかじゃないんかい!ってなるけどどうやらオランダの吸血鬼らしい。何が違うかさっぱりわからんがな」
    星名「あーえーと、ツェペリとかでしたっけ?オランダはわからないですね…いただきます」
    清浦「吸血鬼の本場でしたっけ、オランダって……」
    笠岡「で、だ。吸血鬼と戦ったことはあるか?」
    星名「ないですね。吸血鬼って確かにメジャーな存在の割には会いませんね」
    曜灯「日本の外だと、お見かけする機会も多いのでしょうか。」
    笠岡「いや、アイルランドやルーマニアが本場で、オランダである必要は一切ない。辺境に住んでるマイナーさ故に生き残ったタイプだ」
    笠岡「吸血鬼はわかりやすいのだとバジリスクやキョンシーなどいろんなジャンルから少しずつ持ってきた怪物でな。物凄く強い。多様性がある」
    笠岡「その分弱点もいっぱいあるんだが……日本に来るとどうやら弱点が消滅するらしい」
    星名「えぇ…宗教的な弱点だったのかな十字架とか…そんな方がわざわざ来るのか…」
    灯風「吸血鬼の話をしたのは今度うちに何故か始祖の吸血鬼様が来ることになった。理由はわからん」
    星名「始祖って、始祖ってことですか?」
    笠岡「そうだ。オランダの、だがな」
    ウール「お偉いさんってやつだ!」
    星名「なんだか気が重くなりそうな案件ですね。ごちそうさまでした」
    笠岡「伊良原からテスト悪鬼をもらってある。俺や灯風は見慣れてるようなものだが、お前らは違うだろう。魅力の沼に落ちない為に訓練しておけ」
    曜灯「魅力…。」
    星名「吸血鬼って血を吸うのが一般的ですけど、石にしたり魔眼みたいなのを持ってたり創作だと多様ですよね…蝙蝠になって再生するとか」
    紅花「うう……吸血鬼向けの料理かあ……血の……鴿子型酥皮包戯蛋……?」
    清浦「そうか……吸血鬼をこの目で見れるのか……」
    灯風「実験体のマウスみたいなもので本物ってわけじゃないが、相応に強いぞ。死にそうならちゃんと逃げてこい」
    ウール「ウールちゃんもフランちゃんコス持ってるよ!ひかりちゃんにはレミリアの方着せてあげるね!」
    曜灯「わあ…ドレス…。ドレス…?あのお洋服はドレスなのでしょうか。」
    ウール「吸血鬼には吸血鬼で対抗だー!」
    清浦「うっ……その写真ほしいな……」
    紅花「大変そうな相手だなあ…」
    清浦「ごほんごほん。……とにかく予行演習ですか? それが大事ってことですね……」
    笠岡「吸血鬼独特の戦い方を学んでこい。経験こそが力だからな」
    清浦「そういえばですが、来日されるだけのはずが、戦うことになってるんですね」
    星名「日本仕様なら力押しするしかないのかな…でもそれこそ力押しが1番勝機が見出だせなそうな…やるしかないか」
    灯風「化物に対して一番効果的なのはそれを知ることだ。戦ったほうが知識に入るからな。細かい事考えてないで早く行って来い」
    紅花「習うより慣れろ、ってことかあ」
    清浦「わっかりやすいのは良いことです!」
    ▶全員キノ設置

    赤き月の廻るころ

    ▶スカーレットムーンと思わしき夜空が光る頃、金髪のどう見繕っても幼女が空を飛んでいるよ
    紅花「これは……」
    清浦「見覚えがあるような…」
    ?「こんなおもちゃのような空間まで御足労いただき感謝しますわ」
    星名「!…驚いたな、てっきり自我の欠けた戦闘人形のようなものを出してくると思っていた…」
    アントナン「わたくしはアントナン。吸血鬼を疑似的に作成する目論みのもと、吸血鬼から生れ出でた実験体ですわ」
    ウール「アントナンちゃん!かわいい!」
    清浦「どこかで本に見た気がしましたが、気の所為だったみたいですね。いやぁ……なるほどこれは……私にクリーンヒットの可愛さですが、騙されませんよ!」
    星名「出してくる以上、吸血鬼のデータはあるのだろうとは分かっても実験体と言われるといい気はしないな」
    アントナン「わたくしはここがすべてですの。2時間もすればこの身体は崩れ落ち、DNAとサンプルだけが現し世に戻ります。この場において手加減は無用ですわ。わたくしはわたくしの、存在証明を果たす為にここにいるのです」
    紅花「なんだか、物悲しいなあ……」
    曜灯「なんだかセミみたいですね。」
    アントナン「では、思い出に残るような夜を迎えましょう!」恭しく礼をするよ
    ▶戦闘前行動 星名 ブィストロター うどんげ 鈴瑚 トップベース 橙 霖之助[七色]蠱惑する霧 纏わりつく霧
    ▶戦闘前行動 曜灯 七色 幻覚 曜灯 ウール
    ▶戦闘前行動 紅花 クアドリガ ベニニタス
    紅花「光れ、守れ、祓え……デュアルプロテクト!」
    星名「光よ集え!銀河を貫け!」
    アントナン「戦闘は初めてですが……身体が覚えています。御覚悟を」
     戦闘開始!
    ▶割り込み 曜灯 グランシャリオ
    ▶割り込み 清浦 [応援ください] (応援するよ!!) 魔法
     クリティカル 成功 成功 13ダメージ 12ダメージ 13ダメージ 13ダメージ
    ▶割り込み 曜灯 ドラマチックファイア 全て成功 26ダメージ 18ダメージ 28ダメージ
    ▶自動 曜灯 18ダメージ 21ダメージ 19ダメージ 19ダメージ 13ダメージ
    ▶自動 アントナン ダメージレストア(初撃のダメージを全体に割り振る)

    ▶割り込み 清浦 蚊雷 中京間畳[マミゾウ]で軽減
    ▶割り込み 星名 紫電一閃 18ダメージ
    ▶アントナン 白羅(補助で全体に自然反応攻撃で8d5)シャドークロー(影、物理、14d9)
    ▶割り込み 紅花 エレメンタルガーデン
    ▶割り込み ウール 残像
    ▶割り込み アントナン ラブリーストライク(自分を起点に5m範囲全体に精神抵抗判定を出して失敗すると快楽の状態異常)紅花 星名 清浦 失敗 星名 清浦 通帳
    紅花「はっはー!自然不自然Die自然!残念ながら自然はボクらの味方だ!エレメンタルガーデン!」
    ▶割り込み アントナン ワラキアイズナイト(0mに幻影を発生。設置)攻撃を5回引付
    ▶割り込み 星名 ディレイアクション アントナン
    曜灯「わわっ…清浦さんに…。…ごめんなさい!」
    清浦「うっうぎゃー……全部の攻撃を一身に受けたって感じね」
    アントナン「まあ……小手先じゃ怪我すらさせれないのですね」
    ▶割り込み アントナン エヴァンジェ鉄鋼糸(任意の対象にいる全てに必中で18d8ダメージ。) 94ダメージ
    ▶割り込み 清浦 蚊雷 オンリーイベントカタログ スライド式携帯電話で軽減
    ▶割り込み 清浦 スマホ爆発[C4] 21ダメージ
    アントナン「これでもダメですか……。本物の道は遠いですね」
    ▶割り込み 清浦 印象派凛世
    ▶星名 ナズーリン 高級牛乳 購入 高級牛乳 エーテル 使用
    ▶割り込み 紅花 風向き確認
    星名「見極める、プロキオン!」
    ▶星名 幻想の境[スロウ]幻惑の采配[青娥]ウール 流れ星
     クリティカル
    ▶全容解明
    ▶割り込み 紅花 癒しの風 リストーロ ジャンヌ 裂帛 柳浪 レタブリスマン バーストヒール
     41回復
    ▶割り込み 星名 ニトロチャージ

    紅花「はっはー!光れ!輝け!力と成れ!バーストヒール!」
    ▶割り込み アントナン ラブリーストライク 紅花 失敗 ウール 清浦 通帳
    ▶割り込み アントナン エヴァンジェ鉄鋼糸 星名 70ダメージ
    ▶割り込み 星名 聖
    ▶割り込み 曜灯 庇う パリィ 星名
    紅花「んぐっ……ああっ……ああもう、さっきからぁ……♡」(顔が真っ赤になっている
    星名「まだだ、刺し違えてでも…霖雨!」

    曜灯「…危ない!星名さん!」
    星名「黄楊!?…すまない、助かった」
    曜灯「いえ、お役に立てたのなら良かったです。」
    紅花「は、っはっはー!ボクはこ、こんな、快楽なんかに、負けたり、しにゃいもんね……!」(トロ顔
    星名「いつも助けられているな…俺なりの形で返す、ベテルギウス!」

    ▶割り込み 星名 スピードダウン
    ▶割り込み 星名 華扇
    ▶曜灯 ビット モビルビット展開 ゲンキトリッパー 威圧 ゲームで判定 紅花 曜灯 ウール
     失敗
    ▶割り込み 曜灯 雨音
    ▶曜灯 眼鏡キラーン[センタリング:ウール]
    ▶割り込み 曜灯 やってやるぞ!
     成功 4+12+18ダメージ
    ▶追撃 曜灯 4+5+25ダメージ

    ▶割り込み アントナン ラブリーストライク ウール 清浦 失敗
    ▶割り込み アントナン エヴァンジェ鉄鋼糸 70ダメージ
    ▶割り込み アントナン カーミラのシャワールーム(精神ダメージ)曜灯 62ダメージ
    ▶割り込み 曜灯 身代わり
    曜灯「ごめんなさい、元気、少しだけお借りします!」
    紅花「んはぁ!い、今それは色々とマズいかなぁ…!」
    紅花「は、はぁ……ま、まだ、負けない…!ボクは……負けたりしないんだからぁぁぁ…♡」
    清浦「はぁ……はぁ……(息が荒い」
    ウール「ウールちゃんは寂しいと死んじゃう!だから!恵まれないウールちゃんに愛の手を!」
    アントナン「魅了が通じてきましたか……まだ目はありますね」
    ▶割り込み 紅花 スピードキュア 清浦
    ▶割り込み アントナン ラブリーストライク 清浦 曜灯 ウール 失敗 曜灯 通帳
    ▶割り込み アントナン エヴァンジェ鉄鋼糸 84ダメージ 紅花
    ▶割り込み アントナン カーミラのシャワールーム 77ダメージ ウール
    ▶割り込み 星名 聖 神子
    ▶割り込み 紅花 スライド式携帯電話で軽減
    星名「そうそうやらせると思うな!」
    紅花「んああっ!ああ……ああ……気が狂いそう……大丈夫だよね……これ日常生活に戻れるやつだよね……?」
    ▶清浦 満月への祈り 塩への祈り ラズルシャーチ ブルーキャンドル にゃーん 裂帛×2 柳浪×2 幽谷詠唱 さーてと、地球救っちゃいますか[魔力弾]過去ログ倉庫[小型ボム]レーザーライト 警醒の御札 ウール
    ▶割り込み 曜灯 神籟
     14回復
    ▶割り込み 星名 クラウンピース[大妖精[エタニティラルバ・チルノ・チルノ]]38ダメージ 56ダメージ
    ▶割り込み 星名 クラウンピース[大妖精[エタニティラルバ・チルノ・チルノ]]49ダメージ 72ダメージ

    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 21+9+21ダメージ 23+12+20ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 21+5+30ダメージ 19+3+19ダメージ
    アントナン「吸血鬼の強さ……思い知っていただけましたか?」
    清浦「快楽というのは恐ろしいものでした………」
    アントナン「末端の末端でも、わたくしにも矜持がございます。いつか消えゆくとしても……」
    アントナン「次のわたくしにもよろしくおねがいします……」
    ▶マントで全身を隠すよ
    ▶空間が少しずつ割れていくよ
    星名「…ああ、お前の在り方。確かに刻みつけた」
    紅花「はぁ……はぁ……これ、クセになっちゃいそう……♡」
    清浦「……ええ、恐ろしいですね…」
    ウール 「やんなっちゃうね!」
    曜灯「こういうのは、儚いって言うんでしょうか…。」
    星名「対策すべきことも身をもって知れた。何かを想ってやるなら、それを自分に活かしてやれ」
    曜灯「はい…、そう、ですね。」
    清浦「気を確かに持つ………………うん」

    白雨市:裏路地紅葉

    灯風「颯斗。やっぱり聞いてないのか?英雄といいここに集う理由がイマイチわからん」
    笠岡「俺だってわからん。なんかあるんだろうよお偉いさんには」
    清浦「ただいまです」
    星名「ただいま戻りました。今日も全員無事です」
    ウール「いやー働いた働いたー!」
    曜灯「とても、手ごわかったです…。」
    紅花「……うう……かなり……かなりヤバい……これはマズい……」
    灯風「吸血鬼が面倒なのはわかっただろ?正直実験みたいなもんだから楽勝だったとは思うが」
    紅花「………か、帰りますね?帰っていいですよね?」
    ラウラ「ええ是非是非。一生ここに戻ってこなくても大丈夫ですよ」
    紅花「そ、それじゃ着替えてきまーす……」(そそくさと出て行く
    星名「本物はもっとってことですよね…うーん、あんまり目立たないようにしよう」
    笠岡「それなりに気をつけておけ。俺はこれから会議だ。またな」
    星名「はい、お疲れ様です」
    ウール「じゃあひかりちゃんはお着替えタイムね!」
    曜灯「は、はい!…ドレス!」
    白雨事件ファイル:来日
    白雨市:裏路地紅葉

    ラウラ「今日は早めのハロウィンということで!!!!!!こんなコスプレをご用意いたしました!!!!」
    常連「いいぞー!」「俺はこれを楽しみに生きてきたんだ!!!!」「もっとやれ!!!!」
    紅花「………楽しそうだなあ」
    骸「少し 早い でも 楽しい なら いい」
    ラウラ「さて、ここに2つのつづらが入っております。片方にはロリ誘拐していただかれる10秒前のコスプレをした曜灯ちゃんが、もう片方にはそれをなんとか盗撮しようとしていた真帆ちゃんを菱縄縛りで結んでおいたものが入っております」
    ラウラ「さあハウマッチ!」
    常連「どうする?」「うーん……悩む……」「どっちでもおk」
    灯風「えぇ……どっちでもいいから早く開放してやれ」
    ラウラ「では次にご来店いただいた方に決めていただきましょう!大きいつづらか、小さいつづらか!」
    紅花「この暑さの中で閉じ込めは本当に熱中症とかが怖いからなあ」
    星名「こんばんはー。今日も賑わってますね、オススメ1つお願いします」
    ラウラ「では常連の星名さん!どっちかのつづらをお開けください。プレゼントしますよ!」
    ウール「大丈夫大丈夫!さっきドライアイス上から放り込んどいたから!」
    星名「ドライアイスってことはアイスとか……?」
    紅花「ドライアイスは窒息が…」
    ▶中には制服で手足口をふんわりとした布で優しく縛られた涙目の曜灯ちゃんが入ってるよ
    曜灯「んーーーっ!!んーーーーっ!!」
    紅花「あーあー、今助けるからちょっとじっとしててねー」
    ラウラ「景品のお肉です。刺すなり焼くなりしていただいてください」
    >骸は選ばれなかった哀れな大きなつづらを奥へと持っていく。
    星名「………いやいやいや!?何してんですかちょっと!?食べられない…じゃなくて度超えてません!?え、そっちは大丈夫なんですか!?ねぇ!?」
    ラウラ「大きいつづらは警察に持っていくのでご安心ください」
    紅花「いやいや、助けましょうって」
    清浦(ガンガンつづらにアタックしてアピールします
    常連「いらないなら俺によこせ!!!」「まあアリかな……」「なんだかんだ好き……」
    ラウラ「本日の興行はこれで終了でーす。では皆様お帰りは後ろでーす」
    曜灯「んはぁ……。縛るにしろ、閉じ込めるにしろ、せめて事前に言ってからやってほしいです……。」
    曜灯「いきなりは驚きます……。」
    紅花「や、事前に言ってもアウトだからね?」
    常連「パパ活……」「まあ、これはこれで……」「放置プレイも好きそう」
    ▶常連は帰っていくよ
    骸「ヒカリ ありがとう みんな 喜んだ」
    曜灯「いえ、お役に立てたのなら……?」
    星名「…な、なんなんだ今日は…黄楊ちゃん大丈夫?大丈夫でも深呼吸した方がいいかもしれない」
    灯風「ええから開けたれ。流石に1時間はつらい」
    星名「1時間って…そっちも人なのか!?骸さんストーップ!」
    紅花「あーもう、なんてことを……」(真帆を救出しにいく
    ウール「真帆おねーさんだいじょーぶ?」
    清浦「んーー……んーーー」
    >骸はつづらを逆さに向けて中身を吐き出す
    ▶ボンテージに着替えさせられて菱縄縛りでかなりきつく全身縛られてる真帆が無残に落ちるよ
    清浦「うぎゃ」
    紅花 「…………いい趣味してますね?」
    星名「……えぇ…?」
    ラウラ「これはこれで好きそうな人がいるかなって」
    清浦(涙目でラウラをにらみつける
    ラウラ「おお、こわいこわい」
    ウール「うーん……30点!」
    星名「来てそうそう心が持たない…清浦さんしっかり、ゆっくり呼吸してください…」
    清浦「………………あぅ」
    灯風「そろそろ吸血鬼様が来るぞ。くれぐれも失礼のないようにな」
    紅花「料理の準備は万全です」
    ウール「真帆おねーさんもそんな格好してないで、早くいつもの服に着替えて!」
    星名「き、切り替えが早すぎる…だいぶ慣れてきたと思ってたんだけどな…」
    清浦「助かりました、ありがとう……星名さん……あなただけが優しい……と思えます……」
    星名「いえ、それはいいんですけど…その、それは趣味じゃないですよね…?」
    清浦「私の趣味じゃないですよ……これはじゃあラウラさんの趣味じゃないかなと」
    紅花「はい、清浦さん着替え。向こうで着替えてきてね」
    ?「失礼。白雨支部の紅葉はこちらでしょうか?」
    ▶真っ赤に映えた赤い髪に、青いペンダントが印象的な見た目中学生のような女の子が礼服で恭しく立ってるよ
    骸「いらっしゃい どうぞ」
    >骸は席に案内するよ
    紅花「……いらっしゃいませ。……(ちょっと心配そうにちらりと灯風の方を見る)」
    ?「丁寧にありがとうございます。――私、アンナ・クロンメリンといいます。れんさま……いえ、主様が迷子になってしまいまして……」
    アンナ「いつもふらふらとどこかに行ってしまって……。申し訳ありませんが、一緒に探してもらえませんか?」
    紅花「探す……ええと、何か特徴とかは……」
    ウール「迷子の捜索なら任せて!白雨市はウールちゃんの箱庭みたいなもんだから!」
    灯風「アンナか。……お前いつから日本語ペラッペラになったんだ?――いやちょっと怖いんだけど」
    アンナ「あー……。このペンダントのおかげです。 外す これ 凄い オランダ語 完璧 日本語に」
    ラウラ「最先端だぁ……」
    紅花「凄いなぁ……」
    曜灯「これがあれば英語なんかも完璧に……。」
    星名「…なんかもうついていけない…お腹空いた…」
    紅花「はい、それじゃあとりあえずカレーパン」(星名に揚げたてのカレーパンを渡す
    星名「…カレーパンって甘いですよね。いただきます」

