ORASのシナリオ考察 2 マグマ団アクア団
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ORASのシナリオ考察 2 マグマ団アクア団

2015-03-19 20:00

    シナリオに踏み込む前に、特にがらっと変わったキャラクター群の変更点をつっつく。
    ※3/21書きかけの部分発見して前後あわせて若干加筆修正しました

    マグマ団・アクア団のキャラクター設定 変更意図


    対称な組織から非対称な組織へ
     RSに登場したアクア団とマグマ団は、陸を広げるか海を広げるかの違いしかない対称な組織であった。どちらのタイトルをプレイしても同じ台詞で、代替可能な作りをしており、ホムラとウシオにいたっては双方がウヒョヒョと同じ笑い方をしていた。当時のシナリオ制作やプログラム組み込みのボリュームを抑えるための工夫だとは思うが、リメイクでのアレンジにあたって両組織の差別化を図ろうとしたのは想像に容易い。

    組織の目的を偏らせる
     RSでは共に”人とポケモンのため”に陸や海を広げたいという活動理念だった所、ORASでは、“人類の発展のため陸地を増やす”マグマ団、“ポケモンのため生命の発祥である海を増やす”アクア団という偏った形で二分させた。陸と海の対立項に、人の営みと(ポケモンのための)自然という対立構造をも付加することにより、それぞれの組織の統制方針も規律正しく合理的なM団、自由奔放なA団というイメージにつながりキャラクターが差別化された。


     細部には触れないが、キャラクターデザインもそれぞれの特徴に合わせて一新されている。新旧幹部の設定やデザインの振れ幅は大きいが、はっきりとした明確なコンセプトの上で成り立っているのでプレイ済みの方には大抵受け入れられているのではないだろうか。シナリオ上もホムラ、イズミなど両組織にブレーキ役が用意されたことによって人間関係も厚みが増している。XYと対比するとフラダリの孤独感がすごい。

    「2タイトルのうちどちらをプレイしても問題ない」じゃなくなってる
     己の正義に基いて行動しているが対立する相手にとっては悪の組織、というRSが2タイトルである利点を活かした面白さはそのまま踏襲し、ORASでは台詞も組織内の人間関係も異なるため、両タイトル併せるとシリーズ史上かつてない情報量をもったシナリオになっている。今までもBWのブラックシティとホワイトフォレストで両極端な主張をNPCにさせたりしてきたが、メインシナリオに絡む台詞はせいぜい空間と時間、真実と理想などがひっくり返っただけのものであった。メインシナリオのテキストの細部が2タイトルでここまで違うのは初めてはないだろうか。ここまでくるとRSの両組織が言葉をすげ替えただけの同質というのも意図的なものだったように思えてくる。あとリーダーの切り札のバグーダ、サメハダーもシナリオ演出のためにメガシンカを得たような部分があるかもしれない。どちらもプレイして二度美味しいORASを体験してしまった以上、他のタイトルを両方プレイしていくのが辛くなるかも。

    対立項を成立させる
     M団、A団の人vs自然(ポケモン)の対立構造の強調がシナリオの随所でされている。









     アルファサファイアでのみ明かされたアオギリの行動理由とされる幼少期のジラーチとの出会い(2002年7月7日?)に関しては詳細不明だが、何故彼がポケモン(あいつ=ジラーチ)のため海に拘るのか妄想できる材料としては十分だろう。何かの伏線として機能させるのかどうか以前に、人間側がポケモン(自然)のために必死になる根拠として仄めかす程度にとどめたのは下手に語るよりも巧みかもしれない。ただし劇場版「七夜の願い星ジラーチ」を視聴していないとあまりイメージがわかない可能性もある。逆に言えば初代のシナリオにおけるミュウの露出具合を考えれば別に不思議ではないか。
     ORAS発売年の2014年の12年前である2002年?の出会いというのは示唆的だが、2002年7月7日はRS発売前で誰もホウエン地方の冒険をしていない頃であり、実際に我々プレイヤーがジラーチと出会ったのは2003年夏の劇場前売り券での引き換えである。ファンサービスとしては今一歩惜しいような、意図の掴みにくい情報だ。無理に解釈しようとこじつけ始めてしまうと”インドぞう”を追いかねないのでここまで。
     


    ORASのテーマ"共存"
     ORASのシナリオで最終的にはマグマ団、アクア団共に自らの否を認め、もっと歩み寄らねば、という作品テーマである”共存”を体現していく。それは旧RSで示されなかった結末である。RSでマツブサ、アオギリがおくりびやまに宝玉を返しに行ったという反省の様子が間接的に描かれたイベントは、ORASで宝玉がプレイヤーがゲンシカイキさせるためのアイテムとなった」ため、違う形で具体的に反省の様子を描く必要があったともいえる。
             BW2のセッカシティに登場した元マグマ団員の男性と元アクア団員の女性のカップル?
             時系列の関係性については未だに不明で、同一人物かどうか定かではない。
           

     シナリオで宝玉「あいいろのたま」「べにいろのたま」を入手する立場、それぞれの効力設定が旧RSと入れ替わっている点は注目して欲しい。こちらの項が半端になってしまうがゲンシカイキの考察で詳しく書きたい。

    両組織がもつ科学力の根拠として元デボン社員がいるという追加設定、ヒガナの暗躍、封印された伝説のポケモンを開放する力としてXYから登場した古代カロス最終兵器のエネルギーを利用する「プロジェクトAZOTH」に関しては メガシンカの項にて後述。

     共存というテーマに導くための「人vs自然」という対立項を強調するため、設定が変更されたり追加されたサブイベントが他にも存在する。
    次回は新登場したダイキンセツホールディングスという企業グループについて考察する。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。