IFの接続をFireWireにしたら音が変わった話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

IFの接続をFireWireにしたら音が変わった話

2016-05-15 19:15
    おっす、オラかぐさん


    しばらく忙しくさせてもらっててTwitter以外静かになってニコ動の垢が動画マイリスマシーンと化しかけてたけど久々に余裕ができたから近況報告も兼ねて色々書いていくよ。


    【注意】ここからしばらくは前置きになります。





    バァァァァァァァァァン


    前回分の記事でご報告した通り、去年12月にバンダイナムコ様より発売されたPS4/3ソフト
    「ジョジョの奇妙な冒険EoH」

    こちらのBGM制作を担当させて頂いた事を機に主にアレンジのお仕事を頂けるようになってようやく作家系のお仕事で生活できるようになったのですよ。


    去年までの主な収入源はエンジニア系のお仕事で作家系のお仕事は若干諦めかけてたかぐさんにとってはすごく嬉しい話。

    それでだんだんと軌道に乗ってきたかな〜と思えてきた頃に・・・


    SONARさんがプラグインをまともに読み込まない不具合を吐き出す(デデドン


    その他にも色々と不具合の連発で再インストールを試みたりしようが効果なし。


    この時点で納期数日前の貴重な半日を無駄に消化してたかぐさんは行きつけの島村さんでCubaseを調達してバタバタで乗り換えをしたのであった。




    プラグインの読み込みも問題なく済んで「さ〜てお仕事するぞ〜」と意気込んだ1週間後。


    メインのWinPCが突然の死(デデドン


    流石に5年も酷使しまくった子だったからいつかは来ると思ってたけど別に今じゃなくても良かったよね?(半ギレ


    で、OSの再インスコやら各パーツのアプデを余儀なくされそうになったわけだけども、それに費やす時間がすごく勿体無く感じて



    ゴミ箱買いました(デデドン



    色々考えた結果今後のまた起こるであろうトラブルの回避だったり周辺機器群との親和性だったりを考慮した結果思い切ったわけだよ。

    「よっしゃこれで万事おkだ」と盛大なフラグを建設してたら



    MOTU896たそが逝く(デデドン




    もう笑ったね(笑ったとは言っていない)




    毎週何かが壊れるわ納期3日前に一番壊れられると困る奴が逝くわで何かの呪いだと本気で思ったよw


    ちなみにこの一連のトラブル項目は3月中旬からから4月末にかけての約1ヶ月の間に起こったことなのさ(ファサッ)


    納期3日前に896たそが逝ってバタバタ修理に出してからリースに出してたPreSonusの44VSLを一旦返してもらってシステム復旧を試みたのだがまさかのEl Capitanのサポート切っててドライバ起動するとOSごと落ちるというコンソメパンチを食らう始末()

    そりゃねーべやPreSonusさんww


    MacのProTools機器セット使えばいいんじゃね?と思った人もいるかもしれませんが、かぐさんのアレンジはソフトシンセだけでなくハードシンセを多用するスタイルなものでIFが無いと書き出しができないのですよ(涙目)


    ・・・さてどうしようかと思いとりあえず師匠に電話。


    「俺の私物でMbox2ProってIFがあるけど使う?」


    神様はここにいらした。
    21:30頃、車飛ばして師匠のスタジオに特攻カマしてMbox2Proを拝借して参ったのであった。





    で、お借りしてきたMbox2ProというIF、接続がFireWireなわけだ。

    もちろん我が家のゴミ箱にはFireWireなんて付いてないからすぐには使えない。
    というわけで翌日Thunderbolt-FireWireのアダプターをAppleストアに買いに行ったのである。


    帰宅後セットアップして業務再開。
    1日で2曲上げてなんとか納期には間に合った。

    そんなこんなで師匠のお陰で納期落とすこと無くなんとか業務を完遂することができGW中のお仕事もなんとか乗り越え5月9日にようやく896たそが帰還されたのであった。


    本当に師匠には頭が上がらないで候(土下座


    はい、実はここまでは前置きで本題はここからなのだよ。
    真面目に読んでくれた方はお疲れでした〜




    -IFの接続をFireWireにしたら音が変わった話-


    そんな経緯もあって896たそをFireWire接続運用できる環境が整ってしまって、前々から試してみたかったということもありFireWireで運用してみたわけですよ。

    するとどうだろう。
    なんとなく記憶にある896の音とはかなり違う気がして、試しにUSB接続に戻してみたら記憶にある896の音に戻った。

    再度FireWireに戻したら何が違うのかが見えてきた。
    明らかに高域の広がりが増して解像度も上がってたり、低域の分離が良くなってより混ぜやすくなってたりとか。

    多分人によってどこがどうだとかここがどうだとかは違うと思うけど、未熟者のかぐさんの耳でもこれくらいの違いはわかった。

    IFとの接続の仕方だけでここまで良い方向に変わられると今までエンジニア周り担当してきた楽曲のセッション見直すのが怖くて仕方ないw


    正直デジタルの部分は「ケーブルによる違いとかは皆無だろJK」派に片足突っ込みかけてたからこれはかなりの衝撃だった。
    実際USBよりFireWireの方が通信の安定性だったり通信回線の仕組み的にも音への影響が最小限だとか、根本的にUSBと仕組みが違うから音が変わるのも頷ける。

    FireWire端子を備えたIFを持ってる方はぜひ試してもらいたい。

    電源沼の次はケーブル沼かな〜w




    ここまで素晴らしい程に「前置き>>>>>本編」な記事は久々だけどとりあえず「FireWireはいいぞ」というお話でした。

    あとは一応プロとしてお仕事する上でいつ機材トラブルに見舞われても対応できるように準備しておかないとなと反省したかぐさんなのでした。


    ではでは〜ノシ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。