    灯風「わかったわかった。つけ直せ……。俺とラウラはともかくれんさまの特徴がわからんだろ。説明してやれ」
    アンナ「あぁはい。れんさまは物凄いおじいちゃんなんですけど、見た目は銀髪のかわいい小さな女の子でして……。」
    骸「…? おじいちゃん 女の子? VRC?」
    清浦「銀髪の女の子ですか……目立ちそうなものですが…………紅花さん私にも何かお願いします…」
    アンナ「こんな感じの御方なんですが……」
    ▶全員 記憶力で判定
     成功
    ▶じゃあ真帆だけなんとなく気づくよ。萩風になんとなく似てるね
    清浦「ああ……萩風さんになんとなく似てます……」
    ラウラ「幼女センサー恐るべし……」
    骸「マホ 幼女知識 スゴイ」
    清浦「なんでも色眼鏡で見るんじゃない」
    灯風「言われてみれば程度なのに気づけるお前が凄いんだよ。ちょっと怖いくらいにな」
    紅花「凄いなあ…」
    清浦「かなりの頻度で本人と会ってますから……それはそれとしてです……」
    アンナ「似た人がいるんですか?――ともかく、私も探しますのでれんさまを見かけたら連絡してください!」
    清浦「この方を探すということですか……?」
    灯風「まてまて。アンナがどっかに行ったらこいつらが連絡取れないだろ。お前は先にラウラと飯食っとけ」
    アンナ「あっそうですよね……」
    ラウラ「( ゚Д゚)ノイッテラー」
    星名「…えーっと、銀髪の萩風ちゃん似の人を探せばいいってことですよね」
    灯風「そうだ。まだ日が昇ってるうちに頼む。日が落ちるとあの爺さん飛び出すから見つけるのは無理だ」
    曜灯「飛び出す…?」
    星名「飛び出す…?あんまり気にしないでおこう…」
    骸「おけまる 他 特徴 ない? 服 なに」
    紅花「何か、好きなものとか場所とかが分かればいいんだけど……」
    ラウラ「いやそのまんま飛ぶんですよ。気づけば日本じゃなくなってたとかあるので……」
    星名「え、えぇ…」
    清浦「自由人ですね……吸血鬼でしたか……」
    ウール「レンさーん?どこー!」(調理場の鍋を覗いてる
    ▶星名 クエスチョンサーチ:神社 市街地 冬泉 警察署 資料館 城跡公園 鴬が丘 祠
    星名「…反応は多いな。けど絞れただけいいか」
    骸「コーカ ヒカリ 行こう」
    曜灯「そうですね、一緒に行きましょう。」
    紅花「では……半分半分で手分けしましょうか」
    星名「なら俺たちで1チームですね」
    白雨市:市街地

    ▶休日の昼間ということもあってそれなりに人で賑わってるよ
    骸「聞き込み しよう 銀髪 目立つ」
    曜灯「そうですね。」
    ▶骸 質問で判定
     失敗
    ▶曜灯 捜査で判定
     成功
    おばちゃん「あー萩風ちゃん?最近はよく見るわね。疲れてるのかしらあの年で白髪は大変よねぇ」
    おばちゃん「最近は神社の珮未ちゃんとよく遊んでるみたいよ。」
    ▶曜灯 世間話で判定
     成功
    おばちゃん「でも最近萩風ちゃん調子悪いみたいで……。つらそうに歩いてるから気にかけてあげて」
    曜灯「わかりました…。ありがとうございました。」
    白雨市:朱鷺森狐火宮神社

    ▶珮未が1人で掃除していますね
    清浦「こんにちはー」
    秋枝「こんにちわ真帆さん。どうしたんですか?……あっもしかしてまたご飯をもらいに?」
    清浦「いえいえ、今日は別の件ですよー。また余り過ぎて困ってるときは引き取りに来ますから……」
    秋枝「ありがとうございます……。では、今日はなんのご用件ですか?」
    星名「灯風さんもかなり過保護ですしね…こんにちは、探してる人がいてその関係で話を聞きに来たんだ」
    ▶清浦 世間話で判定
     成功
    秋枝「吸血鬼さん……ですか?多分なんですけど、うちの神社は結界が貼ってあるんです。だからそもそも入ってこれないかなぁって」
    清浦「はあ、なるほど結界が……」
    ▶星名 ローカル知識で判定
     成功
    ▶星名 女苑
    ▶星名 ナズーリン 例大祭カタログ 購入
    星名「その探してる吸血鬼の人、銀髪で萩風ちゃんに似てるらしいんだ。だから間違われることもあるだろうなって思って、萩風ちゃんの行動とか知ってる範囲で教えてもらえないかな」
    秋枝「萩風ちゃんですか?そういえば最近は見ませんね……。うちには此の所来てないのでわからないです……」
    星名「来てないのか…ありがとう」
    ウール「とりあえずここには居ないことが分かったね!一歩前進だ!」
    ▶清浦 質問で判定
     失敗
    ▶星名 駆け引きで判定
     成功
    秋枝「最近はなんかしんどそうに来てましたよ。階段を登るのがしんどいらしくて」
    星名「階段を?でも断定できる情報って感じじゃないか、でもありがとう。助かったよ」
    清浦「なるほど……ありがとうございます」
    ウール「情報は足で探すもんだよ!さぁ次次ー!」
    白雨市:祠

    ▶誰かの手によって草刈りされており、祠も綺麗にされていますね
    骸「人混み 避ける ここ 静か」
    曜灯「いらっしゃると良いのですが…。」
    PC:綺麗にされてるってことは、文字が読めるようになったりとか
    ▶曜灯 民俗学で判定
    ▶割り込み 曜灯 閃き
    ▶では、この祠が実は神社であること。この神社は魔法様を祀ってあることがわかるよ
    曜灯「この祠って…いえ、ここは神社だったんですね。」
    曜灯「魔法様?が祀られているそうです。」
    ▶紅花 観察力で判定
     失敗
    ▶曜灯 捜査で判定
     クリティカル
    ▶足跡などはありませんね。かなり入り組んでいて、草も刈られているのでわかりません
    骸「綺麗 する 慈善 ? それとも…」
    ▶曜灯 ネットサーフィンで判定
     成功
    ▶魔法様は岡山に伝わる外国伝来の狸だよ。主な御利益は牛馬安全と火難厄除です
    骸「…居ない 他 探そう」
    曜灯「魔法様ってたぬきさんなんですね。」
    白雨市:冬泉コーポレーション

    ▶警備員に挨拶して普通に中に入れたよ
    星名「椿さんから何か聞けるといいんですけどね。なんだかんだで毎回貰った情報が役立ってるし、ホント頼りっぱなしなのは申し訳ないんですけど」
    ウール「頼れる人が居るのは良いこと!」
    椿「また来たのね……鷲羽くんにここはいつでも紅茶とご飯が食べれる場所じゃないって言っといてくれないかしら」
    清浦「お伝えしておきますね……」
    星名「いつもすみません…灯風さんたち以上に頼りになる人が椿さんぐらいしか…」
    椿「で、なんの……って言われても萩風のことでしょ」
    星名「えっと、オランダから来た始祖の吸血鬼って人のことなんですけど、今行方がわからなくて探してるんです。それで銀髪で萩風ちゃんに似てるらしくて、探す上で混同しないようにまず萩風ちゃんの所在を抑えておきたいんです」
    ▶星名 [ググる]世間話で判定
     成功
    椿「あーあのロリジジイ来てるんだ。あー……だから……。あー……」
    椿「ちょっと待ってて。やることができたのよ」
    白雨市:郷土資料館

    ▶樋爪さんが受付にいるよ
    骸「観光 来る…?」
    樋爪「お久しぶりです。御来館ですか?」
    曜灯「こんにちは樋爪さん。」
    骸「人 探す 銀髪 女の子 見た?」
    樋爪「ええ。1万円をポイって渡してきて、2時間くらいふらついて今出ていきましたよ」
    紅花「うーん、行き違いかなあ」
    骸「やっと 手がかり まだ 近い 探そう」
    曜灯「そうですね!」
    骸「ヒヅメ ありがとう」
    樋爪「ええどういたしまして。人いないから暇だったのよね」
    白雨市:冬泉コーポレーション

    椿「悪いわね。萩風がここ1週間くらいで体調を崩してね。2日前くらいから歩けないレベルになってたのよ」
    星名「そんなことに…」
    椿「アンドロイドが身体を壊す原因がわからなくていろいろ模索してたんだけど、あなた達のおかげで原因がわかったわ」
    清浦「吸血鬼の影響……?」
    椿「萩風はね、レン様の体組織を使って生成されたアンドロイドなの。だからオリジナルが近くにいると拒絶反応を起こしちゃうのよ」
    星名「体組織…あ、昨日の吸血鬼…あれと同じってことか」
    椿「まああのジジイもわざとやってるってわけじゃないし、萩風も旧型だからね。ある意味仕方のないことではあるんだけど」
    椿「それで、レン様について聞きに来たんだっけ?」
    星名「あ、はい。早く探し当てないとどこかに飛んでいく可能性もあるって聞いたので…急いで探さないとって感じです」
    椿「夜は吸血鬼の本場だからね。好奇心でふらふらーってしちゃうから」
    星名「ただ今持ってる情報だと、銀髪で萩風ちゃんに似てるってものしかないんです」
    椿「うーん……。ちょっと待ってね。探知するから」
    椿「出たわ。今は鴬が丘にいるみたいよ」
    星名「本当ですか!?やっぱりすごいな…」
    清浦「すごいな……」
    ウール「けど今から行っても間に合わないよね?どこに行くんだろー」
    清浦「場所を移しているかもしれないですよね」
    ウール「どこに向かおうとしてるかって分かる?分かるなら教えて!」下から見上げる感じで
    椿「この魔術陣じゃ前後10分くらいズレあるからねえ……。旧式の魔法陣だし難しいわ」
    星名「でも痕跡が見つかればそこから辿れるかもしれない…銀髪の女の子の姿なら目立つから、見かけたって人にも会えるかもしれない。まずは向かってみましょう」
    ▶星名 クエスチョンサーチ
    ▶星名 ナズーリン 厚い薄い本 購入
    星名「天泣の反応は鴬が丘にもある…他には駅に警察署、紅葉か。誰がいるってのはわからないしやっぱり向かってみましょう」
    清浦「ええ、いきましょう……」
    星名「椿さん、ありがとうございました!」
    椿「いえいえ。お役に立てなくてごめんなさいね」
    白雨市:裏山

    ▶裏山に行く道は封鎖されているよ。古くなっている規制線が張られてますね
    白雨市:鴬が丘

    ▶秋夜がいますね。それ以外は特に人も見当たりません
    星名「あれ、あの人は確か他の紅葉から来た…」
    ウール「窓ガラス割ってった人だ!」
    秋夜「ああ、こちらの紅葉の。どうしたんですか?俺は花恋に怒られて反省中です」
    星名「えっと、そちらの事情はよくわからないんですけど、こっちの紅葉でいま始祖の吸血鬼のレンって人を探してまして…椿さんに助力を頼んでここに反応があったらしいので来たんです」
    秋夜「あー……うん。出てこいジジイ」
    ▶影から銀髪の幼女がぬるりと姿を見せるよ
    星名「出て…?えっ」
    清浦「また……」
    れんさま「今時の若者は礼儀すらなってないんだな。はー嘆かわしい嘆かわしい」
    星名「…じゃあこの方が…?」
    ウール「かっこいい!」
    清浦「かわい…………」
    秋夜「そう。オランダの偉いやつらしい」
    れんさま「吸血鬼だって何度も言っとるだろ……。ラウラの頼みじゃなければこのような雑魚いつでも消し飛ばしたものを……。どいつもこいつも……儂がなぜここに来たかわかっておらぬ」
    星名「そうなんですね…初めまして、星名慧です。アンナさんと灯風さんが探していました」
    清浦「ごほん……えっと。皆さん探してましたよ……」
    れんさま「はっ。迎えが礼儀のなっておらん若造と見た目でしか判断できん小娘に、雑魚妖魔か。嘆かわしいことで。戦力低下も甚だしいな」
    れんさま「まあ良い。あそこを見ておれ」
    ▶視線で判定
     清浦成功
    ▶じゃあ工事現場2の方から爆発の黒煙が上がるよ
    清浦「は、はあ?!」
    れんさま「始まったか。取り敢えず紅葉に案内せい。ゆっくり解説してやろうではないか」
    星名「なっ…わかりました、ご案内します」
    ウール「ごーごー!」
    秋夜「俺は花恋に謝りに行くから……なんかあったら呼んでくれ」
    清浦「……はい」
    白雨市:裏路地紅葉

    灯風「けっ。やっときたかジジイ。昔と違って今度は銀髪幼女になってるじゃねえか。前見たときは金髪だったのによ」
    れんさま「概念には勝てん。力だけは昔より上がっておるからいいんだがの」
    れんさま「それで、この無礼者共になんの解説もしておらんのかポンコツ」
    ラウラ「と言いましても……私観測用じゃありませんし……」
    紅花「お飲み物とお食事はいかがしましょうか」
    星名「さっき、工事現場の方で爆発がありました。何かの予兆なんですか?」
    アンナ「えっとえっと……私から。みなさんはお家でいて、お隣にマフィアの集団が引っ越してきたらどうします?」
    ウール「徹底抗戦だ!」
    星名「どう、って…どうするんだろう…表向きの付き合いぐらいはする、のかな…」
    骸「同じ 人間」
    紅花「見なかったことにします」
    曜灯「えっと、お引越しするか、そうでなくてもあんまり関わらないようにはすると思います。」
    清浦「逃げる……」
    アンナ「そうですよね。どちらの場合も自分から行動を起こさないといけません。あの通りれんさまは気難しい方でして、オーラというのが全然違うらしいのです」
    アンナ「すると、お礼参りに来たり逃げようとしたり、抗戦したりしようとして何かしら動きがあるのです。外交カードのような使われ方をされているんですよ」
    灯風「はーん。俺達の手に負えない何かがあったときに炙り出ししてるのか。場所が場所だな。工事現場ってどっちのだ?」
    星名「資料館の近くの方です」
    灯風「そっちか。となると神様じゃねえな。小物か」
    れんさま「この、目上に敬意がない者共でもあの程度ならなんとかなるんだろう?」
    灯風「何やったんだお前ら……プンプンじゃねえか」
    星名「分かりませんよ…影から出てきたときからずっとこういう感じです」
    清浦「秋夜さんがたぶん好感度を最低にしてから会わせてくれましたのでそれかなーと」
    ラウラ「……探知。妖怪の反応です。おそらくは傭兵かと」
    れんさま「儂は神社に涼みに行く。灯風よ、目上には敬意を払えってそこの者共に教育させておくんだな」
    ▶影に溶けるよ
    清浦「あ、結界が……」
    星名「傭兵…あの時と同じか…誰が雇ってるんだ」
    紅花「妖怪も傭兵をやる時代ですか……世知辛いというべきか……」
    アンナ「結界くらいなられんさまには意味ありませんよ……本当に涼みに行かれるのかと」
    星名「…階段、登るんだろうか」
    清浦「その場に顕現しそうです」
    灯風「あのロリジジイはあだ名なら名声がとかでいくらでも許してくれるが呼び捨てはダメだぞ。敵対と変わらんからな」
    ラウラ「真名を大事にされてますから……。名前こそが力の源ですし」
    骸「…爆発 現場 行く?」
    ウール「爆発現場見に行きたーい!」
    曜灯「それでもジジイとかの呼び方は良いんでしょうか…。」
    清浦「ところで傭兵ってどういう……」
    灯風「妖怪には紅葉に入らない野良妖怪がいる話はしたな?そういう野良を集めて傭兵家業にしてるやつがいるらしい。なぜ工事現場にいたのかはわからんが」
    星名 「…あの時の傭兵は時松に雇われていた。けど、時松って会社はダミーだった…じゃあ一体どこが…」
    ラウラ「バックアップはしておきますので、取り敢えずボコってきて機嫌直してもらわないと後が大変なので」
    紅花「とりあえず、退治ですかねえ」
    清浦「ええ……やるしかないですね……」
    灯風「ロリジジイに真面目に働かれると町が火の海になってしまう。すまんが頼んだぞ」
    骸「おけまる 行こう」
    ウール「あいあいさー!」
    白雨市:工事現場

    ▶警察や消防車が既に来ており、ある程度野次馬もいますね。川の近くの地面がドラゴンボールのように抉れて蟻地獄のようになっています
    清浦「またすごいことに…」
    紅花「さて、どうやってくぐり抜けようかねえ」
    星名「悪鬼の場所も探さないとなのにこれじゃ…」
    笠岡「お前らか。関係者としてこっちから入ってきてくれ。どうせまともに捜査してる者など俺しかいないしな」
    骸「助かる」
    ウール「ぞろぞろ」
    紅花「うーん、ありがたいけど一市民としては不安を感じる言葉」

     物陰
    笠岡「まず、鹿金が失踪した。これは気づかなかった俺のミスだ。どうやらこの町に傭兵団を雇っている者共がいるらしいこともわかった。市街地全体に魔の気配があるからな」
    星名「…ここなら」
    ▶星名 ナズーリン 回復薬G2 購入 使用 星名
    骸「目的 わからない でも いいこと 違う」
    笠岡「あのジジイ幼女が来たおかげで色んな所で気配を見せるようになった。町に潜伏してるのは明白だと思う。だが、今回の爆発は傭兵というわけではないぞ」
    ウール「もしかして、真帆おねーさんの仕業…!」
    清浦「言うと思った!」
    星名「より強い力をもった存在に対して反応してるのか…でもそうじゃないっていうのは?」
    曜灯「また別の、潜んでいる何かがいるということでしょうか。」
    笠岡「いやどうやら残留思念のようでな。あれを見てくれ」
    ▶抉れた地面の下に黄色の悪鬼ができているよ
    清浦「なるほど……」
    紅花「……これからしばらくはこういう事が起きるってことかあ……」
    ウール「おっきな穴だねー!あそこまで下りていかないといけないんだ!」
    骸「早く 潰そう」
    >骸は指を鳴らして準備万端だ
    笠岡「場所的にこの間燃えた家の真下だろう。そこのお前、拷問されてたなら何があったか覚えてないか?」
    ▶清浦 記憶力で判定
     成功
    ▶そういえば倒れたまんまほったらかした人間が2人ほどいたような
    清浦「あああ……そういえばぶっ倒したやつが2人いましたが……あのままですね」
    星名「…つまり、そういう?」
    清浦「なるほど……地獄の苦しみですよね……上が燃え盛るから煙まみれで、出られなくて苦しんで……ああ悪鬼にもなりますわ」
    曜灯「かわいそうに…。」
    ウール「そういえばそんなこともあったね♪」
    紅花「……そのまま焼かれた人の……考えないようにしようか」
    笠岡「位の高い妖怪になると存在だけで陰陽のバランスが変わるからな。偶発的な事故みたいなもんだ。専門家にはガス層があったとかいうことにしておく」
    星名「なんにせよ、解決しなきゃいけないならやらないとですね」
    骸「地獄 送り返す」
    ▶全員キノ設置

