• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 初見のシャチに出会うべく名古屋まで行ってきました:レイユール

    名古屋港水族館には、まだ見ぬシャチが何頭も…… みなさん、こんにちは。レイユールです。 「またか」と思われるかもしれませんが、はい、「また」です。 そう、水族館まで遊びに行ってきました。今回は名古屋港水族館です。 ……といっても、以前のブロマガでちらっと言ってた通り、実際に行ってきたのは3月頃の話なんですけどね。 ともあれ、コイツ暇さえあれば水族館に行ってないかと思われそうですが、 シャチを見に行くためなら余暇の時間を捧げるなど微塵も惜しくありません。 何度となく申し上げている通り、私は海獣が好きで、中でも大好きなのがシャチです。 シャチはおそらく飼育可能な最大サイズの海洋生物で、大迫力でありながらとても可愛らしい見た目をしていることから多くの人に愛されています。 そんなシャチは、紛れもなく水族館のアイドルと言えるでしょう。 ◆◇◆国内のシャチ飼育状況◆◇◆ 現在、国内で飼育されているシャチは全部で7頭。 その内訳は、執筆当時である2024年3月の時点では、 千葉県鴨川市にある鴨川シーワールドで4頭、愛知県名古屋市にある名古屋港水族館に3頭が暮らしています。 そ...

    1時間前

    • 0 コメント
  • 超会議の撮影用ナイフの表面処理・塗装の話:しろへび

    超会議でお目にかけたナイフ、実は塗装に凝ってます おはようございます。しろへびです。 去る4月27日、ニコニコ超会議にお邪魔してきました。 記念撮影があるということで、手ぶらだとちょっと厳しいことが予想できました。 くられ先生の雲形定規みたいな撮影小物があると便利そうだなー って持参したのがこちら 名前は「Centaurea(セントレーア)」にしました。 全長は515mm 鋼材はお馴染みの武生特殊鋼材 V金10号。 舞台用、撮影用ですので黒っぽく塗装してあります。 ピカピカにしても良いのですが、反射や映り込みが邪魔になることが予想できますし、威圧感がありますから相応しくありませんね。 黒色のナイフと言えば、「フリップフロップボールドネオ」「フリップフロップネクロ」で採用した黒クロームメッキがありますが、 今回は「CERAKOTE(セラコート)」という塗料を使用しました。 以下会員限定 ◆◇◆塗装のメリット◆◇◆ そもそもなぜ塗装するのでしょう? 塗装の大きなメリットは 1)防錆 2)美観 が考えられます。 1)について。 鉄系合金の刃物の弱点は錆びるこ...

    3日前

    • 1 コメント
  • テンション爆上げでサーキットでカートを乗り回した話:デゴチ

    やっとかめ! 薬理凶室のブンブン担当、デゴチです! 人類の持続的な繁栄 を得るためには、我々の住む地球への 環境に配慮することが大切 ですよね。 ただ人間は生活の中で様々な資源を消費し、環境に対して影響を与えてしまいます。 それを考えると、例えば移動の際には、燃費の悪い自家用車より、電車やバスなどの公共交通機関を利用する方が、環境への影響は少ないでしょう。 究極的には人間が移動しなければ良いんですけどね。 さらにアルティメットな環境配慮をするならば、 人類すべてを滅ぼせば人類による影響は排除できます! ……あれ?『人類の持続的な繁栄』どこいった? 環境問題は、こうして様々な矛盾をはらむので難しいですよね。 それはそれとして、今回の話は、環境への配慮が著しく損なわれています。 ……だから、こう、最初に優等生的な発言をしてみました(笑)。ごめんなさい。 ということで、今回は私がカートに乗った話をしましょう。 カートは、レースをゲームでもラジコンでもなく、自分が乗車して、運転して体験できるアクティビティです。 思う存分、ブンブンしてきました。 以下会...

    5日前

    • 0 コメント