MTGアリーナ『ランク戦ドラフト:ラヴニカの献身』感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MTGアリーナ『ランク戦ドラフト:ラヴニカの献身』感想

2019-06-28 17:00





    5000ゴールドがたまってたので、ドラフトを遊びました。
    辛くも7勝できたので、ほっと一安心。

    デッキの画像はとり忘れました。7勝後にデッキリストの画像を取ろうと思ったら、見れませんでした。えっ!って感じです。なんという仕様……。

    デッキは、白黒飛行チクチクデッキです。

    ※名称をクリックすると、MTG公式HPに飛びます。
     【欲深いスラル】【組織の伝書使】を3枚ピックしたので、こいつらで殴ってました。

     【最後の支払い】2枚と【昇華 / 消耗】1枚をピック出来ていたので、嫌なクリーチャーを殺しながら、チクチク殴っていきます。【屈辱】も欲しかったんですが、今回は出てこなかった、悲しい。

     あと、この弾だと【叫び盾】は絶対に1枚はピックします。何故かというとお互い殴れない状態になった場合、これ1枚で勝ち筋を作れるからです。

     もちろん【不正相続】でもOKなんですが、こちらは直接盤面に影響を与えないのが弱みです。もちろんこの色だとピックします。欲しかったんですが、今回は取れませんでした、ツライ。

     【黄昏の豹】も使いやすく2枚ピックしました。接死偉い。
     この猫で釣って、安心しているところを【焼印刃】で刈り取ってたりしてました。だた、返しにクリーチャーを何かされることも多いので、このカードをピックするよりも【屈辱】【最後の支払い】【昇華 / 消耗】をピックした方が良いです。今回は枚数が足りなかったので無理やりの採用。

     【組織のギルド魔道士】は色拘束がきついですが、序盤に出すカードではないので問題ない感じです。緑のデカいクリーチャー止めながら、最後の詰めに2点飛ばせるのは、頼もしいです。

     クリーチャーでのフィニッシャーは、【ギルドパクトのスフィンクス】
     出たら強いけど、よく【争闘 / 壮大】【屈辱】に殺されるので、赤緑か白黒が相手の場合、【毅然たる番犬】先置きで対処したいです。または他のクリーチャーに使ってもらってから着地させる。

    『飛行クリーチャーで殴りきる』
    【叫び盾】でデッキ切れさせて勝つ』
    が勝ち筋です。
    【不正相続】が引けていたら、
    『引けてたら、【不正相続】でちまちま削りきる』
    上記が追加されます。

     そんな感じの白黒デッキで7勝できました。【ラヴニカの献身】では、赤緑・緑青・白黒のどれかで戦うことが多いです。

    ※今回ピックしたカード
    黒カード
    【ラクドスのラッパ吹き】
    【地下墓地のクロコダイル】
    【焼印刃】

    白カード
    【黄昏の豹】
    【毅然たる番犬】
    【組織の伝書使】

    白黒カード
    【傲慢な支配者】
    【組織のギルド魔道士】
    【聖堂の鐘憑き】
    【欲深いスラル】
    【最後の支払い】
    【昇華 / 消耗】

    アーティファクトカード
    【ギルドパクトのスフィンクス】
    【叫び盾】



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。