    落ちる暗闇、溶ける後悔

    ▶入る前と変わらない風景が広がっているよ。ただ違うのは全身の皮膚が焼け爛れて誰かわからなくなっている人間の周りを炎が纏わりつくようについていることですね
    ▶清浦 武器チェンジ
    火達磨「熱い……熱い……水……」
    ▶戦闘前行動 曜灯 七色 幻覚 曜灯 ウール
    ▶戦闘前行動 紅花 クアドリガ ベニニタス
    ▶戦闘前行動 星名 うどんげ 鈴瑚 ブィストロター トップベース 橙 ヒット 蠱惑する霧 纏わりつく霧 骸 ウール
    戦闘開始!
    ▶割り込み 火達磨 割り込み絶対禁止命令 
    ▶割り込み 火達磨 フレイムドラゴン(地形効果に設置して攻撃行動時、魔法で10d5、火傷)
    ▶火達磨 灼熱地獄(フィールド天候設置。攻撃行動以外時、火傷+混乱の効果を発生) フレイムシールド(被ダメージ時火傷付与) 石油散布(火属性の攻撃が2倍。計算式2(A+X)
    ▶火達磨 灼熱暴風(20mより下がれなくなり、自分より後ろに下がれなくなる) ほのおのパンチ(火属性物理。18d12。)
    ▶紅花 戦闘回避
     成功
    ▶星名 待機
    ▶割り込み 火達磨 フレイムドラゴン
    紅花「あっつい……」
    ▶曜灯 ビット モビルビット展開 炎陣 威圧 ワセリン 万能スプレー 余韻
     17+9+25ダメージ
    ▶割り込み 火達磨 フレイムドラゴン
    曜灯「この熱さが、この方の受けた痛み…。」
    ▶星名 ナズーリン ワセリン 購入 ラスロウ
    星名 「厄介なのは消してくれたか、ならこっちも動きやすくする!」
    ▶清浦 満月への祈り 塩への祈り 過去ログ倉庫[にゃーん]過去ログ倉庫[小型ボム]さーてと、地球救っちゃいますか[フラグメンテーション]×2 幽谷詠唱×2 ヴェルターブーホ×2 ラズルシャーチ 裂帛×2 柳浪×2 ブルーキャンドル 風向きで判定 コントローラ[紅花:サンクチュアリ]レーザーライト カエンタケ汁 魔力充填の御札 確定急所の御札 ワセリン ウール 骸
     8回復 10回復 12回復 23ダメージ 34ダメージ 24ダメージ 失敗 
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 11+4+12ダメージ

    ▶割り込み 火達磨 フレイムドラゴン
    ▶自動 火達磨 フレイムシールド 属性散布爆発(属性攻撃被ダメージ時、自分を起点に5mに火属性で10d5ダメージ。フレイムドラゴン1設置)52ダメージ
    ▶割り込み 紅花 林檎の板で軽減
    ▶割り込み ウール 分厚い薄い本で軽減
    紅花「あっつい…!肌が焼ける…!」
    骸「近く 危ない」
    清浦 「ぐぅ……まさか危険にさらしてしまうとは……ごめんね、喰らえ! 意味あるかわからんけど粘液をぶっかけるよ!」
    ▶割り込み 火達磨 フレイムドラゴン
    ▶ウール 移動 
    ▶割り込み 火達磨 フレイムドラゴン
    ▶骸 通常攻撃
     成功 成功 成功 成功 22ダメージ 10ダメージ 8ダメージ 9ダメージ 
    ▶フレイムドラゴン 3破壊

    ▶割り込み 火達磨 フレイムドラゴン
    骸「こまめに 破壊」
    ▶紅花 ヘヴィストライク ディープミスト
     106ダメージ
    紅花「害悪たる霧!深き眠り!奪え!ディープミスト!」
    ▶炎の身体は崩れ落ちるよ
    火達磨「水……水……」
    紅花「水ならあげるよ………ただし、ボクの霧は有害だけどね!」
    星名 「終わったようだな。もう何も起きないだろうが、用もない。戻って報告だ」
    清浦「……送り出せたってことですね、やっと」
    骸「…」
    紅花「……次があるなら、未練なく逝って欲しいねえ」
    ウール 「帰って冷えたアイス食べないと!」
    曜灯「そうですね、ただでさえ最近暑いのに、このままでは煮えてしまいます。」
    ▶空間が崩れ落ちていくよ
    紅花「ああ、アイス用意しておいてよかった……最近本当に暑いからなあ……まだ5月だよね?」

    白雨市:工事現場

    笠岡「報告をしてくれ」
    清浦「燃やし尽くしました」
    星名「悪鬼にいたのは火達磨になっていました。それだけですかね」
    笠岡「そうか。ご苦労。あの爺さんは俺が執り成しておく。二度はやらんぞ」
    骸「助かる」
    六納「かーさおっかさーん。報告でーす」
    笠岡「なんだ?敬語くらいちゃんと使え」
    六納「神社の上の方で遺体です。時松建設のものだと思われまっす。まーた殺人事件っすよーやーになっちゃいますよね」
    笠岡「人手が……人手が足りん……後周りに一般人がいるだろう。一応機密なんだぞ?」
    六納「いや、笠岡さんのお手つきの方と探偵さんと助手さんですよね?大丈夫ですって!関係者です!」
    笠岡「羽川探偵は確かにいるが……。まあいいか。俺は先に事件を調査しておく。お前たちはご苦労だったな」
    星名「……はい、全員で戻ります。お疲れ様でした」
    紅花「……探偵、助手、お手つき……ボクが助手かな」
    ウール 「おつかれ!!!」
    骸「アイス 買って 帰ろう」
    曜灯「食べ過ぎたら、お腹壊しちゃうのでだめですよ。」

    セッションクリア!

    さいごに

    第2部の始まりのS12でした。新キャラをわんさか出して不穏なオーラだけを出すありがちなことをしています。れんさまとかは去年にもちょっとだけ出てますのでそこまで新キャラオーラはないですが……。
    それでは、
    ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

  • 広告
  • 実鬼 リプレイ [白死蝶恋着S11 白雨事件ファイル:突入]

    2019-05-24 00:27
    2019年05月04日のオンラインセッションのリプレイです。サプリは自作のもの(実鬼)を使用しています。キャラクターの詳しい設定、ルール、術技などを見たい場合を上のリンクをご使用ください。
    参加者
    • PC1 鷹見蓮(タカミ レン)『らむださん』
    • PC2 ウール(ウール)『はゆさん』
    • PC3 清浦真帆(キヨウラ マホ)『きっずさん』
    • PC4 黄楊曜灯(ツゲ ヒカリ)『ややさん』
    • PC5 冬川紅花(フユカワ コウカ)『kiri_GaD_Wさん』

    雑記
    前回までのセッションの間に東方鬼形獣の体験版が出ました。個人的には庭渡様が好きです。
    仕事が一向に減らないのはどういうことなんでしょうか。やはり改元の年は忙しいんでしょうか。
    白雨市:裏路地紅葉

    灯風「じゃあ先鋒隊はうちがやるってことでいいか?後詰はそっちの英雄様に任せてもらうとして」
    笠岡「こっちにも人員をよこせ。4人くらいはほしい」
    椿「あのアホ共が前の方がいいんじゃない?」
    灯風「確かにそうだが、あいつらがやられたら俺らじゃ太刀打ちできん。逃げ帰るのでも削れる方がいいだろう」
    椿「鷲羽くんがいいならそれでいいわ。ちょっと呼び込みに時間かかるからちょうどいいっちゃちょうどいい」
    笠岡「遊撃はこっちがやろう。人員はこいつらで頼む」
    岡山市:某所

    ▶パッと見は普通の雑居ビルのように見えるよ
    ラウラ「うーん……議員様の詰め所にしては狭いですね」
    ウール「うおー殴り込みじゃー!」
    清浦「暴れていいと聞いて」
    ラウラ「先走らない。こないだ刺されたの忘れたんですか?」
    紅花「怪我の無いように行きたいところだねぇ」
    清浦「こないだの恨みを晴らしたいですねぇ」
    曜灯「無事で済むといいですが…。」
    鷹見「うちはテロリストかヤクザかなのかね……」
    ウール「そうだよ!真帆おねーさんちゃんと冷静に動いてよね!」
    ラウラ「ただの人間ですよ。今はね」
    鷹見「保護者みたいな感じか」
    清浦「まあまあ、それだけやる気はあるということですです。私は冷静ですよぅ」
    ラウラ「じゃあ作戦を確認します。私達の役目は内部のマッピングと斥候です。人間なので銃で撃たれると死にます。出来るだけエンカウントは避けたいですね。逆に悪鬼を見つけたならボコボコにして拷問天国しちゃいましょう」
    紅花「僕は悪鬼で回復とかするから、ちょっとでも危ないと思ったらすぐ言って欲しいかな」
    清浦「銃で打たれると死ぬ、ですか……」
    曜灯「至って普通の現象ですね。」
    鷹見 「人間だからな、まだ」
    ラウラ「私は大丈夫ですけどね。脆弱な人間風情には耐えられませんよ。後所詮燃えるぬいぐるみもやばいですよね」
    ウール「所詮!?」
    清浦「火器厳禁ということっすね」
    ウール「がーん……」
    ラウラ「そうです。私は退路の確保をしておきます。危なくなったらすぐ戻ってきてください」
    清浦「まあやるしかないと、そういうことね……」
    紅花「はっはー、生きてさえいれば、どうにかなるものだからねえ」
    雑居ビル:玄関

    ▶少しみすぼらしく感じるよ。表札なども一切なく、誰がいるかとかもわかりませんね
    清浦「雑居ビルって不気味ですねえ…」
    紅花「うーん、なんというか、いかにも…」
    鷹見「ここであってるのかって思ってしまうが……それを確認するのも斥候の役目か」
    ウール「大きなビルだねー」
    ▶ウール 変装で判定
     成功
    ウール「これで悪いことしてる人を見つけたら逮捕できるね!」
    曜灯「こういう場所って、入ったらセンサーで警備の人が来たりしないのでしょうか。」
    紅花「出会わないのが一番いいんだけどねえ」
    ▶鷹見 視線で判定
     成功
    ▶監視カメラのようなものは見当たりません。それどころかコンクリートと地下、上に上がる階段以外目立ったものもありません
    ▶階段しかありません。2Fに行くと思われる階段と、地下に降りると思われる階段です
    PL:エレベーターは? GM:ありません。 PL:外観は? GM:雑居ビルなので何階まであるかはわかりにくいです
    ▶清浦 闇目で判定
     成功
    ▶案内板すらありません。それどころか郵便受けもないので、よくよく見るととても怪しいのがわかります
    ▶清浦 地図アプリ
    清浦「このビル、案内板も郵便受けもない……どういうビルだここ……」
    紅花「……慎重に乗り込もうか、何があってもおかしくないからね」
    曜灯「持ち主のいないままに、勝手に使っているということもあるのでしょうか。」
    清浦「……建物情報だけか……ますます怪しい……」
    ウール「うーんこれは怪しい!真っ黒だね!検挙せねば!」
    鷹見「監視されてる感じもしないが……ここに居ててもこれ以上わかることはないか」
    紅花「あのー、とりあえず中入りません?外立ちっぱなしは普通に怪しいと思うんだよ、うん」
    曜灯「それも、そうですね。入りましょうか。」
    清浦「調べるしかないですね…」
    ▶紅花 観察力で判定
     成功
    ▶どちらもよく使われていますね。ただ、埃具合から地下の方が出入りは多いようです
    紅花「……地下の方が出入りは多いかな」
    清浦「地下かー。怪しい儀式みたいなのやってるとかだったら、面白い…………まあそんなわけないよね…」
    鷹見 「本当に悪党みたいなことしてるな」
    清浦「一瞬私に言われたかと思いましたが、そんなことはないですよね」
    紅花「……さて、君たちはここで地下に潜ってもいいし、地上を制覇してもいい」
    ▶鷹見 聞き耳で判定
     成功
    ▶聞こえません
    鷹見 「流石にこんな時間だと何もやってない……か?」
    清浦「まあもう、なのかまだ、なのか。3時ですからね……」
    ウール「良い子は寝てる時間だからね!みんな帰っちゃったのかも!」
    紅花「ですかねえ……ああ、眠い」
    ▶ウール 忍び足で判定
     失敗
    ▶単純に階段から足を踏み外し、転がり落ちます 6ダメージ
    ウール「いったーい!」
    曜灯「だ、大丈夫ですか…?」
    紅花「ウールちゃん……気をつけて降りなきゃ駄目だよ?」
    清浦「ああっウールちゃん…………落ち着いていきましょう……」
    ウール「くそう……こんな入口にも罠が仕掛けられていたなんて!」
    雑居ビル:地下入り口

    ▶大きい観音開きと思われるドアがあります。それ以外は何もなさそうですね
    PL:ガラスは? GM:ありません PL:光は漏れてない? GM:漏れてません
    ▶清浦 闇目で判定
     失敗
    ▶鷹見 事故防止
    ▶曜灯 [的確な指示][ググる]森閑 ガダーニイ 罠知識で判定
     成功
    ▶罠はないように感じました
    清浦「ぬー……よく見えない」
    曜灯「罠…、のようなものはないように思えます。とりあえず、入ってみましょうか。」
    紅花「いやあ、緊張するなあ」
    鷹見「そのまま先導頼むぞ」
    清浦「なにがあるんだろうな…」
    ウール「たのもー!」
    GM:誰が開けましたか? PL:曜灯で
    ▶では曜灯が開けた瞬間奥からマジックハンドのようなものが飛んできて、曜灯を捕まえてそのまま連れ去ってしまいます
    曜灯「えっ…、きゃっ!?」
    ウール「あー曜灯ちゃんがー!」
    雑居ビル:地下

    ▶暗く、機械の駆動音が聞こえる以外は何も見えません
    鷹見「……これでバレたか。覚悟して進まないとな」
    清浦 「囚われの身ならば助け出さないと」
    紅花「……早く助けないとねえ」
    ▶清浦 [ググる]森閑 闇目で判定
     成功
    ▶では、その駆動音がチェーンソーの音なのがわかりますね。薄めで見てもエンジンのようなものが振動しているのがわかります
    清浦「チェーンソーの音にエンジンの振動……ですか……猟奇的ですね」
    鷹見「拷問部屋か何かか?それにしてもチェーンソーはやりすぎだと思うが……これじゃ吐く前に死ぬだろ」
    紅花「聞くよりも確実に口封じした方がいいだろうからねえ。――ボクなら、見られたくないモノを見られたと思った時点で口は封じるかな」
    ▶鷹見 修理で判定
     失敗
    鷹見「チェーンソー止めて歯の近くを調べたかったが……難しいな」

    ▶あなたは機械に全身を枷のようなもので繋がれています。暗くてよく見えてませんが、血の匂いを全身に感じ、刃物のようなものが頬を舐めるように伝います
    ▶曜灯 正気度判定
     失敗
    ▶曜灯 狂気表 GMの指示に従う 男性に甘えて頼ること
    曜灯「うぅ…。動けない…、見えない…、血も出てる…?うぅぅ…。」

    ▶ウール 潜伏で判定
     成功
    ウール「曜灯ちゃーん!どこー!」
    ▶ウール 導引で判定
     失敗
    ▶ではウールちゃんはこそこそと近づいていって、足元のスイッチを誤って押してしまいます
    ウール 「あ!何か踏んだ!なんだなんだ!?」
    ▶駆動音が更に激しくなり、ウールちゃんも首の部分に木製の枷のようなものがつけられます。血でべっとりと濡れており、肌に当たる感触が生生しく、鳥肌が立つくらいです
    ▶ウール 正気度判定
     成功
    ウール「うぇぇ!きたなーい!」
    ▶鷹見 操作で判定
     ファンブル
    ▶何もなかった
    ▶自動 清浦 てへぺろっ☆
    鷹見「これか……?」
    ▶では、適当に壁にタッチしていくとスイッチがあったのでつけます
    ▶すると、曜灯が一番奥に機械に括り付けられ、徐々に徐々にチェーンソーが横薙ぎで近づいていっているのが見えます。チェーンソーは赤黒くなっており、床や壁も赤黒く染まっています。更に錆びているのか時折変な音を出していますね
    ▶右の方でウールも木製の枷に首が括り付けられており、天井は赤黒い刃が見えますね。古い形式のギロチンだと思われます
    ▶また、真ん中に10個のスイッチが床にありますね。1つ既に押されていますね
    ▶清浦 正気度判定
     成功
    ▶紅花 正気度判定
     失敗
    ▶鷹見 正気度判定
     失敗
    曜灯「ひっ…、や、やめてください…。」
    ウール 「ひえー首が飛んじゃう!」
    清浦「うっっっそ……。――ど、どういう状況よこれ…………」
    紅花 「う、これは酷い………」
    清浦 「どっかに動力源があるはずだよね、そうだよね。救わないと、だめだ」
    ▶清浦 [的確な指示][ググる] 森閑 バランスで判定
     失敗
    ▶割り込み 清浦 人間振り直し [的確な指示][ググる]森閑
     失敗
    ▶では真帆はチェーンソーを止めに行こうとして、間違えてスイッチを踏んでしまいます
    清浦「うっそ……まじで……」
    ▶ウールのギロチンが思いっきり降りてきますね。錆びているので喉を貫くまでは行きませんでしたが、切れない分苦しみが増していくような痛みが襲います 35ダメージ
    清浦「うそだろそっちかよまじかよ」
    ウール 「落ちちゃう!落ちちゃうー!」
    ▶清浦 [的確な指示][ググる]森閑 電子工学で判定
     成功
    ▶ではチェーンソーが電気ではなく、悪鬼の力で動いているのがわかります。エンジンは振動していますが、燃料が入っていません
    清浦「と、とにかくなんとか、なんとかしないと……ってこれ燃料ないのに動いてる!! ……まじか……」
    鷹見「止められないのか?」
    清浦「電気を止めたり、燃料切れまで放っておくこともできない……」
    ▶鷹見 操作で判定
     成功
    ▶では、スイッチの奥の床に何か書かれているのがわかります。『悪鬼の生成に必要なものは?』更にバラバラの順序ですが1~10の番号がスイッチに割り振られているのに気づきます
    PL:既に押しているのは? GM:7と3ですね。
    ▶鷹見 [的確な指示][ググる] 記憶力で判定
     失敗
    ▶割り込み 鷹見 人間振り直し [的確な指示][ググる]
     成功
    ▶では、悪鬼生成に必要なのは負の感情なのを思い出します。負なので、読み方を変えて2番だなと思いました
    紅花「……うう、あー……しんどい……」
    鷹見「ああそうか。二番だ!」
    ▶では、チェーンソーの駆動がゆっくりと止まっていきます。ですが、悪鬼の支配を解かれたことでギロチンが再度落下します 22ダメージ
    曜灯「と、止まった…?」
    ウール「ちぎれちゃう!ちぎれちゃうからたすけてー!」
    鷹見「ちっ、いつの間にギロチンが上がって……」
    清浦「も、もう見たくない」
    曜灯「う、うぅ…。とても、とても怖かったです…。」
    鷹見くんのもとに駆け寄って足にしがみつくよ
    ウール「首がぷらぷらするー!」
    鷹見「おっと、もう大丈夫だよ曜灯ちゃん」目線を合わせて、頭を撫でる
    曜灯「あ、ありがとうございます…。」グスン
    清浦「ウールちゃん良かったよー。ほんと良かった」
    ウール「あば!揺らしたら糸がー!」
    ▶紅花 癒しの風 リストーロ 裂帛 柳浪 レタブリスマン 治癒絆創膏
     49回復
    ▶清浦 裂帛 柳浪 リストーロ ぬこぬこ動画

     25回復
    紅花「とりあえず治療しましょう、治療。ボクもうしんどいですし」
    清浦「ああ!ごめん……つい嬉しくて……」
    ウール「よし!ウールちゃん復活!」
    鷹見「全員もう大丈夫そうか……この装置、うまく使えるといいんだが」
    ▶鷹見 第六感で判定
     成功
    ▶出来ないと思いました。製品は20年近く前の骨董品で、燃料などを入れてもエンジンがかかるかすら怪しいと感じました
    鷹見「再利用は難しそうか……」
    ▶曜灯 [的確な指示] 罠知識で判定
     成功
    ▶紅花 観察力で判定
     成功
    ▶では、錆びたチェーンソー、アイアンメイデン、ギロチンの順で端の方に1個ずつ置いてありますね。真ん中にスイッチが10個あり、今は全て押されている状態になっています
    ▶窓はありません。地下らしくジメジメとして蒸し暑く、他にものは手枷桎くらいしかなく、かなりコンクリートで質素な空間だなと思います。周りに赤黒く血がたくさん飛び散っており、一部はまだ濡れていることから最近も使われていたんだと思います。
    曜灯「あんまりいい場所には思えませんね…。不用意に開けるべきではありませんでした…。」
    紅花「……何も無さそうだし戻ろうか」
    ▶曜灯 [的確な指示]偽装で判定
     成功
    ▶床には足跡が血痕で残っています。足跡はアイアンメイデンまで続いていることから、拷問用に最近も使っていたんだなと思いました
    PL:アイアンメイデンは? GM:閉っています
    紅花「……ここはどうなってるんですかね」
    ▶では血溜まりがどろっと落ちます。ただ、人間の姿はありません
    紅花「……………じゃ、戻りますか」
    曜灯 「…そ、そうですね。」
    鷹見 「さっきよりも慎重に、な」
    ウール「よし!上だー!」
    雑居ビル:1F

    ▶特に変わった所はないよ
    清浦「2Fにいくんですよね……?」
    ウール「え、そうなの?」
    PL:さっきの部屋のせいで自分たちの足跡がくっきりついちゃうとかそんな感じになってたりします?
    GM:足跡はくっきりしていませんが、血痕が瀝っている為、どこを通ったかは割とわかるようになっていますね
    雑居ビル:2F

    ▶オフィス特有の扉があります。表札はありませんが
    ウール「たのもー」(小声
    ▶特に普通のオフィスのように見えます
    ▶紅花 観察力で判定
     成功
    ▶一般的なオフィスです。白を基調とした机の上にノートパソコンと電話機が置いてあります。壁には資料棚があります。窓もありますがカーテンで締め切っていますね
    PL:電気をつけよう
    ▶電気をつけた瞬間、紐のようなものが切れた音がして、銃声が響きます。銃弾が胸を貫きますね 15ダメージ
    ▶電気はつきましたが、印象は特に変わった様子もないですね
    清浦「ウールちゃん! ほんとここは罠まみれだなもう」
    紅花「や、普通死んでるからね?」
    曜灯「何をするにしても、気をつけたほうがいいかもしれませんね…。」
    鷹見「そんなところにトラップを仕掛けるあたり、もうここには誰も居ないのかもな……」
    ウール「うっ……ここでウールちゃんは殉職してしまうのか……」ぱたり
    ▶床にウールがおどけて倒れた瞬間、アラートが鳴り響き、上から圧縮プレスが落ちてきます
    曜灯「て、天井が!?大丈夫ですかみなさん!?」
    ウール「ムギュー!」 51ダメージ
    鷹見「冗談じゃない……死んでたまるかよ……」50ダメージ
    清浦「殺意半端ないな、くっそう……」57ダメージ
    ▶割り込み 清浦 中京間畳 マミゾウ
    ▶紅花 癒しの風 リストーロ 裂帛 柳浪 レタブリスマン 治癒絆創膏
    ▶魔法を唱えようとした所レーザーポイントが紅花の額に当たり、射抜かれます 54ダメージ
    ▶割り込み 紅花 スライド式携帯電話で軽減
    紅花「……や、死にますからね?」
    曜灯「気をつける前にもらったんじゃ、そんな暇もありませんね…。」
    紅花「うう……かなりズタボロだなあ……」
     46回復
    ▶清浦 [的確な指示]捜査で判定
     成功
    ▶撃ち抜いた方向はわかりませんね。レーザーポイントの方角から窓の方向なのでは?とは思いました
    PL:窓は? GM:カーテンで見えません。PL:カーテンに穴は? GM:空いてません
    ▶立川の事務所なのがわかりますね。
    ▶真帆の額にレーザーポイントが当たり、狙撃されます 49ダメージ
    ▶割り込み 清浦 蚊雷
    清浦「ぐはあ……食らった……」
    PL:レーザーポインタの方角は一緒? GM:違います
    ▶鷹見 メカサーチ
    ▶では、全体的に反応します
    ▶電話機から反応が出てるようですね
    ▶ランダムイベント:電話機が変形して、曲芸射撃をします 30ダメージ
    ▶曜灯 縄で判定
     成功
    ▶抵抗して電話機をはたき落として壊したよ
    曜灯「きゃっ。」
    曜灯「あ…。」
    曜灯「だ、大丈夫でしょうか…、爆発とかしませんよね…?」
    ウール「あーあ、曜灯ちゃん電話壊しちゃったー」
    紅花「今素手で……いやなんでもない」
    鷹見「こいつも調べておくか……」
    紅花「その前に狙撃なんとかしません?それか逃げません?」
    ▶鷹見 修理で判定
     成功
    ▶普通の電話機ですね。悪鬼の気配を感じます
    ▶鷹見の額にレーザーポイントが当たり、射撃されます 53ダメージ
    ▶割り込み 曜灯 庇う
    紅花「あーもう無理、無理だって、逃げましょうって、死にますってなんとかしないと死にますってこれ」
    鷹見「あーうるさい!逃げたいなら一人で逃げればいいだろ。斥候だって言われてるんだから罠ぐらい……ちっ次は俺かよ!」
    曜灯「あ、危ないです!」
    鷹見「曜灯ちゃん!ああもう!」
    曜灯「お怪我はありませんでしたか…?」
    鷹見「俺は大丈夫だよ。……曜灯ちゃんこそ無理しちゃだめだよ。俺は大人なんだから多少は大丈夫なんだから」
    PL:電話機から感じた悪鬼の気配をもとに、もとをたどりたい。
    GM:悪鬼の気配は電話機全てから発せられています。が、どれも微弱で使いようにはならなさそうです
    紅花「回復もこの状況下じゃマトモにできないからねえ、ちょっとなんとかして貰えると…」(机の下でギチギチになりながら体育座りをしている
    紅花「撃たれると痛いんですよ痛いんです回復にも反応したって事は悪鬼絡みですよ絶対ボクは回復しませんよまた撃たれますからね治るからって痛いんですからね」
    PL:島の端まで屈んで移動して、真ん中に格納されてるであろう電話機につながってるコードを持って電話機を壁とかめがけてぶん投げたい
    GM:電話機がショートして発火し、そこにレーザーポイントが当たり、射撃されて電話機は粉々に砕けます
    曜灯「豪快、ですね。」
    ウール「ひええ……DVだ……」
    鷹見「発火したポイントにレーザーが照射されてるか?」
    清浦「なるほど……」
    紅花 「……火、付けます?――というか突破じゃなくて斥候だからここ無視して次行きません?」
    鷹見「あぁ、そう言って一人で逃げ帰ればいいさ……とはいえ言うことは最もだ。移動しよう」
    清浦「ええ……いきたいです……」
    紅花「行きましょうよそうしましょうよまた撃たれますって痛いんですよさっきからボロボロなんだし安全なとこで治療しましょうよ」
    ウール「すすめー!」
    PL:外から見たときの感じと、今までフロア移動してきた感じから違和感とか感じますか? 上がありそうだとかそういうレベルの GM:ありますね。確実にあります
    鷹見「ここで行き止まりな訳がない……どこだ、上に行くには……」
    ▶紅花 癒しの風 リストーロ 裂帛 柳浪 レタブリスマン 治癒絆創膏
    ▶魔法を唱えようとした所レーザーポイントが紅花の額に当たり、射抜かれます 64ダメージ
    ▶割り込み ウール うさくんボム(レベル8バリア)
     41回復
    ウール「あぶなーい!」うさくんが銃弾を受け止める
    紅花「うう、ウールちゃんありがとう……やっぱまだいる……癒やしの光…!」
    紅花「もうこれ罠ですって上下ともダミーで1Fに別の隠し階段あるんですよきっと逃げましょうマジで死にますこれ」
    PL:違和感感じてるって言ってたけど、上の階があるはずという違和感?ビルの大きさにしてはオフィス狭いなって違和感?
    GM:上の階があるはずですね。明らかに6F建てくらいです
    PL:来る途中にビルの反対側って見てたりはしました? GM:見てました。裏口等はありませんでした
    ▶曜灯 独楽 鷹見
    ▶鷹見 [的確な指示]電子工学で判定
     成功
    ▶建物構造上この部屋は上に上がる空間設計をしていません。明らかに上の階があるのに変です
    鷹見「この階からは上に登れない……じゃあどこだ……」
    PL:カーテンをめくって窓の外を見たい
    ▶マジックミラーですね。鏡になっているようです。レーザーポイントが反射して、対象を狙っているようです
    PL:窓を開けたい
    ▶レーザーポイントが額を狙おうとしますが、照準があいません。全く見当違いの場所を狙撃しました
    曜灯「よいしょっと。あれ?」
    紅花「ひぇっ!?……あれ、今誰か当たりました?」
    曜灯「さっきまでちゃんと狙ってきていたのに、おかしいですね。」
    鷹見「解除できたのか?」
    ▶紅花 地図で判定
     成功
    ▶間取り図が取り敢えず出来ました。ライラに報告することも出来ます
    紅花「……ええっと、とりあえずこんな感じ、と」
    >スマホで撮ってラウラに『途中報告、罠多し』と送っておきます
    紅花「……死んだらそこで終わりだからねえ」
    鷹見「一旦降りよう。上に行くための手段がわからない以上、ここにいててもどうしようもない」
    紅花「もう狙われたくないからね、うん行こう行こう」
    雑居ビル:1F

    ▶特に変わったところはないよ
    曜灯「2階から上る場所が見当たらないのなら、1階からなら上がれたりするのでしょうか。」
    ▶紅花 観察力で判定
     成功
    ▶なにもないですね。隠せる場所というよりなにもないので隠す場所すらないのが実情です
    紅花「ちょっと怪我治しましょう…皆結構ボロボロですし」
    ▶紅花 癒しの風 リストーロ 裂帛 柳浪 レタブリスマン 治癒絆創膏
     54回復
    紅花「あー、癒やしの光ー」
    鷹見「もう一度地下を調べるか……それでだめだったら仕事ができませんでしたってラウラさんに泣きつくか」
    雑居ビル:地下

    ▶先ほどと様子が変わった感じはしません
    紅花「あーもう、どうすれば…」
    >仕方ないのでアイアンメイデン蹴り飛ばしていいですかね
    ▶もう一度アイアンメイデンが開きます。特に普通のアイアンメイデンですね
    紅花「あー!もー!何もない!何も!もう!痛いし!何もない!」
    ▶紅花 観察力で判定
     成功
    ▶アイアンメイデンの奥の鉄板が外れそうな感じがしますね
    紅花「ああもうイライラする……ボクが上手くいかないのはいつもの事だけどだからって上手くいかないのは気分が悪い……うん?」
    ▶紅花 武道で判定
     ファンブル
    ▶何もなかった
    ▶思いっきり鉄板を蹴ろうとして隣の針に思いっきり足を突き刺してしまいます 46ダメージ
    紅花「あーもー邪魔ァッ!……ッ~~~~~!足がッ!」
    紅花「あー!もー!やだー!おうちかえるー!なんでボクがこんな目に 遭わなきゃいけないんだよー!もー!痛いー!」(のたうち回っている
    >アイアン・メイデンの前でのたうち回ってる紅花をどかして奥の鉄板を外しますね……
    ▶人が1人通れるくらいの通路が出てきますね
    鷹見「通路があるな。ここからかいくのか……」
    清浦「……ここが本当の出入り口、ですかね」
    鷹見「さあ、一番最初に行きたいやつはいるか?」
    紅花「うわーん皆冷たいー!傷口はこんなに熱くて痛いのにー!もぉぉぉぉー!」
    鷹見「まあ誰も居ないよな……俺が行くから、間隔を開けて順番にな」
    雑居ビル:隠し通路

    ▶では、少し進んだ廊下に、腐敗して骨が見えている死体が落ちていますね
    PL:服とかは? GM: 着てますね。腐り落ちているせいで布切れが挟まっている程度ですが
    紅花「わー、エグい」
    清浦「見慣れたものになってしまったなあ」
    曜灯「あんまり、慣れたくはなかったですが…。」
    鷹見「拷問部屋のあとにある死体だ。罠があるかもしれない気をつけろよ」
    ▶紅花 医学で判定
     失敗
    ▶死因は明確です。刺殺ですね
    紅花「わー死体だー刺されて死んでるねーきゃーこわーい」
    清浦「素直に考えればさっきのに刺されたんでしょうけど、違いそう」
    ▶清浦 ドローン
    ▶なにかに当たりました。エレベーターですね
    ▶紅花 闇目で判定
     成功
    ▶電気のスイッチをつけました。死体は男のようですね
    ▶ドローンは奥に落ちてますね。エレベーターがあります。直通で6Fですね
    紅花「しょーめーしょーめーなーいかなー……あったーポチっとなー」
    清浦「なるほど……あそこのエレベーターにあたったのね……6Fまで直通らしいですよ」
    紅花「はっはー、ボス前みたいな感じだねえ。ラウラさんに情報送っておくかなー」
    >ラウラに情報送信
    鷹見「罠はなさそうだが……進んでみるか……」
    鷹見「よし……ここまでは大丈夫だな。強襲をかけるなら斥候の役目はここまでか?」
    清浦「ここまで来たら……まあ……いかなきゃいけないのかなー……」
    ▶紅花 癒しの風 リストーロ 裂帛 柳浪 レタブリスマン 治癒絆創膏
     38回復
    鷹見「後詰めが来たときにエレベーターを開けたら敵で全滅みたいなのは良くないよな。……まあ、斥候の俺たちが倒しても構わんだろう」
    曜灯「あっ、置いてかないでください。」
    雑居ビル:6F

    ▶そこそこ豪華な部屋の真ん中に紫の悪鬼があるよ
    紅花「うわー嫌な予感」
    清浦「まるで中継地点。――これで帰っても紫の悪鬼は私達にしか対応できないから行けって言われるんでしょ…」
    紅花「後詰めで英雄軍団いるから大丈夫ですって」
    曜灯「紫色…。」
    鷹見「周りにはなにもないか?」
    清浦「一応安全を確認しましょうか……」
    鷹見「とりあえずラウラさんに、ルートの確保が完了したことと悪鬼があったことを連絡しておいてくれ。直通のルートがわかってるんだからすぐに来れるだろ。」
    清浦「それが良いですね」
    紅花「はっはー、りょうかーい。『直通ルート確保、悪鬼有、色は紫』っと」
    鷹見「じゃあここからは……威力偵察だな」
    ▶清浦 観察力で判定
     成功
    ▶花瓶に金木犀がさしてあります。それくらいですね
    清浦「花瓶に金木犀……時期的にやっぱり変なんだけどなぁ…」
    ▶紅花 [switch]癒しの風 リストーロ 裂帛 柳浪 レタブリスマン リラクゼー
     37回復
    紅花「心癒やす光、リラクゼー!」
    ▶全員キノ設置
    鷹見「よし……突っ込むぞ!」
    ウール「おー!」

    VIPルーム

    ▶清浦 武器持ち替え
    曜灯「立川さん、ですよね。お話を伺いに来ました。」
    立川「……」
    ▶無言で銃を構えるよ
    鷹見「間違ってもその銃口を自分に向けるなよ?洗いざらい吐いてもらわなきゃならんからな」
    清浦「なるほど、倒すべきはあなたですね」
    紅花「光れ、守れ、祓え……デュアルプロテクト!」
    ▶戦闘前行動 紅花 プロテクター マジックプロテクト
    ▶戦闘前行動 曜灯 七色 幻覚 曜灯 曜灯 ウール
    ▶割り込み 曜灯 グランシャリオ
    ▶割り込み 清浦 [応援ください] (応援するよ!!) 魔法
     失敗 成功 成功 22ダメージ 23ダメージ
    ▶割り込み 曜灯 ドラマチックファイア

     成功 失敗 26ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 26ダメージ 27ダメージ 28ダメージ
    ▶立川 クイックリロード(補助動作で遠距離攻撃)毒矢3 ウール
    ▶ウール 回避放棄 残像
    ▶立川 本草綱目(生命を80回復) 三点バースト(フレシェット4 フレシェット4 フラグメンテーション4)
    ▶鷹見 戦闘回避
     成功 成功
    ▶ウール 清浦 紅花 回避放棄 19ダメージ 25ダメージ 73ダメージ
    ▶割り込み 清浦 蚊雷 蚊雷
    ▶割り込み 清浦 スマホ爆発[C4] 28ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 23ダメージ

    ▶立川 クイックリロード(補助動作で遠距離攻撃)毒矢3 鷹見
    ▶鷹見 戦闘回避
     失敗 8ダメージ
    ▶立川 ダブルショット(フラグメンテーション4 フラグメンテーション4)
    ▶割り込み 曜灯 身代わり
    ▶鷹見 戦闘回避
     失敗 67ダメージ
    ▶割り込み 鷹見 例大祭カタログ2つで軽減
    ▶曜灯 モビルビット展開 炎陣 威圧 銃知識で判定 眼鏡キラーン 曜灯 ウール
    ▶割り込み 曜灯 閃き
     12ダメージ 成功
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 25ダメージ
    ▶割り込み 曜灯 やってやるぞ!
     成功 14+16ダメージ
    ▶割り込み 曜灯 雨音
    ▶自動 曜灯 センタリング ウール
    ▶割り込み 曜灯 やってやるぞ!
    ▶割り込み 清浦 [応援ください] (応援するよ!!) 物理
     成功 25+25ダメージ
    ▶清浦 絆引き上げ 紅花
    ▶紅花 ジャンヌ 癒しの風 裂帛 柳浪 レタブリスマン ミスティリオン[キュア]ミスティリオン[ホーリーライト] サンクチュアリ
    ▶割り込み 曜灯 神籟
     29ダメージ 57回復
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 31+10ダメージ
    紅花「癒せ病毒!キュア!裁け光よ!ホーリーライト!癒やしの聖域と成せ!サンクチュアリ!」
    ▶清浦 ビット展開 満月への祈り 塩への祈り 裂帛 柳浪 ヴェルターブーホ ラズルシャーチ ブルーキャンドル  オールドローズアミュレット[マミゾウ]恋の御札 恋愛の御札 C4
    ▶割り込み 曜灯 神籟
     10回復 36+8ダメージ 56+9ダメージ 29+8ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 27ダメージ 32+22ダメージ 27+16ダメージ
    >真帆は怪しげな淡い青のキャンドルと数珠を両手にはめて謎のポーズを取っていると、懐の御札がいきなり飛び出して効果を発揮した。
    清浦 「今なら魔法の力を一気に受けられるよ! ふふ、くらえC4! ……粉々にしない程度にぶっ壊しちゃえ!」
    ▶タイムカード 78+9ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 29+22ダメージ
    ▶鷹見 絆引き上げ ウール
    鷹見「面倒なことしてくる前に思いっきり頼むぞ」
    ウール「はーい!」
    ▶ウール 通常攻撃
     成功 153ダメージ
    ▶追撃 曜灯 25ダメージ
    ▶割り込み 立川 幻影のステップ(行動数を1回減らして、回復して食いしばり)
    ▶鷹見 サモン鳥 輪廻彩声
    鷹見「妙なことして生き残ったようだが、まだこれからだぞ!」
    ▶サモン鳥1 横並び 必中 143ダメージ
    ▶割り込み 立川 幻影のステップ
    ▶サモン鳥2 横並び 必中 146ダメージ
    紅花「うっわエグい」
    鷹見「っと、お前ら加減できねえのか。消し飛ばしちまって……」
    ▶立川は膝から崩れ落ちたかと思うと、白い煙が出るよ
    ▶そして……残ってるのは金木犀の花だけだよ
    清浦「倒しきったか……。――金木犀……」
    紅花「流石だなー強いなー憧れちゃうなー」
    曜灯「一言も喋らないと思ったら、本物の立川さんではなかった、ということでしょうか。」
    ▶普通の金木犀です。
    >清浦:持ち帰ります
    鷹見「どうだろうか。そこは英雄さんたちがうまいこと考えてくれるだろ」
    清浦「ええ、そうですね……」

    雑居ビル:6F

    ラウラ「お疲れ様です。お身体は大丈夫ですか?」
    ウール 「大丈夫!」
    紅花「何度か危なかったかな……」
    鷹見「数回ライフルで撃ち抜かれた程度だよ。今は平気そうにしてるけどちびっこ二人が拷問まがいのトラップ受けてたからそのケアだけお願いしますよ、ラウラさん」
    清浦「あの部屋はもう見たくないね…」
    曜灯「そう、ですね…。」
    ラウラ「それはいいんですが……エレベーターの手前に死体がありましたよね?あれ調べましたか?」
    曜灯「いえ、ちゃんとは調べていなかったと思います。」
    紅花「どうでもいいかなって」
    清浦「残念ながら意識は空飛んでました」
    鷹見「腐敗がひどいから罠を警戒する程度しか見てないな。なにかまずいことが?」
    ラウラ「そうですか……DNA解析をしたところあの死体は立川のものだとわかりました。死後数年が経過しています。中は誰だったんですか?」
    紅花「……あーじゃあ死後…?」
    ラウラ「悪鬼は何色だったんです?黄色ですか?」
    清浦「紫でしたねえ…」
    ラウラ「むら……さき……ですか……。うーん……」
    曜灯「それなら…、この間まで演説をしていた立川さんは一体…?」
    紅花「傷はどう見ても刺されて死んでたから……黒幕によって処分済み、とかかなあ……」
    ラウラ「まあ私なんかより頭脳労働担当に任せましょう。今日はお疲れ様でした!せっかく都会に来たんですし朝から叙々苑行きましょう叙々苑!!!!!ご主人様のお金で!!!!」
    鷹見「腐った肉の塊の話振っといて肉食べに行くんですかい……歳のせいか脂がきついから赤みの柔らかい美味しい部位だけ食べに行くか」

     セッションクリア!
    さいごに

    ということで第一部のラスボスがあっさり倒されてしまったS11でした。例大祭の直前でなおかつ連休の合間なのにもかかわらずTRPGが出来る人数が集まったのは嬉しいですね。
    これで私の仕事がもう少し減ってくれれば……
    次回からは2部です。冬になっていたりはしません。
    それでは、
    ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

  • 実鬼 リプレイ [白死蝶恋着S10 白雨事件ファイル:王手]

    2019-05-02 12:58
    2019年04月20日のオンラインセッションのリプレイです。サプリは自作のもの(実鬼)を使用しています。キャラクターの詳しい設定、ルール、術技などを見たい場合を上のリンクをご使用ください。
    参加者
    • PC1 清浦真帆(キヨウラ マホ)『きっずさん』
    • PC2 星名慧(ホシナ ケイ)『境界式さん』
    • PC3 骸(ムクロ)『kintaさん』
    • PC4 黄楊曜灯(ツゲ ヒカリ)『ややさん』
    • PC5 ウール(ウール)『はゆさん』
    • PC6 鷹見蓮(タカミ レン)『らむださん』
    • PC7 冬川紅花(フユカワ コウカ)『kiri_GaD_Wさん』
    雑記
    令和になりました。改元ってこんなに忙しいんですね……。全然時間が取れそうにありません。GWとはなんだったのか……。暇よりは全然いいかもしれませんけどね。
    番外を先に掲載しますね。

    鬼形獣ショック
    白雨市:裏路地紅葉

    灯風「妖夢……妖夢……妖夢……妖夢……」
    ラウラ「私よりロボオーラ出さないでくださいよー。まだ発表されてるだけですよ?」
    紅花 「……灯風先輩、大丈夫ですか?」
    ウール「灯風おじさんが妖夢おじさんになっちゃった!」
    灯風「推しが来るとは思ってなかった……どうせ早苗あたりだと……」
    紅花「ホント珍しいなあ……灯風先輩が壊れてるのは……」
    骸「ラウラ もう 大丈夫?」
    ラウラ「ありがとうございます。ご主人様が使い物にならないのは珍しいですけどね。さて、ウールちゃんこっちにいらっしゃい」
    ウール「なにー?」とたとた
    ラウラ「よいしょっと」抱き上げる
    ラウラ「今ならこの柔肌を触れますよ!じゅーーーう、きゅーーーーーう」
    ウール「1分500ベルね!」
    紅花 「うーんハイレート」
    清浦「はろー…………? 」
    ラウラ「76543210!残念でした。曜灯ちゃんならタダだと思いますよ?」
    紅花「元気そうで何よりですね」
    曜灯「こんばんは。なんのお話でしょうか。」
    ラウラ「私の動力部が全部修理中になってまともに戦力にならないって話ですよ」
    椿「邪魔するわよ。ラウラ、一応腕だけ換装パーツが出来たわ」
    紅花「ガワは問題ないんだけどねえ。万が一用に覚えようかなあ……。そういうのも」
    清浦 「もしかして:ディアゴスティーニ方式」
    星名 「こういうのって作りやすい部位とかあるもんなんですかね」
    ウール 「ちゃんと休まないとだめだ!よ!」頭ぽんぽんしてる
    ラウラ「よいしょっと……ありがとうございます。先輩は今尊死してて」
    椿「ああそう……じゃあ今回の講義は鷲羽くんの代わりに私がやろうかしら」
    ラウラ「ドンドンパフパフ」
    椿「うーん、そうね。奥に来てくれる?」
    ウール「野郎ども!奥に来なさーい!」
    裏路地紅葉:奥

    骸「講義 始まる」
    >骸は灯風を椅子ごと奥に持っていく
    紅花「うーん、まだ壊れたままかあ……営業大丈夫かな」
    椿「じゃあプロティンの女体化。悪鬼の中で人殺しをしようとした時、どうやって殺すと思う?」
    清浦「たぶん、こういう風に殺したいと強く思う、とかでしょうか…」
    椿「返事するのあなたなのね……。適当に振ったんだけど」
    清浦「なんかとんでもない踏み絵を踏んだ気がする」
    椿「まあそうなの。月姫ファンにしかわからない言い方をすると、殺したいと思ったその時、殺せるものなの」
    椿「これだけだと、ふわっとしてるわね。じゃあ誰でもいいわ。妄想で人は殺せると思う?」
    骸「普通 無理」
    紅花「妄想だけじゃあ無理かなあ」
    星名「空想具現化……」
    椿「そのとおりよ。夜叉は思いを力にするって言うけれど、流石に妄想じゃ殺せないわ。でも実際ラウラはボロカスにされて戻ってきたわ」
    曜灯「妄想の中だけでなら、できるといえるのでしょうか。」
    ウール「この前合宿で、嫌な上司も妄想なら車で轢き殺せる!って何回もやってたよ!」
    灯風「みょんみょんみょん……」
    清浦 「今ここで深く妄想している人もいるようですね」
    椿「じゃあどうやってるかっていう話ね。具現化って言うと正しいっちゃ正しいけどちょっと違う。――月姫はともかく、ハルヒはわかる?」
    ラウラ「きょんくんでんわー」
    紅花「ボクが小学生くらいの時にやってたアニメでしたっけ」
    星名 「あれもこれも未経験のやつですよね」
    骸「閉鎖 空間?」
    椿「小学生……神主の子供が4歳…………。ままそれはそうでもいいのよ……。ハルヒは基礎教養みたいなものだから覚えておいて。物凄く雑に言うなら閉鎖空間が悪鬼、夜叉が全員ハルヒみたいな感じなの」
    椿「思い込みは現実になる作用を使ってるわけ。」ここで伊良原の悪鬼生成装置を投げるよ
    椿「いでよ斬鉄剣!」細身の刀を取り出すよ
    椿「斬鉄剣よ。私が斬鉄剣って言ってるからこれは斬鉄剣なの」
    星名「じゃあこんにゃくは斬れないんですね」
    椿「そう。逆に言えばこんにゃく以外はなんでも斬れるのよ。それこそ空間とかもね」
    悪鬼に斬鉄剣をしまうよ
    椿「これを概念の再利用って言うの。原作設定の拡大解釈みたいなものね。東方でよく見るやつ」
    骸 「なんとか 操る 程度…」
    星名「こじ付けってやつですね。でもそういうのも武器になると」
    清浦 「なるほど…」
    椿「そう。だから人間に攻撃できてしまう。人間に対して攻撃出来ると思ってるから出来る。じゃあ、たまに怪我はしないけど心がしんどくなることない?」
    紅花「術を使い過ぎたりするとよくなるかなあ」
    清浦「割とあるかもしれないです」
    椿「これは精神攻撃っていうの。学会だとかっこよくマインドストップって言われてるわ。これ、ひどい場合死ぬわ」
    ウール 「ウールちゃんはタフだからへーきだね!」
    骸「限度 ある」
    >骸はウールの頭を撫でた
    紅花「ああ……祖父がそういうの得意だなあ……」
    曜灯「うつ病の人が、みたいな感じでしょうか。」
    椿「まあ解釈はそういう感じ。正しくは妄想することができなくなって存在を保てなくなるの。自分は人間で、生きているっていうのが本当かどうか確証がないって話。知らない?」
    星名 「アイデンティティ的なことなんでしょうか…」
    椿「シミュレーション仮説っていうの。人間が人間であるっていう確証が持てないことに対して、悪鬼内だと人間である!と思い込んでることによって自分という自我を確立してるわけ」
    紅花 「自分が誰かの妄想なんじゃないか、ってなっちゃうのか」
    椿「そう。心がしんどくなるっていうのは自我の擁立が出来なくなってダメになっちゃってるわけ」
    椿「で、羅刹と存在が同質化しちゃう。これが死ぬって答えね」
    ラウラ「ふむふむ……とすると今のご主人様やばくないです?」
    骸「トーカ 羅刹 ?」
    灯風「妖夢……妖夢……推し……みょん……」
    紅花「ある意味元気ですけどね」
    ウール「灯風おじさんが妖夢おじさんになっちゃう!」
    曜灯 「多幸感に殺されるのは、果たして幸福なんでしょうか、不幸なんでしょうか。」
    星名「じゃあ逆に、その精神的なものを癒せれば羅刹を夜叉として戻すことも出来るんですか?」
    椿「無理ね。ケーキをラーメンに放り込んで、ケーキだったもんを取り出したらそれはケーキって言うかしら?……まあ、こないだ言ったとおり夜叉ってのは実質ハルヒなの。説明が楽でいいわねこれ。」
    椿「で、ハルヒが妖夢ちゃん沼に落ちてる。ってなると、妖夢、というより幻想郷が顕現してしまうの」
    紅花(名作だけど10年近く前のアニメだからなあ……分からない子いるんじゃ……)
    椿「じゃあどうするかっていうと、妖夢ちゃんとガチバトルしてもらう必要がある。鷲羽くんの愛と正気に戻す力がどっちが強いか概念で黙らせる必要があるのね。愛に負けると幻想郷が本当にできちゃうってことね」
    椿「ぽいっとな」
    ▶灯風にいらたんマシンを投げて捕縛するよ
    椿「これでなんとかしてきて頂戴」
    紅花 「誰かが妖夢のコスプレをすれば……あるいは……?」
    ラウラ「それくらいで治るなら私がやってますよ……」
    骸「トーカ 大丈夫? もう ダメ?」
    灯風「妖夢……妖夢……」
    椿「治んないしね。ちょうどよかったわ」
    紅花 「まあ、気にしててもしょうがないからねえ……灯風先輩の面倒はラウラさんがじっくりやってくれるはずですし大丈夫でしょう」
    星名「これが重力に魂を引かれたってやつなんですかね」
    清浦「妖夢と戦うということですね…」
    骸 「トーカ 待ってて」

    白玉楼

    ▶桜が舞い散り、空に結界のような紋章が出ている、枯山水のお屋敷のような場所に降り立ったよ
    ▶銀髪の童女にも見える子が抜刀の姿勢を取っていますね
    ?「人間がここに来るとは」
    清浦「……これはどう考えても好戦的な雰囲気しか感じられませんね」
    ?「どうやって入ってきたかはわかりませんが……」
    ?「死人に口無し」
    ウール「ウールちゃんは喋れるしー!」
    清浦 「タイタニックの名シーンが脳内再生されそう……」
    紅花 「死にたくは、ないなあ」
    ▶ゆっくりと鞘から刀を抜き、光沢が銀色に光ってますね。戦闘が始まる予感がします。
    ?「……妖怪が鍛えたこの楼観剣に」
    ?「斬れぬものなど、少ししかない!」
    ▶戦闘前行動 紅花 プロテクター マジックプロテクト
    ▶戦闘前行動 星名 ブィストロター 幻惑の采配 ヒット トップベース 橙 曜灯 骸
    曜灯「問答無用、ですね。」
    紅花 「光れ、守れ、祓え……デュアルプロテクト!」
    星名 「この光、簡単に断てると思うな!」
    ▶妖夢 人符「現世斬」を宣言(ダメージ100まで攻撃行動時割り込みでワープ移動で回避可物理攻撃12d11ダメージ)
    ▶割り込み 星名 ディレイアクション
    ▶曜灯 モビルビット展開 威圧 知識の源泉 妖怪知識で判定 曜灯 骸
    ▶割り込み 曜灯 閃き
     成功
    ▶割り込み 曜灯 雨音
    ▶清浦 ビット展開 満月への祈り 塩への祈り ヴェルターブーホ ラズルシャーチ C4
     24+8ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 92+17ダメージ
    清浦 「近接剣士には遠距離からの攻撃が一番です、まずはくらえC4!」
    ▶自動 妖夢 ストーリースペル(状態異常、状態変化を全て+-なかったことにする)
    ▶自動 妖夢 人智剣「天女返し」(補助動作時自動で割り込む。自然反応攻撃で対象に12d11ダメージ)
    妖夢「くっ……まだです!」
    ▶割り込み 星名 華扇
    ▶割り込み 紅花 処方箋
    ▶星名 高級牛乳 使用 大妖精[リリーホワイト・リリーホワイト・チルノ] 星名
     45ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 5+19ダメージ

    ▶自動 妖夢 人智剣「天女返し」 69ダメージ
    ▶割り込み 星名 蚊雷 薄い本、昔間畳で軽減
    ▶割り込み 星名 ニトロチャージ
    ▶割り込み 曜灯 雨音
    ▶自動 妖夢 ストーリースペル
    ▶自動 妖夢 獄炎剣「業風閃影陣」(割り込み時自動で割り込む。混成攻撃:陽で9d7ダメージ)
    星名「ぐっ…!身を削ってでも、これはやらせてもらう!フォーマルハウト!ここから繋げる、アルナイル!アケルナー!」
    ▶妖夢 行動放棄
    ▶割り込み 星名 幽谷詠唱 スピードアップ 星名 骸
    ▶妖夢 行動放棄
    ▶骸 死のウイルス(毒追加攻撃)神経毒(麻痺追加攻撃)ヤート 祟り目 通常攻撃
    ▶割り込み 清浦 [応援ください] (応援するよ!!) 物理
    ▶割り込み 清浦 [応援ください] (応援するよ!!) 物理
    ▶自動 妖夢 獄炎剣「業風閃影陣」 47ダメージ
    ▶自動 妖夢 獄炎剣「業風閃影陣」 33ダメージ
    ▶割り込み 清浦 蚊雷 林檎の板で軽減
    ▶割り込み 清浦 蚊雷 オンリーイベントカタログで軽減
     成功 成功 成功 成功 21ダメージ 20ダメージ 19ダメージ 91ダメージ
    骸 「ふぅー…」
    >骸は妖夢の幼さの残る身体にも容赦なく爪を食い込ませ、毅然とした態度で目の前で構え直す
    ▶自動 妖夢 ストーリースペル
    ▶自動 妖夢 光符「冥府光芒一閃」(攻撃行動以外の主動作時、全体に魔法攻撃判定で12d14)
    ▶割り込み 清浦 印象派凛世
    ▶ウール 諸刃の刃(消費100) 通常攻撃
    ▶割り込み 清浦 [応援ください] (応援するよ!!) 物理
     222ダメージ
    ▶追撃 曜灯 7+22ダメージ
    ウール「うさくんは分厚いんだぞー!かたいんだぞー!」
    妖夢「どうなってるの……?まあいいわ。剣が答えを教えてくれる」
    ▶自動 妖夢 ストーリースペル
    ▶自動 妖夢 奥義「西行春風斬」(宣言タイミングより行動順が1回るごとに物理追加ダメージ+80。主動作で行う。物理攻撃で回避可。ワープ移動で対象に移動して、12d11ダメージ)
    ▶妖夢 西行春風斬
    ▶星名 戦闘回避
    ▶割り込み 紅花 冷静な助言
    ▶割り込み 清浦 妨害戦術
     成功
    ▶妖夢 西行春風斬
    ▶ウール 戦闘回避
    ▶ウール チームワーク
     2ストック獲得 ストック消費して成功
    ▶妖夢 西行春風斬
    ▶ウール 回避放棄
     317ダメージ
    ▶割り込み 曜灯 庇う 蚊雷 パリィ 
    ▶割り込み 曜灯 スライド式携帯電話2個で軽減
    ▶割り込み 星名 マミゾウ
    曜灯「させません!」
    星名「ハダルッ!」
    ウール 「さんきゅーひかりちゃん!」
    ▶紅花 ミスティリオン 癒しの風×2 裂帛×2 柳浪×2 リストーロ×2 レタブリスマン×2 エアホールング×2 ヒール サンクチュアリ
    ▶割り込み 曜灯 神籟
     46回復 53回復
    ▶割り込み 曜灯 雨音

    紅花「……はっはー!大いなる癒やしよ!光の風よ!聖域と成せ!サンクチュアリ!」
    ▶星名 幻惑の月 ナズーリン エーテル 購入 大妖精[リリーホワイト・チルノ・チルノ]大妖精[リリーホワイト・チルノ・チルノ] エーテル 星名 清浦
    ▶割り込み 紅花 風向き確認
    ▶割り込み 星名 幻惑の采配 知識の源泉
     18ダメージ 40ダメージ 29ダメージ 48ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 10+28ダメージ 4+29ダメージ 6+23ダメージ 7+21ダメージ

    星名 「容赦しない!その魂の全ての災厄を!余さず散らし昇華せよ!カラミティ・ディザスター!!」
    曜灯「わたしも、続きます!!」
    妖夢「………………」
    ▶急に影が薄くなって白玉楼の光景が少しずつ消えていくよ
    ▶そのまま空間が割れていきますね
    紅花「いやあ流石に強敵だったねえ」
    曜灯「ふう。そういえば、前にも既存のキャラクターを相手にする事がありましたね。」
    清浦 「目力はすごかったです」
    ウール「いやー殺されるかと思ったよね♪」
    星名「…まだもう少し、足りないか…」
    紅花「回復術、大分調整したんだけど足りない、とかはないかな?」
    ウール 「もうちょっと甘味がほしいかも!」
    紅花「うーん、デザートかあ。帰ったら三色団子にするかな?」
    星名 「みんな大丈夫そうだし、帰りましょう。灯風さんも気になりますし」

    裏路地紅葉:奥

    灯風「東方の新作が出たらしい。ネットで見たんだよ。そっから記憶がない……」
    ラウラ「東方好きですねえ……。まだ発表ですよ?」
    紅花 「灯風先輩完全におかしい人でしたよ」
    清浦「私顔負けでした、いろいろと」
    星名 「熱中できるものがあるのはいいことだと思いますよ」
    灯風「そうか……テンション上がってたんだわ。酒飲んだ気分」
    骸 「なにか 呪い?」
    紅花「どうします?ラウラさんに妖夢のコスプレしてもらいます?」
    灯風「何言ってるんだ急に。……………………給料から削っておくな」
    紅花「えー……まあいいですけど」
    ウール 「ラウラちゃんはそのままの姿が一番可愛いもんね!」
    ラウラ「ボンキュボーンなので似合いませんよ?よくわかってるじゃないですかー」
    清浦 「なるほどなぁ…」
    曜灯 「愛、ですね。」
    星名 「何故そこで愛?」
    ウール 「もー!説明させないでよね!」星名を軽く叩く
    星名「あだっ、いたっ」
    曜灯「妖夢さん愛なのか、ラウラさん愛なのかーみたいなお話でした…。恥ずかしいのであんまり聞かないでほしいです…。」
    椿「はいはい終わり終わり。いじりが下手なひな壇芸人はすぐ消える。これマメね。じゃあ笠岡くんの資料も渡しておくから。よろしくね」
    灯風「ほいほい。お前らに漫才はまだ早いな。せいぜい部屋の隅を定位置にして構ってちゃんアピールしておくといい」
    紅花「なるほど」(部屋の隅に移動して「かまってください」と書かれた札を首から下げて体育座りをする
    椿「そこまでやらなくても……」
    白雨事件ファイル:王手
    白雨市:路地

    ▶紅葉に向かうために小走りで向かってるよ
    清浦 「くそぅ混んでしまった……曜灯ちゃんたちに早く会わないと…………」
    ▶清浦 森閑 第六感で判定
     成功
    ▶では、走ってる最中ふと思い立って左に体を頭一つ動かすよ。頭だった場所に長い棒が勢いよく突き刺さるのがわかるよ。長い槍のようなものが思いっきり差し込まれたのだと感じます
    ▶清浦 森閑 [ググる] 逃走で判定
     失敗
    ▶割り込み 清浦 人間振り直し 森閑 [ググる]
     成功
    ▶清浦 森閑 [ググる] ナビゲートで判定
     成功
    ▶では、路地裏を巧みな知識で走り抜け、追手を撒くことに成功したと感じます
    ▶清浦 森閑 [ググる] 瞬発力で判定
     成功
    ▶急に前から現れた男に行方を塞がれます 54ダメージ
    ▶割り込み 清浦 中京間畳で代用
    ▶割り込み 清浦 マミゾウ
    清浦 「なっ」
    ▶男が銀色のナイフを持っているのを咄嗟に確認して横に飛びのいたのですが、後ろから槍のようなもので貫かれます
    清浦 「ぎゃー!」
    清浦「これは絶対あれじゃん! 冬のときのやつじゃん!」
    ▶ショック判定 1d20で12以上だった時、行動が出来ません
     失敗
    ▶割り込み 清浦 290連
     成功
    ▶では銀色のナイフを咄嗟に蹴りを入れ取り落とさせます
    清浦 「ぐっ。このっ!ぐぅ……」
    白雨市:城跡公園

    ウール「うおおおーたいよおおおおおおぅ!!!」
    曜灯 「うーん、どうしたらお父様とお話できるでしょうか…。いつもすぐ寝てしまうし、帰ってきてからでは迷惑かしら…。」
    ▶曜灯 民俗学で判定
     成功
    ▶ウール 記憶力で判定
     成功
    ▶では、白死蝶が飛んでいるのを目撃します。詳しく知りたいなら風向きでどうぞ
    ▶ウール 風向きで判定
     クリティカル
    ▶曜灯 森閑 ガダーニイ 風向きで判定
     成功
    ▶では、ふたりともわかります。曜灯の家から白死蝶が渡り鳥のように一瞬空を埋め尽くすように飛んでいたのを
    ウール 「曜灯ちゃんのお家ってちょうちょいっぱい飼ってるんだね!」
    曜灯 「あれは…白死、蝶…?えっ、わたしのお家!?」
    ▶ウール 反射で判定
     失敗
    ▶曜灯 森閑 ガダーニイ 反射で判定
     成功
    ▶では失敗したのなら、銀色のナイフで刺され、ハイエースされます。
     53ダメージ
    ウール「う、▂▅▇█▓▒░(‘ω’)░▒▓█▇▅▂ うわあああああああああああ!!!」
    串刺しにされて足をじだばださせてる
    ?「おらっ。少し黙らせるぞ!」喉に膝蹴りして気絶させる
    ?「こっちのガキは?」
    ?「とりあえず順番にだな。ガキならいつでも攫える」
    ▶ハイエースはそのまま走り去ります
    曜灯 「わ、う、ウールちゃん!」
    ▶曜灯 毒知識で判定
     成功
    ▶では公園にジフェニルシアノアルシンが撒かれていることがわかりました
    ▶曜灯は今後フェイズ終了時に軽減不可固定ダメージで7d7ダメージを受けます
    曜灯 「うっ、なんでしょうこの匂い…。…、そういえば、前にも蟻坂さんからわたしの家から白死蝶が飛んでいるのを見た、と聞いたような…?」
    白雨市:住宅地

    ▶では、警察に事情聴取を受けています
    六納「ごめんねー。城跡公園でなんか異臭騒ぎがあったみたいで。近くを歩いてた人は全員いてもらわないといけないんだわ」
    骸「異臭? ガス 毒?」
    星名「公園で異臭?」
    六納「詳しいことは言えないんだなー。とりあえずそこの公民館で一時待機しててもらえるかなー?」
    星名「…わかりました。連絡だけ入れておこうかな」
    骸「おけまる 待つ」
    六納「お手数かけるねー。じゃあそういうことでよろしく」
    白雨市:裏路地紅葉

    灯風「今日は客の入りが悪い。遊びに行ったガキ共ももう夕方なのに戻ってこないし……」
    ラウラ「そうですねー。むーくんと食材と食材が戻ってこない……晩ごはんが……」
    鷹見 「おかげで社内ニート気分が味わえて新鮮だよ」
    灯風「まあそう言われてもな。あの顔だけ口裂け女も無断欠勤してるしな。ちょっと忙しくなるかもしれん」
    鷹見「へいへい、まあ店が忙しくなる分には回せるだろ。他に何もなければ」
    梁本「失礼!鷲羽さんはいますかな!?」
    灯風「あー?資料館のおっさんじゃん。なんかあったか?」
    梁本「舞織が……舞織が……!」
    梁本「誘拐されました…………」
    ラウラ「……今どきですか?身代金とかあるやつじゃないですか」
    鷹見 「ここじゃなくて警察に行くべきじゃないのか?」
    梁本「警察は異臭騒ぎとかで出払っているんです……。電話しても出ないんです。身代金を3億を今日の12時までとか無茶です!」
    灯風「うーん……身代金電話まであるのか……。これまたベタな」
    鷹見 「だからといってこっちでなにかできるのか?」
    梁本「た、たしかにそうですが……。他に頼れる人もおらず……」
    曜灯 「た、大変です!ウールちゃんが知らない車に連れていかれました!!」
    鷹見「あー、つまり、誘拐?あいつが?」
    ラウラ「おーっとこれはマジですね。いつからこの街も治安が底辺に落ちてしまわれたのやら」
    梁本「なんとか探してもらえませんか……?何もしてないのも不安で不安で」
    曜灯 「よくは見えなかったのですが、ナイフのようなものも見えました…。大丈夫でしょうか…。」
    灯風「閉店だな。鷹見、何が出来るかわからんが異臭騒ぎと一緒に調査してくれ。俺はここでなんとか笠岡に連絡が取れるかやってみたいと思う」
    ラウラ「曜灯ちゃんはどこにいたんですか?その時」
    曜灯「城跡公園です。異臭騒ぎって言うのも、たぶんそのあたりでのことだと思います。」
    鷹見「異臭もあわせてか、無理難題にしか聞こえないが……まあやるしかないわな」
    灯風「何分情報が少ない。Twitter見てもこの辺はそもそも人がいなくて情報がな……これが池袋とかなら話は違うんだが」
    ラウラ「じゃあ鷹見くん、一緒に行きましょう!時は金なりですよね」
    鷹見 「はいよ。まずは公園あたりですかね」
    灯風「曜灯ちゃんはここで待機だ。顔色も悪いしな」
    曜灯「わ、わかりました…。鷹見さん、ラウラさん、どうかお気を付けて…。」
    梁本「舞織を……舞織をよろしくおねがいします……」
    ▶曜灯 30ダメージ
    白雨市:城跡公園

    ▶少ない警察が規制線を張っていますね。笠岡は見当たりません
    鷹見 「これ……入れないな」
    ラウラ「そんなわけありません。まずは警察に中に入れてもらいましょう」
    鷹見「あーそう言うのあんまり得意じゃないんだが……」
    ラウラ「やるしかないでしょう。私も付き添ってあげますから」
    ▶鷹見 交渉で判定
     失敗
    ▶ラウラ 駆け引きで判定
     成功
    鷹見 「……やっぱり警察は苦手だ」
    ラウラ「笠岡くんの助手です。……むむ、これは羽川探偵!羽川探偵の言うことには従え。テレビでそう言ってるだろう!ってね」
    六納「あー。これは本物ですわ。入っていいよ。ただし毒ガス?っぽいのがやばいから気をつけてね。死んでも責任取れないよ」
    ラウラ「口下手を人のせいにするのって楽でいいですよね」
    鷹見「口下手じゃなくてもなんでもそうだよ。人に強要されれば考えなくて済むからな」
    ラウラ「思考放棄は夜叉だと死に近づく第一歩ですよ。妾様ならやめてくださいね」
    ▶中に入ると、喉のあたりが苦しくなり、嘔吐感に非常に襲われます。ラウラはケロっとしてますね
    ▶鷹見 毒知識で判定
     成功
    ▶吸入、もしくは目にダイレクトアタックするとしんどいです。対策は近づかないことなのでないです
    鷹見 「毒ガスって多分ホントだな。これはしんどいぞ……」
    ラウラ「人間は雑魚でたまりませんね。手早く調査してしまいましょうか」
    ▶鷹見 捜査で判定
     成功
    ▶車のブレーキ痕がありますね。ウールの綿のようなものも周りに散乱しています
    ▶鷹見 ナビゲートで判定
     成功
    ▶では城跡公園から住宅地に抜けるように発進していますね
    ラウラ「うーんこれ、来た方向から発進してるのかな?一手遅い感じしますねえ」
    鷹見 「綿が散らばってるってことは攻撃されてるだろうし、早く見つけたいが……住宅地方面じゃかなり難しそうだな」
    ラウラ「とりあえず時間が正義かもしれません。今が大体……7時ですか。身代金に失敗した人質なんてタダの邪魔者ですから。リミットがありません」
    鷹見「そうだな。このまま住宅地方面に探しに行くしかないか」
    白雨市:公民館

    ▶それなりに人がいるよ。避難所程度には人が集められており、これから調査をするんだなと感じることが出来ますね
    星名 「それにしても公園でか。自然に発生したものなんだろうか」
    骸「自然 ありえない」
    ▶星名 ローカル知識で判定
     失敗
    ▶骸 質問で判定
     クリティカル
    ▶樋爪がいます。お腹のあたりに出血していたのか、ずっと脇腹を抑えていますね
    ▶星名 女苑
    ▶星名 ナズーリン 回復薬G2
    紅花 「ああよかった……皆さん無事でしたか……」(顔に湿布を貼っている
    星名「あ、冬川さ…え、何があったんですか顔のそれ!?」
    紅花「ああ、ちょっと祖父と殴り合いになっただけ…………おや、そちらはまた随分とヤバそうな…」
    骸「ヒヅメ 事情聴取? それより 大丈夫?」
    樋爪「うーん大丈夫じゃない。……というよりあなた誰?お医者さん?」
    骸 「カンチョウ 知り合い ムクロ 治療 出来ない ごめん。 それより なにが?」
    樋爪「あー……。いやね。道歩いてたら刺されたんだよ。刺された?突かれた?まあそんな感じ」
    樋爪「マキロン……まあないよりマシかぁ」
    星名「すいません、今はこれぐらいしかないんです。早く警察さんに済ませてもらいましょう」
    樋爪「ごめんねー。連絡誰かに取れてたりしない?舞織がいなくて」
    骸「刺された 誰に? なにか 盗られた?」
    ▶星名 世間話で判定
     クリティカル
    星名 「わかりました、紅葉の灯風さんに掛けてみますね。それにしても、刺されたままここに避難させられたってことは、この近くで…?救急車ぐらい呼んでもって思いますよね…」
    樋爪「紅葉の近くの路地裏だよ。救急車は今出れないんだって。なんか病院で異臭騒ぎでいっぱいだとかで。市まで行くならここで応急手当したほうが早いとかなんとか」
    星名 「そう、なんですね…紅葉の近く……みんなは無事かな」
    紅花「それはまた……異臭騒ぎと言ってもただの異臭じゃなさそうだなあ……」
    骸「通り魔 他に 被害者 居る?」
    >骸は周りを見渡した
    骸 「なんで ヒヅメ 狙われる… 心当たり ある?」
    灯風「おう星名か。こっちは今とても忙しい。ガキ……ウールが攫われた。曜灯もどうやらあか剤の疑惑がある。舞織とやらも誘拐されてるらしい。そっちもなんとか調査出来ないか?」
    星名「ウールさんも!?…こっちは今公民館に避難させられている形です。資料館の樋爪さんって人から舞織さんがいないって言うのは聞いてましたけど…誘拐か…今冬川さんと骸さんもいます、笠岡さんを通して出してもらえるようお願いできませんか?」
    灯風「笠岡が通話に出ない。なんとか脱出しろ!笠岡がつながればどうとでも出来る。」
    星名「なんとかって…!」
    紅花「笠岡さんに連絡、かあ」
    PL:トイレはありますか?
    GM:ありますね。公民館ですし
    ▶警官が1人入り口に立っているだけです
    星名「少し待ってください、灯風さん。樋爪さんでしたよね、今電話繋がってますけど…伝えたいことは何があるんです?」
    樋爪「ないです……知らない人に連絡しても何もないですよね?」
    星名「あれ、博物館の人だし知ってると思ったけど違うんですね…わかりました」
    骸 「わかった ヒヅメ。 ムクロ ここ でる 少し 協力 お願い。」
    樋爪「ええ。警察がいるけど……策があるのね?」
    >骸は見張りの警官の方を叩きます
    鹿金「ん?なんだ?」
    骸「あの人 苦しそう 」
    鹿金「んー……しゃーねえか。えーっと包帯包帯……」
    紅花「今のうちに……」
    星名 「ありがとうございました!」
    ???:???

    ▶手錠を繋がれて立たされています。古臭い拷問の形ですね
    ▶ウール 脱出で判定
     ファンブル
    ▶コケて15ダメージ
    ▶清浦 脱出で判定
     失敗
    ▶では、ウールと清浦は焼き鏝をされます。
    ▶太ももに、赤く熱された鉄を思いっきり押し付けられ、声に出ないほどの悲鳴が出ます
     61ダメージ
    ▶割り込み ウール スライド式携帯電話、例大祭カタログで軽減
    ▶割り込み 清浦 蚊雷 [switch]中京間畳で代用
    ウール 「―――ッ!(やめてー!お洋服は!お洋服だけはやめてー!)」
    清浦 「んんんーーーーー!!!」(くちをぱくぱく
    ?「吐かないか。おい、ボスは誰だ?誰に命令されている?」
    舞織「知らない!私そんなの知らない!あ、あぁぁぁ!!!!」
    清浦「はぁ、はぁ……よくわからない、なにを言ってるのかも全然……」
    ウール 「ウールちゃんにひどいことするなー!うがー!」
    ?「1時間後にまた来る。それまでに覚悟を決めておくんだな」
    ▶上から水滴が1滴ずつ落ちてきます。不規則で頬や足にあたり、時間感覚を狂わせます
    ▶清浦 ガチャ爆死 清浦
    清浦「肉体に精神に、あの手この手でいじめてくるのね……もう……」
    舞織「あなた達……この間の人ね。何したの?私なんにも知らないんだけど……」
    ウール 「ウールちゃんも悪いことしてないよー!」
    清浦「はぁはぁ……そうですね……なにもしてないですよ……むしろなぜあなたがいるのかが気になるんですが……ど、どうしてここに……?」
    舞織「わからない……急に歩いてたら捕まったの……」
    白雨市:裏路地紅葉

    灯風「曜灯ちゃん……ごめんな。」といって無理やりガーゼを口に当てるよ
    曜灯「いえ、こちらこそすみません…。お手を煩わせてしまって…。」
    灯風「嘔吐剤を吸ったんだろう……夜叉の薬が染み込んでるからしばらく耐えてくれよ」
    曜灯「ありがとうございます…。」
    灯風「さて、効いてる間に今後の方針を固めるか。軽くでいい。詳しく教えてくれ」
    曜灯「それが、私にもよくわからなくて…。城跡公園にいたら白死蝶が、わたしのお家からたくさん飛んでいて…。その後に車がきて、ウールちゃんをさらって行きました…。それから変な匂いがし始めて、助けを呼ぼうとここまで…。」
    灯風「やっぱダメか。これ、ただのあか剤じゃねえな。悪鬼の加護がついてやがる。神社行くぞ。解呪してもらわねえとどうにもならん」ガーゼを捨てる
    曜灯「わかりました…。」
    ▶曜灯 16ダメージ
    白雨市:商店街

    ▶日頃は活気があるのですが、異臭騒ぎと紅葉の閉店で人がいません
    ラウラ「やっぱり静かですね。静岡オーラを感じますよ」
    鷹見「それでも誰かしらいるだろ。直接見せに出向いて怪しい車を見てないか聞いてみるか」
    ▶鷹見 世間話で判定
     クリティカル
    店主「鷹見くん。異臭騒ぎがあったらしいけど大丈夫なのかい?」
    鷹見 「今のとこ大丈夫ですけど、しばらくは近寄らないほうがいいと思いますよ……」
    店主「そうか……こっちは通り魔騒ぎもあってなあ。うちの常連が血を見た!って騒いでるんだ」
    鷹見「通り魔!?だからこんなに人が少ないんですか……大丈夫だったんですか?」
    店主「ああ。だから鷹見くんだからドア開けたけど今日は家にいるんだぞ。襲われるかもしれないからね」
    鷹見「すみませんでした、そうとはしらず……ありがとうございました」
    ▶鷹見 跳躍で判定
     失敗
    ▶一息ついたと思ったその瞬間、死角から尖った土のようなものが飛来して腰のあたりに刺さります 39ダメージ
    ▶割り込み 鷹見 林檎の板で軽減
    ▶割り込み ラウラ マジックスルー(魔法攻撃判定を0にする)
    ラウラ「襲撃ですか!?こんなところで」
    鷹見 「ぐっ……こんな町中でかよッ」
    ▶鷹見 反射で判定
     失敗
    ▶ラウラ 反射で判定
     クリティカル
    ラウラ「狙撃ですか……魔術狙撃なんて簡単に出来るものでもないのですが……」
    鷹見 「狙撃ってことは遠いところからってことかい、やられっぱなしってのはイラつくね……」
    ラウラ「北東なのはわかるんですけどね。狙われないように路地に逃げましょう。流石に何度も受けてられません」
    鷹見「こっちもだいぶしんどいからそうしてくれると助かる……しかしここから北東ってなると川の向こう側か?」
    ラウラ「そこまでは……観測には特化してないんです」
    鷹見「無理言ってすまなかった」
    白雨市:冬泉コーポレーション

    ▶いつもいる警備員さんがいないよ。会社の中もかなりドタバタしていますね
    骸 「忙しい より 慌ただしい」
    紅花「騒々しいなあ……」
    星名 「灯風さん、今冬泉コーポの方まで抜けてきました。椿さんに協力を仰げないか伺ってみようと思います」
    灯風「わかった。こっちも忙しい。切るぞ」
    星名「はい」
    ▶骸 聞き耳で判定
     成功
    ▶どうやらガスの対策に追われているようですね
    椿「ほんっとうに忙しいときに来たわねあなた達。何?うちはやってないわよ」
    ▶とても殺気立ってますね。殺意も感じて気後れするほどです
    骸「いま 判ってること 知りたい。」
    星名 「紅葉のメンバーが誘拐されました、アカ剤の影響も受けているみたいなんです。何かわかってる情報と対策方法を教えてください、お願いします」
    椿「あるわけないでしょ。せいぜい嘔吐剤に悪鬼が関わってるくらい。変に関わってるせいでこっちも忙しいの」
    星名「悪鬼が…」
    紅花 「悪鬼かあ……」
    椿「本当に忙しいんだから。犯人見つけたならうちにも連絡頂戴。ストレス発散がしたいわ」
    骸「関わってる どういう 意味?」
    椿「あ~~~~~~~~。まあいいわ。嘔吐剤にどうやら死ぬまで嘔吐するって概念が付与されてるのよ。魔法使った気配?ってやつ」
    紅花「エゲつない……」
    星名 「そんな強いイメージを…」
    椿「邪魔だからどっかいってくれる?クソみたいに突っ立ってるだけの頭脳労働に時間割いてる暇はないのよ」
    骸「わかった ありがとう コーカ ケイ 行こう これ以上 邪魔」
    星名 「用心していかないとですね、ありがとうございました。」
    白雨市:朱鷺森狐火宮神社

    ▶ぽやーっとした顔で秋枝と萩風が箒で境内を掃除してるよ
    灯風「珮未ちゃん!無事か!?」
    秋枝「はい?……最近食べ過ぎで太ってきたくらいで……」
    萩風「違う。曜灯、呪われてる」
    曜灯「うっ…。こ、こんばんは…。」
    灯風「そのとおりだ。解呪してくれ」
    秋枝「わ、わかりました……!」
    朱鷺森狐火宮神社:奥

    秋枝「臨兵闘者皆陣烈在前!」
    ▶九字を切って呪いを解いてくれるよ。今後ダメージ判定は消滅するよ
    秋枝「はぁ……これで大丈夫です」
    曜灯「あ、ありがとう…。だいぶ楽になりました。」(深呼吸してるよ
    萩風「その呪い……冬泉で見たことあるよ」
    灯風「本当か!?だが……皐月さんがそんなことやるわけないしな……」
    曜灯「椿さん以外の人が勝手に、ということでしょうか。」
    萩風「違う……冬泉に来た議員さん。ずっとその呪い纏ってた」
    灯風「なんやて工藤。当たりがそんなところで……」
    曜灯「議員さん…、この間の来られた方の誰かでしょうか…。」
    灯風「あああわからん。萩風、リストとか持ってねえか?」
    萩風「あるよ。リストはないけどデータはある。スキャンする」
    ▶鞄からノートを取り出してハンドプリンターみたいに書き出しをしてるよ
    秋枝「ロボットなんだよね……こういうの見ると」
    曜灯「わあ、すごい…。」
    萩風「出来た」
    ▶曜灯 図書館で判定
     成功
    ▶曜灯 ローカル知識で判定
     成功
    ▶曜灯 記憶力で判定
     成功
    ▶では、議員リストに立川という人物に思い当たりがあるよ
    ▶あの時、会食でダム推進派だった人物ですね
    ▶最近は駅前でよくダム推進で選挙カーの上で演説をしているのを見ます
    曜灯「立川…さん?最近よく駅前で見かける、ダム建設に賛成の議員さんですよね。」
    灯風「そうなのか?……そういやお前の親父さんって立川議員と知り合いだろ?親父さんと飲んだ時聞いたぞ」
    曜灯 「えっ、そうなんですか。初めて聞きました。お酒を飲みに行っていたことも…。」
    灯風「流石に夜遊びほぼ毎日してて気づかないわけないだろ。ちょっと前に朝に来たんだよ。その後は深夜にお前のことを報告したりとかしてたんだぞ」
    曜灯「わあ…、そうだったんですね。ありがとうございます。ご迷惑をおかけしていたようで…。」
    灯風「それはいいんだ。どうやら親父さん、立川のスポンサーらしくてな。確か……ここだ」
    ▶工事現場2の位置をアプリで見せるよ
    灯風「ここで事務所を作っててたまに決起集会みたいなのをしてるんだと」
    曜灯「決起集会…。」
    灯風「賛成者になんかしゃべる場所だよ。怪しいな……。俺は行くつもりだ。曜灯ちゃんはどうする?」
    曜灯「わたしも、ご一緒します。」
    秋枝「わ、私も!」
    萩風「行く」
    灯風「曜灯ちゃん以外は待機しておいてくれ。俺らになんかあった時に報告できる人材が必要だ。じゃあ行くぞ」
    曜灯「はい!」
    秋枝「わ、わかりました……。ご武運を!」
    ???:???

    ▶では、水滴が不規則に体にあたり、精神にかなりのストレスを与えるよ。
     31ダメージ
    ▶割り込み 清浦 薄い本で軽減
    ▶ウール 脱出で判定
     失敗
    ▶清浦 脱出で判定
     成功
    ▶男が数人やってきて、尋問とともに金属バットをお腹にフルスイングするよ。
     67ダメージ
    ▶割り込み ウール スライド式携帯電話、例大祭カタログで軽減
    ▶割り込み 清浦 夜卿 スライド式携帯電話、中京間畳で代用
    舞織「あっ……う”う”っ……うぇえええ……知ら……ない……。本当に……知らな……い……」
    ?「まだ吐かないか。生贄は殺すわけにはいかないが、別に腕くらいはいいだろう。準備しとけ!」
    ?「うす」
    ▶去っていくよ
    ▶真帆はガチャガチャしてたら手錠が外れるよ
    清浦「ふ、ふふ、よっし。外れた……っ」
    舞織「わ、私より先にそっちのちっちゃい子をお願い……」
    ウール「ウールちゃんはまだへーきだよ!真帆さん!」
    ▶清浦 鍵で判定
     成功
    ▶では、たまたまガチャガチャすると手錠を外すことが出来ます
    清浦「やった、外れた……!」
    舞織「ありがとう……。キミも大丈夫?」
    ウール 「真帆さん慣れてるねー!」
    清浦「ま、まあね……道具の扱いに離れてるからね……」
    ▶ウール 回復薬G3
    ▶清浦 高速回復薬
    ウール 「とりあえず体力つけないと!」
    舞織「はぁ……とりあえず逃げないと。窓は……ないなぁ」
    ▶清浦 風向きで判定
     成功
    ▶では、男たちが出ていった扉の下にネズミが通れるほどの小さい通風孔があるのがわかりますね
    清浦 「窓がないならどっかに……うーん、あそこに通風孔がありますがネズミくらいしか通れませんね」
    舞織「さすがにあの大きさじゃ脱出は……」
    清浦 「まあ、そうですよね……」
    PL:使えそうなものは?
    GM:焼き饅、金属バット、クスコ、ライター、少量の水、手錠の残骸くらいですね
    清浦「うわあ…物騒なものしかないですね……次はこれか……これは本当に嫌……」
    PL:扉は開きますか?
    GM:開きません。木製で、支え棒のようなもので蓋をされているようです。
    白雨市:イオン跡地

    ▶ボロボロに廃墟になっている奥に、動く影が見えるよ
    ラウラ「おっと、またいる感じですか」
    鷹見「こういう場所なら人を隠しててもおかしくないと思ったが……あれは?」
    ラウラ「人というより……」
    山倉「おや……カップルかい?こんなところに来ても幽霊すらいないよ。いるのは私みたいな浮浪者だけだよ」
    鷹見 「人探しをしていてね。人をさらった後に連れていきそうな場所ってなるとここぐらいしか思い浮かばなかったんだよ」
    山倉「なるほどねえ。警察の笠岡くんという人を知らないかい?」
    鷹見「残念なことに知り合いだが、今日は見てないぞ」
    山倉「そうか……いや……逆に……となると……」
    山倉「知り合いならちょうどいい。この書類を持っていてくれ」
    ▶土まみれの書類を渡されるよ
    鷹見「うわ、っと……書類ならもうちょい丁寧に扱ったらどうだ?土まみれじゃないか」
    山倉「私の家内がね……死ぬ直前に命をかけて隠蔽してくれた資料なんだ。これがあれば立川を追い詰めることが出来る」
    鷹見「奥さんが……立川ってのは何をやったんだ?」
    山倉「………………。資料を見てくれ。誰が聞いてるかわからないからね。さて、」
    山倉「囮になろう。私は騒ぎを起こす。たとえ犯罪者になろうともやりたいことがあるんだ。騒ぎの間になんとか笠岡くんに渡してほしい」
    ▶去っていくよ
    ラウラ「資料、何が書いてあるんです?」
    ▶鷹見 情報分析で判定
     成功
    ▶鷹見 日本文化で判定
     成功
    ▶鷹見 神道で判定
     ファンブル
    ▶コケて15ダメージ
    ▶では、立川は時松建設という名前のヤクザと繫がっていること
    ▶イオン誘致をかなり無茶な方法で行い、反対派に対しては物理行使で黙らせたこと
    ▶反対派の主要人物の名前などが列挙されています。白神や梁本の奥さんなども書かれていますね
    ▶更に、警察とも汚職で繫がっていることも書いてありますね。証拠のmicroSDカードもあるようです
    ▶また、冬泉コーポを誘致し、冬泉コーポに責任を擦り付ける指示書までありますね
    ラウラ「おうおうこれはこれは……やばい資料だぁ」
    鷹見「そういえば時松建設ってこの間のときに聞いた覚えが……もしかして今回の誘拐ともつながりがあるのか?」
    ラウラ「さぁ……。でもこれはヤバいですね……。キャルちゃんすき。スキャンしてデータバンクに送っておきます」 書類をお腹の空洞に入れるよ
    鷹見 「ラウラさんに持っててもらえるなら安心か。笠岡はともかく、灯風には一報いれておくか」
    ラウラ「ウウィーン。複製しました。万が一取られても書類を守ることが出来ます。ご主人様には連絡しておきました」
    鷹見 「よし、捜索の再開だ。情報を伝えておけば、何かあったときあっちから連絡が来るだろう」
    白雨市:祠

    ▶笠岡がいるよ
    ▶星名 ナズーリン 高級牛乳
    笠岡「確かあの時……そうだ。で、あいつに何をした……思い出せん……」
    紅花「あれ、笠岡さん…?灯風先輩が連絡つかないって言ってたけど……」
    骸「なに してる?」
    星名 「1発で当たるとは思いませんでしたね…すみません、笠岡さん事件です。誘拐とガスの異臭事件が起きていて、椿さんの話だと悪鬼が関わっているとのことです。灯風さんたちも探してました、連絡を取ってもらってもいいですか?」
    笠岡「お前らか。この辺は圏外だぞ」
    星名「圏外なのか…困ったな…」
    笠岡「おい、この辺でうちのやつ誰か見なかったか?」
    笠岡「証拠がない……」
    紅花「や、見てないですね……何かお探しで?」
    星名 「い、いえ?公民館の周辺に2人はいましたけど…ここには来たばかりです」
    笠岡「いや、今じゃなくてもいい。むしろ前のほうがいい」
    星名 「えーと、公園で異臭騒ぎがあって六納さん、でしたっけ…あの人に18時ごろ会って、その後は公民館で鹿金さん?を見ました」
    笠岡「…………。この場所でなんだがな」
    星名「ふぅ、ってあ…すみません…」
    ▶紅花 記憶力で判定
    ▶割り込み 紅花 的確な指示
     成功
    骸「会ったこと ある 顔 判る」
    笠岡「どれだ?」 警察の写真を出しますね
    骸「いつも 居る 言ってた」鹿金指すよ
    笠岡「こいつか……気づかなかった。こいつは悪鬼に関わりのある議員と繋がっていた。以前から身内から情報が漏れていると思っていたが……。ここはこっそり会う為に使っていたようだ」
    ▶星名 地質学で判定
     成功
    笠岡「そうだ。ここはどうやらパワースポットらしくてな。悪鬼を生成させやすい。ちょっとした負で悪鬼が自然発生する。祠をちょっと小突くだろ?」
    ▶小さい青い悪鬼が発生するよ
    星名 「…こんなことが」
    紅花 「はっはあ、凄い場所があるものだなあ…」
    笠岡「このとおりだ。どうやらこれを拡張させて会話していたようでな」
    骸 「目的 なに?」
    笠岡「密談だ。悪鬼の中は天然の密室で盗聴の心配もない」
    星名「それで、どうするんですか。こうも色々分かった以上、灯風さんやラウラさん達とも共有した方がいいと思うんですが」
    笠岡「いや、そうしたいのは山々だがここは圏外だ。それに鹿金に迂闊に接触して逃げられると困る」
    骸「その 議員 誰? 企み わかる?」
    笠岡「わからん。とりあえずここは天然なだけだ。素知らぬ顔で合流して情報共有だな」
    白雨市:工事現場2

    ▶山倉がいるよ
    灯風「あれは……うわ怖っ!」
    曜灯 「あの方は…、こんばんは。」
    山倉「ああ、お父さんとこんなところまで散歩かい?離れているといい」
    灯風「父親……父親……」
    曜灯「今日はイオンの方ではないんですね。えっと、何かされるんですか?」
    山倉「隠れているといい」
    曜灯「えっと、わかりました…。」
    ▶曜灯 潜伏で判定
     成功
    ▶灯風 潜伏で判定
     成功
    ▶では、掘っ立て小屋が爆発するよ 26ダメージ
    ▶割り込み 灯風 絆庇う 曜灯
    灯風「顔出すな!今は危ないぞ」抱きかかえるようにして体で守るよ
    曜灯「きゃっ!だ、大丈夫ですか!?」
    灯風「俺は大丈夫だ。あのインスマスみたいなのは大丈夫なのか?」
    曜灯 「ご、ごめんなさい…。えっと、立ってはいますが大丈夫ではなさそうです…。」
    ▶山倉が高圧水洗浄機で出てきた男たちに水を噴射してるよ
    PL:怪我は? GM:火傷しています
    笠岡「灯風!情報が出たぞ!今どこにいる!?」ふらふらですね

    ラウラ「ご主人様!共有したいことがあります!どこですか!?」
    灯風「今データを送る。ここだ。なんかおっさんが爆破して騒ぎになってる」電話
    笠岡「……わかった!すぐ向かう」
    ラウラ「あぁ……。今すぐ行きます!」
    白雨市:工事現場2地下

    ▶清浦 瞬発力で判定
     成功
    ▶清浦 集中で判定
     失敗
    ▶清浦 演技で判定
     成功
    ▶ウール 演技で判定
     失敗
    ▶割り込み 清浦 290連
     成功
    ▶ウール 集中で判定
     クリティカル
    ▶すると、まるで捕まっているように演技できてるよ。舞織は根性でっぽくしてるよ
    ?「おうおうおう……覚悟はできたか?」高枝切り鋏を持ってますね
    舞織「……ひっ」
    ?「ゆっくりやろうぜ兄貴。どうせ助けは来ねえからよぉ……」
    ?「そうだな……」
    清浦「おら、これでも喰らえ! このやろー!」
    ハサミ持ってるやつに脛をめがけて思いっきり蹴りを加えます
    ?「ぐえっ!こ、こいつ……!」
    ウール 「それはこっちの台詞だー!」バットで殴りつける
    ?「あ、兄貴……」
    ?「くそっ……本部に連絡だ」後ろを向くよ
    舞織「え、えいっ!」焼き鏝を首にあてるよ
    ?「があぁぁぁ……」気絶するよ
    ウール「助けは来ないって自分で言ったでしょ!」
    舞織「はぁ……はぁ……」
    ▶急に上の方から爆発音が聞こえるよ
    ▶煙が部屋に立ち上り始めて、息がしにくくなります
    清浦 「ウールちゃん! 今こそあそこから出よう!」
    ウール「うん!おねーさんもこっちこっちー!」
    舞織「私が守るからね……」
    ▶清浦 逃走で判定
     成功
    ▶ウール 逃走で判定
     失敗
    ▶割り込み 清浦 290連
     成功
    ▶では、壊れた小屋のところから抜け出します。表ではおじさんがドロポンやってるのが見えます
    ▶ウール コスプレで判定
     失敗
    ▶割り込み 清浦 290連
     成功
    ウール 「あー走るの疲れた……ウールちゃんはもっと綺麗な空気の場所に居たいのに!」
    灯風「お、おい!お前らこっちだ……!」
    ウール「おー!爆風をバックに仲間と合流して脱出ってヒーロー物っぽい!」
    清浦「どことなく特撮感がありますね」
    ラウラ「はぁ……はぁ……山倉さんはどこですか!?」
    笠岡「煙が見えたから来たが……どうなってる?!」
    曜灯「ウールちゃん!無事だったんですね!」
    ウール 「曜灯ちゃんだ!ウールちゃんはいつも元気だよ!」
    清浦「はろーです。皆さんお揃いで良かった……」
    鷹見「ウールは見つかったか。依頼された誘拐された人もいるのか?」
    舞織「……はーーーーーぁ」
    ウール「あ、そういえば中に人が倒れてるよ!」
    紅花「ぜえ、ぜえ……は、速い……待って……くだ……ぜえ……ぜえ…」
    星名「!あの人は…!」
    PL:清浦達の怪我具合は?
    GM:全身にやけど跡や打撲痕、絞められた跡などが残っていますが、服を除けば走れる程度には元気です
    ▶人数の暴力で山倉は放水を止められ、バットで殴り倒されますね。そから袋だたきにされています
    笠岡「とりあえずこのお嬢さんを保護する。灯風!後は頼んだぞ!」
    舞織「あ、ありがとうございます……」
    骸「… 誰に? あいつら?」
    >骸は笑ってない目で問いかける
    紅花「あー……まずいですねえアレは」
    ウール「あ、おじさんが危ない!今助けに行くぞー!」ぱたぱた
    灯風「待て!」首根っこを掴むよ
    ウール「ぐえー!」
    灯風「てめえら突っ走りすぎた!捕まってたのに居場所がバレてどうするんだ。それに今のお前だとクソガキなだけだ。実際俺にすら止められてるだろうが!」
    灯風「まずは人手だ。後詰めがないと自殺と変わらん。アテとかないか?」
    鷹見「あんな暴力集団と殴りあえるやつなんてこの街にいないだろ……」
    曜灯「えっと、この間の英雄さん?たちはどうでしょうか。」
    紅花「……ああ、そういえば椿さんが犯人見つけたら騒ぎの報復をしたいと」
    灯風「早く連絡しろ!皐月さんなら40秒で来てくれる」
    星名 「頼もしいですね…もってくれるか」
    清浦「なんとかなるといいですが……」
    ▶星名 ナズーリン 回復薬G2
    紅花 「もしもし紅葉所属紅花です犯人見つけましたので位置情報送りますどうぞ」
    ▶なにもない空間から扉が出てくるよ
    ▶そこから特殊装備をした隊員が続々と突入していくね
    椿「陽動は任せなさい!奥にいる元締めを潰して頂戴!」
    星名 「…治療道具、置いとくので使ってあげてください!」
    鷹見「……なんだあれ」
    紅花「わあしごとがはやいなあ」
    清浦「特撮の撮影ですね……」
    灯風「わかった……冬川。治療だけして家に突っ込むぞ」
    ▶紅花 癒しの風 裂帛 柳浪 レタブリスマン エアホールング サンクチュアリ
    ▶割り込み 曜灯 神籟
     49回復
    ▶ウール エーテル

    紅花「了解、なんやかんやで癒やしの聖域以下略サンクチュアリ!」
    骸 「…行こう 終わらせよう」
    灯風「行くぞ!」
    燃えている掘っ立て小屋:室内

    ▶赤い悪鬼が妖しくあるだけだよ
    骸 「冷静 ムクロ 冷静」
    ラウラ「建物の倒壊を持ちこたえさせます……フィールドバリア!」
    灯風「魔力量的に冬川じゃ持たねえか……。俺も手伝う」
    清浦 「よし、行きましょう……」
    ▶全員キノ設置

    燃え盛る部屋

    ▶清浦 武器チェンジ
    ▶1人の女性が奥で座っているよ。部屋中が燃えているね
    紅花「あつつ!」
    ?「あなた達ですか。ここまで入ってくるとは……黙ってもらう必要がありますね」
    ▶鞭を虚空から取り出すよ
    清浦「さっきまでの拷問に比べたらそんなものどうってことないよ」
    ▶戦闘前行動 紅花 プロテクター マジックプロテクト
    ▶戦闘前行動 ? 双竜打ち(常に攻撃回数を2回とする)
    ▶戦闘前行動 星名 ブィストロター 幻惑の采配 橙 ヒット トップベース 蜃気楼 曜灯 骸
    紅花「光れ、守れ、祓え、デュアルプロテクト!」
    ウール 「お洋服はもうボロボロなのに……また燃やされちゃう!およよ……」
    鷹見「お前もこの間の狐みたいな鉄砲玉か?まあそうだとしてもやることは変わらないがな」
    星名 「手早くケリをつける!銀河よ逆巻け!」
    ?「思い込みは見苦しいものですね」
    骸「あなた 誰?」
    ?「話す価値もありません。」
    骸「なら いい」
    >骸は決断的に構えた
    ▶? アローレイン ミゼラブルミスト 全力攻撃 サモン獣
    ▶割り込み 清浦 ガチャ爆死 清浦
    ▶骸 戦闘回避[冷静な助言]
     成功
    ▶割り込み 骸 ダッキング(凛凛凛)
    ▶割り込み 清浦 印象派凛世
    ▶星名 戦闘回避[妨害戦術]
     失敗
    ▶割り込み 清浦 ナンバーワ”ン”! 魔法
    ▶鷹見 戦闘回避[冷静な助言][妨害戦術]
     成功
    ▶清浦 戦闘回避 [妨害戦術]
     成功
    ▶割り込み 星名 幻惑の采配 幽谷詠唱 スロウ ? サモン獣
    ▶ウール 紅花 回避放棄
     108ダメージ 114ダメージ
    ▶割り込み 曜灯 [switch]蚊雷 スライド式携帯電話、例大祭カタログで軽減
    ▶割り込み 清浦 マミゾウ
    ▶割り込み 鷹見 落とし前 結界壁
    ▶割り込み 紅花 スライド式携帯電話 もこたんの羽
    ▶割り込み ウール もこたんの羽
    ▶割り込み ウール [switch]ドレミーのひつじ
    ▶割り込み 星名 もこたんの羽
    ▶割り込み 星名 マミゾウ 
    ▶割り込み ? フェイタリティバインド(1d7で2人行動終了以外選択できないようにする)
     清浦 星名
    ▶自動 星名 大結界
    ▶割り込み 鷹見 落とし前 結界壁
    ▶割り込み 紅花 [switch]癒しの風 裂帛 柳浪 レタブリスマン エアホールング 玲瓏
     26回復
    ▶割り込み 星名 ディレイアクション 

    清浦 「みんなを護衛する! みんなに防衛戦術」
    星名 「ぐっ……まだだっ!ハダル!」
    紅花「骸さんはそっち、鷹見さんは向こう避けげふぁっ!?」
    >骸は降り注ぐ攻撃を身を屈めて前に、前にと躱して進む
    ウール 「げほっげほっ……」うさくんで口を覆って、息苦しそう
    鷹見 「ついでだ、戦いやすくしてやるよ」
    紅花「ぐえ、無理、死ぬ、癒せ……玲瓏!」
    ウール 「あ、ありがとうございます……」
    鷹見「もひとつオマケだ!」
    星名「こいつもだ!宿雨!」
    ▶鷹見 22ダメージ
    ▶鷹見 輪廻彩声 サモン鳥 新聞で判定 エーテルターボ
     失敗
    ▶割り込み 鷹見 人間振り直し
     失敗
    鷹見「さて、呼び出したはいいがこれじゃあお前ら焼き鳥かもな。焼き鳥になりたくなかったら、目の前の障害を屠れよ!」
    ▶曜灯 17ダメージ
    ▶曜灯 モビルビット展開 ゲンキトリッパー 威圧 本知識で判定 サモンA 骸 曜灯
     失敗
    ▶割り込み 曜灯 雨音
    ▶割り込み 紅花 処方箋
    ▶曜灯 キュアシャワー
    曜灯「あちちっ…。あんまり長居はできませんね…。」
    ▶清浦 9ダメージ
    ▶清浦 ビット展開 満月への祈り 塩への祈り ブルーキャンドル 裂帛 柳浪 森閑 ヴェルターブーホ ラズルシャーチ  本知識で判定 C4 恋愛の御札
     失敗 38+5ダメージ 24+7ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 8+22ダメージ 8+23ダメージ
    >真帆は懐から怪しげな色をした数珠を2つ取り出し、おもむろにバンドで留まった青い炎を灯す蝋燭を右の手首近くに巻いた。
    >左手でその膝辺りを掴むとぶつぶつとつぶやいくと、ぽおっと蝋燭が光りを放ち、一瞬だけ包むと蝋燭の炎が消えると、すっと体が軽くなったような気がした
    清浦「熱いのは慣らされたんだよ。いっそ炎の足しになってしまえ! ばっくはー!」
    ▶サモンA 16ダメージ
    ▶割り込み サモン獣 とおせんぼう(すり抜け禁止)
    ▶サモンA 横並び 必中 136ダメージ
    ▶追撃 曜灯 3+34ダメージ
    ▶サモンB 23ダメージ

    ▶サモンB 横並び 必中 132ダメージ
    ▶追撃 曜灯 13+19ダメージ
    ▶ペット犬は首を刎ねられ絶命したよ
    鷹見「さあ、これであとはお前だけだ」
    ▶割り込み 星名 華扇
    ▶割り込み 紅花 風向き確認
    ▶星名 ナズーリン 昔間畳 購入 大妖精[リリーホワイト・チルノ・チルノ] エーテル 高級牛乳 星名 ウール 星名
     40ダメージ 62ダメージ
    ▶自動 曜灯 ドラマチックステート 14+23ダメージ 13+25ダメージ
    ▶割り込み 鷹見 落とし前 堅牢
    ▶割り込み 星名 幻惑の采配 スロウ
    ▶割り込み 鷹見 落とし前 堅牢
    ▶割り込み 星名 ニトロチャージ
    ▶割り込み 秘書 スマホ爆発 違法改造 手投げ爆弾 イオナズン(全体化)
     6ダメージ 2ダメージ 2ダメージ 2ダメージ 8ダメージ 8ダメージ 9ダメージ 9ダメージ 20ダメージ 18ダメージ
    ▶割り込み 星名 スピードダウン
    星名「瞑怒雨!霧雨!助かる冬川!」
    紅花「えー、まあ、このくらいしかできないからねえ…」
    鷹見「陣形をつくりあげるとは、こういうことか!」
    星名 「なら合わせるのは任せた!ルーインディスピア!」
    ▶骸 19ダメージ
    ▶割り込み 清浦 印象派凛世
    ▶骸 死のウイルス(毒追加攻撃)神経毒(麻痺追加攻撃)ヤート 祟り目 ワセリン
    ▶割り込み 清浦 [応援ください] (応援するよ!!) 物理
    ▶割り込み 清浦 [応援ください] (応援するよ!!) 物理
     成功 成功 成功 成功 25ダメージ 24ダメージ 24ダメージ 125ダメージ
    >骸は怒りを灯した目で秘書の正中線をなぞるように拳を打ち付ける。打ちのめす!
    ?「くっ……」
    ?「調べさせませんよ……ぐっ……」
    ▶キノで離脱するよ
    ▶空間が少しずつ崩れ落ちていくよ
     戦闘終了!
    清浦 「うわアイツ逃げやがった」
    紅花 「……あー、し、しんどい……」
    星名 「…ふぅー」
    骸「…」
    >骸は少し肩で息をした後、自分を落ち着かせるように長く息を吐いた
    鷹見「ちっ、逃げられたらこっちもここに要はない。火葬されるにはまだ早すぎるんだよ」
    星名「あの人は、無事か…」
    清浦 「さすがに熱い……ちょっともう無理、離脱しよ……」
    紅花「……うぐ、久々に術の使い過ぎで気分が……」
    ウール 「はぁ……疲れた……」
    曜灯「今日は本当に、大変でした…。」

    燃え盛る掘っ立て小屋:内部

    灯風「てめえ!誰だ!?」
    ?「外にもいましたか……」炎に突っ込むよ
    ラウラ「あっ……ちょっと……行っちゃいました」
    灯風「なんだったんだあいつ……」
    骸「逃げ たの?」
    星名 「明確に殺意をもって攻撃をしてきたし、敵なんでしょうね…」
    清浦「……まず間違いなく敵、ですよね……」
    鷹見「明らかになにか知ってるやつだったな」
    紅花「はあ、なんとかなったけど……?……熱ッ!?熱い!熱いっ!ちょっ!水っ!誰かぁーっ!」(服が若干焦げ付き出したのをなんとか消火している
    ▶女が行ったほうの建物が崩れ落ちるよ
    曜灯「追いかけるのは、難しそうですね…。」
    灯風「あー……ありゃ助からねえな。探しはするが」
    星名「…あんまりしたくはないですけど、化けることはできると思います、ので…いやでもやだな…」
    ウール 「あの人も夜叉なんでしょ……?生きてたりとかは……」
    灯風「しねえな。身を持って知ってると思うが普通の空間なら只の人だ」
    ラウラ「そろそろ限界です。待避しましょう!というかして!」
    骸「ウール マホ 本当 大丈夫?」
    ウール「私は大丈夫……そっか。」
    清浦「私は元気ですよ、骸さん、ありがとうね……」
    紅花「ああっ!服が!服が!」
    白雨市:工事現場2

    ▶特殊部隊が制圧してるよ
    椿「遅かったわね。こちらは粗方終わったわ。どうやらうちの名前を騙ってたみたいじゃない」
    星名「迅速ですね…圧巻だ」
    鷹見「これが一企業で動かせるものかよ……恐ろしいな」
    清浦「……すご」
    椿「紅葉と違って現実でもなんとかなるようにしてるからね。その差よ」
    PL:山倉は?死んでる?
    GM:真ん中の方でうつ伏せで倒れています。動く気配はありません。遠目には死んでるように感じます
    骸「そう 騙ってた なら よかった。」
    椿「”私”は清廉潔白よ」
    紅花 「現実でも生身で強い人は大体悪鬼でも強いんだよねえ……普段から強い自分がイメージできてるからかなあ……」
    星名 「さっき作ったもの、これでなんとか出来る手当を…!」
    ウール「山倉さん……」
    ▶近寄るとわかります。明らかに死んでいます。血が刳れ、骨が見えています。顔はもう残った気配もありません
    清浦「そうか……」
    骸 「一人 戦った この中で ただ 一人」
    曜灯「うう…、ひどい…。」
    星名「……なんで、俺はいつも…間に合わない…こんな……」
    鷹見「俺らもこっちで戦えばこうなるんだ。しっかり覚えておかないとな」
    ウール「そりゃそうだけど……こんな最期は、あんまりだよ。」
    紅花「……戦って、戦って、戦い続けて、その結果がこれか……」
    PL:所持品を見ます。 GM:ロケットだけ持っています。山倉と奥さんの写真ですね
    骸 「ムクロ 達 すること 悲しむ事 違う 意思を 継ぐ事 おじさん  が 守った 守りたかったもの 守ること」
    清浦 「そうですね……そうですよね、骸さん、私もそう思いますよ……」
    少し目を伏せています
    星名 「…俺はこの人のことをよく知りません。だから、知らなくちゃいけないんだ…何があって、何をすべきか」
    灯風「逆転の手札はまだある。というよりこのおじさんが全部教えてくれた。準備してから乗り込むぞ」
    骸「わかった 今度は 戦う」
    椿「一枚噛ませて頂戴ね。あのバカどもも使うから」
    紅花 (……この人はこれで満足だったんだろうか……)
    清浦「絶対に戦って、……乗り込んで、終わらせよう……」

     セッションクリア!
    さいごに

    ということで第一部直前のS10でした。後は乗り込むだけ。わかりやすくていいですよね。
    GWは忙しいです。というより5月が忙しい……おかしい……こんなはずでは……
    それでは、
    ここまで読んでくださり、ありがとうございました!